FC2ブログ

総帥Diary - 徒然なるままに -

10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

FC2カウンター

プロフィール

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

GoogleAdSense

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

ブログ内検索

書類選考通過 

ヤッター書類選考通過ノ連絡キタヨー

応募から1ヶ月経過した今日にな('A`)

いやぁほんとにこういうケースあるんだなぁ。1ヶ月もかけてじっくり選考してくれたんだから、きっと私に対する期待は大きいに違い無い・・・ってんなことあるかぁ?!!

1ヶ月他の人間選考して結果ダメだったから、キープしてた自分を引っ張り出して来たってのが正解でしょうね。

しかし1ヶ月放置しといて何が「書類選考通過おめでとうございます!」だよ。どんだけ面の皮厚いんだあんたら、と毒の1つもCAに吐いてやりたいとこですが、例の4次面接の結果が出てない以上ここは受けとくべきでしょう。

そろそろ企業研究や志望動機考えるのがダルくなってきてますが、取りあえず来週に向けて頑張ろう。
お仕事  :  trackback 0   :  comment 0  : 

予防接種受けてきました 

今年は例年よりインフルエンザの流行が早いらしいですね。ニュースでは北海道の方が結構ヤバイとか何とか。あっちの友人がちょっと心配です(大丈夫?)。

インフルエンザの予防接種なんて義務教育以降受けた記憶全く無い人間が、何故今回に限って受けに行ったのか。それは私が現在健康保険に入ってないから('A`)

退職時に社保延長は出来たんですが、当初の目論見では境目無しにすぐ次に移っている筈だったので、当然延長手続きはしていませんでした。

次の会社が決まればそこでまた社保に入る訳ですし、仮にその間少し空いたとしてもそれまでは無保険でいいんじゃないかと考えていたわけです。

実際今の部屋に越して2年経ちますが、その間一度も通院してないんですよ。ちょっとした風邪なら市販薬で何とかしてましたし。それを考えればこの短期間で保険証を必要とする状況は発生しないだろうと踏んでたわけです。退職直後の保険料は高いと聞いていたのもあります。

行くかどうかも分からん短期間の為に高い保険料払うのはアホらしい、ぶっちゃければそんな感じ。

しかし転職活動は思った以上に厳しく、気付けばもう年末。ニュースでインフルエンザの話題を見て、慌てて予防接種を受けてきた次第です。この時期病院行くとしたらこれしか無いと思いますし。

ちなみに予防接種には保険が適用されません。だから保険証無しでも受けられると思ってたんですが、ネットで調べてみると「保険は利かないけど要持参」みたいな話が結構多く、念の為近くの病院に問い合わせたら「年齢を証明するものがあればそれでOK」との事でした。

徒歩で数分の診療所を訪問し、殆ど待ち時間も無く注射は一瞬で終了。ていうかあれでほんとにワクチン注入したのかって位速攻。金額は2600円ちょいでした。相場は2000?4500円みたいなんでまぁ安く済んだのかなと。

もし今選考中のところがダメだった場合、転職活動が長期化する可能性が高くなりますので、その時は観念して年明けにでも手続きしてくるつもりです。保険料が社保から離れた10末まで遡るのがきついんですけどね(;´Д`)

またお祈りだ 

エージェントから電話があり、先週一次面接を受けていたもう1社の方がダメだったとの事。きっかり1週間だったので何となくこのオチは予想してました。

技術や経歴には問題無かったが、性格検査や面談時の内容から自己完結型タイプと分析された事が問題視されたらしい。

何だか分かるようで分からない理由ですよねこれ。出来ればもっと具体的な言葉で言って欲しかったなぁと。そもそも「自己完結型人間」とは何ぞや。その明確な定義がイマイチ分からないんですよ。

何だか悔しかったのでWebで色々調べてみましたけど、それでも「これか!」と唸るような情報は見当たりませんでした。

そうした情報から自分なりに判断したのは、専門性を追求する私の仕事感が「他の事には挑戦しない」「自分の出来る事しかやらない」といったネガティブ要素として受け取られたのかなって事。

