FC2ブログ

総帥Diary - 徒然なるままに -

09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

FC2カウンター

プロフィール

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

GoogleAdSense

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

ブログ内検索

怖いよPS3 

前回PS3ってCMやんないわけ?って話書きましたけど、どうやら海外ではCMをやっているらしいですよ。

いろんなとこで紹介されてるので見た人も多いでしょうけどこれ。

http://www.youtube.com/v/n_893pvEFzE

なにこのチャイルドプレイ

これそのまんま日本で放送したらクタラキを神認定。
ゲーム  :  trackback 0   :  comment 0  : 

他人のミスで散々な一日 

今日からカットオーバーする筈だったシステムが、日本と海外両方の作業ミスでサービスが利用出来ない状態になってしまいました。

障害が発生した段階ですぐにユーザー側の担当者と対応方法を協議し、明朝までをデッドラインとする事で合意していた筈なんですが、ユーザーのお偉方が夜中になって今更のように騒ぎ始めたらしく、先方の担当者が「現在の対応状況を日本海外含めて教えて欲しい」と電話してきました。

対応状況も何も明朝対応って事で手配済みなので、今この時点で何かしてるわけじゃないんですがと伝えると「具体的に誰が何時までに対応するのかその詳細を確認しろ」と来たもんだ。

リカバリープランは別の担当者が海外と調整をしていたので、私に言われてもそんな事分りません。それにもう担当者は皆帰っちゃって私しか残ってませんよ。そう言っても向こうも引く様子が見られないので、仕方なく担当者にそれぞれ電話して詳細を聞きました。

ヒアリングした内容を伝えてこれでようやく解放されるかと思ったら今度は「明朝の対応について日本側の担当者を会社で待機させるよう依頼してくれ」とのこと。

改めて担当者に電話してその事を伝えると案の定すっごい不機嫌モード。当人は朝にメールチェックして関係者に連絡する程度の対応しか考えていなかったので早朝出社待機は想定外とのこと。

「今日はそんな話になっていなかった」と噛み付かれてもう猫ゲンナリ。「ガタガタ抜かすな!ユーザークレームなんだから仕方無いだろ」と言い返したくなりますけど、こっちが一緒にキれてもしょうがないので何とか宥めて対応を了承して貰いました。

あーもう他人のミスで何でここまで振り回されなあかんのかと。気付いたら終電間近だし。

ほんとPMって楽しいネーヽ('A`)ノ
ゲーム  :  trackback 0   :  comment 0  : 

Kanon 第4話 「休日の奇想曲 ?caprice?」 

7年前の祐一とあゆ。これは第1話の最後の続き。再会の約束を指きりしようとして、右手を出した祐一に合わせて手を変えるあゆ。うーんまた出てきましたねこのシーン。前回はこのシーンの再来だったんでしょうけどこれ何か意味あったのかなぁ、思い出せない。単にあゆは左利きでしたって意味じゃないでしょうし。

ベッドでまんじりともせずこの時の事を考えていた祐一のもとに、こんにゃくを持った真琴が襲来するも見事に失敗、こんにゃくを食えと強要される有様。何かこのシーンの祐一の語り口調・・・妙にエロいです。しかし真夜中の男の部屋に女の子が居るところを見かけてもその事に突っ込みが無いのはさすが秋子さんって感じですか。

翌日弁当を忘れた名雪に弁当を持っていく祐一。部員や顧問が見ている目の前で「名雪ー!」って叫んで弁当渡すってのはかなり目立つ行動ですよ。名雪も祐一もその辺あんまり意に介して無い様子ですがちょっと無防備すぎかと。

その後暫く部活を見学したいと申し出る祐一。名雪の頑張ってるところを見たかったんでしょうが、客観的に考えると女子だけの部活を男子が眺めてるって姿ってあんま褒められたもんじゃないかと思います。良く顧問が許可したな。

街中で秋子さんと会ったところで定例のあゆ登場。あゆを紹介された秋子さんが、名前を聞いて首を傾げます。7年前の転落事故を思い出したんでしょうね。祐一の荷物の片付けを手伝う為に水瀬家を訪れるあゆは真琴と出会います。ぎこちない真琴の挙動。これは人見知りの表れかそれともあゆの正体を感じて不安になっているのか

その後3人で荷物の片づけを始めますが原作にこの辺の下りってあったけかなぁ。あゆが水瀬家にちょくちょく来るようになるきっかけだったのは覚えてますけど。

夜になって名雪から貸していたノートの返却を求められ、のらりくらりと逃げようとする祐一。Key作品はこうした会話のやりとりが秀逸なんですよね。見ていてついニヤけてしまいますよ。借りたノートを学校に置きっぱなしにしたのは祐一のミスだし、祐一も自業自得と言っているんですけど、その態度が妙に尊大に見えるのは名雪が申し訳無さそうにしているからなんでしょうか。もっと怒ってもいいんですよ名雪さん。

教室で名雪のノートを無事手にし夜の廊下を一人歩く祐一。あれ?この学校外履きのままでOKなところだっけ?と思ったら、本当に窓から侵入してたのか。面倒くさがらずに上履き取りに行きなさいよ。廊下が汚れて後で問題になるかもしれんでしょうが(;´Д`)。

そして最後に廊下に佇む舞が登場して今回は終了・・・って

ちょwwww今回これで終わりかよwwww前回の予告に騙されたwwww

「涼宮ハルヒの陰謀」読了 

涼宮ハルヒの陰謀 (角川スニーカー文庫)
7冊目の「涼宮ハルヒの陰謀」を読み終わりました。今回は待ち望んでいた長編です。以後ネタバレ注意。
-- 続きを読む --

DOA、はじまったな 

なにこの人たち

       ヽ|/
     / ̄ ̄ ̄`ヽ、
    /         ヽ
   /  \,, ,,/    |
   | (●) (●)|||  |
   |  / ̄⌒ ̄ヽ U.|   ・・・・・・・・ゴクリ。
   |  | .l~ ̄~ヽ |   |
   |U ヽ  ̄~ ̄ ノ   |
   |    ̄ ̄ ̄    |

ザ、ザックなのか!?

