FC2ブログ

総帥Diary - 徒然なるままに -

09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

FC2カウンター

プロフィール

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

GoogleAdSense

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

ブログ内検索

一次面接その1 

2周目に入った転職活動。先週応募を進めた中の1社が今日一次面接だったので行ってきました。

駅から直結している真新しいビルでオフィスは非常に綺麗。前回最終でへし折られたところは、結構築年数が経ってる古いビルだったので、そういう意味では対照的。

部門の部長とサシで1時間ちょいの面接の後、性格検査のみの適正検査が有りました。こういう適正検査ならいくらでもOKなんですけど、これだけで済むところは稀なんでしょう。

久し振りにやりましたけど、相変わらずこの性格検査はYes/Noだけで選べない嫌らしい設問が結構多くて困りますね。SPI2の対策本では回答を制御する事で好ましい人物像を作る事が出来る、みたいな話あったんですけど、それをやってしまって本当に良いのか迷います。結局正直ベースでの回答にしました。これだけで採用・非採用が決められる事が無いと信じて。

面接後にエージェントと合流し、喫茶店で面接内容のフィードバック。前日に電話で面接のアドバイスをしてくれたり、わざわざ会社近くまで来て面接後のフォローしてくれたりと、非常にマメに対応してくれる事が有り難いなと思いますよ。どっかの大手も見習って欲しいんですが('A`)

ちなみに今回面接したところはいわゆる設立準備会社で、とにかく少人数で立ち上げをやっているらしく、同じポジションの人間の仕事ぶりを聞いてたら結構憂鬱になってきました。そこに私一人入った位で緩和されるような仕事量では無かったので(;´Д`)。

勿論残業ゼロ希望とは言いませんが、転職する以上は今より酷い所には行きたくないですし、果たしてそれが叶う職場なのかは正直微妙なところ。

まぁそういう選り好みは内定貰ってから言いなさいって話なんですけども(´・ω・`)
お仕事  :  trackback 0   :  comment 0  : 

エージェントgdgd 

大手のエージェントからはまだ事前確認とやらの結果連絡が無かった為、昼に電話をかけるも留守電。仕方なくメールでも催促かけたところようやく夕方に電話がありました。

エージェント曰く「紹介会社を通した採用予算を、応募部門側で確保可能かの確認に時間がかかっている」とか何だかワケの分からん話になっており、先が読めないのでうちではなく直接応募を検討して欲しい、そんな感じの話でした。

うーん、実はこの案件って事前に複数のエージェントから紹介受けてたんですが、色々事情があって、そっちから応募が出来なかったので、手持ち無沙汰になってた大手に振ったんですよね。

でもこの言い分だとエージェント経由では応募出来ない事になるので、仕方なく転職サイト経由で直接応募しました。エージェント使わない応募は実はこれが始めてだったりします。

応募を受け付けた返信メールが一切帰って来ないのが気になるところですが、後は書類選考結果の連絡を待つしか有りません。

と思っていたところ、その後夜中にまたエージェントから電話がありました。何とさっきの話が企業側で調整ついたので改めて人を紹介して欲しい、と言ってきたらしいんです。

うおおぉぉぉい!!おせーよ!!もう申し込んじゃったYO!!

まぁ確かにこれは企業側にも問題有ると思いますけど、もうちょっと見極めてから私に連絡すべきだったんじゃないかと小一時間。上で書いたように、本当に選考されてるのかも分からない状況なんで、その確認一つとっても企業に直接連絡しなくちゃいけないわけで、そういうメンドイのを回避する為にエージェント使ってるんですけどね。

それに一応エージェントの推薦ってのも直接応募には無い付加情報なわけで、もしこれで書類選考落ちになったらどうにもやり切れません。慌てて案件を多数送ってきましたけど、半分以上が偽装派遣系。面談でお前は何を聞いていたのかと。勿論即効で辞退してやりました。

今更ソルジャーやる位なら会社辞めねっつの('A`)。
お仕事  :  trackback 0   :  comment 0  : 

CLANNAD 第04話 「仲間をさがそう」 

今回春原vs智代戦が思ってた以上に進みました。朋也とのコンボもつながりましたし、見事に春原の顔にモザイクがかかりました。死ぬわ。

後は春原の顔が有り得ない変形をすればパーフェクトなんですけど、あれ放送コードぎりぎりなんでどうなる事やら。

演劇部員集めの為、これまで出会った女子に手当たり次第勧誘をかける朋也ですが、有紀寧が見事にスルーされてたのが気の毒すぎる(;´Д`)。渚と一緒に顔合わせしてたのにそりゃないだろ。

しかし、ことみのふしぎちゃんぶりと能登ボイスは実にマッチしてますね。個人的にはことみのシナリオにはあまり共感出来なかったので、キャラクターへの思い入れ薄いんですけど、イメージとは良く合ってるなと思います。

しかし渚と椋の百合展開は狙いすぎだろ、部員勧誘の話で手まで握る必要無いだろうに。もっとやっちゃってください。

風子使いへの一歩も始まった今回ですが、どうやら一気に風子編に舵取りがされた感じですね。なんつーかもっと謎の存在にして引っ張るかと思いきや、渚の口からあっさり素性が分かってしまいました。

ここまで見てきた感じだと、前回のKanonのように主人公が複数ヒロインに肩入れしてフラグ立てに勤しんでるって感じは無いので、そういう点では安心して見ていられる感じありますよね。まぁKanonの展開がちょっと露骨すぎたのかもしれませんけど。

作画は相変わらず安定しててこの辺はさすが京アニってとこでしょうか。次回も楽しみだ。

機動戦士ガンダム00 第04話 「対外折衝」 

今回の政治劇を見て何となく「沈黙の艦隊」を思い出しました。独立国家を名乗り世界相手に戦争を仕掛けた原潜「やまと」と、戦争根絶の為に世界相手に武力介入を行うソレスタルビーイングってかなり重なって見えません?。

そういう意味では二番煎じの感は否めせんけど、前作SEEDのように綺麗事や理想論だけで話を進めようとしていない点についてはまぁ好感が持てるかな。少なくともソレスタルビーイング自体が自己矛盾を認識してるようですし。

冒頭で人革連にニュータイプらしき女性が登場。超人機関って名前がアレですけど、ようはフラナガン機関って事でしょ。ユニオンにフラッグカスタム版が出てくるように、人革連のティエレンにも機動性を高めた強化機体でも用意するんでしょうかね。まぁそんな事よりもあの子のズラでも被ったような珍妙な髪型がどうにも気になって仕方有りませんが。

途中公園で再会する刹那と沙慈。沙慈は刹那が自分のフルネームを覚えていた点について特に違和感を感じなかった様子。前回の出会いからしたら結構異常だと思うんだけど、そこに気付かない辺り彼は本当に普通の高校生なんですよね。こうした些細なやりとりで同年齢の一般人といかに彼が違うのかを描いたんだろうな。

しかし後半出動する刹那のシーンは激しく噴きましたよ。あの格好のまま海にドボンかよ!てか泳ぎもせずどうやって海面下に降りんだよ。あのマフラー実は錘でも入ってんじゃね?

