FC2ブログ

総帥Diary - 徒然なるままに -

06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

FC2カウンター

プロフィール

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

GoogleAdSense

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

ブログ内検索

ThinkCentre M75q-1 Tiny Type-Cその後 

COVID-19関連で在宅勤務を本格的に行う事になりました。

というわけで会社で使っているLaptopを自宅に持ち帰ってVPN接続しているわけですが、良く考えたらこのPCにはType-C端子が付いているじゃないですか。

というわけで例のType-B → Type-CケーブルでLGB-EKU3を認識するか試したところ、Laptopではきちんと認識しましたよこんちくしょう。

って事はやっぱM75q-1 TinyのType-C端子固有の問題って事ですね。

それとType-C端子が使えるメモリカードリーダーを持っている事も思い出したので、これをM75q-1 Tinyで試したらこっちはきちんと認識します。

これもうわかんねぇな。
PC関係  :  trackback 0   :  comment 0  : 

イヤッッホォォォオオォオウ!  



ESXiの動作確認は出来ましたが、120GBのSSDで運用するには無理が有るので、以前Regzaで使っていたWDの1.5TBを再利用する為に外付けHDDケースを購入しました。

購入したのはLogitecのLGB-EKU3。USB3.0に対応で一番安かったのでチョイス。

このケースにはUSB3.0 TypeB → Typa-Aのケーブルが標準添付されているのでそれを使えばいいのですが、M75q-1 Tinyには前面にType-Cコネクタが有るので、こっちで使った場合の速度がどうなるのか気になり、TypeB → Typa-Cのケーブルも一緒に購入しました。

ケースはコネクタにHDDを取り付けてケースに戻す際、コネクタ底面のスポンジが干渉して戻し難い事以外は問題無し。

UASP接続されているかを早速確認。

[Windows10]
Win10 UASP

デバマネの記憶域コントローラに「USB接続SCSI(UAS)マス ストレージデバイス」が表示されているので、UASPとして接続されている。

[ESXi]
ESX UASP

LinuxOS目線で確認。lsusbコマンドで対象デバイスのインターフェースに「bInterfaceProtocol 98」が表示されているのでUASPとして接続されている。

Win10にしてもESXiにしても実際にデータ転送してみるとHDDの理論値に近い転送速度は出ているのようです。ネット上での評判通り、安価ですが高速接続できるケースと見て良いでしょう。

続いてType-Cケーブルでの接続をしたのですが、残念ながらどうやってもドライブを認識しませんでした。

手持ちの別ケーブルでiPhoneやFireHD8は認識したので、M75q-1 Tinyの端子自体は生きています。

ただ他にType-B端子のデバイスやType-C端子のPCを持っていない為、自宅ではこれ以上の切り分けが出来ません。

まぁ良く考えればこのケースはUSB3.1 Gen1なので、Type-AだろうがCだろうが速度に変化は無いんですよね。

こんな けーぶるに まし゛に なっちゃって と゛うするの
PC関係  :  trackback 0   :  comment 0  : 

メモリ増設 

IMG_3865.jpg

標準構成では8GBのSO-DIMMが1枚なんですが、VGAに2GB取られてOSとしては6GB程度しか使えません。

これでは少し心許ないのでメモリを追加しました。決算処分で安くなっていたArkのSamsungの8GBです。

送料が痛いですが、それでもAmazonの最安値よりも下回るので良しとしました。

店頭で同じ値段なら自転車で買いに行くところなんですが、店頭では8GBx2枚の特価しかやって無い模様(100個限定のようですけど)。

あとはM75q-1導入によってお払い箱になった前サブPC関連のパーツを処分。

一緒に使わなくなったルータやHUBも出してみたんですが、ルータは古すぎて買取拒否('A`)

今回は正直想像より買い叩かれた感が有りますが、フリマは専ら買いオンリーの人なんでこの辺は致し方無いですね。

売却時の交渉対応とか発送の手間暇かけるだけの気力も正直無いですしおすし。

まぁメモリ追加分と相殺出来ただけマシか。
PC関係  :  trackback 0   :  comment 0  : 

