FC2ブログ

総帥Diary - 徒然なるままに -

08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

FC2カウンター

プロフィール

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

GoogleAdSense

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

ブログ内検索

「涼宮ハルヒの驚愕」 読了 

前作「分裂」から4年、その続編の「驚愕」をようやく読み終わりました。

さすがに4年も空いてしまうと細部が思い出せず、結局「分裂」から読み直しています。

今回は前後編という事でボリュームはそれなりにあった筈なのですが、その割にあまり心に残るものが無かったなぁというのが正直な感想。

折角前編で朝倉涼子が再登場したっていうのに、その後出番も無いまま終わってしまったのは勿体無いですし、物語終盤αとβの分裂世界が1つに戻り藤原達と決着をつける辺りの描写も盛り上がりに欠けました。

古泉や朝比奈さん(大)が登場したあたりは燃えましたけど、その後の藤原に対する反転攻勢が描かれなかったのが非常に不完全燃焼。

藤原はこれまで散々悪態ついてきたウザキャラだったので、もっとこう胸の空く展開を期待してたんですけどねぇ。

古泉が唯一超能力者としての能力を発揮出来る閉鎖空間内なのだから、もうちょい活躍させてあげても良かったのではないかと。

ていうかあの空間内だったら、地面に落ちるハルヒを助ける事も出来たんじゃないの?とか思ったり。

最後にキョンが数年後や1ヵ月後の未来を転々としていたの事にも全く必然性が感じられませんし、正直今回は不作だったとしか言い様が有りません。4年待って出てきたのがこのクオリティだった事が非常に残念。

ここからまた時間を空けずに次作で挽回出来るかどうか、真価が問われるところでしょう。

「涼宮ハルヒの消失」 劇場版 

消失劇場版を観ました。

基本的に原作を忠実に再現しており作画も完璧。文句の付け所の無い出来でした。

・・・が、かれこれ3年原作が発売されておらず、ようやく放送されたアニメ2期もエンドレスエイトで台無し。

世の中では「終わコン」と評されているように、旬を完全に逃してしまったのが本当に悔やまれます。

原作と明らかに違う演出がされていたのはキョンが入院しているところに長門がやってくるシーンでしょうか。

原作では病室で寝ているところに長門が来てそこで会話になるんですが、劇場版ではそれが屋上に変わっており、そこで会話中に雪が降ってきます。

その時キョンが「雪・・・」と呟いたのに反応する長門。あの時長門は自分の名前を呼ばれたと思ったのかどうか。

何度か聞き直した感じだと、イントネーションは明らかに名前寄りなんですよね。意図的な演出なんでしょうけど、何ともあざといなぁ・・・って、キョン長門の手握りすぎヽ(`Д´)ノ 。

更に自分のコート着せたりしちゃってさぁ、あれ相手が長門で無ければ確実に勘違いさせるっつの。

しかしエンドロール後の図書館のシーン、あれ判断に迷いますねぇ。時系列的に本編の前後どちらとも取れそうなのが何とも。

前であれば自身の願望を少年と少女のやりとりに重ねた、という解釈が出来そうですが、後日談だった場合が良く分かりません。

本で口元を隠したのは「彼らのやりとりを見て微笑んでいるのを隠している」とか、「彼らのやりとりにつられて「ありがとう」と口に出たのを隠している」など色々な解釈を見かけましたが、後者の解釈がしっくりきました。

幼い二人のやりとりを見て、初めて図書館に来た時の事や改変世界の自分に与えた設定を改めて思い出し、そこから病院の屋上でのやりとりがリフレインしてつい「ありがとう」が口をついて出た、とかそんな感じかなと。

今後更に続きがアニメ化される可能性は有るのかなぁ。

どうも近日中にハルヒに関する重大な発表が有るとかって話を見かけましたが、「驚愕」の年度内(年内でなく)発売かな?。3年の間に二次創作での佐々木ばかり見てしまったので、どこまでが公式なのかもう分からなくなっちゃいましたよ(;´Д`)

いずれにせよもう一度「分裂」を読み直す必要有りますね。

1000日振りの「驚愕」 

4月発売のザスニ6月号で「涼宮ハルヒの驚愕」が一部掲載されるらしい。

その発表日が「驚愕」の発売延期発表から丁度1000日目だったのは単なる偶然なのか、それとも狙っての事なのか。

いずれにせよあれから3年近く経過していた事自体が驚愕なんですけども('A`)

この間アニメの2期発表、随分待たされた挙句のエンドレスエイトにウンザリ、「消失」の劇場公開、とまぁ色々有りました。

まぁ星界の戦旗がかれこれ6年近く続きが出てないのに比べればまだマシなのかもしれませんね(;´Д`)

「涼宮ハルヒの消失」 劇場版 

2/6公開とは思っていた以上に早いなぁ。

2期のエンドレスエイトで手抜きと時間稼ぎした分劇場版制作に注力出来た、って見方も出来るんですが、まぁ春どころか正月過ぎに見れるってのは素直に喜ぶべきなんでしょう。

それともう一つ嬉しい誤算が150分という上映時間。

以前「90分程度の上映時間では展開が駆け足になる」と危惧する書き込みしましたが、2時間半もあればじっくり描けますよね。

ただ消失本編がすぐに始まらず、「これまでのあらすじ」的な総集編が前半占めるような事になるかもしれないので予断は許さない状況ですが・・・

見に行くならシネコンかなぁ。並んで立ち見とか有り得ないし。

涼宮ハルヒの消失 

劇場版!そういうのもあるのか

とか孤独のグルメみたいなリアクションを取ってしまいそうな特報が流れたハルヒ2期最終回。

あれだけ煽っておいて消失アニメ化無しはないだろうとは思ってましたけど、結局最初から劇場版前提だったんですね、おのれディケイド!!

ネットではちょっとした騒ぎになっているようですが、私はこの話を聞いても正直あまり気分が盛り上がりませんでした。

劇場版だと上映時間は80分、良くて90分ってところでしょう。1期の「憂鬱」、2期の「溜息」どちらも5話放送されたわけですから、OPやCM抜きで本編が約20分だとしても時間的に足りません。

かなりの駆け足になるか、相当にアレンジされるか、とにかく原作に忠実とはいかないんじゃないか。

またエピローグというか後日談にあたる「陰謀」のエピソードもきっと入らないでしょう。

劇場版が前後編になる可能性がゼロでは無いですけど、テレビの総集編でもない新作でそこまでやるかというと正直微妙。

劇場版1作で片付けるのではなく、やはり最低でも1クールでしっかりやって欲しかったなと思う次第。