FC2ブログ

総帥Diary - 徒然なるままに -

11 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

FC2カウンター

プロフィール

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

GoogleAdSense

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

ブログ内検索

Kanon 第13話 「あぶなげな三重奏 ?trio?」 

今回池田さんが作監の割には気持ち作画が安定していないような気がするのは私だけでしょうか。

早いもので1クールが消化され折り返し地点まで来ています。そりゃリアルで大晦日にもなるってもんですわ。

さて冒頭で舞を庇い立てする祐一とそれをアシストする北川ですが、体育館のあの惨状を誤魔化すには相当無理ありますよね。原作でこの辺どう処理してたか覚えてませんが、映像としてあの舞踏会の混乱を見てしまうと、何を言っても言い訳にしか聞こえませんよ。粘着質の久瀬が良くこれで引き下がったなぁとちょっと意外。

昇降口で出会った舞は佐祐理の怪我を心配してましたけど、あの騒ぎの後舞は佐祐理に付いていてあげなかったんでしょうか?。何となくあの反応を見ると佐祐理の状況を把握していなかったように見えるので、多分佐祐理と顔を合わせたのはあの夜以来だったんじゃないかな?。

昼飯後にやってきた久瀬に対して「佐祐理を傷つけたら絶対許さない」と強い意思表示をしてる割に、あれだけの被害を被った佐祐理のケアをしっかりしていないのはちょっとアンバランスな気がしますね。だって舞は佐祐理の事を何よりも大切にしている筈ですから(あの夜のその後が描かれていませんので何とも言えませんけど)。

休み時間の定例行事として栞と会う祐一。香里の存在を同姓同名って話であっさり流されてしまうのは何ともはや(;´Д`)。いやさすがに内心「そりゃないわ」って思ってるかもしれませんけど、その一部始終を踊場からガン見してる香里がちょっと怖い。香里様がみてる。

放課後の戦闘訓練は舞にダメ出しされますが、祐一は良くやってたと思いますよ。普通ならあの消火器には反応出来ないと思うし。ただね、その後が頂けない。夜の学校で舞に「余計な事をしないで欲しい」と言われて、「俺のお陰で助かったんじゃないか!」って、アンタどうみても舞を助けてませんから。

まぁ祐一も自分が舞のような戦闘力が無い事を自覚していて、それでも彼女を守りたいと考えているのにそれが出来ずに苛立ってたんでしょうが、その辺を脳内で加味してやっても祐一のあの激昂はちょっと見苦しい。

でもここまで祐一が感情を表に出したのって実はこのシーンが初めてかもしれないですね。祐一ってどこか大人びて達観してるようなとこあるから。

翌日の放課後、舞の誕生日プレゼントを佐祐理と一緒に選ぶ事に。あのアリクイの縫ぐるみを背負って歩く彼女の姿は確かにユニーク。ただ祐一も男なら家まで持っていってあげるくらいの気遣いは見せるべきだな。誰彼構わず博愛精神で接しているように見えて、微妙にこういうところで淡白なんだよなぁ祐一って。

真琴とあゆそれぞれと顔を合わせた舞は、すぐに彼女達の背景に気付いたようですが、祐一についてはようやく何かおかしな物を感じ始めたようです。次回で舞編は決着かな?

別離は突然に 

PS3購入当日
       ____
     /_ノ ' ヽ_\
   /(≡)   (≡)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \ ピコピコ…ああっ、PS3、いいお…
  |     |r┬-|     |     ピコピコ…ガンダム難しいお…
  \      `ー'´     /

翌日夜

      / ̄ ̄ ̄\ 
    / ─    ─ \ 
   /  (●)  (●)  \. どれ、買取に出すか
   |    (__人__)    | 
   \    ` ⌒´    /
   /              \

カっとなって売却した。買取が高ければどの店でも良かった。今も後悔はしていない。

というわけでPS3の我が家での滞在記録、約1日。歴代所有コンソールの中でも、買って翌日売却なんてこれが初めて。さすがに我ながらこれは酷いと思うけど、でもこれが現実。

折角買った最新機ですから、例えやりたいゲームが無かったとしても本体は所有していようと最初は考えてたんですよ。だけど、昨日外出した際に立ち寄ったとあるゲームショップで60GBが58000円買取だったのを見て猛烈に翻意。速攻家に帰って2時間以上かけてPS3の完全初期化を実行し、ショップにガンダムと一緒に持ち込みました。

買って一日の機械なんで当然のように査定はAランク。本体はポイント分を考慮すればほぼ同額ですが、ガンダムが思ったより買取低かったのでこっちで損してます。まぁこの分はPS3のレンタル代だったと考えますよ。購入までに駆けずり回った労力と交通費はひとまず見なかった事にしましょう。考えると空しくなりますので。

やっぱやりたいゲームが無いのは致命的ですし、本体だけ高性能でも家の場合AV環境がそれに追いついていません。またこれ重要なんですが、AV-MULTI端子に接続している場合Blu-ray/DVDの出力が正常に行えないんですよ。私的にはこれが売却の決め手になりました。だって、ゲーム無くてもAIR見られればいいやとか思ってたのに、それすら出来ないんじゃこんなマシン持ってても意味ネーヨ('A`)

そりゃいつかはHDMI環境整えようと思ってますよ。だけどPS3に合わせて今すぐに刷新するつもりはありませんでしたからね。でもそれをしないと本来の機能を享受出来ないんじゃ売却するしかないじゃないか!!(CV:石田 彰)。

いつかAV環境が整ってやりたいゲームが出てくる頃にもう一度お会いしましょう。きっとその頃には本体価格も下がってるだろう。

そしてそのショップで「龍が如く」のBest版を買って帰途につきました。これが面白かったら2も買おうと思う。
ゲーム  :  trackback 0   :  comment 4  : 

PS3その後 

いよいよ開梱。PS2より一回り大きくした感じの全身ツヤツヤボディーはちょっと手で触っただけで指紋が目立ちます。重さと相まって確かに高級感は漂ってますね。

PS2で使っていたAV-MULTIケーブルをPS3に接続して電源投入するも画面が緑一色(・3・)アルェー?

付属のコンポジットケーブルでは正常に色が出ますし、PS2に接続し直してもちゃんと表示されますので、PS3とAV-MULTIの組み合わせに限定した問題らしい。まさかPS3はこのケーブル対応してないのかなぁ。

仕方ないのでコンポジットケーブルで初期セットアップを進める事に。まず最初にネットワーク設定をして、無線LANでインターネットを出来るようにしました。

次に各種体験版をダウンロードする為、Playstation Networkアカウントの設定をします。ここの入力はコントローラのみでは本当に面倒です。USBキーボード推奨ですね。設定後ストアに行って、リッジ7体験版、BLAST・FACTOR体験版、GT HD1.1の3つをダウンロードして早速プレイ。

リッジは1つのステージのみプレイ出来るようですが、ドリフト感などはいい感じ。BLAST・FACTORはアナログスティックで操作するシューティングゲームで、真新しさは無いけど堅実な面白さ。GT HD1.1はリアル志向だから、適当に操作しているとまともに走れません。爽快感ではリッジの方が上かな。

と、ここまでコンポジットケーブルでプレイしていたんですが、次世代機なのにコンポジット出力とか有り得ない。S端子ケーブルでも買うしかないかと諦めかけたんですが、念のためAV-MULTIの表示問題を探ってみると、単に映像出力設定が正しく設定されていなかった事が原因だったと判明(´・ω・`)ニョローン。接続されているケーブルで判断してくれるもんだと思い込んでいたのでこれは盲点でした。

設定を変えた事で緑一色は解消。改めてゲームをするとさすがにRGBなので随分マシになりました。とは言え所詮は8年前のWEGAです。映像によって変な風に横線やしましまが表示されてしまいます。ここから先はそれこそHDMI対応ディスプレイの出番なんでしょう、すぐ買えるもんでもないけど。