エクシアにしても水上に飛び出したのは港からかなり近い位置みたいだし、いくらGN粒子でジャミングしてるにしても東京特区ザル杉(;´Д`)。百歩譲って飛び出すのがバレなかったとしても、またあそこに戻る段階でバレないのがおかしすぎる。

フルメタではM9が光学迷彩を実装してるので街中でも一応バレませんって設定だったんですけどね。海底コンテナはちょっと安易すぎやしませんかね。

あと今回普通に疑問に思ったのは、何でソレスタルビーイングは武力介入する前に公式な宣戦布告をしないのかって事。初回に自らの目的をあれだけ派手に宣言した割に、その後の作戦行動では公式な宣戦布告を一切していないのが理解出来ない。

そういうの無しに行動してるからテロリスト扱いされちゃうわけですよ。まぁ宣戦布告したとしてもテロリスト扱いは変わらないかもしれませんが、それでも何も言わないよりは世界の理解を得られる可能性は有るんじゃないかと思うんですけどね。そういう情報戦みたいなのは一切考えないですかね、あの人達は。

ちなみに4話目にして早くも作画の荒れが目立ち始めた模様。引き絵がちょっとヤバイ感じだし、それ以外でも随所で微妙なところが有りました。次回予告でもアレルヤがおかしな事になっててダメっぽい。線が細いキャラデザだと作画崩れは目立つのでここは踏ん張って欲しいところ。

仕切り直し 

って事でこの数日は応募を複数進めてました。現職で世話になった人経由でプッシュして貰ってる案件もありますが、それだけでは手駒が足りないので、これまでやりとりしているエージェントも並行して使ってる状況です。

と言ってものんびり受身で待ってられる状況では無いので、転職サイトで見つけた案件や企業の採用情報をエージェントに伝えて、案件持ってればそこ経由で応募する流れにしてます。

転職サイト経由だとその案件扱ってるエージェントへの登録が必要だったり、直接応募出来る場合でも別途履歴書や職務経歴書郵送を求められるケースがあったりと結構面倒くさいんですよね。だからエージェントにはその手間を省くアシスタントに専念して貰おう、とそんな感じ。

で、昨日もそのパターンで大手のエージェントに求人確認したんですよ。企業の採用ページのURLも貼り付けて。そしたら今日メールで連絡来たんですけど、開発部門の紹介になってるんですわ('A`)。頭来てメールしたら「フォーカスがずれており申し訳ありませんでした」だって。フォーカス云々の話じゃねーだろが。こっちのメールきちんと見てるのかお前は、と小一時間問い詰めたい。

先方が再確認したところ私の聞いた案件はあったそうなんですが、何か確認する事があるのでちょっと待って下さいとの事。そのメールが来たのも何時間も後の話なんですけどね。何の確認だか知らんけど、とっとと応募してくれよ(;´Д`)

実はこのCAは知人から紹介されて、わざわざこっちから指名したんですが、どうも期待外れな感じは否めません。平日に代休入りまくりなので連絡が滞りがちですしイマイチ使えない。

ちなみに先週お祈り食らったところはこのエージェント経由だったので、それなりに推薦内容が良かったか、大手のネームバリューが効いたのかなと思ってたんですけど、こういう対応見てしまうとどうにも安心感が持てません。

実際このCAは案件紹介後は全部アシスタント任せで、親身に対応して貰ってる感じは全然しませんし、アシスタントも面接調整は全てテンプレメールなので、人間相手にしてる気がさっぱりしないんですよ。それに面接結果のフィードバックを詳細にメールしてもそれに何にもコメント無いし、真面目に連絡するのがバカらしい('A`)。

そんなCAとは対照的なエージェントが1社居ます。ここは最初に面談した時もじっくり時間をかけ案件に関する詳細情報を教えてくれたんですね。またこっちの考えを尊重して、応募を急かさなかった事にも好感を持ちました。

今仕切り直しで応募を進めている中にこのエージェントの案件もあるんですが、ここはメールよりも電話でアクティブに連絡をしてくれます。メールではインタラクティブなやりとりが出来ないので、こういう状況では電話の方が話が早いので有り難いんですよね。

それが功を奏したのか分かりませんけど、とりあえず来週一次面接を行うところまで一気に話が進みました。このエージェントなら信頼して任せられそうな予感。

あ、ちなみに大手のエージェントからは結局その後連絡来ませんでした('A`)ダメダコリャ
お仕事  :  trackback 0   :  comment 0  : 

ダメでした 

最終選考待ちだった案件ですが、夜遅くにエージェントから電話が有り、残念ながら同年齢の対抗馬に決まったとの事。

明日連絡って話だったし、この案件に応募して以降ずっとアシスタント任せだったエージェントが前倒して電話してきたので最初は吉報かと思ったんですが、相手の声の調子で「あーこりゃお祈りだわ」って嫌でも分かりました('A`)

期待しないで待つとか言いつつも、やっぱ頭の中では「最終まで行ったし、あれだけ具体的な話したんだから決まりだよな」みたいな気持ちあったんですよね。それがこうも見事にへし折られるとは・・・かなり自信喪失気味ですよ。暫く何も手につかなかったですし。

というわけで2周目の始まりです。早速保留してた案件について話を進めて貰うよう各エージェントに手配かけましたよ。何とか来月中には決めたいけど、微妙だなぁ。
お仕事  :  trackback 0   :  comment 0  : 

CLANNAD 第03話 「涙のあとにもう一度」 

古河パンの定番コント。しかし早苗があの見た目で井上喜久子だとベルダンディにしか見えない罠。というかザ・ボスと同じ声の人とは思えない。

その後公子と吉野が立て続けに登場。婚約者つながりって事なのかな。しかしあのクサイセリフは緑川光の声と良く合いますな。

続いてすっかり定番になった春原vs智代パート。確かゲームだと春原がボコられた後、男だと疑われてショックを受けた智代が、朋也に「触って女である事を確認しろ」みたいな展開になってたと思うんですけど、これは華麗にスルーされた模様。まぁ智代ルートでないんだから仕方無いんですけど残念(´・ω・`)。

渚と朋也の和解?の後おもむろに風子登場。ゲームでこんな流れあったかな?、複数キャラの絡みはもう覚えてないですよ。風子マスターへの道は次回からだろうか。まずは風子使いを目指して頑張れ朋也。

放課後、妙に尺の長い春原と朋也の掛け合い。わざわざ画面の色までいじって随分念の入りようですが、何か意味があるんですかね。何となく少女と僕しか居ない幻想世界を連想させるような気がするんですけど、これは深読みしすぎか(;´Д`)。

前回の予告には登場しませんでしたけど、やはり資料室で有紀寧登場。おっとりしたキャラなのは覚えてますけど、ただあんな眠そうな顔してたっけかな??