まさかこの竹中直人withちょびモヒカンみたいな人はザックなの?教えておじいさん。

ヴァンダミングアクションの最高峰ストリートファイター実写版の感動を再び我らは見る事になるというのか!?

いや無い
ゲーム  :  trackback 0   :  comment 0  : 

売る気あんのかPS3 

ふと気付けばWiiのCMを見ない日は無くなっている今日この頃。XBOX360は既に発売済みですが、それでもコンスタントにCMを流しており、最近では日本での巻き返しを狙ったブルードラゴンのCMも始まっているご様子。

でPS3はというと未だに全くCMを見かけません。おいおい本当に11/11に発売されんのかよ?、と買う気は無いながらも心配になってきます。

当日日本国内での出荷予定総数はわずか10万台。そのうちの2万台は初期不良対応としてストックしたので実質8万台まで減らしている、なんて話がまことしやかに流れているようです。

こんな状態でCM展開して消費者煽っても誰も買えないんじゃ苦情になると考えてのCM控えなのか、それとも対応が後手にまわって散々な状態になってしまっているバッテリー問題への配慮なのか。いずれにせよ久方ぶりの新ハードウェアの発売間近とは思えない状況です。

実際予約をしたくても出来ないって話を聞きますし、こんな状況でも当日販売って有り得るんだろうか。発売日当日は少数予約分の引渡しが淡々と行われるだけの、大した盛り上がりも見られないしょっぱい一日になるんじゃないの?

ファミ通の記事で初回出荷以後もコンスタントに出荷出来る体制を取っているとか言ってるのを見ましたけど本当にそんな状態になるのか眉唾ものですよ。

発売日までCM一切やらなかったらクタラキを神認定。
ゲーム  :  trackback 0   :  comment 0  : 

散々な晩餐 

私の生活パターンは、土曜にスーパーでがっつり食材を買い込み、翌週前半迄自炊をして食材が尽きた後半は食べて帰る、大体そんな感じです。

今日は微妙な時間でしたが疲れてたので食べて帰ろうと駅前のと有る店に寄ったんですよ。

早速席に座りメニューを見ようとした時、ふと何か違和感を感じました。気になって鼻をヒクヒクさせた瞬間

「こいつはくせぇーッ!ドブ板のにおいがプンプンするぜーッ!」

若かりし頃のスピードワゴンがそう叫びそうな程、店内に猛烈なドブ川の臭いが流れているじゃないですか。何だこれは有り得ない。ここは本当に飲食店なのか。

焦って店内を見回すと、テーブルに中年カップルと中年親父コンビが1組づつ、カウンターにはリーマンと怪しげなオッサンが・・・。

気になって遠目にこのオッサンをチェックすると、浅黒い肌に胡散臭いヘッドフォンをしながらビールを傾けており、カウンターのテーブル上には何だか中身の分らないビニール袋の包みを3つ程置いているご様子。微妙なラインですがどうみても自由人です。

お茶出されて今更店を出るわけにも行かず泣く泣く注文すると、このオッサン以外の客が示し合わせたように一斉に会計済ませて出て行っちゃいました。しかしその後も店内に蔓延するドブ板の匂いは健在で、あーもう絶対あのオッサンだよー臭いよー(つд`)

その後は出てきたカツ丼を速攻で無理矢理胃に流し込み早々に店を出ました。店に罪は無いと思うけど暫くここには食いに来るの止めますよ。何が悲しくてドブ板の匂い嗅ぎながら飯食わなあかんのかと。

ギャグマンガ日和2 

アニメ版ギャグマンガ日和。第1期も面白かったですが、今回の第2期も傑作揃いでした。

この漫画を紹介する時に良く使われる「ソードマスターヤマト」の動くのが見られたのが良かった。しかも最後のオチのところがエンディングで高速に流れてもう何だかさっぱりアレだったのが最高。

後はやっぱり「名探偵だぞえ!うさみちゃん」ですかね。下半身丸出しのクマ吉が通報されそうになって「変態という名の紳士だよ!」と訴えるところが秀逸。彼もまた靴下に踊らされた犠牲者の一人に過ぎないんですよね。

聖徳太子と松尾芭蕉のそれぞれのダメっぷりも相変わらず。それぞれの相方の容赦無さが光ります。曾良の方がサドっぽいですけど。

しかし第1期同様印象が強いのは名塚佳織の演技ですね。この人の声聞いたのは第1期が初めてで、最初は抑揚の無い素人臭い声優だなぁとか思って見てたんですが、何度も聞いていると段々この淡々とした声がクセになっていくんですよね。

今回の乙姫なんかもう最高。あの声でインチキ臭い関西弁で「あたしのケチっぷりをなめとんのか!」「伊勢海老入っとるやないか!」とか言ってるの聞いていると、これとエウレカの中の人が同じとは到底思えません。

そんなわけで第3期も是非やって頂きたい。

Kanon 第3話 「記憶のない組曲 ?partita?」 

冒頭で真琴を家に連れ帰るシーンや、学校で栞と話をするシーンで何気なく降っている雪ですけど、これ相当丁寧に作られてますよね。こういうところで手を抜かないのが京アニクオリティ。

なし崩し的に真琴が水瀬家の居候になってしまい、封印した筈の「やれやれ」をついぼやいてしまうキョン・・・もとい祐一。うーダメだ最近ハルヒで散々声を聞いてしまっているので、全く同じ声でぼやかれるとどうしてもキョンにしか聞こえない(;´Д`)。

声が被っているのも有るんですが、どうも声とキャラの実年齢が合っていないのも違和感に拍車をかけている気がするんですよね。祐一は高2の設定ですが、杉田さんの声は大人びていてどうしても高校生には合わない感じがします(まぁそれは高1のキョンにしても同じ事なんですが)。