まぁあの面接では自分でも意識していた位喋りすぎた部分有りましたんで、それが裏目に出たんでしょう。

また専門性の追求を良しとするか、マルチに出来る人間を優先するのか、会社によってそれはマチマチでしょうから、その点でこことは合わなかったんだと思います。

さぁ、これでPhase2で残るはもう1社のみとなりました。我ながらほんと余裕の無い転職活動だと思いますorz
お仕事  :  trackback 0   :  comment 0  : 

4次面接 

ほぼ1ヶ月かけて行われてきた面接も今回で4回目です。

設定時間が30分という短い設定だった事から、給与や待遇面の詳細説明に終始する形式的なものと考えるのが自然なんですが、前回GMの方から言われていた「あと2回ある」という話がどうにも引っ掛かっていました。

無愛想な人事課長とだだっ広い会議室で二人きりの面接が始まると、嫌な予感は見事に的中。志望動機に始まり、最初の会社まで遡った志望動機と退職理由、業界選択動機、仕事感など矢継ぎ早に細かい質問を繰り出される面接でした。

回答に少しでも隙が見えればそこに厳しい突っ込みが入り、とにかく「なぜ?」を連発してくる非常にきつい展開。手元の書類に目を向けたまま殆どこっちを見ようとしない人事相手の苦痛の30分でした。

一応最後に口頭で配属部署名、就労条件、給与提示等されたんですが、それをもって内々定と受け取る程私は楽観主義者ではありません。内定通知書が提示されるまでは全く安心出来ませんね。

針のむしろとはこの事だ(;´Д`)
お仕事  :  trackback 0   :  comment 0  : 

確定申告 

今まで会社で年末調整をしていたので意識する事の無かった確定申告ですが、今の状況では12月中の転職がほぼ不可能の為、今回は自分でやらんといけないようです。

というわけで、早速国税庁のWebで確認してみたところ、確定申告書の作成をWeb上で出来るようになっており、更にそれをe-Taxというシステムで提出出来るらしい。

これでやれば役所行かずに対応出来るぜヒャッホウ!!と思ったんですけど、e-Taxの利用には電子証明書の取得がまず必要になるらしいんですね。

その取得には・・・

1. ICカードタイプの住民基本台帳をカードを作成。
2. 役所にて電子証明書を住基カードに書き込んで貰う。
3. PCにICカードリーダを接続する。
4. e-Taxクライアントをインスールして申告。

どう見ても面倒くさいです、本当にありがとうございました。

どうやら国税庁のWebで作成した確定申告書を印刷すれば申請に使えるらしいんで、こっちの方がよっぽど話が早い。

私の場合「中途退職で年末調整を受けていないとき」に該当するので、通常の確定申告開始時期(2/15)より前の1/1から還付申告として申請出来るそうなんで、早めに行く事で混雑を避ける事も出来るでしょうしね。

あぁめんどくせぇ?、息をするのもめんどくせぇ?。会社でやってた年末調整が如何にラクなものだったのか、そのありがたみが今になってやっと分かりました(;´Д`)

地デジ環境の検討 

テレビが壊れた事を契機にこれまでテレビがあった場所にFP241WJを移設し、今はこんな感じでPCのテレビチューナー画面を、X1650XTのセカンダリにシアターモードで出力して見ています。

現状

確かに以前と同じ感覚で見れるようにはなったんですけど、これだと当然のようにPCを起動しないとTVは見れません。承知の上の事とは言え、毎日の話となるとやっぱりもう少し気軽にTVを見れる環境が恋しくなるのが人情。

今のTVが壊れたら37?40インチクラスの液晶テレビを買おうと前々から考えていたんですが、今の間取りでは正直このサイズは厳しいんですね。

そこで考えたのがFP241WJと地デジ対応レコーダーの組み合わせです。中継ぎとしての使用であれば24インチワイドはTVとしても十分なサイズですし、折角のHDMI端子付きフルHD液晶ですから、それらしい使い方をしてみたいという欲求が沸いて来たのもあります。