一緒に買ったガンダムTISはHDDにインストールする事が出来るようで、まず最初にその作業を行いました。PCだったら当たり前の作業なんですけど、コンソール機でこういった操作をするのは初めてだったのでちょっと新鮮でしたね(初代XBOX改はメディアプレイヤーとしての使用中心なので自分的にコンソール機から除外)。

ゲームはGMと鹵獲したザク3機相手との模擬戦からスタート。適当に操作していたら3機に蜂の巣にされあっさりゲームオーバー。うわー容赦ねぇ、最初でこれですか。

仕方ないので遠くからスプレーガンでチビチビ撃って撃破。何だかあんまり爽快感無いなぁ(´・ω・`)。次のステージかと思いきや、ここで新手のザク3機が登場。今度は模擬戦でなく実戦らしい。また同じパターンで蹴散らしてやるわ!と鼻息荒く臨んだんですが、ボコボコにされて終了。勝てる気しないんですけど。

コンティニューするとまた鹵獲機との戦闘まで戻されるのがウザイ。またその後の新手のザク登場時のデモが飛ばせないのも鬱陶しい。こんな調子で何度かゲームオーバー繰り返してるうちに、この新手の3機から逃げるのがこのステージの目的らしい事に気付きました。

今度はダッシュで逃げようとするも3機から集中砲火は止まず、胴体のダメージがヤバイことに。ぎりぎりのところでようやく退避ポイントに到着してミッション終了。まだ試験段階だったGMをそのまま実戦部隊として投入する事になった、との説明のもと本格的にゲームスタート。何だかMS IGLOOをちょっと思い出しましたよ。

ここまでやった印象ですが予想以上に出来が悪いです。動きはガクガクしててモッサリ感が目立つ。デモの途中とかでも描画がガクガクしてるところとかあって、とても最新鋭機とは思えない挙動。

MSの移動とカメラワークを別々のアナログスティックで操作するんですけど、またこれが最悪。思った方向に機体を向けるのがすごく難しく、もたもたしてるとすぐに蜂の巣にされてしまいます。MSのリアル戦闘を志向してるとは思うんですが、私はVSシリーズのような軽快な操作を期待していたのでこれにはガッカリ。これなら連合vsZAFT2を買った方がナンボかマシだったんじゃないかと。

ここでゲームはひとまず置いといて、インターネットブラウザ機能を試してみました。フルスペックハイビジョンとは程遠い21インチのCRTなので解像度はお察し下さいって感じですが、確かにYouTubeは普通に見れます。USBのマウスとキーボードを接続してそれなりのTVが使えれば、確かにインターネットブラウジングについてはPCの代替になるかもしれません。

年末年始はPS3で、なんて言ってましたけど一日で触り尽くしてしまいましたよ。どーすんだこの後。
ゲーム  :  trackback 0   :  comment 0  : 

PS3狂想曲 最終章 

Amazon、ビック、TSUTAYAなど通販での在庫が潤沢になりつつあるPS3 60GBですが、今からだと届くのは年明け以降。どうせ買うなら今すぐ触りたい。会社は今日から休暇に入った事だし、再度60GB探しの旅に出る事にしました。

前回新宿で轟沈だったので、今度は家から電車で10分圏内の上野をターゲットに決定。本当は開店時間に行くつもりでしたけど、結局昼まで爆睡しちゃいました(;´Д`)。じたばたしてもしょうがないので、布団を干してスーツを全部クリーニング屋に持ってってから上野に出発。

で上野に着いたのはいいんですが、久し振りなのでヨドバシの場所もはっきり思い出せません。暫くウロウロしてようやく店を発見。うーん本当に前からこの場所だったかなぁ?。イマイチ釈然としませんが、ともかくゲーム売り場に急ぎます。結果はやっぱり60GBが品切れ(´・ω・`)ニョローン

私はPSPもメモリースティックも持ってません。ネットワークは有線LANで接続すればいいし、HDDは20も60も少ないのに代わりは無い。だから総合すると20GBで十分なんですよ。でもここまで60GBに出会えないと意地でも買ってやりたくなります。もはやこれは漢の意地。

ということでひとまず上野を後にしてそのまま徒歩で秋葉原に向かいました。今日から冬コミだし少しはアキバも空いているかと思いきや相変わらずの街並みに猫ゲンナリ。実はヨドバシakibaは今回が初めての訪問で、駅から近くに見えるのになかなか辿り付けず、またもや暫く駅周辺をウロウロする羽目に。ほんと自分の方向オンチっぷりに情けなくなります。

ようやく店に入り6Fのゲーム売り場に着いたんですが、何この物凄い人ごみ(;´Д`)。レジ中を覗くもPS3の箱は全く見当たらず、また入り口に置かれた看板にも品切れの告知。2ch速報スレでは店内にアナウンスが流れてゲリラ販売されるとあったのですが、あまりの人ごみに長居する気にはなれず早々に店を出ました。

ここで暫し黙考。このまま手ぶらで帰ってまたどこかに買出しに出るのもいい加減面倒臭い。ここからだと上野は帰る途中だし、もう一度上野に寄って60が無ければ20で妥協して帰る事に決定。

本日二度目のヨドバシ上野ですが売り場の状況に変化無し。ここで20GBを買ってさっさと帰れば良かったんですが、また優柔不断の血が騒ぎ始めゲリラ販売を待って見ることにしました。時間潰しにお子様が展示機のPS3でレジスタンスをやっているのを眺めてたんですが、確かにグラフィックはすごい綺麗ですね。FPSは苦手なんで買う気はしませんが見てて飽きないです。そんなこんなで多分30分位は売り場に居たと思いますが、店内には物が搬入される様子はさっぱり見られません。

ここで再び黙考。ここらだと有楽町はそんなに離れてないし、最後に有楽町ビック行って無かったら今日は諦めよう。ダメもとでビックに電話して聞いてみると何と60GBの在庫があるとの事。何台あるかは不明で取り置きも不可との事で、とにかく急いで有楽町に向かいました。

さすがに有楽町ビックは駅前なので迷う事も無く、地下2階のゲーム売り場に到着すると看板では60GB在庫切れの表記。こちらのレジもすごい行列になっており、パッと見レジ内に箱は見えません。近くに居た店員に電話で問い合わせた話をすると、在庫が安定しない新機種について電話では答えない方針になっていると説明をされました。

じゃあ何でさっきの人は答えたんだって話になりますが、代表番号のオペレーターのミスだったんでしょうとのこと。事情は理解出来ましたので店員とは終始和やかに話をしていたんですが、在庫案内は店内アナウンスで流れますよという話になったまさにその瞬間、店内にPS3の20/60の販売に関する館内アナウンスが流れました。

お互い顔を見合わせた後、慌てて店員に売り場どこ!?って話をすると1Fと言われたので物凄い勢いで行ってみるもどこにも売ってる様子は見当たらない。焦っているところに先程の店員が「すみません地下2Fでした!!」と呼びに来ました。かんべんしてくれよ・・・

慌てて売り場に駆け戻りどこに並べばいいのか聞くと、例のレジ待ち行列に並べとの事。特に整理券も渡されないまま並んでいて本当に買えるのか一抹の不安はよぎりますが、レジで言えば買えるんだろうと大人しく列で待つ事に。

売り場のレジ数が多いおかげで見た目より早いペースで列は掃けていき、呼ばれたレジで60GBの購入を告げると「在庫は20GBのみでPS3のレジは別の場所をご案内しております」と言われました。おいおいマジかよー、この列に並んでた意味無かったってことじゃん(;´Д`)。無駄に並んでいる間に売り切れてしまったのかとガックリしたんですが、案内された別のレジで話をすると60GBは有りました。

・・・何なの、このビックカメラ劇場は。年末で売り場も混乱しているのかもしれないけどこれは酷すぎる。もうちょっと店員間の情報共有はしっかりしてくれよ。振り回される客の身にもなってもらいたい。

とまぁいろいろ紆余曲折ありましたが、ようやくPS3を入手する事が出来ましたよ('∀`)。ちなみにMade in China。

PS3 60GB

接続はこれからですが年末年始はこれで余暇を潰せそう。今後の課題はHDMI環境の整備ですね。今のテレビは21インチのCRTで音も左右から出てるだけですし、AV-MULTI端子で接続出来ると言っても本来のクォリティには到底及ばないでしょう。いずれこの辺は刷新したいところです。
ゲーム  :  trackback 0   :  comment 2  : 

物買うってレベルじゃねーぞ 

今日仕事を早めに切り上げてPS3狙いで新宿行ってみたんですよ。

ヨドバシが10%還元って話だったんで最初は淀以外購入は有り得ないと思ってたんですが、いろいろ調べているとどうもヨドバシでは60GBは62700円なんですね。ビックは59800円で5%還元なんで、これだと両社の実質金額って数百円しか差が出ません。なのでこのどっちかの店舗で見かけたら買うつもりでした。

ひとまず最初は西口ヨドバシゲーム館へ。レジ中にPS3の箱があるのを確認したので店員に聞くとこれは全部20GBとのこと。2chゲーム速報スレでは西口本館?のAVフロアでも売られていたって話を見かけていたので、他に60GBを置いている店舗は無いのか聞いたところ「在庫は店舗共通です」と言われました。

その言葉を鵜呑みにするつもりは無かったので、近くのマルチメディア館3F?4Fあたりをチェックするも売られている様子は無し。というかそもそも西口のヨドバシ本店はマルチメディア南、北、東だのいっぱいフロアがあって、スレで言うところの「本館3F」「本館AVフロア」ってのがどこなんだかイマイチ分かりません(;´Д`)

仕方ないので次は閉店直前のハルクのビックカメラへ。結果は20/60いずれも在庫無し。この辺が潮時かと思いましたが、ここまで来たら東口もチェックするしかないでしょう。で、東口のヨドバシゲーム館もやはりレジ内に20GBのみ在庫確認。レジ待ちの人はこっちの店舗の方が少なかったです。店舗面積の関係なのかな。

最後に東口のビックカメラですが20/60いずれも在庫無し。ビック全然ダメなんですけど。あぁ、ちなみにどの店舗もWiiは当然のように有りませんでした。

2chではPS3はもう余っているみたいな書き込みで溢れていたので、サクっと買えると思いきや60GBの在庫には結局出会えずじまいでした。手ぶらで帰るのも業腹なのでこの際20GBでもいいかと思って再度ヨドバシ寄ったんですが、一緒に買うつもりだったガンダムが売り切れ。ここで試合終了。

きっとこれは「今はまだPS3は買い時じゃないYO!!」というゲームの神様からの啓示なのかもしれない。

ちなみに今これ書いてる最中もAmazonやTSUTAYAではPS3の在庫復活してます。ギフト券還元あれば尼も有りなんですが・・・
ゲーム  :  trackback 0   :  comment 0  : 

ハルヒDVD最終巻の表紙は・・・ 

涼宮ハルヒの憂鬱 7 限定版
大方の予想通り、DVD最終巻の描き下ろしジャケットは長門でしたよ('∀`)イィーヤッホウ

前巻に収録された「サムデイ イン ザ レイン」の次回予告では、長門が「風邪・・・ひくから・・・」とはっきり言ってましたので、今更ではありますけど、キョンにかけられた最初のカーディガンは長門のものだった公式に認定されたと考えて良いでしょう。

あと最終巻表紙に長門を持ってきたのも「サムデイ イン ザ レイン」の主役が長門だった事を明確に表してますよね。「射手座の日」を長門メインと考えれば前巻の表紙を長門にしても良かったんでしょうけど、敢えてそうせず最後の大トリに持って来た事を素直に評価したい。

まぁここで鶴屋さん使わないと他の巻の表紙には使いづらいってのもあったんでしょうけども(´・ω・`)ニョローン

時系列的には「サムデイ イン ザ レイン」の後「涼宮ハルヒの消失」につながっていきますし、TVと異なりこの話を最終話にもってきたのはやはり2期への布石なのかなと期待は募るばかりです。

ハレ晴レユカイの完全版楽しみですねぇ。

AmazonでPS3 60GB在庫復活 

他の事しながらアラームページ表示していたらPS3の60GB在庫復活してるみたいです。

初めて在庫あるの自分の目で見れたので浮かれて買いそうになったんですが、良く考えるとAmazonだと62980円するんですね。ヨドバシで買えば(多分)59800円で10%還元だし、それ考えるとすんごい割高に見えます。

Amazonもエレクトロニクス還元ギフトでもつくならいいんですけどそれも無いとなるとこりゃパスですなぁ。

今週でどっか会社早めに上がってどこかのヨドバシでもチェックしてみようかな。
ゲーム  :  trackback 0   :  comment 5  : 

Kanon 第12話 「異形の円舞曲 ?waltz?」 

クリスマスイブの日にギャルゲーアニメのレビューを書いてる自分って・・・とか考えたらそこで試合終了ですよ?

UFOキャッチャーの回想の後目覚めた祐一はトイレに行こうとしているあゆと鉢合わせ。あのタイミングで顔を合わせたのは二人が同じ夢を見ていたからんでしょうかね。ベランダでお互い高所が苦手、という話をしているのはこの後への伏線。

廊下で騒いでたので名雪が目を覚まさなかったか心配していたあゆ。あの時映った名雪の様子を見ると、あゆと名雪が一緒に寝ていたのは最初の日だけだったんでしょうか?。あゆが居たのは階段手前だったので、どの部屋から出てきたのか良く分からないんですよね。

この時点で朝の4時過ぎ、次に名雪が食卓で寝ぼけている時映った時計では5時半過ぎなので、あゆと祐一はあのまま二人で話をしていたのか判断に迷うところですが、それ以上に気になったのは朝起きるの早くね?

一般的な高校なら朝のHRって多分8:30位でしょ?、その3時間前の起床はいくらなんでも早すぎる。名雪がシャッキリするまでの時間を配慮しているのだとしても、あれはちょっと無いだろ老人じゃあるまいし。わざわざ時計見せて時間を意識させた狙いは何だったのか無性に気になります。深読みしすぎ?

学校では案の定休み時間に栞と一緒に居るところを栞のクラスメートに目撃されてしまい、そこでとうとう栞の苗字が美坂である事を祐一は知らされます。それを香里に問いただすものの「我に妹などおらぬわ!!」と一蹴されてしまい祐一(´・ω・`)ニョローン。川澄綾子はこういう淡々とした喋りがいい、ラフィールとかね。

何か栞と舞の話は殆ど同時進行って考えた方がいいかもしんないなぁ。思ってたより栞の話に踏み込みつつある感じ。

転寝していた祐一がUFOキャッチャーの回想の続きをしているんですが、借金のお願いがどんどんエスカレートしていくのがワロタ。ただここで名雪が「祐一来月居ないでしょう」って言ってますので、時系列的に回想もそろそろ核心に近づきつつありますね。

後半はいよいよ舞踏会の話。ここで生徒会長のユウナ・ロマ・セイラン久瀬が登場します。こいつ原作で立ち絵あったかなぁ?。しかし野島さんはこういう嫌な奴の癇に障る喋りが上手い。最後、久瀬の上にグフ体育館の天井が落ちてきて死んじゃうんじゃないかとヒヤヒヤしましたが延命出来てよかったね!