当時原作をプレイした時の祐一のイメージってなんつーかやんちゃ系というか年相応の若い声だったんですよ。杉田さんの声質だと頑張っても大学生あたりが限界かなって感じ。高2なら声変わりして落ち着いた声になっててもおかしくは無いんですが、キャラのイメージとしてはちょっと落ち着きすぎる。東映版では違う人が声やってたらしいんですが、そっちではどんな感じだったのかちょっと気になるところ。

AIRの時も往人の声が東映版の緑川 光から、東アニ版では小野 大輔に変更されていましたが、今回の変更も何か大人の事情でもあったんでしょうか?。祐一以外のキャストは殆ど東映版と変わっていないので余計に際立っています。

・・っと、ちょっと3話の話から離れすぎました。本編に話を戻して、台所で食べ物を漁って祐一の奇襲を受けた真琴。動物じみたリアクションを見ていると、どうしても真琴のこの先を思い出さずにはいられません。テンションが高ければ高い程この後が辛い(つд`)。

学校で栞と出会い、病気で休んでいた話を聞かされた祐一がその病気を「風邪」と聞いて拍子抜けしてますけど、あれだけ雪降っている中に風邪治りかけの人間がうろついている事への突っ込みは無しですか。それと栞が長く話をしているのは今回初めて聞きますけど、ちょっとこの声優さんは栞とイメージ合わない・・・というか率直に言うと演技が下手。慣れるの時間かかりそうだなぁ、聞いた事無い名前の人なんでまだ新人なのかな。

その後の舞・佐祐理との出会いは前回があるので流れとしては有りなんでしょうけど、ちょっと説明的かも。

街中では定番となったあゆとの邂逅。口癖の「うぐぅ」であゆをからかう祐一の表情は、久美への告白を賭けたアームレスリングを一歩に強要する鷹村のそれと被っており、どう見ても小山力也の「はやくぅ?」という声が脳内を駆け巡ります、本当にあ(ry

しかしアニメーションで動くあゆを見ていると本当に幼いなぁ。どうみても小学生位にしか見えません。7年前から植物人間状態だったにしても、これで祐一と同じ高2ってのには無理がある。原作ではこのあゆと祐一がアレに至るってのはちょっと、ねぇ・・ていうか罪悪感?(CV:能登 麻美子)。

真琴が自分の名前を思い出し、舞が学校の廊下に佇むシーンで今回は終了。

ようやく次回は舞がクローズアップされそうですが、Kanonでは一番好きなキャラクターだったので期待大。しかし田村ゆかりが舞ってのはどうなんだろう。個人的な印象としてはダ・カーポのさくらのような明るい「お兄ちゃん」キャラのイメージが強いのでちょっと違和感が有るんですけども。

ところで今回はちょっとキャラクターの作画が荒れ気味だった感じがします。教室の名雪とか。そのせいか妙に気になったのがキャラクターの目の大きさ。今更言うまでも無いですが、いたる絵の特徴は顔の面積と目の大きさとのアンバランスさ。作画が荒れるとこの際どいバランスが一気に崩れて切ない事になります。出来ればもうちょっと小さめにして貰えるとありがたいんですが。

どうでもいいんですが 

過去の記事中においてハルヒの苗字をずっと「凉宮」って書いてたみたいです。IMEのアホ変換にすっかり騙されてました。

空想上の人物とは言え苗字を間違えられるのは不本意でしょうから、気付いた分については全部「涼宮」に修正しました。

ちなみに私も苗字の漢字を間違えられやすい人ですが、DMで正しい漢字で届くと逆に「これは名刺を入手した名簿業者経由だな」とか判断する基準になったりします。

ほんとにどうでもいい話だな。

ちょwwwwww 

http://www.nttdocomo.co.jp/corporate/ad/radio/061006_10.html

ゴクリ・・・これがDoCoMo驚異のCM力なのか。

これならどうみてもあと10年は戦えると思います、本当にありがとうございました。

というか、出来れば兄と弟ではなく、兄と妹設定で妹を井上 遥さんにやって欲しかった(つд`)

「涼宮ハルヒの動揺」読了 

涼宮ハルヒの動揺 (角川スニーカー文庫)
通算6冊目の「涼宮ハルヒの動揺」を読み終わりました。また短編集ですね、出来ればそろそろ長編が読みたいところなんですが。では早速感想を。以後ネタバレ注意。
-- 続きを読む --

もうちょいTodayいじり 

もうちょい他にも無いもんかとハルヒ系のiPod風壁紙探していたら、またもやいい感じのをいくつかゲット。早速Todayの壁紙にリサイズしてみました。

あとBaseHueExpressってツールでウィンドウバーなどの色を壁紙に合わせてみました。

で、出来たのがこんな感じ('∀`)。
iSOS iArien

前回はランドスケープ時のサイズを意識せずに480*640で作ってしまったため、横にした時に両端が思いっきり切れてました。いろいろ調べてみると、どうやらサイズを912x536にして壁紙を作成するとランドスケープ時にも端が切れずにリサイズされるようなので、このサイズをベースに作ってみました。

確かに横にしても見切れないようです。
iSOS

つーかこんな時間まで何やってんだって話ですよ(;´Д`)
PC関係  :  trackback 0   :  comment 0  : 

Kanon 第2話 「雪の中の入祭唱 ?introit?」 

さて第2話です。猛烈な目覚ましに無反応な名雪、秋子さんの謎ジャム。あったあったこんなシーン、うーんやっぱり懐かしい。

学校で先生が祐一を紹介するシーンで「ゆーいちー」と思いっきり呼びかける名雪。祐一が「居候している事は秘密にしろ」って言っても、どうみてもあの時点でバレバレです、本当に(ry

階段で転んだ名雪と佐祐理&舞がぶつかるシーンは原作には無かったよね?、記憶に自信無いけど。その後校内を迷って屋上の踊場にレジャーシートを見つけますけど、あれは今後佐祐理達と昼を食べる事になる伏線かな?。

しかし北川ってあんなウザイキャラだったかなぁ。北川のポジションってKey作品では定番なんですが、正直クラナドの春原以外の同系列のキャラはあんま覚えてません。何気にCVが関智一なので今後それなりに出番ありそうですが。