部員募集スピーチの練習→帰りにポスター剥がされて(´・ω・`)ショボーンで今回は終了。椋&ことみは今回欠番。キャラが多いと満遍なく登場させるのは大変ですなぁ。

1話からずっと思ってたんですけど、CLANNADって最後の引きのところで「つづく」って出て終わるじゃないですか。あれが出ると何か妙に昔の大映ドラマみたいな印象感じません?。そう思うの私だけですかね。AIRとかKanonとはこの辺がちょっと違う感じ。

次回予告はさながら春原祭りの様相を呈してましたね。そろそろあいつ顔変形してきてもおかしくないな。

ガンダム00 第03話 「変わる世界」 

前回の続きという事でグラハムと刹那の戦闘で始まった第3話。ビームサーベルに大層びっくりしてましたから、この時代は実弾中心でまだビーム兵器が実用化されてないって事なんでしょうか。

ていうか放り投げた盾を取りに行く刹那の姿をちゃんと描いてくだちい。

機動力、攻撃力共にオーバーテクノロジーの塊であるガンダムとのパワーバランスを今後どうするつもりなんだろ。ひとまずユニオンの何とか教授が現行機をスーパーチューンして対抗するみたいですけど、パイロット負荷無視で作る辺りはWのトールギスを彷彿とさせますね。やっぱグラハムに仮面被せりゃ良かったんだよ('A`)。

今回ソレスタルビーイングの母艦プトレマイオスが、ガンダムのGNドライブを使いまわす仕組みを取っている事が分かりました。空港?でアレルヤが「4つしか無い太陽炉」と表現していた事から、「GNドライブ=太陽炉」って事になるんですが、つーことは核の代わりに太陽積んでるんですか、あいつらは(;´Д`)。

後半はまた戦争根絶大作戦が展開されますが、何でまたセイロン行くんだか。前回あれけボコボコにしといてまだやり足りないのか。

まぁセルゲイと刹那をぶつける為の予定調和だったんでしょうけど、一度襲ったところにまた行くのはちょっと不自然。かと思えば奴らが暴れたわけでも無いのに、アイルランド紛争が終結するのもワケ分からんし。

最後は予想通り刹那が日本に登場して終了。しかしお隣さんはやりすぎだろ。やっぱりフルメタにしか見えないんですけど。

というわけで今回は終了。相変わらず作画は上々ですねぇ。背景をCGにすると案外作画コストって抑えられたりするんですかね?、ともかくこの調子で続けばいいなとは思います。

あと今回やっと気付いたんですけど、音楽が川井憲二じゃないですか。何か戦闘シーンのBGMでコーラス使ってたり、曲のノリの随所でパトレイバーちっくだなと思ってたら案の定でした。

踊るレジェンド 

踊る大捜査線が10周年という事で、9月からTV版、特番、劇場版と一挙に放送されました。

「踊る」を最初に見たのは多分最初の再放送だったと思います。「振り返れば奴がいる」を見て以来、織田裕二のドラマが好きだったという事と、今までの刑事物とは全く異なる舞台設定にすっかりハマってしまいました。今回一通り見直したわけですが、あれからもう10年も経ってたんだなと感慨深いものを感じましたね。

ちなみに「交渉人 真下正義」「容疑者 室井慎二」のスピンオフ2作品は今回が初見だったんですが、スピンオフとは言えメインキャストの二人がそれぞれ主役の作品でしたので、事前のイメージよりは見応えのある作品だったと言えます。

ただどちらも大満足だったかと聞かれるとちょっと微妙。「交渉人 真下正義」は青島抜きでも十分成立する話で、地下鉄マン達との確執やその後の和解等見所は多いんですけど、あそこまで盛り上げておいて弾丸ライナーとの決着がグレーなまま終わったのは頂けない。

どうやら2作目の構想もあるみたいなんで、そっちで何らかの決着を付けるのかもしれませんね。この話で登場したSITの木島は憎めないキャラでした。彼のスピンオフは見てませんけど再放送されたら見てみたいと思います。

「容疑者 室井慎二」については確かにいい話だったとは思うんですけど、青島抜きで作るには無理があったかなと思います。この話では室井よりも新城やMOVIE2に登場した沖田達キャリアの活躍が印象的でした。特に沖田はMOVIE2では全く救いの無いキャラだっただけに、今作でのイメージアップは計り知れないでしょうね。

何かのインタビューで、沖田役の真矢さんがあの役を演じる事の辛さを語ってたのを見た記憶があったので、この映画を誰よりも喜んだのは彼女だったんじゃないかなと思いました。

この作品が物足りないと思った理由って、室井が結局事件解決に殆ど寄与してない事が挙げられると思うんですよ。状況に翻弄され理想を語り続けるだけで、イマイチ作品の主役としては力不足に見えます。

クライマックスで二股女に警官の死について謝罪するシーンがあるんですけど、室井の言葉は彼女には全く届いていなかったじゃないですか。警官も色々裏があったりして、ちょっと見当外れだった感もありましたし、何だかあのシーンは見ていて感動よりもやり切れなさだけが残りました。

あと気になったのはTVシリーズや劇場2作と比べると、捜査本部における所轄と本店のパワーバランスが明らかに違う点です。

従来のシリーズでは捜査本部においては本店が主役で所轄は虐げられている、という図式が徹底的に描かれてきたのに、今作では所轄の刑事達が圧倒的に強い。室井の配慮があったのかもしれませんけど、この辺がどうにもご都合主義的に見えて、イマイチ乗り切れない部分がありました。

新宿とお台場では管轄が違うから青島が登場出来ないってのは理屈では分かるんですけど、そんな事で室井の危機を青島が指を咥えて黙って見ているんだろうか?、とつい思っちゃうわけですよ。青島抜きで室井をスピンオフで扱うのはどうしても無理があったんじゃないですかね。彼らの絆の深さを考えると今作はどうにも物足りないってのが正直な感想。

まぁ織田と柳葉の確執が、踊る本編の新作が登場しない事の根本にある、といった噂は良く聞きますから、このスピンオフもその辺が関係しているのかもしれません。

だから本筋での新作はもう無いと思ってたんですけど、今回MOVIE1、2が放送された際、前枠後枠に織田が登場し、新作の可能性を匂わすようなコメントしていたんですよ。これだけ大々的な特集を10周年ってだけでやるんだろうかって疑問もありますし、MOVIE3期待しちゃってもいいんですかねぇ?

