FC2ブログ

総帥Diary - 徒然なるままに -

12 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

FC2カウンター

プロフィール

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

GoogleAdSense

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

ブログ内検索

Kanon 第16話 「真夜中の聖譚曲 ?oratorio?」 

さすがに舞と佐祐理のフォローは入りましたか。舞は春まで入院って事でこれで正式に物語から退場決定。何だか祐一は舞を佐祐理に任せてすっかり肩の荷を降ろした感じに見えます。

相部屋で入院している舞と佐祐理を見ていて思ったですが、この後舞の母親と佐祐理の父親が再婚する展開ってありそうですよね。そうすれば二人は家族になりますし、心に傷を負って互いの存在を何よりも大切にしている彼女たちにとって、それはとても幸せな事でしょう。

そんな事を考えているうちに、舞の結末が盛り上がりに欠けた事にはそれなりに理由があった事に気付きました。

舞は過去に祐一と出会っていましたが、その思いは今の祐一とはつながっていません。だから今の舞にとって祐一と佐祐理のどちらのプライオリティが高いのかと問われれば、それは間違いなく佐祐理になります。それだけの信頼関係を築く時間が彼女たちにはあった筈です。

祐一もそれを認識した上で、一歩引いた場所から二人を見守る役に徹していました。だから舞編は決して舞と祐一の物語にはなり得なかったんだと私は思います。真琴と比べて舞の結末が淡々として見えたのには、こうしたヒロインに対する祐一の距離感が影響していた訳です。

そして舞に佐祐理が居たように栞にも香里が居ます。だからこの後に続く栞の物語も最後は思ったよりあっさりした演出になるかもしれません。

さて本編ですが、前回の予告であゆが「秋子さんが!」って叫んでたのを見て、例の交通事故と勘違いしてましたが違いましたね。名雪ルートに入って無いのにちょっと早過ぎるなぁとは思ってたんですが、風邪で倒れる話はすっかり忘れてましたよ。

このやりとりであゆが「秋子さんがボクのお母さんみたいに!」って口走ったのを聞いた祐一がその後名雪に対して「あいつ母親が居ないんだ」って説明してますけど、これってあゆの動揺ぶりを見てそれを推察したのか、それとも過去の記憶を無意識に思い出していたのか判断が微妙なところですね。

その後は栞の話になりますが、これまでの地道な同時進行のお陰で見事に一気に話を進める事に成功しています。ていうか公園で遊ぶシーンにLast regretsのX'mas floor styleを流すのは反則だよ。

そして夜中に香里から学校に呼び出された祐一ですが、日曜のあの時間に香里が何で制服姿で学校に居たんだろう?。部活だったのかもしれませんけど、だとすると終わった後も思い悩んで一人学校に残っていたのかも。

夕方には祐一と栞が学校に来ていますから、案外その二人の姿を見てしまったかもしれません。そして祐一に気持ちを吐露するに至った、とそんなとこでしょうか。

冒頭で舞が病室で最後に言っていた「辛い事から目を背けようとする人が祐一の傍に居る」「力になってあげて欲しい。私の力は暫く戻らないから」ってのは香里と栞の事を指していたわけですな。しかし舞は何でもお見通しってのが凄い。

舞の力で栞を元気にする事は出来ないとなると、どうやって栞の死を回避するんでしょうか?。原作では他のヒロインに対してそれぞれあゆが何らかの奇跡を齎す展開になっていましたが、栞ではそれが顕著で「おいおいそりゃねーだろ」的な結末を迎えていました。

ただTV版では今のところあゆのそうした奇跡描写は殆どされていませんので、原作のまんまの演出はやらないんじゃないかなと思うんですよね。

この勢いだと次回で栞編は終わりそうなんで、どう決着を付けるつもりなのか今から楽しみです。