学校を出た後商店街であゆが再登場し、感動?の再会シーンで栞と出会うのは原作通りの展開か。転んで散らばった買い物の中にカッターがちゃんと描かれているのを確認。そういえば朝食時にパンにジャムを付けない理由を「甘いのが苦手」と言っていた祐一が、あゆとタイヤキ食べてるのってちょっとおかしいような。

それと商店街であゆと別れ際に指きりげんまんしようとした際、あゆが左手の手袋を外そうとして右手に変えるシーンがあるんですけど、ゲームであんな演出あったっけかなぁ?。全然思い出せない。多分あゆの話に絡んでくると思うんだけど、見ていればその内分かるかな。

そして最後にいよいよ真琴が登場。ここは原作通りで予告を見るとそのまま名雪の家に居候する事になりそう。次回は祐一と真琴の仁義無き戦いが楽しみです。

こんな感じでところどころゲームで見たシーンは出てくるけれど、どこまでが原作通りなのか記憶が曖昧なので判断が難しいです。その分新鮮さがあっていいことだと思いますが('∀`)。

ふと思ったんですが、Kanonが2クールであれば春まで放送されるってことですよね。そうなるとハルヒの第2期が実現するのは早くても春からかぁ(勝手に妄想)。

こんなもんかSTARGAZER 

ようやく全3話を見ました。外伝扱いであり3話併せて正味30分あるかどうかですから、出来る事に限りがあったとは思いますが、それにしても無理矢理詰め込み過ぎ。

ルール無用の特攻野郎ファントムペインが、中立組織DSSDによって開発中のスターゲイザー搭載AI目当てにステーションを強襲。混戦の最中スターゲイザーを高速射出する事でストライクノワールを撃退したは良いものの、飛びすぎちゃってさぁ大変。セレーネは一人で死ぬのが嫌だったのでノワールに乗っていたスウェンを介抱し、ノワールの残存エネルギーを貰って帰還する事に成功しました。めでたしめでたし。
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           O 。
                 , ─ヽ
________    /,/\ヾ\   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|__|__|__|_   __((´∀`\ )< というお話だったのサ
|_|__|__|__ /ノへゝ/'''  )ヽ  \_________
||__|        | | \´-`) / 丿/
|_|_| 从.从从  | \__ ̄ ̄⊂|丿/
|__|| 从人人从. | /\__/::::::|||
|_|_|///ヽヾ\  /   ::::::::::::ゝ/||
────────(~?ヽ::::::::::::|/        = 完 =


まぁこんな感じなんですけど、どうにも納得いかないのが「青き清浄なる世界のためのブルーコスモスの団」の戦闘マシーンだった筈のスウェンが、何でまぁああもあっさり懐柔されちゃうんでしょうかって事。コーディネーターの難民キャンプを容赦無く殲滅した同じ人間とはとても思えない。

エクステンデッドで無い限り洗脳で仕込まれたコーディネーターへの敵愾心なんてあっさり覆っちゃうもんなんですかね。ご都合主義にも程が有る。戦闘行為で究極の精神状態を経験をした二人の「吊り橋効果」だとでも言いたいのか。

スウェンについては彼の生い立ちから今に至るまでをそれなりに描写しているのに比べ、もう一人の主人公格であるセレーネはさっぱり描かれていないのもどうかと思う。サブキャラと同じように公式サイトで補完しろって事だとしたらあまりにも乱暴すぎる。

私自身はDESTINYの散々な出来にSEED熱がすっかり冷めてしまっていた事もあって、この作品についても殆ど期待してはいませんでしたから、この出来具合も有る程度想定範囲内でありそれ程がっかりはしていません。ですが本気で期待して待っていた人達にとってはさぞかし肩透かしだった事でしょう。ご愁傷様です。

いずれにせよこれ以上STARGAZERで話を広げる必要はありませんので、どうぞこのまま終わって下さい。こんな中途半端な外伝やるくらいなら、それなりのボリュームをもってアストレイをやれば良かったのにと思いました。

<追記>
他所の書き込みを見て気付いたんですけど、669時間後ってセレーネが言っていた酸素の持つ27日を21時間オーバーしてんですよね。

有る程度の目安で27日って話だったのか、明確に27日きっかりしか酸素が持たないのか、その辺がはっきりしないので何とも言えませんけど、やっぱあれバッドエンドなのかなぁ。

Todayのカスタマイズ 

ZERO3を購入してすぐにGSPocketMagicやGSFinderを入れたりしてはいましたが、Today画面の方は全く手付かずでした。

その理由はあれこれ有り過ぎて調べるのが面倒臭かったのと、一度手を付けてしまうと凝り始めてしまうのが目に見えてたからです(;´Д`)。

ただ、GSPocketMagicでスタートメニューをいじったところで、アプリを起動するのにはそれなりに手がかかります。やっぱりToday画面にランチャーを置いて、良く使うアプリを起動したいなぁと思うようになりました。

そこで久しぶりにwikiでアプリ関係の項目を見直すと、やっぱりあれこれありますねぇ。ひとまず以下のアプリをインストールしました。

tdLaunch4SE
CustomClock
powercheck
pockethand

それとCustomClock用のスキンを以下のサイトから頂きました。デジタルパネルのデザインが素晴らしい!
http://www.geocities.co.jp/frontier2468/w-zero3_es/w-zero3_ms_cc.htm

時計やランチャーを配置していくと、どうしてもモードボタン列の位置がしっくりきません。デフォルトでは一番上の列から移動出来なかったので「Pocketの手」でそれを変更して一番下の列に移動。ついでにフォントキャッシュを増やしてみました。最後に他所で頂いた画像をリサイズしてToday壁紙に設定。これでひとまず今回のカスタマイズ完了です。
長門ktkr!!