HDD/DVDレコーダーはこれまでビデオデッキしか無かった我が家の貧弱な録画環境改善にも最適ですし、後々TVを買った後も無駄にはならないでしょう(地デジチューナーがダブっても何も問題無いわけですし)。

調べてみたところ松下、東芝、シャープが45k位で地デジ対応レコーダーのエントリーモデルを出しているようなんで、これと屋内・屋外兼用の地デジ対応UHFアンテナを買えば地デジ環境の出来上がり・・・の筈。

もしUHFの屋内アンテナでうまく受信出来なかったとしても、最悪レコーダーの地アナチューナー経由でTV視聴環境は実現出来ると思うので、この方向で進めようかと思ってます。

CLANNAD 第08話 「黄昏に消える風」 

うーん今回はちょっと絵荒れ気味だなぁ。ここぞってポイントでは安定してるんですけど、それ以外でのヘタレ具合が気になる。

それはともかく今回は人々から風子の記憶がどんどん消えていく過程が描かれたわけですが、三井の反応が少し引っかかりました。朋也に声をかけられて「あぁいつかの」の後に「すいませんどちらさまでしたっけ?」って何だかおかしくないですか?

最初「どちらさまでしたっけ」は風子に向けたものかと思ったんですけど、結局彼女に風子は見えていませんでした。となるとあれは朋也への返答になるわけですが、その前提で見た場合、あの言葉の繋ぎ方って普通に考えたらちょっとおかしい。

朋也が風子の名を出しても誰だか分からない状態なのに、何故風子と共に居た朋也を覚えているのか。多分このやりとりを通じて三井の記憶から完全に風子が消えたワケでは無いんだよ、という演出をしたんだと思うんですけど、ちょっと不自然な感じが否めまないかなと。

もう一つ今回印象に残ったのが、昼休みに春原が登場した時のシーン。まず二人が居る場所に春原が登場した時は、椅子に座っている風子が見えてます。「お二人さん」という言葉に風子が春原から視線を逸らす動きが切ない。

で、その後朋也につれなくされた春原が渚に声をかけた時、風子の姿は見切れています。そしてイラついた朋也が叫ぶ場面では春原に被る形で風子の姿は完全に見えなくなっていました。

もしかしたら単なるカメラワークだったのかもしれませんけど、こうする事で春原から風子の記憶が無くなっていく状況をリアルタイムに描写したんじゃないかと思ったんですよ。

しかしここで彼は風子の名を口にし、その不確かな記憶に対する思いを吐露しました。真っ先に風子の記憶を無くしてしまいそうな春原が、他の人間よりその残滓を留めていたのって、彼に妹が居る事と無関係では無いんじゃないかなぁ。

古河家に帰った時、秋生はもう風子の事を忘れかけていました。早苗は春原と同じように入院している風子の姿を見たにも関わらず、風子の記憶を繋ぎとめようと必死で、でもその姿は既に見えなくなっている。あぁもうダメ、この場面で涙腺崩壊・゚・(ノД`)・゚・

予告の音楽がエンディング仕様になっていたので風子編は次回で最後ですね。最後は知っていても、それでも涙腺崩壊は必至。

機動戦士ガンダム00 第08話 「無差別報復」 

てっきり上の指示を無視してでもテロ撲滅に飛び出すのかと思ったら、そこはきっちり従うのね(;´Д`)

そしてスメラギさんのカムフラージュ姿をガン見してハァハァしてるオヤッさんバロス

今回は刹那とマリナの邂逅がテーマだったんでしょうけど、あの出会いはご都合主義すぎやしませんか。アザディスタンがクルジスを滅ぼしたって言い方してたので、どちらも中東の国家なんでしょうけど、それにしてもあの瞬間のすれ違いで同郷の人間と判断出来るような特徴有る面してんのかよと。

まぁこれはキャラデザの問題でも有るんでしょうけどね(;´Д`)

で、とっとと立ち去るかと思いきや案外付き合いの良い刹那ですが、祖国を滅ぼした国の人間がCBに対する正論を振りかざしたのが余程カチンと来たのか、有りえないぶっちゃけをします。

