FC2ブログ

総帥Diary - 徒然なるままに -

04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

FC2カウンター

プロフィール

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

GoogleAdSense

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

ブログ内検索

DellとAMDの提携 

先週末にこのニュースが流れ、その後AMDの株は急騰Intelの株は下落と明暗がはっきり分かれました。

Dellは大手Vendorの中ではCPUにAMDを採用してこなかった(ほぼ)唯一の企業です。それだけにIntelにとってこのニュースは決して軽く流せるものではなかったと思います。

ここの所業績が伸び悩んでいるDellとしては、背に腹は変えられず実を取ったというのが実際のところなんでしょうが、Dellのサーバシェアはそれなりに大きいものですし、例え今回の採用がPowerEdgeシリーズへのOpteron投入のみであっても、AMDのシェア拡大の可能性は十分高いと言えます。

うちの会社はHP Proliantが中心ですが、今のところまだ1台もOpteronベースのサーバを導入していません。しかし非常に関心は高く、小規模案件があれば試しに是非使ってみたいと思ってます。激安とは行きませんけど、Xeonベースのに比べると割かし安めの価格設定になってますし、これでXeonと同等もしくはそれ以上の性能が出るのであれば使わない手はありませんよ。

今回のDellとAMDの提携はOpteronのみですが、私はいずれデスクトップにも採用が進むと睨んでます。どこのメーカーも一番ローエンドモデルでSempronを採用するケースが多く、Dellとしても製造コストを下げて廉価モデルを展開する為にはAMDのCPUは魅力的な筈です。上位機種や最近展開を始めたハイスペックのゲーマーモデルではAthron64 X2の採用も有りでしょう。

日本AMDの社長が変わってからAMDが非常にアグレッシブになってきたという記事をPcWatchで見ましたが、良いモノが市場に出て競走が進むのは非常に良い事です。個人的にはどうにも非Intel製チップセットに若干の抵抗はありますが、今は過去の粗製濫造のような事はそうそう無いと思いますので、PCを今度リニューアルする時にはAMDも選択肢として考えたいです。
PC関係  :  trackback 0   :  comment 0  :