ささやかな変更ではありますけど、今まで以上に愛着が沸いてきましたよ('∀`)

もう本気で携帯は解約しちゃおうかなぁ。
PC関係  :  trackback 0   :  comment 0  : 

実感無き景気拡大 

今日のWBSでは現在の景気拡大期間が戦後のいざなぎ景気を超えた話について特集が組まれていて、景気回復が継続しているのに何故実感が伴わないのか、その辺の話をしていました。

景気回復に実感が伴わない理由として、いざなぎ景気と異なりGDPの伸び率が低い事や、企業所得が伸びても設備投資などに集中して社員に還元されない事などが挙げられています。

所得が伸びない→物が売れない→値段を下げる→企業の利益率が下がる→リストラ・昇級据え置き・減給・・・というデフレスパイラルがそこにあるわけです。そりゃ景気の良さなんて実感のしようが無いですよね。

景気回復は2002年から始まっていたそうで、私にとっては今の職場に転職して間もない頃です。一応今もまだ同じ会社で仕事してますので、まさに景気回復の継続期を同じ会社で過ごしてきたと言えます。

うちも多聞に漏れず給与に成果主義を取り入れていますが、幸いにもここ数年は常に最高評価を貰ってます。お蔭様で昨年の評価で昇級もしました。しかしその割には基本給の上がり具合は微々たるもので、評価後の新給与の通知を見る度にがっかり。

それに対する会社の説明としては「デフレが継続している状況を鑑みると給与は据え置きせざるを得ないが、その中でも優秀者についてのみ昇給をしている」との事。しかもその昇給原資は、評価ランク下位者の減給分で賄うとか何とか。

ようするに「同じ額を支給されるだけでもありがたいと思いなさい」と暗にそう言っているわけです。給与への増資をするつもりは無いと。

残業・休日出勤でプライベートを犠牲にして成果を出しても見返りがこの程度ではモチベーションは上がりませんよ。社員を財産だと考えるならそこへの投資をもっと真剣に考えて欲しいもんです。

ゲームセンターCX 第5シーズン 

有野が育児休暇から戻ってきて再開したGCCX第5シーズン。

復活1本目はSFCの「海腹川背」。名前は聞いてましたが、実際のゲーム画面はこの挑戦で初めて見ました。何となく「ヒットラーの復活」「トップシークレット」を彷彿とさせる感じ。時間切れで完全クリアには至りませんでしたけど、あれは仕方無いかもなぁ。

シリーズで一番盛り上がったのはやはり「大魔界村」でした。前回の「魔界村」はギブアップで終わってましたが、「大魔界村」では粘りを見せて見事完全クリア。魔界村シリーズは1周するだけでもしんどいのに良くやったと思いますよ。

有野本人も言ってたけど「サラトマ」は正直いらなかったかなぁ。人がアドベンチャーゲームをやってるのを見ても面白くも何とも無いし。

「妖怪道中記」で第5シーズンは終了となりました。第6シーズンは今のところ未定のようです。

そろそろマンネリ感が見え隠れしてきた感じがしますが、それでも有野の一挙手一投足についつい突っ込みを入れてしまう、あのハラハラ感は健在です。気長に第6シーズンを待つ事にしたいと思います。
ゲーム  :  trackback 0   :  comment 0  : 

「涼宮ハルヒの暴走」読了 

涼宮ハルヒの暴走 (角川スニーカー文庫)
5作目にあたる「涼宮ハルヒの暴走」を読み終わりました。以後ネタバレ注意。
-- 続きを読む --

Kanon 第1話 「白銀の序曲?overture?」 

京都アニメーション版のKanonの放送が始まりましたので第1話を視聴しました。

かつて2002年に東映アニメーション製作のTVシリーズが放送されていますが、作画がいたる絵をもっときつくした感じなのがどうにも辛くて結局見ていません。世の評判では「黒歴史」扱いみたいなんで、見なくて正解だったかもしれませんけど。

始まりは基本的にゲームに忠実でしたね。駅前で名雪を待つ祐一、名前を覚えているかと言われて「花子」だの「次郎」だの返すシーンは見ていて非常に懐かしい。

なんせこのゲームをプレイしたのは1999年ですから、かれこれ7年経過してるわけですよね。当時勤めていた会社のPCのスクリーンセーバーに「夢・・夢を見ている」のシーンを取り出した奴を設定していて、元ネタを知らない会社の人に「これ何?」と聞かれて返事に困ったっけなぁとか、どうでもいい記憶が蘇ります。

祐一との絡みは無かったものの、学校で佐祐理と舞が登場し、その帰り道に栞とすれ違います(隣に居た人はお母さんなのかな?)。街中で北川と香里と出会い、例の丘でキツネが登場しました。あれ真琴なんだろうなぁ。

そしてスーパーの外で名雪を待っている祐一の前にあゆが現れます。「うぐぅ」って音声にするとこういう感じになんのか、何か慣れるのに時間かかりそうだ(;´Д`)

※私はPC版しかやってないのでコンシューマでの台詞は聞いた事がありません。

ギャルゲーがアニメ化される度に思うんですが、基本的にストーリーはメインヒロインルートになりますよね。そうなると自然とサブキャラの話はオマケ扱いになってしまうので、それが見ていて結構もどかしかったりするんですよ。

まぁ今回はどうやら全24話の2クール構成みたいなんで、サブキャラもクローズアップされるんじゃないかとリメイクに期待しています。

そういえばちょっと前に「君が望む永遠」のアニメが遥ルートで再度放送されるって話を見ましたが、あれも一種のリメイクなんですかね。と言っても水月ルートも遥ルートも途中までは同じ進行なので、実際にこれをアニメでやり直すのって結構難しいんじゃないかなぁ。

閑話休題。総評としては第1話は順調な滑り出しだったと思います。オープニングにしても、本編での滑り止めの砂とか除雪機などの細かい作画など、相変わらず京アニはこだわって作品作りをしていて好感が持てます。このクォリティを最後まで維持して貰いたいですね。

しかし祐一のキャスティングはもうちょっと何とかなんなかったのかなぁ。杉田智一は悪くないんだけども、あまりにもキョンと被っててちょっと微妙。

ZERO3 メモリ増強 

昨年12月にZERO3と一緒に購入していたminiSDカードは512MBでした。1GBはちょっと割高だし、ひとまず512MBもあれば十分だと思ってたからです。

ただ実際に使い始めて動画やエミュレータなどあれこれ詰め込んでいると全然容量が足りません。

常々大きいサイズのが欲しいなと思っていたら、AmazoneでTranscendの2GBのminiSDが5990円ってのを見かけて早速注文しました。で、今日届いたんですが、やっぱりサイズが大きいのはいいですね。

前買ったのはADATAの512MBで60Xタイプのでしたが、これが当時安くて4700円位してましたから、本当メモリの値段ってのは短期間に下がってしまうもんだなぁとしみじみ感じましたよ。

交換して余った512MBですが、携帯で使いまわそうと思って挿してみたら「256MB以上のものは使えません」とか言われました。どうみてもmovaです、本当にありがとうございました。

テラセツナス(つд`)
PC関係  :  trackback 0   :  comment 0  : 

老化現象か 

いつも金曜は帰りに深夜営業のスーパー行って食材を買い込むんですが、今日は雨が強いので駅前の「なか卯」で食べて帰る事にしました。

カツ丼がうまそうだなぁと思って見てたらカツカレーがあったのでそっちを頼んだんですが、食べ初めてからようやく気付きました。

昨 日 の 夜 も カ レ ー 食 べ て た こ と に

残業で疲れてたとは言え、昨日食べたものも意識出来ないってのは、ちょっと脳年齢やばいんじゃないかと。

ちょっとだけやって放りっぱなしの脳を鍛えるDSトレーニングやったほうがいいかもしんない(;´Д`)

ZERO3で目覚まし 

これまで携帯の着メロを目覚ましとして使っていたんですが、折角mp3を着メロで使えるZERO3を持ってるんだから、こっちを使えばいいじゃないかと今更のように思いつきました。

設定を確認すると、どうもOS標準では携帯のような目覚まし機能は使えない感じです。音声ファイルにmp3が指定出来ませんし。

そこでネットで調べてみると「Pocket Wakeup」っていうソフトがいろんなところで紹介されていました。元々はおフランスのソフトなんですが、有志の方による日本語化パッチが別途リリースされていたので、早速セットアップしました。

スタンバイ状態からのアラーム、スヌーズ(繰り返し)設定、アラーム後のスタンバイ移行など、なかなか細かい機能が用意されており、miniSDに置いてあるmp3でも使えます。テストした結果も良好でした。

ただ私の環境では問題が1つあって、何故かアラームの鳴る時間を設定してもその通りに動いてくれないんですよ。アラームの鳴動時間は1秒から60秒まで設定出来るんですが、例えば時間を10秒に設定してもそれ以降も鳴り続けてしまうので、結局mp3を全部再生し終わるまでは止まりません。

まぁ目覚ましで使うつもりだったmp3は、もともと着メロ用にサビ部分を切り出した短い時間のファイルだったので、使用上特に問題は無いのですがどうにもすっきりしませんね。こういう症状は私だけなのかなぁ?
PC関係  :  trackback 0   :  comment 0  : 

英会話 はじめの一歩 

先日社内で英語スキルのチェックが行われました。チェックは、英会話スクールのネイティブスピーカーと電話で10分程会話をして、その内容で各人のレベルを計るというものです。

他の国のメンバーとのCommunicationにはどうあっても英語は必須なので、基本的に内勤社員は全員このチェックを受けさせられてたようです。

で実際にやってみた感想ですが、これまで通訳抜きで外人とガチで話したことは殆ど無かったのでとにかく緊張しました(;´Д`)

まず私の仕事に関する質問から始まり、アウトラインを話すと今度はdetailを説明してほしいと切り返されます。その後は今の仕事は楽しい?、その理由は?といった感じで結構細かく質問されて、その度に言葉がなかなか思いつかず、しどろもどろになりながらも苦しい返答を返す私。

平易な文章で話してくれるおかげで、聞かれている事は結構分かるんですが、返す言葉が出てこないのがやっぱりもどかしいですね。そんなこんなであっという間にスキルチェックは終了しました。この結果を元にクラス分けされて実際に英会話のレッスンを受講する事になりそうです。

会社持ちで英会話のレッスンを受けられるのならそれは非常に有りがたい話なんですけど、会社がこうした機会を設定する以上、それは仕事に直結しているわけですし、確実に結果を出して実践する事を求められているわけですよね。これは結構なプレッシャーです。

ただ最近英会話教室に通い始めた友人の話を聞いていると、本当に楽しそうなんですよね。学ぶ姿勢もとてもポジティブだし。彼と同じ境地に辿り付けるかどうか分りませんが、「英語が話せればいいなぁ」という気持ちは仕事とは関係無く私も持っています。ですから今の状況を絶好のチャンスととらえ、何とかモノに出来ればと思ってます。

ぎりぎりセーフ 

昨夜のうちに問題の起きているサーバのMPSReport、「システム情報」からエクスポートした構成情報、それにClusterWizard実施時のログをメールでMSに送って調査依頼をしておいたので、早速エンジニアから連絡がありました。その報告によると、Support内の過去事例で1例だけ今回と似た現象があったとのこと。

その過去事例では、BroadcomのNIC管理用アプリをアンインストールした事で問題が解消されたとの話でした。そこで障害対応としては、まずNICのTeamingを解除してCluster作成を試し、それがダメならBroadcomの管理用アプリを削除して再トライって感じで段階的に実施する事にしました。

早速「Broadcom Advanced Control Suite 2(BACS2)」の画面を表示してNICのTeamを削除しましたが状況変わらず。仕方ないのでBACS2を削除してサーバを再起動。Teamを削除した事で仮想NICが消えてしまっているので、物理NICに改めてIPを振り直してClusterWizardを実行したところ、分析で成功キタワァ*゠゜゚゠*:.。..。.:*゠゜(n‘∀‘)η゚゠*:.。. .。.:*゠゜ ...

その後は特に問題も無くCluster作成とノードの追加が完了しました。

何だか分りませんけど、結局BACS2がインストールされた事でWMIのクエリ参照などに不具合が出ていたってことなんでしょう。後は2号機で同じ対応をしてClusterのノードに追加すれば終わりです。

・2号機を起動してBACS2の削除&サーバ再起動。
・1号機側でClusterアドミニストレータを起動してノードの追加Wizard起動。
・ノードの追加Wizardで分析開始。
・2号機の分析で同じエラー。

うそーん(つд`)

BACS2削除してんのに全く同じエラー出てますやん。同じサーバなのにどうしてこうなるんだぜ?

あぁーーーーーーーもうすんげぇイライラする!こんなサプライズ頼んでねぇっつの!!

思いつく限りあれこれ試しても全く変化無し。もうどうでも良くなりかけましたが、「押してもダメなら引いてみな」の格言を思い出しBACS2を再インストールしてみたところ、何事も無く分析フェーズを通過しました。

いやね、問題は解決したわけですけど、なんつーか先に進めた喜びよりも釈然としない気持ちの方が強くて素直に喜べないっつーか。何なのこの動き(;´Д`)。

ここから先は推測になりますけど、今回の問題って実はBroadcomのBACS2はあんまり関係無かったんじゃないでしょうか。たまたまこのアプリのインストールやアンインストールがトリガーになってWMIのおかしな動きがリセットされているだけで、実は他に原因があるんじゃないかと。

今回問題の起きていたサーバはIBMのxSeriesで、IBMサーバ専用の管理ツールであるIBM Directorが導入済みでした。で、ClusterWizardで失敗している間、ずっとイベントビューアのアプリケーションログにWMIとIBM Directorに関するエラーが記録されていて、正常な状態ではこのエラーもぱったり止まっていたんです。

だからどっちかっていうとIBM Directorが犯人なんじゃないかと私は疑っています。この辺はIBMに投げてみる手もあるんですけど、IBMサーバをホスティングして私らにチャージしてるのは彼らですし、彼らが調査すべき案件でしょう。

なのでここまでの経緯を不慣れな英語で綴ってメールしておきました。


あーもうほんと疲れるんですけど。
ゲーム  :  trackback 0   :  comment 0  : 

案の定 

向こうのエンジニアから「SANストレージのアサインが出来たので確認してくれよHaHaHa!!」って感じの連絡が来たので早速サーバをチェーック。

内 蔵 ド ラ イ ブ し か 見 え な い ん で す け ど('A`)ウボァー

散々待たせておいてこの仕打ち。もうドMには最高のシチュエーションです、本当にありがとうございました。

頭来て連絡したら「直したのでもう一度見て見てプズーリ」と再度連絡有り。今度はアサインされたLUNが見えているようなんで、サーバをドメインに参加させてようやくMSCS構築を開始。

Clusterの管理から作成ウィザードを実行し、PrimaryNodeの取り込み作業を開始します。最初にCluster構成の事前分析があるんですが、この分析で想定外のエラー発生。Heartbeat用のNICに対するWMI関係のエラーっぽいんですけど、こんなの今まで自分の構築した範囲では見たことNEEEEEEEEEE!!!

慌ててknowledgeをあれこれ調べるもエラーコードからも特に引っかかりません。2003のSP1に含まれるHotfixにWMI関連のエラー対応があったんですけど、既にこのサーバには適用済みなんでそれも当てはまらない。

イベントビューア見ると確かにWMI関連のエラー出てるし、NICの情報がおかしくなってんのかと思って、無効やら削除・再検出だのあれこれやっても、Heartbeat用のNIC以外に余ってたNICでも同じ分析エラー出るので、NIC固有って話ではなくやっぱりWMI全般の問題っぽい。

かといってWMIのサービス停止しても状況に変化無いので一旦今日はここまでにして帰る事にしました。明日中にCluster構成作っておかないと、その後に外部ベンダーにやらせる作業に影響が出ちゃうんので、結構やばい状況。

うおぉぉぉぉぉぉド畜生ォ!!!!

そもそもMSCS構築は海の向こうの連中の仕事やんけ!!!、それを押し付けられた挙句このザマかよ。やってらんねー。

もうほんと毎日が楽しくて仕方ありません。
ゲーム  :  trackback 0   :  comment 0  : 

「のーぶら」読了 

のーぶら 1 (1) (少年チャンピオン・コミックス)
ちょっと引くかもしれませんが、私はいわゆる「TS(trancesexual)物」の作品が好きです。このジャンルは大きく2つに分類されます。一つは何らかの理由により実際に性別が変わってしまうケース。メジャーなところでは「らんま1/2」が代表格でしょうか。もう一つは性別は男性だけど見た目がどうみても女性にしか見えないケース。こちらは「ストップ!!ひばりくん!」が代表格でしょう。

「のーぶら」は少年チャンピオンで連載された川津健二朗氏の全5巻の作品で、「ストップ!!ひばりくん!」の再来といった評価を良くされているようです。

ストーリーはこんな感じ。

一人暮らしをしている主人公・片岡正人の元に突如同居人が現れます。正人は父親から幼馴染の男の子が来ると聞かされていたのに、そこに現れたユウキは飛び切りの美少女。混乱する正人の元にユウキの母親から電話があり、そこでユウキが「男性」で有る事を改めて知らされ正人は驚愕します。ユウキは正人との10年前の思い出を頼りにやってきたと言いますが、正人にはその記憶が全く有りません。そんな中二人の同居生活が始まりますが、ユウキが正人と同じ高校に「女性」として通学し始めた事から、正人は秘密を複数抱えた綱渡り生活を送る羽目になります。

ユウキとの同居がばれて担任の水谷麻里子が監視名目で正人の部屋に転がり込んで来たり、学園のマドンナ的存在である大空 薫との交際が始まったりと、この手の漫画の主人公としての定番コースを着実に歩んでいく正人。