今回の見所は文句無しで会場での舞だと思いますが、その中でもドレスを褒められて顔を赤らめるところやダンスシーンは秀逸だったと思います。この辺は今回の作監の堀口さんグッジョブ!としか言いようが無い。

堀口さんってハルヒだと「射手座の日」とか担当してますよね。この人の絵って、メインの池田さんとはかなり絵柄が違って全体的に顔が丸っこく幼い表情になっていましたので、人によっては違和感あったかもしれませんが、私は一度見て「いいなぁ」と思いました。長門スキーとしての色眼鏡も入ってたと思いますが。

作画監督を意識しなくなって随分久しい私ですが、Kanonがハルヒと同じ京アニなんでこの作品だけはつい気になってエンドクレジット確認するようになっちゃいました(*´Д`*)。

ただ今回ご都合主義的演出だと思ったのもこのダンスシーンなんですがね。だって高校生であれだけ社交ダンスを踊れる男子がそうそう居るわけが無いでしょう。本人もモンキーダンスしか踊れないとか言ってたのにあの威風堂々っぷりは何ですか。胆力有るにも程がある。それともアレか!「俺テスト勉強全然してねーよ」とか言いながら陰でしっかりやってるアレなのか!?

次回予告ではあゆと舞の顔合わせがあるようですが、これも祐一に舞との過去の記憶を思い起こさせる為の演出なんでしょうか。こうしたキャラ同士の顔合わせはどこまでが原作通りで、どこからがアニメ独自なのかさっぱり思い出せませんねぇ。まぁその位の方が見ていて素直に楽しめるので良いと思ってますが。

Wii&PS3狂想曲 

今日は仕事関係の野暮用で池袋にお出かけ。

買い物を済ませて早々に帰るつもりだったんですが、折角池袋に来たんだからWiiやPS3の販売状況でもチェックしようかと思い、ビックカメラ本店に向かって歩き始めました。

しかしこの時点で時間は既に18:00過ぎ。仮に販売されていたとしても早朝販売だったろうし、こんな時間に売っているわけないよなぁ、と一気にテンションが下がっていきます。

時節柄いつも以上に込み合う街並みにもウンザリしてましたので、結局ビックには寄らず服を2,3買い込んでそのまま家路につきました。電車の中で何人か量販店の紙袋に入ったPS3を持っているのを見かけましたが、きっと予約かなんかで買ったんでしょう。

その後家でWebを巡回していましたが、やっぱり楽天やAmazonなどのWii&PS3在庫はお寒い状況。本当に今年一杯で200万だの400万だの出荷されんのかよ、と疑心暗鬼になりながら「そういえば2chで入荷速報みたいなのあんのかな?」と見てみるとゲーム速報板に関東限定のスレが立っていました。

普通に店頭で買えるもんじゃないと思い込んでいてこの手のスレをすっかり失念していたんですが、スレを見てると実際にはあちこちでゲリラ的に販売されているらしい。何か嫌な予感がして今日のスレを見たら、やっぱり今日は池袋でもビックやヨドバシで結構な数が出荷されてるじゃないですか・・・。

しかも朝だけでなくその後も夜まで断続的に販売されていたようで、私が見に行こうか迷っていた時も行けば買えていた可能性が高い。帰りの電車で見かけた人達の意味をここでようやく悟る事に。

いやね、WiiもPS3も今すぐ買ってすぐに遊びたいゲームがあるわけじゃないんですよ。むしろ無くても一向に困らない位で。ただ誰でも簡単には買えるわけではない今の状況を見ていると、無性に所有欲が高まってくるわけで。

悶々としながら速報スレを見ていて気付いたのは、ネット販売はともかく店頭では既にPS3の在庫は潤沢になりつつあるらしいという事。まぁ値段が値段なんで新し物好きのコアゲーマーに行き渡ってしまえば、その後は出足が鈍っても致し方無いのかもしれませんね。

実は今の時点で購買意欲が高いのはPS3の方なんです。Wiiもいいとは思うんですが、冷静に考えると部屋で一人あのリモコン振り回してる自分の姿ってちょっとアレじゃないですか。何かWiiは一人用ではなく皆でわいわいやるのが基本、みたいなイメージが強い気がするんですよ。

それと比べてPS3はお一人様でも全然OK。値段の高さも相まって部屋の高級インテリアの雰囲気を醸し出す大人のアイテム、そんな感じがするじゃないですか。出来る男ならこれを買え、みたいな。

じゃあPS3で何すんのって話ですが、えーと、そのー、AIRのBlu-ray版見てみたいなぁ、とか。

え?結局どっちを選んでもアレじゃないかって?

うっせーハゲ!!
ゲーム  :  trackback 0   :  comment 2  : 

アッー! 

">涼宮ハルヒの憂鬱 古泉一樹 キャラクターソング涼宮ハルヒの憂鬱 キョン キャラクターソング
まさか本当に古泉キョンのキャラソンまで出てしまうなんて・・・

さすがにこれはスルーですね。野郎の声でハレ晴レユカイ歌われてもきっついわけで(;´Д`)

しかしまぁここまで来るとほんとに何でもアリの様相を呈しつつあるので、個人的にはVol.10にはENOZを推したい。ENOZ版の「God knows…」「Lost My Music」それと新録でオリジナル1曲、みたいな感じで。

Vista RTMとVMware ESX Server完結編 

前回何だかすっきりしない結末を迎えたESX ServerへのVista RTM導入ですが、VMTNの関連スレを久しぶりに覗いてみたら、有り難いことに例の外人さんが件のCD-ROMドライバの入ったフロッピーイメージをアップしてくれてました。

物凄い勢いでそれを落として早速クリーンインストールでこのドライバを読ませたところ、さっくりセットアップが先に進みましたよ。

前回セットアップ初期段階でSCSIドライバのインストールが必要って書きましたけど、仮想マシンのSCSIコントローラをBusLogicからLSILogicに変更すればVistaが持っているドライバでHDD検出出来るようです。仮想マシン作成する際にOS設定をXPにしていたので、SCSIがBusLogicになっていたってオチでした(;´Д`)

というわけでようやくRTMのクリーンインストールが出来ました。

ただスレを見ているとESX3.0.1で64bit版のVistaのインストールではこのドライバ使ってもうまくいってないっぽい。まぁ64bit版のVista構築の需要は無いので、深刻な話ではないんですけども。

ところでXPまではCD-ROMの中にSysprepが入っていたんですが、Vistaからはセットアップメディア内にはSysprep関連のツールが入ったCABファイルが見当たりません。その代わりインストール後のHDD内に格納されているようです。

ちょっと試した感じでは一応従来と同様の動きはしているようですが、セットアップマネージャが見当たらないので、miniセットアップを自動化するスクリプトを作成出来ないんですよね。

従来のOSマスター作成は、?セットアップマネージャでminiセットアップを自動化する為のスクリプト作成、?Sysprepを実行してOSがSIDを再生成出来るよう初期出荷状態に戻す、?HDDイメージをGhost等で取得してPCにデュプリケート、って感じだったんですが、Vistaではこれらのツール群が「Windows Automated Installation Kit(WAIK)」にシフトしているようです。

またVistaの出荷に併せた形で、このWAIKを含む「Business Desktop Deployment(BDD)2007 」という製品がリリースされるようです。これを使えばマスター作成から展開までを一本化可能らしい。一応BDD2007についてはこの前のTechEDでセッションを聞いてはいるんですが、結局無償提供になったのか?とか既に出荷は始まっているのか?などは未確認。

この辺は思いっきりデスクトップマネジメントの世界なんで、現在の私の職域からは外れる話なんですが、前職ではOPKを使ったマスター作成などをしていた立場だったので、個人的には非常に興味はあるんですよね。実際に試している暇は無いわけですが('∀`)。

しかしVistaはクラシック設定にしていても、操作が異なる部分があって慣れるのに時間が結構かかりそうな予感します。
ゲーム  :  trackback 0   :  comment 0  : 