ThinkCentre M75q-1 Tiny 設定編 

通常サブマシンはRegzaにHDMI接続しているんですが、炬燵トップで細かいPC操作をするのは腰に来るので、PCラックに設置しているProlite XUB2790HSの方にHDMI接続したんですよ。

そしたら結構な頻度で不定期に暗転して使いものになんないレベル。

ネット上で4Kモニタで暗転って話をしている方が居ましたが、普通のモニタでそんな話している人は皆無。

HDMIケーブルを他のに変えても暗転しますし、一方でRegzaにHDMI接続しても暗転は発生しないので、これもう完全にProliteとの相性問題としか言い様が無い状況。

まぁDisplayPortで接続したらどうなるのか、って疑問は残りますが、Proliteで常用するわけではないのでもう見なかった事にしますよ(;´Д`)。

メーカー製PCと言っても大量に余計なアプリが入っている訳ではないので、クリーンインストールとほぼ変わらない行程で設定作業は完了。

今回新たに行ったのはRDP Wrapの設定です。以前TrueRemoteを導入しようとして上手く行かずに諦めたんですが、今回はネット上のナレッジを参考に無事導入に成功。

Home Editionなのに普通にRDPクライアントでログイン出来るのが良いですねぇ。

FUの更新が発生すると使えなく問題が有りますが、BATでこの辺ケア出来るのがGitHUBで提供されているので、それをタスクスケジューラに起動時実行で仕込む事でメンテナンスフリーに。

最後にCrystalDiskMarkでNVMeのベンチを取ってみました。

nvme_bench.jpg

これまでSATAのSSDしか使って来なかったので、4桁の数字超えたの初めて見ました。

あんなにちっこい部品なのにたまげたなぁ。

128GBなんでもうちょい大きいサイズのに換装したくなっちゃうじゃないですか、(*´Д`)ハァハァ
PC関係  :  trackback 0   :  comment 0  : 

ThinkCentre M75q-1 Tiny購入 

IMG_3857.jpg

とまぁ、何度か小出しにACアダプタやスタンドの話を書いていたのは、こいつに関するお話でしたとさ。

ちなみに私がこのPCの存在について知ったのは2月でした。

価格.com経由で購入すると週末だと3万2千円程度で購入できるという事で興味を持ったんですね。

コンパクトな筐体にRyzen 5 Pro 3400GEとRadeon Vega11を搭載してこの値段。

サブマシンをGigabyteのC1037UN-EUで換装したのはかれこれ6年前の事ですが、最近ではChrome起動してYouTubeで動画再生するとCPU使用率がほぼ天井に張り付く状況だったので、リプレース用に購入を決定。

早速週末に早速購入しようとしたのですが、ネットの記事を見ていると「楽天リーベイツ経由で購入すべき」みたいな話が多数書かれており、何の事かと改めて調べてみると、このサイトから各種ショップを訪問して購入する事で楽天ポイントが別途付与されるんですね。

自分が見かけた時は5%だったんですが、昨年末の楽天スーパーセール時には何と20%だったそうな。

既にCOVID-19問題で商品の納期が遅れている状況で、例年通りなら次は3月にスーパーセールが有る筈なので、これを待ってから注文するのがベストと判断。

実際に3/10のスーパーセールでリーベイツ20%が来たので早速注文。当初納期は4/8でしたが、1週早まって今日到着した次第。

IMG_3859.jpgIMG_3860.jpg

搭載されていたSO-DIMMはSamsung、NVMeはWDでした。一時SO-DIMMはMicronの3200が搭載されていたそうですが残念。

IMG_3861.jpg

サブPCを置いていた場所に設置しましたが、やはりスリムですっきり。

セットアップ等は明日以降やっていきます。
PC関係  :  trackback 0   :  comment 0  :