FC2ブログ

総帥Diary - 徒然なるままに -

11 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

FC2カウンター

プロフィール

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

GoogleAdSense

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

ブログ内検索

プロバイダ解約その後2 

ようやくサポートから返事が来ました。

曰く解約手続きは正しく進んでおり、今は例の7日間ルールが適用されているとの事。その上で

「ただし、他社でのIPv6 IPoE接続サービスの開通手続きを進めていただければ弊社IPoEの閉塞が進みますので、お申込み先の事業者へお手続きを進めていただくようお伝えいただけますと幸いです」

その開通手続きが進まないから聞いてんだろがヽ(`Д´)ノ 、と頭がフットーしそうになるも、その後に続く

「※お申込み先の事業者によっては、弊社でのIPoE閉塞完了後でなければご対応いただけない場合がございます。
 その場合は、7日間経った後にお手続きいただきますようお願いいたします。」

を見て一応納得。インターコムはこの後者のパターンって事なんでしょう。

であれば明日には使えなくなる筈なんで、日曜には契約出来る筈。

もう暫くの辛抱だ…
PC関係  :  trackback 0   :  comment 0  : 

プロバイダ解約 

1年前にIPoE環境へ移行したインターネット接続ですが、ここのところゴールデンタイムの速度低下が酷すぎる。

パズドラで自演マルチしている時にブチ切れ頻発したり、ブラウジングがあからさまにもたついたりと、見なかった事に出来ないレベルが恒常的に続いており、実際に速度測るとを10Mも出てない状況。酷い時は1MB程度まで落ち込む事も有ります。

元々Exciteが夜遅いのは周知の事実では有りましたが、流石にここまで酷いと継続利用は厳しい。

というわけで、日付を跨ぐちょい前にWeb上で解約手続きを完了しました。

この後24時間はまだ使えるようなので、この間に次のプロバイダと契約をしないといけません。

月額コスト、無料体験、契約期間縛りの有無など複数を考慮した結果、インターコムのZOOT NATIVEをチョイス。

月額は1100円なので今より数百円上がりますが、無料体験が最大2カ月有って、契約期間縛りも無く解約し易い事が決め手になりました。

月額だけ見ればここより安くて無料期間、長期の割引も用意されているところが複数有るんですけど、その分利用縛りが有るので、また夜同じような状況になった場合にすぐ離脱出来ないのを嫌気。

早速オンラインサインアップしようとしましたが、私のフレッツ回線が別事業者のIPoEで使われている旨警告表示されて先に進みません。

24時間経過後にExcite経由で接続出来なくなった後、スマホから申請する感じですかねぇ。
PC関係  :  trackback 0   :  comment 0  : 

イヤッッホォォォオオォオウ!  



PCでゲームをやる際REGZAにHDMI出力する事が有るんですが、その際ジョイパッド等をUSB接続するのに長いケーブルが欲しいなと思いヨドバシで注文。

rpcs3では結局PS4のDualshockしか認識させられなかったので、USB接続でこれ使うのに最適かなと。

3mも有れば余裕持って引き回しできますしね。


PC関係  :  trackback 0   :  comment 0  : 

G465 CPU換装2  

というわけで実際にCPU換装に着手します。

IMG_3694.jpg

CPUへのアクセスもメモリやHDDと同様に背面カバーを外したところになります。

CPUクーラーとヒートシンクを外してCPUを取り外そうとしたところでちょっと手が止まりました。

CPU着脱が良くあるレバー式ではなく、台座のマイナスネジを回す仕組みなんですけど、普通に回すと45度の所で止まるんですよ。

これで取れるかと思いきや全然外れる気配が無い。昔EPSONの386互換機でCyrix 486DLCに換装した時みたいに、テコの原理で押し上げるスタイルなのかと思って軽く試すもダメ。

どうしたもんかと思ったらこれ180度回す必要有るんですね、強めに回したら更に45度動きました。

IMG_3695.jpg

CPU交換直後。

IMG_3696.jpg

ヒートシンク裏のグリスを除去。CPUと並行して手配していた「シリコングリスシ」で塗り直し。

一通り部品を再装着して、緊張の再起動。

IMG_3697.jpg

無事N970を認識ヽ(゚∀゚)ノ

CPUID 交換前CPUID 交換後

交換前後のCPU-Zの表示。何でP340だけNameがK10表記なんだろう。

CPU Temp

TDPが上がった影響が気になりましたが、Core Tempで見る限り穏やかなもんです。CPUファンが気持ち喧しい気がしますが。

エクスペリエンス 交換前エクスペリエンス 交換後

Windows10では7の頃にGUIで見れたエクスペリエンスインデックスが標準では無くなってるので、winsatコマンドで生成したXMLをWEI Viewerで表示してみました。

クロック周波数は同じ2.2GHzですけど、Quad Coreになった分上昇したようです。

CINEBENCH 交換前CINEBENCH 交換後

最後に負荷試験も兼ねてCINEBENCHを実行してみました。

メインPCで使ってる4770kのスコアが1700ちょいなんで、CPU性能相応の結果なんでしょう。

これで8年前のPCで出来る事はほぼやり尽くしました。

こうしたカスタマイズで楽しめるのも古いPCならではって事なんでしょう。

しかし気になって確認したところ、メインPCを4770kでリニューアルしたのも5年前なんですね。

メインと言いつつこっちも結構陳腐化してる気がするので、こっちのテコ入れも考えようかなぁ。
PC関係  :  trackback 0   :  comment 0  : 

G465 CPU換装1 

前回メモリ交換した際「もうちょっと続く」って書いたのは、このCPU換装の話でした。

G465はデフォルトでAthlon II P340を搭載しています。これをどこまで上位のものに変更できるかをまず最初に確認。

P340はSocket S1のg4リビジョンなので、これに対応しているCPUの中から選ぶ必要が有ります。

P340と同じTDP25Wで最上位を狙うとPhenom II P960なんですが、クロックが1.8GHzに下がるのでもうちょい攻めたい。

TDP度外視で行くなら2.4GhzのPhenom II X940ですけど、そもそも流通している気配が無い。

結局AliexpressやeBayなどで入手可能な範囲で検討した結果、Phenom II N970を購入する事に決定。

eBayで注文したのが5/5で手元に届いたのが6/2。実に1ヵ月弱かかった事になります。

EMS.jpgIMG_3693.jpg

「国際交換局から発送」がこんなに大量に記録されたのは私の海外通販史上初ですよ。

恐らく船便の荷物がいっぱいになるまで倉庫で寝かされてたと推察しますが、時間が長すぎる。

17Trackでは「セキュリティリターン」とか不穏な表記も見えたので、別の理由で停滞しているんじゃないかと気を揉ませてくれました。

まぁCPUは受領したもののSPI対策で手を付けられる状況じゃ無かったので、結果オーライでは有りましたけどね。

その2に続く
PC関係  :  trackback 0   :  comment 0  :