消失、はじまったな・・・ 

さすがにリアルタイムには見れませんでしたが、ハルヒの公式サイトでカレンダー通りに長門の世界改変が行われました。

現存している団員コンテンツは眼鏡をかけていた頃の長門だけのようです。改変された公式トップのソースを表示させると「プログラム起動条件・鍵をそろえよ。最終期限・二日後」なんて記述があったり、「ページが見つかりません」の隣にあるGIFアイコンに、SOS団ロゴが薄く写り込んでたりと、ほんとこういうマメな演出には感心させられます。

これに併せて長門まとめWikiや、ハルヒWikiまで消失イベントに併せたアクションを取っています(ハルヒのWikiは元に戻っているようですが)。

21日あたりには元に戻るんでしょうけど、こういうのを見ちゃうとどうしても第二期への期待が高まってしまいますねぇ。Kanon終わったらやってくれるんだろうか。

Kanon 第11話 「光と影の間奏曲 ?intermezzo?」 

真琴が居なくなった後の部屋をそのままにしておこうという事で意見の一致した水瀬家の面々。ピロが戻ってきた描写もあって、区切りがついた真琴の話にうまく余韻を残した感じがします。

再開した栞との逢瀬でアイスクリームイベント発生。確か原作ではお昼にアイス食べていたような気がしますが、舞とのお昼を考慮して授業の中休みでって事にしたのかな?

あと原作だと二人が会っている場所って人の目に触れないひっそりとしたイメージだったんですが、このシリーズ見ている限りはあんま密やかな逢瀬には見えないんですよね。授業中にも外から手振ってたりと何だか全然忍んで来ている感じがしない。

真琴シナリオに触発されてDC版を少しやってみたんですけど、栞が登場した時はっきりと自分の苗字を言っていたんですね。これもすっかり忘れていましたが、多分このシリーズでKanonを初めて見る人の事を考慮した演出なんでしょう。不機嫌な香里の描写も出てきましたし、舞シナリオの次は栞シナリオ確定っぽい感じ。

その舞に関してはとんとん拍子で舞踏会イベントまで進行。ここまで早いストーリー進行が可能なのは序盤から舞との話を展開していたからってのは理解出来るんですが、真琴をあれだけ時間かけて描いたのと比べると駆け足な感じは否めませんね。

舞のドレス探しの過程であゆが久しぶりに登場しましたが、こちらもあれよあれよという間に水瀬家の居候2代目に就任。あゆは真琴の部屋を使うのかと思ったら、名雪と一緒に寝ていました。

これを「真琴が使っていた部屋は真琴が帰ってくるまで他の人には使わせない」と見るか、それとも名雪のあゆに対する親近感の表れと見るかは微妙なところですが、私は後者だと思いました。

まぁ普通に考えれば人見知りが強く我侭放題だった真琴と、いかにも人懐っこいあゆのどちらに親しみを感じるかと言われれば大抵の人はあゆを選ぶでしょうが、それでもあの布団に仲良く包まって寝ている姿を見ると、一般論以上の温度差をちょっと感じました。だって名雪があゆと顔合わせしたのはこの日が初めてなわけですし。

後半になってあの仲の良さがどのように変化していくのかは見ものかと。

おつかれさま・・・母さん 

母が還暦を迎え、長年勤めた職場も今月で定年退職しました。

それを祝って私からは両親に北海道旅行をプレゼントしました。夫婦二人での北海道は初めてだったらしく、大層喜んでくれまして私も嬉しかったです。

弟夫婦には祝いの席をセッティングして貰いました。今日がその日だったので行ってきたんですが、母は1歳半になった孫のやんちゃぶりに目を細めていました。

母は今年の頭に子宮癌の疑いで手術をしました。子宮を全摘出して病理検査をした結果子宮内膜症だった事が分かり、術後は順調に回復して今は元気にしていますが、それとは別に片耳が常に耳鳴りする症状が続いているらしくそれがちょっと気がかりです。

以前から重い眩暈が散発的に起きていてメニエル症候群と診断されていますので、恐らくその関係だと思います。

私たちを育てながらずっと働き続けてきた母さん。今の職場から再雇用のオファーもあるようなんですが、暫くはのんびり体を休めて欲しいと思います。

本当におつかれさま。そしてありがとう。

SoftbankのCMがウザい件 

公取委のお叱りを受け新しいCMを放送し始めたSoftbankですが、これがまたとんでもなく鬱陶しい仕上がりになっています。

女子高生達が登場し夜に電話を掛け合う話を和気藹々としている中、一人が「私にはかけなくていいよ、お金かかっちゃうし」と言い出し、「あぁそっか、Softbankじゃなかったんだっけ」「でも電話するよ、だって悪いのはあなたではないんだから」「Softbank!」みたいな感じで終わり。

( ゚д゚)ポカーン

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ
  _, ._
(;゚ Д゚)ナニコレ

初めて見た時、あまりに「予想外」なCMに暫く呆けてしまった。
何だこの押し付けがましいCMは。

この子が悪いのでなかったら誰が悪いわけ?、Softbank以外のキャリアか?。結局Softbankに入ってないからダメなんだって暗に言ってるわけでしょ。声は明るいけど、セリフはすんごい陰湿ですよこれ。何だか物凄い悪意を感じました。見た後の胸糞悪さは天下一品だと思う。製作者出て来い。

ていうかね、CMの冒頭で女子高生達が「ごきげんよう」とか言ってるのもアレすぎ。マリア様が見てますか?めでてーな。

ほんと見てるだけでウンザリしてくるので早々にこのCMは止めて欲しいです、マジで。

<オマケ>
Wikiインスパイアされた孫さん。

:;' /:/ `メ、 i: ハ: i: : ii:i ヽ: i: :ii; : : : :iヽ: :
i: :i: i: i/,ィ=ミヽi: iヽNi:i_`iL:H---i:i: ヽ
i: :i :i / {.iトgj:i ヽ! lルィ丁゙)‐ミ「!: :ii/: : i
;':/ヾム⊂つ'´     i:.;{iil1:ソ i:i:::i !: : i:
: i: /: iト        、,,ミニっ /i/゚: o i .
: i:/: : i    、`_      ̄/.:/: : : i: :
: /: .::ハ   ゙llllllル `ヽ    //. : :/! i: . <あやまれ!
/: .::/:::/`、  lll/: : : : :} /〃:./: /i iハ! <編集者にあやまれ!!
i. ::/i::/::::::i::ヽ`三ー 'ノ , イ/: /: /.::i i::::::
::::///::::::::i:::i:..ヽ---<::::/:::/: :/: : i iヽ::

Fragrance 

香水って物凄い種類多いですよね。

香水を使うようになって久しいですが、自分の気に入った香りに出会うのってそうそう無いもんです。

初めて買ったのがD&Gの男性用だったんですが、これが柑橘系の香りだったので、以後も基本的にそういう系統のものを好んで使うようになりました。

これまでのお気に入りは

CHANEL ALLURE HOMME
GIVENCHY ULTRAMARINE
CHRISTIAN DIOR DUNE pour homme
CHANEL EGOIST PLUTINUM

あたりなんですが、この前まで使ってたEGOISTが無くなりそうだったんで、新たに買ってみたのがBVLGARI pour homme。

つけた直後はちょっと香りが甘めかなと思ったんですけど、時間が経過すると結構しっくりくる感じで気に入ってます。何となくDUNEに近い感じかもしんない。

で、今日会社の人に「何使ってるんですか?いい香りですよね」って話されてちょっとびっくりしながらも嬉しかったです。自分の気に入った香りに関心持たれるのって悪い気しませんし。

その人は男性だったんですけど、あまり同性とこういう話する機会無かったのでちょっと新鮮だった。きっと彼も香水にそれなりにこだわり持ってる人なんだろうなぁ。今度お勧めを聞いてみよう。

ヤンデレ 

世の中には「ヤンデレ」なるジャンルが存在するらしい。

もっぱらエロゲの世界の定番で、ヒロインもしくはそれに準じるキャラが段々精神的にヤバイ状態になっていく展開だとか。

代表的な作品として紹介されているゲームはプレイした事は無いなんですが、「SchoolDays」ってのは随分とネットで評判?だったので覚えています。序盤の甘い展開とバッドエンドの落差がすごいらしくて、何か見た後に暫くトラウマになりそうなんで腰が引けてパスしました(;´Д`)

このジャンルを聞いた時私が思い出したのは、「君が望む永遠」の愛美シナリオですね。あれは本当にきつかった。当時他の人のレビューには目を通さずにプレイしてたので、よもやあんな胸糞悪い話だとは想像もつかず、何とも後味の悪い思いをしたもんです。

家庭用やDVD版でまともなシナリオが追加されたものの、先に見てしまったあの「悪夢」がどうしても拭いきれず、素直に楽しめなかった人も多かったんじゃないでしょうか。私もその一人です。こえーよマナマナ。

そんなヤンデレがハルヒのSSでも存在するようで、最近良く見るようになった魔界都市日記さんのところにいくつか作品が掲載されてました。

これがまた怖いんですよ。SSなんてのは基本的に妄想率100%なので、甘いお話が多いんですけど、ヤンデレにそんな甘い話は一切無い。まぁいくらハルヒが嫉妬深いからと言ってここまで黒くはならんだろ、とは思うものの、何とも惹きつけられる話でした。

まぁあくまでキョンと長門がメインでそれに対する黒いハルヒって構図だからハマったのかもしれませんけどね。

仕事にルーズな奴は外人だ!! 

仕事をしない奴はよく訓練された外人だ!!
ホント 外人との仕事は憂鬱だぜ! フゥハハハーハァー

いやフゥハハハーとか言ってる場合じゃないですよ。

前も書いたグダグダになってるとあるプロジェクトなんですけどね、いろいろあって私が担当している部分の作業がどうにもうまくいかないんですわ。

作業自体はこれまで日本側のシステムでも何度もやってる作業なんで手順を間違えようも無いんですが、先方からは「パスワードを打ち間違ってないか」とかどうでもいいようなアホみたいな質問しか帰ってこなくて、それでも「それは既にやってますよ」と辛抱強く丁寧に回答し続けたわけですよ。設定画面とか可能な限りスクショ取って送ってやったりしてね。

最初は威勢が良かった向こうのエンジニアも、こっちが全て想定された対応をやってる事で打つ手が無くなってきたのか、だんだんレスポンスが悪くなってきて、しまいにはこっちが何度連絡しても終日放置され始めました。

実はこの作業の前段階として行っていた別の作業でも先方の指示通りに設定して全くうまくいかず、散々もめた挙句結局向こうの設定に原因があった、なんて話がありました。その詳細については一切説明ありませんでしたけどね('A`)

だから今回も恐らく先方の環境の問題じゃないのかと指摘しても、「同じ手順で他の国とはうまくやっている」の一点張り。その通りやってうまくいかなかった過去は狂おしいほど華麗にスルーです。

今回のシステムは先方がデザインしてASPされてるものなんで、こっちは先方が要求する手順で日本の環境を整える事に集中すれば良かった筈なんですが、こんな調子ではいつまでたっても話が先に進みそうも無いので、仕方なく日本側でも調査を行う事にしました。

その調査の為に向こうの設定や他の国との作業内容について情報提供を求めても反応無し。数分あれば返せる質問に何日かければ気が済むのだおまいは。この問題がプロジェクトディレイの原因になってる事を認識してないのだろうか。とにかく対応に真剣さが一切見えないのがある意味すごい。

こういう時の外人の責任感の無さやルーズさにはほんと驚嘆させられますね。私が菅原 文太だったら間違いなく「誠意って何かね?」と邦衛を問い詰めてるところですよ。いや邦衛はどうでもいいんですが、当初の想定以上にこの件で工数取られてしまってるせいで、他にアサインされている仕事がすっかり押し気味です。

なんつーか、これならじじいのファックの方がまだ気合いが入ってると思いました。おわり。
ゲーム  :  trackback 0   :  comment 2  : 

ナムコ クロス カプコン 

SNKとCAPCOMのコラボと同じように、NAMCOとCAPCOMのコラボで誕生したのがこのゲームですが、この手の作品は関連する両社のゲームを全て知っていないと本当の意味で楽しむ事が難しいですし、ゲームジャンルがシミュレーション+アクションっぽい事もあって、手を出すことはありませんでした。

最近YouTubeやDivX Stage6などでこの作品のオープニングムービーを見る機会がありました。

例えばこれとか

アニメーション製作はProduction I.Gって事ですが、動きが非常に多い作りになっていて、何だか金田 伊功プロデュースって感じです。絵柄はあんまり好みではないかも。

ただ私はオープニングについては絵よりも曲が気になりました。映像とシンクロした爽快感という単純なものではなく、物悲しさが込められたメロディと、それでいて格好良いアップテンポのリズム。一度聞いただけでとにかく頭に焼き付きました。

出自が気になり調べてみたら、何とまぁオープニング「素晴らしき新世界」とエンディング「いつかきっと、月光の下で」の両方が、作曲・編曲 古代祐三って話じゃないですか!。どうりでツボにはまったわけだ。

これまで自分の聞いてきた範囲では、古代さんはゲームのBGM中心だったので、ヴォーカル曲を担当していたのがちょっとびっくりしました。他にもあるなら是非聞いてみたいものです。
ゲーム  :  trackback 0   :  comment 0  : 

Kanon 第10話 「丘の上の鎮魂歌 ?requiem?」 

・天野と真琴を会わせた際、真琴が祐一の名前を呼ぶ事が出来たシーン。
・プリクラを一緒に撮ろうと寄ってきた真琴を見つめる祐一の表情。

この辺で目頭が熱くなり始め

・祐一と外出しようとする真琴を見て全てを悟った秋子さんの「言ってらっしゃい」とその後の嗚咽シーン。

ここでリーチ

・物見の丘で結婚式を挙げ、消える真琴。

ここではぐっと堪えたものの

・天野と会話を交わすシーン

ああっ、もうダメッ!
ぁあ…涙出るっ、涙出ますうっ!!

いや無理無理、我慢できねぇって。明るさを取り戻した天野の語り口調に琴線を刺激されたのか、ここで一気に涙腺のダムが崩壊しました。いい年こいたオッサンが絶対人には見せられない姿。

しかし今回が最終回でもいいんじゃないかと思える程、見事なエンディングロールへの入り方でしたね。「風の辿り着く場所」をイントロから流すのは反則だろ常識的に考えて。

結局原作に忠実な最後を真琴は迎えました。物見の丘で寝ている真琴の絵まで出てくる再現っぷり。あれを見て奇跡が起きたのかどうか、後は視聴者の皆さんのご想像にお任せしますって事でしょう。

原作では5人居るヒロインのうちエンディングで主人公との別れが描かれるのは真琴だけです(バッドエンドは別ですよ)。その真琴との物語を最初に持ってきたのは、今後残りの4人の話を進める上での必然だったと思います。

作品が違えばここで祐一が一気に欝展開に入り、他のヒロインとのドロドロした物語に発展しちゃうところですが、真琴シナリオにおける祐一は真琴との別れを受け入れ、決して捨て鉢にはならず前に進んでいきます。

それが出来たのは偏に水瀬家の人達の支えと、同じ経験を共有する天野の存在あってのことなんですが、ともかくこの別れを通じて祐一の人間的成長が描かれ、他のヒロインと物語を進めていく為の基盤が作られたと言えます。ただ既にここまでで10話消化しちゃいましたので、残り14話で4人をどう分配していくのか、そのバランスが非常に気になるところです。

真琴の話が終了したので、原作はどうだったのか改めて調べてみました。原作をもう一度やるのもアリなんでしょうけど、この時期のいたる絵とガチで向き合うのはしんどいのでちょっとパスって事で(;´Д`)。

でレビュー等を見ていると、原作に忠実なようで結構違っていた部分がありました。

・名雪は真琴の事を終盤まで「あの子」と呼んでいた。
・物見の丘での結婚式には、名雪が作った雪だるまも一緒に居た。

私はすっかり忘れていましたが、原作では真琴を「あの子」と呼び続けていた名雪に対する苛立ちをモノローグで祐一がぶちまけていたり、名雪と真琴には距離感があったようなんですね。それが終盤になって真琴を名前で呼んでプリクラを一緒に撮ったり、最後には雪だるまを作ってあげたり変化していったと。

それと比べて京アニ版では終始名雪は真琴を名前で呼んでましたし、わだかまりを持っているような描写もありませんでした。9話でピロを探して居なくなってしまった真琴を思って「やっぱり居心地悪かったのかな、私がもっと気を使ってあげれば」と述懐するシーンはあったものの、思い当たるフシがあって言っていたセリフには見えませんでした。

もう一つの違いである物見の丘の雪だるまについては、もしかしたらこうした原作と異なる名雪と真琴の距離感を考慮してのものだったのかなと思いました。ようするに原作ではずっと真琴と距離を持たせていた名雪を彼女の作った雪だるまに重ね、真琴の最後の瞬間に立ち会わせた、そんなイメージかと。

ちなみに京アニ版であった祐一から名雪・秋子さんに対する真琴の正体に関する告白なんですが、これ原作ではあったんですかねぇ?。その点に言及しているレビューが見当たらなかったのでこれも気になります。

昔祐一が狐を隠れて飼っていた事を知っていた、と秋子さんが語るシーンが原作にもあったのは覚えていますが、その会話がどういう流れで出てきたのかそれがさっぱり思い出せません。うーん、やっぱ一度原作をやり直してみた方がいいかもしれませんね。折角なんで寝かせたままだったDC版を引っ張り出してみるとしますか。

鶴屋さん、朝倉涼子キャラソン所感 

TVアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」キャラクターソングVol.4 鶴屋さんTVアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」キャラクターソングVol.5 朝倉涼子
今回聴いた中で一番良かったと思ったのは、鶴屋さんの「青春いいじゃないかっ」でした。鶴屋さんについては、先にラジオで聞いてたハレ晴レユカイがあまりに微妙だったので、正直期待していなかったんですけど、意外にもこの曲が自分的にはスマッシュヒット。

歌詞はなんつーかもう頭の中にお花畑でも広がってそうなアレな感じが満載なんですが、曲やリズムが軽快でサビがかなり頭に焼き付きます。

「めがっさ好奇心」は曲よりも歌詞に比重が置かれた感じですね。PVが作られたら夕焼けでも流れそうなイメージの曲。TVのみ見ている人にはどこまでこの歌詞の意図が伝わるか微妙ですけども。「貧乏くじを引いた人」ってキョンとみくるとどっちの事だろう?。

朝倉涼子については、うーん、もうちょいグっとくる曲が来ると期待していたんですけどちょっと肩透かしだったかなぁ。桑谷さんの歌唱力高いのは間違い無いと思うんですが、「小指でぎゅっ!」「COOL EDITION」とどちらも何だか曲が古臭いんですよ。昔のアイドルものみたいなバタ臭さい感じ?

前3キャラ分における私のベスト1は長門の「雪、無音、窓辺にて。」なので、朝倉涼子にもこれと同じような哀切をイメージさせる曲を期待してただけにちょっと残念でした。

ハレ晴レユカイはどちらも良かったと思いますが、鶴屋さんの方は2番以降もぶっ飛んでますなぁ。普通にめがっさ言ってますよ。ラジオの方だと聴き取りにくかった部分は、やっぱ「笑いながらパンチさ」でしたね。後の方では「笑いながらキックさ」とか言ってるし、とにかく元気いっぱいって感じ。

朝倉涼子の方はラジオでも殆ど流れてましたが、通して全部聴くと歌詞のネガティブさと声の印象のギャップに改めてガクブル。でもやっぱり桑谷さん歌うまいよね。サビのところで裏声になりかけるところなんか明らかに他の4人とは違う表現で秀逸だと思う。

ただなんかこう声が妙にエロく感じるのって私だけですかね?。鼻にかかった声とか聞いてるとなんかゾクゾクしてくるんですがヽ(゚∀゚)ノ

Birthdayに思う 

今日は私の(禁則事項)回目の誕生日でした。うちは私と母の誕生月が12月でして、そのお祝いとクリスマスをまとめて1回で済ませる習慣があり小さい頃はそれが嫌でした。だって月が違ってればもっとケーキとかご馳走を食べられるじゃないですか。

また10代の頃は誕生月が遅い事も不満に思ってましたが、今となっては逆にそれが有り難く感じられ、むしろ3月末あたりでもいいのにとか真剣に考える有様。まぁ無駄な抵抗ですけども。

しかし今日が誕生日だった事に気付いたのが、帰りの電車でやっていたDSの英語漬けだったのには苦笑しました。DSに設定した個人情報と連動してメッセージ出すんですねこのソフト。「誕生日おめでとうございます、今日も頑張りましょう!」とか言ってくるんですが、なんかすんげぇ事務的。学習ソフトに祝って貰っても嬉しくもなんともないんですが。



涼宮ハルヒの奔走? 

ここの商品情報だと今月には出るって事らしいですけど、他所を見てると2月って話もあって、何だか情報が錯綜してますなぁ。

長編だと嬉しいんですけども。

Vista RTMとVMware ESX Serverその後 

結局メディアにISO焼いてセットアップしても状況は全く変わりませんでした。どうもVMwareのエディションによって、セットアップ初期に発生するCD-ROMドライブが見つからない現象の回避方法がいろいろあるらしい。

フリーのVMwareServerでは、仮想マシンに仮想CD-ROMを2つアサインして、1個目にHostマシンのドライブ、2個目にISOイメージをマウントしてセットアップを起動し、途中で1個目のドライブをISOイメージに差し替える事でセットアップ出来たとか、そんな書き込みしてる外人の書き込みを見て試すも轟沈。ESX Serverでは通用しないらしい。クソッタレ。

あーでもないこーでもないと試行錯誤の末、結局以下の流れでVistaの導入に成功。

1. 30GBの空ディスクを作成しXP with SP2でクリーンインストール。VMtoolsも当然インストール。
2. LatestのHotfixを全部適用。
3. XP上からHostマシンのドライブにマウントしたメディアを使いアップグレードセットアップを実行。
4. ウマー(゚Д゚)

XP上でセットアップを起動してVMwareのSCSIドライバを要求された場合は、仮想FDにSCSIドライバの入っているFDイメージファイルをマウントすればOK。Ver2.5系列であれば/usr/lib/vmware/floppiesの中にあります。

セットアップが終わった後、一度VMtoolsはアンインストールした方が良いです。デバイスドライバが中途半端に引き継がれていて、VGAは標準のまんまだったりします。

で、改めてVMtoolsをインストールしようとして問題発生。どうやら仮想CD-ROMが正常に制御出来ないようです。デバマネでも!マークが付いてます。これVMTNで外人も言ってたのを思い出しました。この状態だとHostマシンのドライブも、ISOイメージも仮想マシンから認識されないんですよ。さぁ困った。

結局、仮想マシンのNICは正常に使用出来ていたので、一度ESX ServerからVMtoolsのISOイメージを自分のPCにコピーしてDaemonでマウントし、中身を取り出してネットワーク経由で仮想マシンのHDDにコピー。回りくどいけど仕方無い。

これでVGAドライバやマウスのシームレス操作なんかも一通り使えるようになりました。でもやっぱりCD-ROMは正常に認識しません。クリーンインストール時もCD-ROMで引っかかりますので、どうもESX ServerのVistaはこの辺が鬼門なのかも。

ちなみに今回試したのはESX Server2.5.xなので、同じ方法でESX3.0.xにセットアップした場合CD-ROMが正常に使用出来るのか、その辺が気になるところ(時間無いので多分やんないと思うけど)。

しかしひとまずVistaがインストール出来たのはいいんですけど、なんつーか試合に勝って勝負に負けた感じは否めない。いいかい藤村君、僕ぁねVistaをクリーンインストールしたかったんだよ。それが何だこのヌルいインストールは。とか、大泉洋だったらぼやくとこですよ。あんまり達成感ねーなぁ・・・
ゲーム  :  trackback 0   :  comment 0  : 

「ヘーメラーの千里眼」読了 

ヘーメラーの千里眼 (上) 小学館文庫 ま 2-15ヘーメラーの千里眼 (下) 小学館文庫 ま 2-16
ハルヒにどっぷりハマってしまった為、暫く放置状態になっていた千里眼シリーズに久々に戻ってきました。今作以降、文庫版の千里眼シリーズは上下巻構成が続いており、そういった意味でもそのトップバッターを飾る今作はどのような話になるのか興味がありました。以後ネタバレ注意。
-- 続きを読む --
小説  :  trackback 0   :  comment 0  : 

Kanon 第9話 「子狐の子守唄 ?berceuse?」 

「春が来て、ずっと春だったらいいのに」

原作にもあったセリフだと思いますけど、真琴の奇跡はきっと春まではもたない。それが見えているだけにこのセリフはとても切ない。

祐一は真琴の正体を悟って以降、真琴への接し方が明らかに変わりました。放課後に校門前で待っていた真琴の頬を触って「寒かったか?」と声をかけるシーンや、うまく歯磨きが出来ない真琴の歯を磨いてやるシーンなどにそれが如実に表れています。

放課後の祐一に会いに向かう途中にピロが居なくなってしまったのでしょう。真琴はそのままピロを探し続けましたが結局見つける事が出来ず、何とか名雪の家に戻ったものの高熱にうなされてしまいます。

この時祐一が真琴を探しているシーンを見て今更のように気付いたんですけど、真琴の大好きな肉まん屋の看板には「狐不理包子」って書いてあったんですね。どうやらこの名前は実在する天津の「狗不理包子」という肉まんから取ったようです。

この記事によると「狗不理」とは「犬も見向きもしない」という意味らしいです。だから「狐も見向きもしない」肉まんって意味になるわけですが、妖狐だった真琴は人の姿になっていたからこの肉まんを食べる事が出来た。深読みしすぎかもしれませんけど、店名にはそんな意味が込められているような気がしてなりません。

夜中に天野から呼びだされた祐一は、真琴の高熱の理由と天野の過去を知ります。一度は祐一を拒絶した天野でしたが、どうしても二人の行く末から目を背ける事が出来なかったのでしょう。祐一がこれからどれだけ辛い思いをするのかそれを知るのは彼女唯一人だけだから。

家に帰った祐一は遂に名雪と秋子さんに真実を告げます。名雪は俄かには信じ難い様子ですが秋子さんはその事実を受け入れ、どんどん人間らしさを失って行く真琴の傍に少しでも一緒に居てやろうと学校を休む祐一をサポートします。

他のキャラクターのシナリオでもそうなんですけど、Kanonの中で秋子さんの存在って非常に大きいですよね。彼女がどこまで何を見通しているのか明確には描かれませんが、祐一の奇跡には秋子さんのアシストは欠かせないと思います。

部屋に引きこもり状態になった祐一と真琴の為に食事を運んで来た秋子さんと名雪ですが、扉越しに中の様子が聞こえそっとその場を立ち去ります。この時部屋を見遣る名雪の複雑な表情が印象に残ります。そこに込められた思いは単に真琴の身を案じるだけのものでは無い筈ですから。

「恋はいつだって唐突だ」

前にも読んでやった漫画を再び読む祐一は、前回と異なりセリフの1つ1つに感情が込められています。この辺は杉田さんの演技の賜物ですね。前回おどけた調子で喋っていたのはこのシーンとの対比をはっきりさせる為だったんだと思いますし、こういう部分は文字で進行する原作(PC版)ではなかなか表現しにくいところなのでグッっときます。

前回「祐一と結婚する人は大変ね」と呆れたようにこぼしていた真琴ですが、人としての意識が失われつつある今、彼女からこれまでの虚勢は消え去り「結婚したい、そうしたら、ずっと、ずっと、一緒にいられる」と素直な言葉が口をついて出ます。

感極まった様子の祐一に見てるこっちもシンクロしてしまいそうです。てっきり今回で決着付くかと思ったんですがじっくり描いてきましたね。この辺は2クールある強みなんでしょうが、見てるこっちとしてはじわじわと切なさを刺激され、正直たまりません。

来週きつそう・・・

Vista RTMとVMware ESX Server 

社外顧客向けのWebサービスは新しいOS(SP)やIEが出る度にどのような動きをするのか常に検証を行う必要があります。

ボリュームライセンス向けのVista出荷が始まった事もあり、Vistaの検証環境の提供に関するオファーがありました。MSDNでは既にVista RTMのダウンロードが始まっていましたので、ひとまずこっちでISOイメージを入手しESX Serverで構築する事にしました。

不思議な事にこれまでVMwareはWorkstationやServer(多分GSX Serverも)ではVistaのBetaやRCをGuestOSとして対応していたのですが、ESX Serverでは非対応でした。

とは言え実際のところ同様に非対応のx86 Solarisもインストールすれば動きますし、実際前回Beta2インストールをして軽く動作を見たりしていましたので、今回も特に問題無いだろうとタカをくくっていたら問題発生。

ISOイメージを仮想マシンにマウントして起動し、セットアップを進めようとすると「CD-ROM/DVD-ROMのドライバが見つからない」といった趣旨のメッセージが出てきて、ドライバの読み込みを求められます。

いやいや私DVDでセットアップ起動してますやん(;´Д`)

ていうかBeta2の時と同じ手順でセットアップしているのに、何でRTMだとこういう動きになるのか理解に苦しむ。

困ってVMwareの最新のGuestOSマニュアルを見てみると、どうやらESX Server3.xからVistaの対応が始まったらしい。ちょうどうまいことに先日社内でESX Server3.xを構築したばかりだったのでこっちで再挑戦しましたが、結局同じ状態で先に進みません(´・ω・`)

ネットでちょっと調べたところこの件に関するVMTNのスレッドに行き当たりました。成功した人の書き込みを見ると、この人はCD-ROMドライバが含まれる仮想FDイメージを読み込ませて先に進んでいるらしい。一体このFDイメージがどこで手に入るのか、CD-ROMドライバだけでもいいのでどこかに上がってないものかと見ていると、「欲しい人が居れば俺にメールしてくれ」とメアド晒しています。

実際このファイルを入手した連中からの「うまくいきました!」「宝くじが当たりました!!」「彼女が出来ました!」といった喜びの声がスレに溢れていました(一部脚色有り)。

何だこのヌクモリティは。でも出切ればどこかにうpきぼんぬ。いちいちメールすんのマンドクセ('A`)

てな感じでひとまずセットアップは断念。

他のスレとか見てる限りここまで面倒クサイ流れになっているのはISOイメージでのセットアップに限定された話っぽいので、ISOをメディア焼いて再挑戦する事にしますよ。トホホ。
ゲーム  :  trackback 0   :  comment 0  :