そんな正人を巡るヒロインが2人出てくるのは王道の展開ですが、この作品ではその一人が男性である点が通常パターンとは異なり、そこをどうやって決着させるかが作者の腕の見せ所と言えます。

相手が男である事が分っており、そこに憧れだったマドンナが彼女になってしまえば、普通ならばどうしたってそっちの道を選びそうなもんですが、この優柔不断な主人公はそうはならず、ずるずると二股状態を続けてしまいます。こうした正人のダメっぷりがファンの間で大層不評を買っていたようですが、一概に彼を責められない部分もあるとは思います。

というのもユウキは非常に健気に見えますが、その中にも確信犯的な行動が結構目立つんですよ。薫と正人が付き合ってるのを知っていて「家に居る時だけでいいから私の恋人になって」と正人に訴えるところとかね。都合の良い存在に自分を置く事で、正人が自分と距離を置こうとするのを防ごうとしているわけで、こんなシチュエーションが現実にあるかはひとまず置いとくとしても、もし私が正人の立場に身を置いていたらやはりユウキの提案を拒否出来ないんじゃないかと思います。ずるいかもしれませんけどね。

教頭にユウキとの同居がばれたところから話は終末に向かうわけですが、この後の展開は正直期待外れでした。正人の退学を防ぐために自分が男性である事を告白し、全てを吹っ切ったように(見せかけながら)男性として振舞うユウキ。そのユウキは正人から自分が10年前の思い出の人では無い事と、その人物が実は幼少期に一緒の保育園に通っていた薫だったと告げられ失意のまま静岡に帰ってしまうんですが、ここで何かあるのかと思いきや、あっさり戻ってきてギクシャクしていた正人と薫のキューピッドになっておしまいって何だそりゃ。

振り返ってみると、薫の扱いが中途半端だったのがこの作品の物足りなさ(厳しい言い方すれば敗因)の原因なんだと思います。入学試験の時の出会いは事実だけど、その後電車で痴漢から助けた話は別人なわけなんで、そんな薄っぺらい理由でどうしてあれだけの女性が正人に思いを寄せるのか説得力が無く、二人の絆みたいなものがどうにも見えない。だから最後に無事ヨリを戻せて良かったねって言われても何とも「はぁそうですか」位の印象しか持てないわけで。

途中薫が幼少時に両親が離婚して父親と離れた話と、正人には母親が居ない話がそれぞれ出てきて、これが二人の関係の複線じゃ無いかと読んでいたんですよ。ようするに二人は異母兄妹(or姉弟)なんじゃないかって。

正人と薫は結構物語序盤にあっさり付き合い始めるわけですが、その描写もすごく微妙で、単に映画を見に行って「また二人で会える?」って言われただけで付き合い始めた事になってんですよね。これ見て違和感感じたのは多分私だけじゃないでしょう。こうした淡白な描写は二人の関係の希薄さを意図的に演出したものであり、後に二人の血のつながりが発覚する事で破局していく布石なんだと深読みしていた自分がちょっと嫌になりました(;´Д`)。

というわけで読み終わったこの作品を一言で表現するとしたら、「出来の悪い「君が望む永遠」」って感じでしょうか。話は全然違いますけど、主人公のひたすら受動的なダメっぷり、ヒロイン?の健気さと報われない恋、優柔不断が招く展開の後ろめたさ、この辺は結構要素的に共通していると思いました。ただ君望と違うのは、各キャラクターを最大限に動かせなかった事に起因する演出の未熟さです。

作者は成年コミックからの転向組のようですが、エロ描写に力が入っていたのはそれとは関係なく時代の趨勢であり、長編ストーリーを扱う技術力がまだまだ足りなかったんだと好意的に解釈する事にします。絵は5巻通してグングン上達してますね、江川達也と貞元義行を足して2で割った感じで。それだけに終わりが盛り上がらなかったのが非常に勿体無かったと思います。今は別の作品を描いてるようですのでそっちを期待したいところです。

caclsのエラー 

朝の9時に会社の人からの電話で叩き起こされました('A`)

うちで使っている全社員向けのファイルサーバのフォルダ構造をリニューアルする為、特定のフォルダから配下の全てのフォルダとファイルに対して、既存のACLを保持しつつ特定のアカウントのACLを追加する必要が出ていると。

置き換えならエクスプローラからのGUI操作でも出来ますが、既存のACLを保持しながら一気に置き換える操作は出来ず、フォルダやファイル個別に設定するしかありません。数十万のフォルダや数百万のファイル相手に手動でこんなの設定していたら終わる頃には第3の目が開いて悟りの境地に到達してしまいます。

なので、これをcaclsというコマンドで一気にやってしまおうってわけです。担当者もこのコマンドは何度もやっている人なんで、時間はかかるかもしれないけどほっとけば終わるだろうと思っていたところ、「データが無効」「システム コールに渡されるデータ領域が小さすぎます」など今まで見た事の無いエラーが出まくったそうで、それで電話がかかってきました。

caclsでは、/eオプションで既存の権限にACLを追加させ、/tで指定したパスから配下の全てにそのACLを適用するよう指示出来ます。なので、適用範囲のルートフォルダに対して実行すれば、後は完了まで放置するだけでOKの筈なんです。

過去に私も何度もやってきましたし、それがどうしてそんなエラーが出るのかと、VPNで会社の環境に接続して確認したところ確かにその人の言う通りのエラーが出てます。

knowledgeを当たってみてもちょっと同じ状況のケースが見当たりません。共有フォルダはとかくユーザーが深い階層や有り得ない程長い名前付けたりしますんで、多分この辺が関係しているんじゃないかと思いますが、エラーの出たフォルダ内のファイルをピンポイントに指定するとACLの適用が出来てしまうので、もう何が何だかさっぱり分りません。

ACLの付与が出来そうにないので、ひとまず他の方法で代替する事にして一旦作業を終了して貰うことにしました。

休日って休む日って意味なんだけどなぁ・・・ていうか、この作業休日勤務としてカウントしてもらえんだよな?('A`)。
ゲーム  :  trackback 0   :  comment 0  :