FC2ブログ

総帥Diary - 徒然なるままに -

08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

FC2カウンター

プロフィール

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

GoogleAdSense

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

ブログ内検索

エウレカセブン 

GyaOで全50話一挙公開ってことなので今日まで頑張ってようやく14話まで見ました。14話は総集編っぽいので、多分ここまでが第1期なんでしょう。

ここまで視聴した印象ですが、作画が非常に安定している事にびっくりしました。絵のバラツキは無いし良く動いています。

ただキャラクターデザインは、何ていうか端々に少女漫画やレディースコミックっぽい雰囲気が散見していてあまり私の好みとは合わない感じで、ビジュアル面ではイマイチのめり込めないのが残念なところ。放送当時は1話だけ見て見るの止めちゃったのもそういうところがあったからかもしれません。

14話までではあの世界のバックグラウンドは殆ど見えていませんし、話が動くのは第2期以降なんだとは思いますが、見ててどうにもしっくりこなかったのは9話の「ペーパームーンシャイン」です。

このエピソードでは、エウレカやホランド達がかつて軍の特殊部隊に所属していた事や、その時ヴォダラクの聖地で一方的な虐殺行為を行っていた事が明らかになるんですが、それに対しレントンは「戦争だから仕方が無い」「過去に何があっても今のエウレカを信じる」だの、あまりにも現実を見据えていない発言をしています。

ここに至るまで、レントンはエウレカと共にニルヴァーシュを駆り何度も軍のLFOを破壊しています。その戦闘行為によってLFOのパイロットの命が奪われているという現実も彼は認識している様子が見られません。

こうした違和感があくまでレントンの未熟さを演出したものであり、この後の展開で彼が戦争の現実や生命の重さを知って成長していくのであれば問題無いんですが、もしそういうのが無いまま「エウレカを守る」とか甘っちょろい考えのみで突っ走るようであれば、興醒めしてとても見てらんないと思います。

出来ればこの後も続けて視聴してこの後の展開を見極めたいところなんですが、今回の全50話公開が9/30までなので、このペースではどうやっても最後まで見れそうにありません(;´Д`)

残念ですが今回はここまでで視聴を止めておくことにします。GyaOならまたすぐに放送してくれそうですしね。