MOVIE3が無理なら潜水艦事件でもいいんですけども('∀`)

二次面接終了 

行ってきましたよ、二次面接。今回は人事と部門それぞれの役員が登場。

改めてこれまでの職歴や退職理由の説明を求められました。大学の専攻と今の職種のギャップについて突っ込まれたり、労働条件で何を重視するのか、といったどっちかというと新卒の時に聞かれそうな話まで掘り下げがあって、ちょっと焦りましたね。

その中でも困ったのが「休日に何をしてますか」。さすがに「昼過ぎまで寝倒します。後はアニメ、ゲーム、ネット巡回です!」とは口が裂けても言えないので、「家事や休息に充ててます。予定が合えば友人と食事したり、ゆったりとした自分の時間を大切にしてます」とか微妙な表現で苦しい返答。

もうさぁ人の休日とかどうでもいいじゃん。その辺は放っておいてくれ(;´Д`)。

労働条件については仕事と生活のバランスを挙げたんですけど、そしたら「平日に時間が取れたら何をしたいか」と聞かれ「英語の勉強や異業種の人達との情報交換」って返したら、人事役員からは「随分真面目な方なんですね。自己啓発は悪く無いですけど、趣味やスポーツ等は考えないんですか」と言われました。

「そういう意味では週に一度はプールで泳ぎたいですし、情報交換と言ってもそれを名目にした以前の同期達との飲みがメインなんですよ」と砕けた感じにフォロー入れたんですけど、どうも先方には真面目キャラを作ってるように受け取られたっぽい。

また部門役員からは「随分熱く語る人だね。それで他人とぶつかったりしない?」みたいな突込みが入って、「確かに同じタイプの人とはぶつかる事があります。ただそれは瞬間的な話で、相互に認め合う姿勢は忘れないよう心がけています」みたいな感じで返答。

うーん自分としては前向きさを伝える為に必死で喋ってただけなんですけど、両役員の反応を見てると「こいつ優等生キャラ演じてんじゃね?」みたいに思われたのかもしれません。じゃあどう答えりゃいいんだって話なんですけども('A`)

最後の方に出社日について確認があり「退職が今月末なので早めには入社したい」と返したところ、「では11/1も有り?」と言われました。一瞬迷ったんですが「私的に片付けたい用事もありますので、可能であれば来月中旬でお願いしたい」と言ったところ、人事役員が「そうだよね旅行とか行きたいもんね」とボソッと返してきたんですよ。

さっきのやりとりがあったので、つい「そうですね、確かにこういう機会はそうありませんので、リフレッシュを兼ね行けたらいいなとは思います」みたいに返しちゃったんですよ。しかもその後「北海道の友人を訪ねたい。あっちの温泉めぐりもいいですね」とかほんとどうでもいい話を調子に乗ってペラペラ続けちゃって、これ完全に失言でした。

というか今思い返すとこれ多分人事役員の誘導尋問だったような気がします。前向きさを貫き通すなら、会社の受け入れ体制云々はともかく「11/1でもこちらは構いません」位言っとくべきだったんですよね。

この質問に至るまで散々前向きさを熱く語ってた人間が、「旅行行きたいので入社日遅らせてくれ」って言ってるわけですから、全体通して見たら「やっぱこいつキャラ作ってたんじゃねーか」って結論になってもおかしくないわけで。

旅行の話の後、何となくそうした白けた空気が流れた気がして、慌てて「勿論状況が許せばの話ですが」としどろもどろにフォローを入れるも時既に遅しorz

ただ一つ言い訳をさせて貰うなら、人事役員が「自己啓発もいいけど自分の余暇を大切にした方がいい」的な論調で話をしてきたら、それに乗って会話のキャッチボールしても仕方無いと思うんですよ。でも、まぁ「曖昧にして軽く流す」が正解だったんでしょう。返す返す失言が悔やまれます。

ちなみに今回が最終面接だったようで、結果は来週水曜日にエージェントに連絡するとの事。こんなザマなので、期待するのは止める事にしますよ。はぁ・・・
お仕事  :  trackback 0   :  comment 0  : 

黒星 

書類選考待ちだった案件について立て続けにお祈り連絡。それぞれ別のエージェント経由なのにこういう時だけ足並み揃えてきやがんのorz

キープ君になってたところが先行の内定入社が決まったのでポジションクローズ。もう一件については応募者多数につき相対評価でお祈りとの事。くやしいのうwwwwくやしいのうwwww

前者はまだタイミングが悪かったと脳内逃避出来るんですけど、後者はズバリお祈りですからね。募集職種は私の経験との適合度合いが高かっただけに、よもやの書類落ちに私のちっぽけな自尊心は大いに傷つけられましたよ。

周囲の人達からの「君ならどこでも大丈夫でしょ!」を真に受け、「さすがに書類落ちは無いっしょ」なんてちょっといい気になってたようです。まぁだからと言って必要以上に自分を卑下するつもりは無いですけど、身の程はしっかり弁えようと思います。

というわけで結局持ち玉は先行してる案件だけになりました。金曜がそこの二次面接なんですけど、これじゃ他社の状況聞かれても体裁悪くて正直には言えないよなぁ(;´Д`)。

実は新卒の時もお祈り食らいまくって、たまたま選考が進んだとこの面接で他社の状況聞かれて「何社か選考中です」とか見栄張ったんですよね。あまりに状況が近くて嫌でも当時を思い出しちゃいますよ。

明後日、頑張ろう。
お仕事  :  trackback 0   :  comment 0  : 

一次面接通過 

エージェントから昨日面接したところの二次面接について連絡が来ました!

1週間位待たされると思ってたので、翌日の連絡に正直びっくり。自分的には色々問題のあった面接でしたが、何はともあれ次に進めてホッとしてますよ。

ちなみに同じタイミングで応募している他の案件については今日も書類選考結果連絡無し('A`)ウボァ-

二次面接の設定も明後日以降で指定されてるので先方は結構採用を急いでいる印象。次が最終かは分からないんですが、もしそうならば内定・お祈りいずれにしても結果は早々に出そうな予感。

エージェントはあんまアテになんない状況なので、今の会社関係の人脈をツテに応募しようと準備していた虎の子案件がいくつかあるんですが、まさかこんなに早く今の案件が動くとは思ってなかったので、これの結果が出るまでペンディングにして貰うよう慌てて連絡。

こっちの都合でほんと申し訳ないとは思うんですが、昨日面接で聞いた感じでは仕事内容には問題無いし、今後更に伸びていく会社なのは間違い無いので、給与面で余程酷い提示でもされ無い限り内定が出たら入社を決めたいと考えてます。

多分内定出た場合はこの急ぎ方だと11/1入社を求められると思うので、会社決めた後に旅行だの免許取得だのって計画は無理かなぁ。まぁ来月からは有給も無くなり完全無職に突入しますので、ここで決めちゃった方がベストなんだとは思うのですが。

それもこれも内定出たらの妄想話なんで、最後の最後でお祈りなんて悲しい事にならんようしっかり準備をしたいと思います。
お仕事  :  trackback 0   :  comment 0  : 

転職活動初の面接 

行ってきましたよ面接。緊張しすぎて家出る直前とか最寄の駅着いた後に空えずきしまくり。昔から極度の緊張が伴う場面にはこうなるので、有る意味予想通りなんですけど、これ何とかなんないもんかな('A`)。緊張はいくらしてもいいんですけど、胃に来るのがほんとしんどい。

いざ本番になればえずきはどっか行っちゃうんですが。どうも始まるまでの時間帯が心理的に一番嫌なんでしょうね。

で面接の話ですが、応接に案内された後開始時間を5分程度過ぎて、部門マネージャと人事の2名が登場。で名刺交換後椅子に座ったところでマネージャが欠伸してるのを見ちゃいました。まぁ業後だし疲れが出る時間帯なのは分かりますけど、何となくこの後の展開が見えた気がorz