これ相当問題発言だった筈なんですが、結局それを「まさかね」の一言であっさりスルーしてしまう皇女様。うーん、どっちもアホさ加減は拮抗しているご様子。

正直この流れには呆れましたよ、何なのこれ。今後この二人が物語の核になる(のかもしれない)と思うとちょっとウンザリしてきますね。

この調子で4クール持つのか甚だ不安だ。

沈黙の艦隊 読了 

ここのところチマチマと本棚から引っ張り出しては読んでいた沈黙の艦隊を読み終わりました。

初めてこの作品に出会ったのは学生の頃でした。日米で極秘裏に建造された最新型原潜シーバットが訓練航海途中に脱走、独立戦闘国家「やまと」を名乗り世界を相手に大立ち回りを演じる、という荒唐無稽な展開に当時一気に引き込まれたのを覚えています。

ただ悲しいかな当時の私には戦闘と並行して描かれる国内・国際それぞれの政治駆け引きが100%理解出来ず、そのうち興味が他に移ってしまい読むのを止めてしまったんですよね。その後社会人になって改めて全巻揃えたのが今所蔵している文庫版ってわけです。

読み直したのは久し振りなので結構話を忘れていたんですが、一気に通して読んでみると思っていたよりは戦闘シーンが少ない事に気付きました。

やまとはひたすら戦い抜いて最後にニューヨークに到達したって印象があったんですが、実際には20巻過ぎた辺りでもう辿り着いてるんですよ。この作品は全32巻ですから、その後10巻以上が国連を舞台にした政治劇というわけです。

そこに至るまでにもやまとを支援する日本国内の政治的混乱や、その後のアメリカとの本格的な対立などかなり政治に関する話が多く、これは確かに学生が気楽に読むのは厳しいなと感じました。

しかし連載当時から19年経過した今、こうして読み直してもそれ程色褪せて見えないのはそれだけこの物語が先進的な要素を含んでいたからなんでしょう。

またこの作品には多くの政治家達が登場しますが、それぞれが人間臭く強い信念と情熱を持っているのが印象的で、現実がこうだったらどんなに素晴らしいかと考えさせらます。

海江田はあのまま脳死状態のままだったのか、深町は沈黙の艦隊に戻らず本当に政治家になったのか、ベネットの提唱した世界規模の核兵器撤廃は進んだのか、世界政府や沈黙の艦隊の行方はどうなったのか、そういった後日談は語られじまいでそれぞれが気になるところです。

また面白いなと思ったのは、海江田が「もし日本が第2次世界大戦時に核兵器を持っていたら使っただろう」といったコメントをしていた事です(もしかしたら海江田じゃなく深町だったかも)。

この部分が現在連載中のジパングの草加の行動につながっているんじゃないかなとか思うわけで。

そんなジパングは現在単行本が32巻という事で巻数が沈黙の艦隊と並びましたが、こちらはまだ完結していません。そろそろクライマックスだとは思うんですが、こっちもどう決着をつけるつもりなのか楽しみですね。

お祈り2連発 

朝起きてメールチェックをしたら、大手エージェントで進めていた1社の書類選考落ち連絡が来てました。この案件より更に前に応募しているもう1社は未だに結果来ないんですけどね('A`)

で、その後食材の買出しに出かける際にポストを覗いたところ、転職サイトでWebレジュメ通過→書類選考中だったところからでかい封筒が届いてましたorz

Webレジュメと送った書類って内容に大差無いのに何でここで落とされるのか理解に苦しむ。だったらWeb審査で落としてくれよと('A`)。関係書類送る手間とか証明写真全てが無駄になった。

というわけで、手駒は選考が進んでいる2社だけになりました。まぁこの2社以外はあまり強い興味も無いまま応募してたとこばかりなんで、お祈り自体はそれ程痛く無いんですけど、やっぱ手駒減るのが心理的にプレッシャーですのう。
お仕事  :  trackback 0   :  comment 0  : 

長丁場の一次面接 

へし折られまくりの転職活動2nd Phase。そんな中、何とか面接まで進んだもう一社の一次面接に行ってきました。

面接開始前にまず性格検査を行う事に。実はこの会社、この前一次で落ちたとこと同じ系列の所なんですが、その関係かその時と全く同じ性格検査でしたよ。

その後面接開始。事前にエージェントからは「人物重視の面接になるので、学生の頃まで遡った話になる」って言われてたんですけど、本当にその通りの展開。

中・高時代の部活動や大学を選んだ理由等、新卒の就職活動でしか普通聞かねぇだろって位掘り下げてこられて疲れました(;´Д`)。

いくら準備しても質問が多くなればどうしてもアドリブで話をせざるを得ません。そういうケースではどうしても話が冗長になりがちですが、今回はそれがかなり出てしまったのが反省材料。

熱意を伝える為に言葉を重ねる事が聞き手によって「まだるっこしい、もっと簡潔に言えないのか」となりかねないのが面接の怖いところ。

キャリアパスについて専門性を高めつつその幅を広げていきたいと伝えたところ、「うちはスペシャリストとゼネラリストの中間的な人間を必要としている」と返され、先方との微妙なギャップが浮き彫りになったのも不安材料。

一次面接から希望年収や出社可能日の細かい質問があったので、採用のテンポは早そうなんですがどうなることやら。
お仕事  :  trackback 0   :  comment 0  : 

いよいよ三次面接 

今日は現在一番選考が進んでいる会社の三次面接でした。

部門のGMが登場という事でかなり緊張していたんですが、非常に気さくな方で面接は終始和やかなムードで進行。

これまで聞かれたような志望動機や職歴説明といった定番質問は無く、会社の状況や採用形態についての説明に終始。質疑は希望年収や現状の給与内容位でした。現場との面接はこれが最後で残りは人事面接になるとの説明だったんですが、「多分あと2回有るよ」って言われました(;´Д`)。

俺たちの戦いはこれからだ!!
赤鼻先生の次回作にご期待下さい。

とかならない事を祈ってます。
お仕事  :  trackback 0   :  comment 0  : 

CLANNAD 第07話 「星形の気持ち」 

公子に「何で風子の事をそこまで気にかけるのか」と聞かれ、「もしかしたら俺も古河も妹さんに少し似たところがあるからかもしれません」と返していたのが印象的でしたね。

朋也も渚もそれぞれに抱える事情により、本流から取り残されクラスから浮いた存在になっている。その点では風子も同じ状況なわけで、だからこそ彼女が必死に頑張る姿を見て放っておけないんでしょう。彼女の思いが叶えば、きっと自分達も変わる事が出来る。そんな気持ちが彼らの根底には有るんだと思います。

犬笛?で呼ばれる風子親衛隊、「実はヒトデです」、ヒトデ記念祭、だんごvsヒトデ、風子マスターなど笑える要素もありながらも、風子の様態が悪化し話は一気にシリアスモードへ。これまでおちゃらけ通しだった春原も、さすがに風子の存在については真剣に考え始めた様子。

今回タイトルバックに光の玉が出ていたので、風子編完結かと思いきやまだ続きます。じっくりやってくれるのはいいんですけど、これだけ一人で尺取ると他のキャラの扱いが気になりますね。

Kanonでも真琴の話にかなり話数を割いた後、残りのキャラクターは同時進行で一気に片付けられた感が強かったので、その二の舞になりそうな予感。

まぁ風子は渚のシナリオと切り離せない存在なので、それを考慮しての事だとは思うんですが、この調子だと他のサブヒロインと朋也の絡みは排除して一気に渚編にシフトでもしない事には収集つかないような気がします。

やっぱAIRみたいに24話+特番構成になるんじゃないかなぁ。

機動戦士ガンダム00 第07話 「報われぬ魂」 

あの回想シーン見る限り、刹那はサーシェスに洗脳されてレジスタンスになったって事なんですかね。

しかしAEUのイナクトってのは乗り手によってああも違う動きをするんだろうか。コーラサワーが乗ってたのと同じ機体とは到底思えないんですが。前回バーチェの攻撃をすんでのところでかわしたのは、その機体性能故だったのか。

コックピットから出て来いって言って刹那が先に身を晒したのは、好意的にとらえれば彼がサーシェスの性格を知っての事だと言えますが、まだ本人かどうか確信して無い状況下であれをやるのはどう考えても頂けない。

イナクトの細かい武装は知りませんけど、簡単なバルカン位あるでしょうから、それで刹那を瞬殺し、最低限の損傷で機体を鹵獲する事は可能だったんじゃないかなと思うんですが。

ティエリアの言い方や態度はいちいち癪に障るものの、彼の言ってる事は極めて正しく、ロックオンに一発殴られ、ようやく出てきた言葉が「俺の存在そのものがガンダムマイスターの証だ」ってそれ何の答えにもなってねぇよ(;´Д`)

CBを牽制したテロで100人以上が死んだ事で憤り、待機命令を無視して行動しようとするところで今回は終わるわけですが、これもティエリアが言うように他者から見ればCBも同じ穴のムジナなわけで、実際に一般市民に死傷者を出している点では同罪なんですよ。

「悪意の満ちた世界」と人事のようにたそがれるのは結構ですが、CBだってその世界を構成する一要素である事を彼らは忘れてはいけない。

まぁCBサイドの人間全員がティエリアやおっぱいチャイナのように割り切った態度でいては物語としての面白みに欠けますが、ロックオンやスメラギのような組織の中堅に異なるスタンスを持たせるならば、それを単なる綺麗事や偽善的なものにならないよう演出していって貰いたいもんだと思います。

それを放棄してしまうとSEEDの三隻連合みたいになってしまいますから。イデオロギーも何もあったもんじゃない('A`)

しかしバーチェの戦闘シーン見ていて思ったのは、何で敵は近接戦に持ちこまずに離れたところで黙ってヌッ殺されるの待っているのかって事。

後方支援型で機動性の無さそうな機体が護衛も無しに単独行動してんだから、近接戦闘に持っていけば十分勝ち目あると思うんですけどね。

あとはおっぱいチャイナの知り合い?の従者の声が古谷 徹である事にようやく気付いた。確か古谷 徹ってアムロ以外の役で他のガンダム作品出るの固辞していたのを、今回ナレーションのみで承諾したって話だった聞いてたんですが、結局本編にも出てんじゃん(;´Д`)

ビデオカード交換 

ひと段落ついたので早速昨日届いたASUSのX1650XTに交換する事にしました。

まずインストールしていたOMEGA Driverを削除し、DriverCleanerで関連ファイルとレジストリ削除も行いシャットダウン。

新しいカードはファンレスでは無いので、PCI-Eスロット近辺との干渉が気になってたんですが、この点については問題有りませんでした。

通電後BIOSの画面が表示されOSまで上がってきたので一安心。最新のOMEGAを落としてインストールしたんですが、何故かDriverが正常に組み込まれません。何度か削除→クリーンインストールしたけど変わらず。

色々調べてると最新のOMEGAはインストーラに問題があって、特定のファイルがインスコされなかったらしいんですが、今上がってるのはそれをFixしたものらしい。落としたZIPにも確かにFixの名前が入ってたので修正版だったんだと思います。

このままじゃ先に進まないので、AMDのサイトから最新のCatalystを落としてこっちを入れてみたら何の問題も無くDriverが入って完了。どういう事かさっぱり分かりませんけど、入ったから良しとしますよ。

今度のカードはDual DVIなので、これを機にしまっていた19インチの液晶を復活させる事にしました。FP241WJにはテレビ、動画、ゲーム機の表示を担当させ、PCの作業を19インチ液晶でやる事で以前と同じスタイルに戻そうってわけです。

その為には壊れたテレビを処分して場所を空ける必要があります。たまに無料回収のトラックとか回ってますが、実際には無料で無いケースが多いようなので、近くのリサイクルショップに電話したところ3000円で回収するとの事。

近場なのですