FC2ブログ

総帥Diary - 徒然なるままに -

12 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

FC2カウンター

プロフィール

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

GoogleAdSense

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

ブログ内検索

危ないなぁ 

買出しに出た先の話です。自転車で信号待ちしていたら、向こう側でミカンを抱えてそわそわしているおぢさんが居ました。で彼は案の定信号無視しようとしたんですが、この時右側しか見ておらず、左側から走ってくるタクシーに気付かないまま走りだしてしまったんです。

よもやそんな中途半端な確認で渡ろうとは予想も付かず、私は彼を制止する事が出来ませんでした。そして彼は私の目の前でタクシーに轢かれてしまったんです。ほんとに一瞬の事でした。

ただこの道路は道幅が狭くてすぐ近くに別の信号があり、また高架下トンネル手前と言う事もあって車は減速進入してきていました。接触回避は出来なかったものの、幸いにも流血事故には至らなかったのです。

道路に倒れたおぢさんは起き上がり、車外に出ようとしたタクシードライバーにジャスチャーで「大丈夫」と告げると足早に立ち去ってしまいました。

呆然としていた運ちゃんと目が合った私は、思わず肩を竦めて手の平を上に向けてましたよ。まるでキョンが「やれやれ」ってやるように。

この信号は私の通勤路途中なんで、急いでいる時や閑散としている深夜に無視する事が私もあります。だから「信号無視は止めましょう」とか奇麗事を言うつもりは有りませんが、やるなら左右を見て車の存在が全く無い事を確認してやってくれと言いたい。

かなり遅い速度とは言え、人が目の前で撥ねられるシーンを見せられるこっちの身にもなれと。

また歩行者の信号無視だったとしても運転者の過失がゼロになることは多分無いでしょうから、そういう意味でも他者に与える迷惑は計り知れません。

おぢさんが倒れた時に頭を打って無かった事を祈るばかりです(;´Д`)