QAについては事前に準備していた範囲で回答出来たので、何も言えずに固まるような場面は無かったんですけど、自己PRを兼ねた自己紹介をしてくれと言われて職歴を饒舌に喋りすぎたのが反省点。当初眠たげだったマネージャさんはしっかり聞いてくれてるんですが、技術的な話に終始していたせいか人事がこっくりこっくりしてるわけですよ。

これ見て「あーこりゃあかん、早く話まとめな!」と焦って無理やり締めたので、何だか唐突に話が終わってしまった感じでかなり凹みました。

事前にエージェントからは「本人のやる気をアピールするには質問するのが一番」みたいなアドバイスを受けたので、仕事に直結する話をあれこれ聞いたんですけど、これもちょっと遠慮が無さすぎたかもしれません。

私の質問は「○○は使われていますか?」「○○は行われていますか?」といった確認で、それに対して「まだ」「これから」「できていない」といった返答が殆どで、最後の方は明らかにイラっとしてました。やる気もいいけど程々にして空気読むべきだったと反省。

私としては全てが整っている事を求めたわけではなく、先方の状況を知った上で自分がそこにどう関与出来るかを探る意味での質問だったんですよ。でも帰り際にマネージャさんからは「うちは○○さん程まだ環境が整ってないからねぇ」なんて苦笑い気味に言われ、慌てて「いえうちも課題は山積みです」とかフォローしたものの、焼け石に水だった感じがしますorz

内部の部門組織図やこれから作るチームに関して詳細を説明され、先方としては私をこのチームに入れたいんだけどどう?みたいな具体的な確認なんかもあったので、私のキャリアをそれなりに期待してくれてたのかなとは思いましたが、手応えよりは不安が残った面接でした。
お仕事  :  trackback 0   :  comment 0  : 

CLANNAD 第02話 「最初の一歩」 

ゲーム序盤の定番シーンである杏のバイク暴走ですが、杏が朋也に避けろと叫んだ時点で彼は明らかにガードレール内に居ました。

そこに居て避けろも何もないんじゃないかと思うわけですが、ぶつかったのはガードレールの外。そんな微妙な描写するならガードレールなんて描かずに路側帯にしとけばいいのにね。何か不自然。

そして智代vs春原第2ラウンド。コンボ表示再現キタコレ。あれだけのキックを食らい、3F?のダストシュートを落ちて行ってもピンピンしてる春原はやはり只者じゃない。顔が変形するところまで再現するか今後に期待。

その後は図書館でことみ登場、演劇部員告知活動、部室棟で風子登場・・・って一日でどんだけイベントあるんだって話ですよ。ゲームだとあんまそういうの意識しないけど、映像で見せられると詰め込んでる印象が際立ちますね。というか早く風子の鼻にストロー突っ込んでください。

後半は演劇部活動を嘲笑する春原にイラっとする朋也、朋也と父親の確執、渚のハブられ話、朋也と渚のバスケと欝展開中心。1話の中に笑いやマッタリ感は散りばめられているんだけど、やはりメインはこうした重い話中心なんですよねCLANNADって。そういう意味ではAIRやKanonなんかよりもずっとずっと重い話なんだと思う。

来週の予告見る限りちょっと作画荒れ気味?。資料室がチラッと映ったので来週は有紀寧登場か。

ガンダム00 第02話 「ガンダムマイスター」 

冒頭にカーグラフィックTVのようなテンションで古谷 徹から3大国家群の説明がありましたけど、結局この時代の日本はどこに所属してんだ?。前回東京には「経済特区」とか冠が付いていたけど、これがユニオンの経済特区を意味するのか独立国家なのかイマイチ分からん。まぁ現実を反映するならユニオンの一部って事なんだろうけど。

CGを多様しているからか、それとも予算が潤沢なのか、いずれにせよ作画のクォリティは今のところ良好。しかしながらおっぱいチャイナが今回ジャングル仕様になっており、その点において非常に残念だったと言わざるを得ない。まぁ今回は金髪の子がおっぱい要員だったんだろう。次回のローテーションに期待。

それはともかく、早速戦争根絶をテーマに武力紛争に介入した我らがソレスタルビーイング。紛争の両勢力が使っている機体があの時代においてロートルなのか現行機なのか分かりませんけど、結果を見る限りどうみても大虐殺です本当にありがとうございました。

しかしこの展開を見てるとやっぱりフルメタを思い出すんだよなぁ。ミスリルの持つM9自体が他では試作段階だし、アーバレストはそれにブラックテクノロジーのラムダドライバを搭載したトンデモ機体。それらが各地の紛争に乗り出して大暴れしてるわけで、そこで登場する一般的な機体はM9には太刀打ち出来ないですからね。

ただフルメタでは敵対する組織がアーバレストに匹敵する機体をどんどこ投入してくるので一方的な展開にはならんのですが、00ではどうやってその辺のバランス取る事になるのか、そこは注目していきたいところ。かませ犬のコーラサワーはともかくとして、最後にハッスルしていたグラハムがその対抗馬となっていくのかなぁ。

今回ソレスタルビーイングの目的の一端が開示されました。ようはどの勢力にも与せず手当たり次第乱入していく事で自分達を世界共通の敵と認識させ、3大国家群がそれを共同で叩く事を契機に世界の国家統一を期待している、とかそんな感じなんですかね。

まぁその程度の共闘で国家の利害関係が吹っ飛ぶとは到底思えませんので、何かもっと即効性のある強硬手段が用意されている気がしますが、この辺はあんま期待しないでおきましょう(;´Д`)

そんなわけで、今のところはガンダムと思わなければ十分見れる作品だと思います。モビルスーツには全く胸がときめきませんが。

PIXUS MP610到着 

MP610

というわけで予定通り午前中にMP610が到着しました。

置物になっていたビデオデッキをテレビラックから外し、そこにXBOXを入れて配線し直して・・・といったレイアウト変更により、ようやくMP610の設置場所を確保。

開梱して見ると店頭で見ていた筈なのに、それでもその大きさに圧倒されます。というか重杉。こんなんハンドキャリーとか有り得ない。ビックで買わんでほんま良かった。

早速スキャナーで証明写真を取り込んで履歴書に貼り付け印刷テスト。印刷品質を一番綺麗にしてもフォトマット紙で出す分にはそれ程待たされる感じはしませんね。はるか昔に使っていたBJ-10Vとは天と地とって感じで隔世の感ですなぁ。ちなみに普通紙に普通の印刷レベルで出すと更に早い。レーザープリンターと比べるとアレですけど、個人で使う分には十分の速度ですね。

この機種で何が良いかって、それはやっぱり電源入れてから使えるまでの待ち時間の短さですね。通電してからほんの数秒で本当に印刷出来るのは確かにスゴイと思いました。

あといいなと思ったのは両面印刷が出来る事。これは別にこの機種云々の機能じゃないと思いますけど、その場限りのちょっとした情報出す時なんかは紙の節約になっていいですよね。

でもきっと転職活動落ち着いたらさっぱり使わなくなっちゃうんでしょうね('A`)
PC関係  :  trackback 0   :  comment 0  : 

はぁ・・・ 

書類選考の件ですが今日一社から連絡が有りました。どうも私の前に先行している人が既に内定直前前らしく、その状況次第で私の選考を進めるので待って欲しい、とかそんな感じの話でした。

となるとが先行が最終面接で祈られるか、もしくは内定後に辞退でもしない限り私の出番は無いわけですよ。

何だかなぁ、これ明らかにキープ宣言だろ(;´Д`)。書類選考で寸止めってのは勘弁して欲しい。これならまだ書類選考で祈られた方がマシだったわ。ていうか事前にそんな選考状況だと知ってたら応募しませんでしたよ。このままだと彼らの一方的な都合で面接もされずに、私の個人情報が取られただけで終わるわけですから。正直ふざけんなと言いたい。

で、その後メールで求人を送ってきたんですが、これがきちんとした求人票の形になっていない超概要なんですよ。これじゃ必須スキルとかさっぱり分からないので、他の転職サイトで同じ案件を見つけて確認したところ、どれも私のスキルとは合わない開発系案件ばかり。

先の応募の件といい今回の紹介といい、あまりにも杜撰な対応に堪忍袋の尾が切れエージェントに直電。すると書類選考の件については「自分たちも募集の話を受けた時点で選考状況は知らされていなかった」の一点張り。追加の紹介については「企業からの求人データはあるのだが、それを自社DBへの入力が間に合って無いので、社内の他のエージェントからのメールをそのまま貼り付けて送ってしまった」とのこと。

ダメだこりゃ(;´Д`)。もうここは切る事にします。

でもう1社別のエージェントに進捗を確認したら「**の件は本日確認させていただいており、その時点では、書類選考中との事で伺っており、もうしばらく、お時間がかかりそうな状況です」。いやいやいや確認しているならその状況を何でこっちに連絡しないのよ。こっちが聞かなかったら連絡するつもり無かったって事でしょ。あーもうどいつもこいつもカンベンしてくれヽ(`Д´)ノ

実はまだ何社か応募検討しているところがあって、先週の第一陣の状況見てどうするか考えていたんですけど、こりゃそんな悠長に構えていられる状況じゃ無いですね。持ち玉もっと増やさないまずいな・・・
お仕事  :  trackback 0   :  comment 0  : 

プリンタ複合機再び 

結局残りの書類選考についてはまだ連絡が来ません。こっちからエージェント突っついて早まるもんでも無いでしょうし、気分転換も兼ねて買出しに出る事にしました。

秋冬物の服を買い込んだ後、前回購入を保留したHP C5180を見に再びビックカメラへ向かいました。あの後安値を確認したところ、HP DirectでキャンペーンしているC5175とビックの実質金額にほぼ差がありませんでした。だったらビックで買って持って帰った方が早いし得かなと考えたんですよ。

売り場では前と同じ金額で在庫もあるようなのでとっとと購入しようかと思ったんですが、店員が声をかけてきたので改めて複合機のお勧めを聞いてみました。用途は写真よりビジネス文書主体である事を告げると、10月にモデルチェンジしたばかりのCanon MP610を推してきました。

この店員曰くエプソンの競合機種だと写真は強いが、顔料インクのブラックを別途持つMP610の方が私向きらしい。前回別のビックで薦められたHP C5180の話をするとやっぱり黒インクの点で劣るとの見解。

そんな話をしながら実機で色々見せて貰っているうちにMP610がいいなと思うようになりました。ただ金額が27800円でポイント10%という事で、HPが17800円でポイント20%である事と比べるとちょっと高く感じてしまいます。

そこですぐ近くのヤマダを覗いてみましたが見事に同じ金額。私はヤマダのポイントカードは持ってないので、だったらポイントが溜まってるビックで買う方がいいかなと考えビックにトンボ帰り。ふと思いついてイーモバイルのデモ端末でコソコソ価格.comをチェックしたら最安値が送料無料で22000円程度である事が分かりました。

ビックで粘っても通販系店舗の価格まで値引き要求するのはきついでしょう。結局ビックではフォトマット紙や普通紙だけ買って帰りました。聞くだけ聞いてそのオチかよって話なんですが、同じ物買うなら一円でも安いとこ選ぶのが人情でしょう?

家に帰った後、早速MP610と前モデルであるMP600の方も含めて販売状況を確認しました。するとMP600は中古のリファービッシュを14000円位で売ってるところがあったんですが、さすがに発売から一年経過している消耗品に手を出すのは賢い選択では無いと判断し、最終的にツクモで注文しました。

送料無料だったので5年の延長保障付けても23000円程度ですみましたよ。到着は土曜午前。さて置き場所考えなくちゃいかんのう(´・ω・`)
PC関係  :  trackback 1   :  comment 0  : 

書類選考通過 

エージェント経由で先週応募していたうちの1社について書類選考通過と一次面接の連絡が来ました。やっぱ応募から1週間はかかってしまうんだなぁ。先方の指定してきた面接候補日が今週の木、金、来週月だったので早い順に指定したんですけど、結局来週月曜になりましたorz

最初に連絡来たところでこの調子なので、他のところも含めて決着付けられるのは来月になっちゃいそうですね。まぁまだ他は書類選考中ですし取らぬ狸の何とやらなんですけど。

うーんもうちょい応募して手駒増やしておかないとまずいかもしんないな。
お仕事  :  trackback 0   :  comment 0  : 

CLANNAD 第01話 「桜舞い散る坂道で」 

遅ればせながら第1話を見ました。オープニングに汐が出てきたって事は、とにかく原作に忠実に最後まで描くって事ですよね。とはいえあれだけボリュームのある話を24話で描ききれるものだろうか?。AIRの時のように例えば幻想世界の部分だけ特番で切り出すとかやんのかなぁ。

ちなみにオープニングで名前付きで紹介されてたのは、渚、杏、ことみ、智代、風子まで。サブヒロイン扱いになるかどうか微妙な椋と有紀寧テラカワイソス。

PC版しかやってないのでキャラクターの声を聞いたのはこれが初めてなんですけど、1話見る限り概ねイメージとのブレは無い感じでした。最初朋也の声は小野大輔かと思ったんですけど違う人でした。声の感じ似てない?

渚の中の人も全然馴染み無い人ですね。さすがに最近の声優さんはよう分かりませんが、でも渚の儚い感じが良く出ていていいなと思います。

ちなみに春原の中の人はVガンダムでウッソの声やってたんですね。言われてみると確かに「おかしいですよカテジナさん!」ってのと同じ声だわ。

一番声とイメージがぴったりだったのは古河夫妻かな。後半のパン屋のくだりは久し振りに見ましたけど笑えました。とかく重くなりがちな話なんで、古河夫妻が出てくると何だかホッとします。チョイ悪親父の秋生は置鮎が大ハマリだと思う。ていうか古河家は全員アホ毛持ちだったんだなぁ。動く絵で見るとあのアホ毛はちょっと違和感有るんですけども(;´Д`)

早速春原と智代のバトルが始まりましたが、これ学園編の間ずっと繰り返されるのかなぁ。風子いじりの方も最後まで再現されるのか、こっちも今から楽しみです。

本編については随所で言われているように確かにかなり駆け足な感じがしました。全く原作知らない人は付いていくの大変じゃないかなぁ。まぁKanonの時のように取りあえず渚の話を主軸にしつつ、他の4人を一気に片付けてAFTER STORY編に雪崩れ込む展開になるんでしょうね。

あ、関係無いけど智代が不良を撃退するシーンで春原が飲んでいたジュースが「どろり濃厚ピーチ味」でした。あれを普通に飲める春原はやっぱ普通の人間では無いんだと思う。

ともかくこのクォリティを崩さず最後までやって頂きたいもんです。

IPv6その後 

何か気付いたらIPv6のIPアドレスリースが出来ているっぽい。勿論例のIPv6 Resolver Servicesのサービスは起動してません。

でも実際にIPv6とIPv4両方のページ見れてるんですよね。じゃこのサービス何なのよって話なんですけど。良くわかんないですけどひとまずこのまま現状維持って事にしておこう。
PC関係  :  trackback 0   :  comment 0  : 

ガンダム00 第01話 「ソレスタルビーイング」 

今回のガンダムは宇宙世紀でなく西暦を使っているのが一つの特徴として挙げられます。気になってちょっと調べた感じだと、過去のスピンアウト作品や資料等では宇宙世紀に移行した時期は西暦2045年前後あたりと定義されてるらしいんですね。ただ時代の流れもあってその辺は無かった事になってるようで、現在は公式な定義は無いようです。

いずれにせよ西暦2307年になっても宇宙世紀になっていない時点で、今回のガンダムもあくまで正史とは異なるパラレルワールドって位置付けになるんでしょうね。何となくパトレイバー劇場版3作目の「WXIII」が平成でなく昭和75年を舞台にしていたのを思い出しました。

で第1話ですが、初期の番宣やキャラクター/MSの基本デザインを見た程度で、それ以上の予備知識無しで見たわけですけど、その第一印象は「フルメタとガンダムWを足して2で割った」って感じでした。

「コロニー対連合」という図式では無いですけど、ソレスタルビーイングに所属するガンダム達が各自ミッションを淡々とこなしていく姿は、どうしてもガンダムWを彷彿とさせます。いつ自爆するのかwktkしながら見てました。

フルメタだなぁと思ったのはロックオンや刹那を見ての事です。ロックオンの声が三木眞一郎なんで、同じガンナーであるクルツを思い出しますし、主人公の刹那にしても幼い頃はレジスタンスでその後は武装組織所属のガンダム乗りって設定がまんま宗助でしょう。いっそのこと関智一に声やらせりゃ良かったのに、と結構本気で思いましたよ。

初回って事もあって顔見せでうじゃうじゃ人が出てきましたけど、今回はひとまず仮面の人が出てこないようですね。刹那にコケにされたジェリドのようなかませ犬キャラの今後に期待。

途中の戦闘を見てガンダムマイスター達は全員不殺主義かと萎えかけましたが、最後の方でデブガンダムに乗ってたメガネ君が原子レベルで消滅させてましたので、必ずしも徹底されるわけでは無いようですね。全員SEEDのキラみたいな事言い始めたらウンザリなんで有る意味安心しました。

最後にロックオンと刹那は地上に残ってましたが、刹那あたりが最後に出てきた東京の学校に転入する展開になるんですかね。厨二病みたいな名前ですけど一応刹那って漢字名入っている以上日系なんでしょうし。

来週は是非あの金髪の子に「お前を殺す」とか言って一般視聴者をドン引きさせて欲しいと思いました。

MSの感想?あんなのガンダムじゃねーよ('A`)

IPv6導入 

私はBフレッツなんですが、久し振りにフレッツスクエアを覗いてみたら、一部の動画コンテンツがIPv6で無いと見れない事に気付きました。

これまでFlet's Netや4th Mediaなど、フレッツ網のサービスがIPv6化されているのは知ってましたが、どちらも金払ってまでやるようなもんじゃないなとこれまでスルーしてたんですよね。

無料のコンテンツまでIPv6を要求するとなるとそのうちフレッツスクエアが完全にIPv6化するのもそう先の話では無いかもしれないなと思い、取りあえず導入してみる事にしました。

と言っても大掛かりな作業は特に無く、フレッツで提供されている接続ツールをインストールして再起動するだけなんですけどね。XPではSP1以降でIPv6に対応していますので、ツールはその設定を自動でやってくれてる感じなんだと思います。

で再起動が終わって早速フレッツスクエアのIPv6専用ページにアクセスしようとしましたが何故かうまくいきません。嫌な予感がして他のページを見ようとしても同じ状況。

ipconfigで状況を見るとIPv6のIP取得や、IPv6をIPv4のパケットでトンネルする為の仮想アダプタの表示はされているのですが、何故かDNSサーバが自ホストのIPに変わっていました。試しに適当なWebにIPで接続すると正常に表示されました。という事は単に名前解決の問題って事になります。

色々調べたところ、どうやら上記の接続ツールをインストールした時に追加される「IPv6 Resolver Service」が有効になると、何故かDNSのIPが自ホストになってしまうようです。サービスを停止すると元の設定に戻ります。最初このサービスがIPv6のリゾルバを務める場合は、自ホストがDNSサーバとして機能するのか?とか考えて調べてみたわけですけど、そんな話はどこにも見かけない。

比較の為にVirtualPC 2007で作成しているXPの仮想マシンを起動して、IPv6接続ツールをインストールしましたが、やはり再起動後もDNSサーバのIPアドレスは同じでした。となるとやはり私のマシンだけの問題って事になります。

ここで一つ思い出したのが以前JumboFrameの動きを見る為に複数のNICをテストした事。どれかのNICでもしかしたらDNSの設定を自ホストにしてしまったものがあって、その情報を拾っているんじゃないかと考えました。

そこでまずSafeモードで起動し直し、デバイスマネージャで関係無いNICを可能な限り全部削除。更にレジストリエディタで自ホストのIPアドレスやNameServerを検索し、該当するもので無関係と思われるキーを全て削除しました。

これで何とかなっただろうと再起動してみてもまだダメ('A`)。もう何だかさっぱり分かりませんよ。FileMonまで使ってIPv6 Resolver Service起動/停止時のファイルアクセスの動きをモニタしてみたんですけど、これといったソースは見つけられませんでした。

ひとまずIPv6 Resolver Serviceを手動起動に変更して再起動した場合の動きを見てみたんですが、この状態だとIPv6関連の設定はされているんですけど肝心のIPがリースされていません。この状態でフレッツスクエアにアクセスするとやはりIPv6設定警告が表示されました。

そこでIPv6 Resolver Serviceを手動起動してみたところIPv6のIPがリースされた事を確認しました。しかし上記のようにDNSサーバのIPが変わってしまう為名前解決が出来ません。IPv6 Resolver Serviceを停止してみるとDNSのIPが元に戻り、かつIPv6のIPもリースされたままになりました。この状態でIPv6/IPv4両サイトに問題無くアクセス出来る事を確認。

そこでスタートアップ時にIPv6 Resolver Serviceの起動/停止を行うバッチを走らせる事にしてみたんですけど、いかにもスマートじゃないですね。

今のところフレッツスクエアを毎日見るわけでは無いので、このダサダサバッチの自動起動はひとまず止めて、見たい時だけ手動でキックする事にしました。

今回の件で自分なりにIPv6の情報を調べてみたんですけど、IPアドレス不足問題の解決やIPを静的に管理する煩雑さからの開放というメリットだけでなく、全てがグローバルアドレス化する事によるセキュリティ上の問題などリスクも考慮しなくちゃならないわけですね。

個人レベルはとっつきやすいと思いますけど、企業における導入には相当の労力が必要でしょう。技術としての検討が始まって既に15年経過している、とい事実にびっくりしましたが、今のように標準的に使われるようになるにはあとどれだけかかるんでしょうね。仕事柄無関係ではいられませんし、インフラ面からのアプローチについては勉強しておかないといかんなと思った次第です。
PC関係  :  trackback 0   :  comment 0  : 

やだなぁ適性検査 

転職者用SPI2攻略問題集―テストセンター・SPI2-G対応
昨日面談したエージェントから薦められた求人なんですが、選考方法に「適性検査」の4文字が・・・。エージェントに聞いたところ「性格検査だけの簡単なものでしょう」とか適当な事言ってましたが、どう考えてもSPIです本当にありがとうございました。

適性検査には新卒の頃散々苦しめられました。文系人間で算数・数学は大の苦手分野。言語問題?いくらでも解いてみせらぁ。でも非言語問題だけは勘弁な!

いや冗談抜きにほんとダメダメ。これのお陰で就活当時は軒並みセミナー止まりで面接に進めず、運よく通って内定貰った1社が今では2chで有名なブラック偏差値エリート企業だったという逸話付き('A`)。

その後の転職では幸いにも適性検査を経験せずに済んだのですが、今回の転職では逃げられそうにありません。というのも近年は経験者採用で適性検査を実施する企業が多いようで、実際求人を見るとその多さにびっくりさせられます。

何とか極力面接中心の求人を選んできたんですが、もうこれの有無で選り好みしてられる状態じゃないなぁとようやく観念し、2chの関連スレを見て転職者用のSPI2-G対策の参考書を買ってきました。地元じゃ売ってなかったんで新宿出たついでに紀伊国屋でゲト。

なんつーか今はSPIからSPI2になっていた事も初耳だったんですけど、テストセンターでPCを使う形式まであるとは。何でもこの形式だと1問づつ時間が決められていて、制限時間を越えると強制的に次の問題に行ってしまうらしい。しかも回答を選んでいないと無回答になるわ、後で前の問題に戻って見直す事も出来ないわでドMにはたまらん仕様になってます。

苦手な問題は先送りにして出来そうな問題から回答するのがテストの基本なのに、その仕様はあんまりだ。嘘だと言ってよバーニィ。

ちなみに一口にSPI2と言ってもいくつかパターンがあって、SPI2-Gってのが中途採用向けらしいのですが、SPI2-Uという学生向けが使われる場合もあり、それぞれで出題傾向が異なるようです・・・ていうか実際にはSPI2以外にも複数の形式が存在し、PCを使うパターンにはWeb形式まであるようで、もうそれらを全部意識していたらキリが無い状態。

はぁ?何でこの年になって鶴亀算だの連立方程式だのやらなあかんのかと。まぁそれをすんなり出来ない私の脳みそにも問題有りますけど、義務教育終えて以来全く使わなきゃ錆付いたって仕方ないでしょう。経験者採用なのにこんなんで足切りされたらかないませんよ。

まぁ文句言ってても始まりませんので、取りあえず中学算数のおさらいから始めようorz

プリンター複合機で迷う 

今日もエージェントとの面談でした。あんまりエージェント増やしてもしょうがないとは思うのですが、どうにもまだ「ここなら信頼して任せられる」と思えるところが無いんですよね。ひとまず複数のエージェントで応募を進めて、その流れを見ながらメインを決めようかなと、まぁそんな感じです。

今回会ったのは例によってスカウトで声をかけてきたところなんですが、エージェントがヒアリングをしっかりやろうとする姿勢が見えてひとまずは好感触でした。何だかんだで2時間弱話をして、薦めてきていた案件に応募する事にしました。

ただちょっと気になったのは、面談時に個人情報の取り扱いに関する覚書のやり取りが無かった事。どうも転職サイトのスカウトで声掛けてきたところにそういう傾向が見られる感じがします。もし切る事になったらその前に確認しないとまずいな。

で、その帰りに駅前のビックカメラに寄りました。目的は複合型プリンターの物色です。これまで家で使う頻度が低い為プリンターを所有してこなかったんですが、転職活動を始めるとやはりプリンターは必須かなと思うようになりました。

履歴書、職務経歴書、面接対策、会社情報などの関連資料は印刷して手元に置いておきたいですよね。ネットプリント使う手もあるんですけど、枚数がかさんでくると不経済ですし。

ちなみに今回履歴書はWeb上で落としたデータをアレンジしたもので作成しています。履歴書は手書きの方が良いという話は良く見かけますが、私の職種ならPC作成でもいいかなと判断しました。正直手書きは時間と手間がかかりますし、証明写真代も馬鹿になりません。証明写真はこの前の原付免許の時撮影してますので、これをスキャナーで取り込んで使おうと考えました。

そんな感じで売り場で複合機を探しているとすぐに店員が寄ってきました。安くてコンパクトな複合機が欲しいと伝えると、駆け足にブラザー、EPSON、Canonの該当機を紹介した後、HPのC5180という機種を押してきました。前者の機種は1万ちょい、HPのはポインヨ考慮で15000円弱。

彼女曰く最初に紹介したプリンター達は一様に「印刷品質が良くない」「印刷効率が悪い」「印字が遅い」らしく、HPのはそれらを全てクリアしているらしいです。

と言われても実際それぞれ比較して見せたわけでも無いですし、それだけで買う程私も甘くありません。取りあえず値段だけ控えて店を出ました。あの店員メーカーの応援スタッフだったのかなぁ?。あの薦めっぷりは露骨杉(;´Д`)。

で調べてみるとHP Directでは同じ型番のものが見当たりませんでした。C5175という近い型番のものが似た値段でキャンペーン張ってましたけど。調べてみるとどうもC5180ってのはビック、ヨドバシ専売モデルのようです。これだと他の店と比較が出来ませんね。USBだけでなくLAN接続も出来るようなので、確かにモノはそう悪くないかなとは思いますが、どうにもプリンターといえばEPSONかCanonってイメージあってHPに手を出すのがちょっと抵抗有り。

まぁまだ慌てる時間帯じゃ無い、という事で今回はスルーしますた。
PC関係  :  trackback 0   :  comment 0  :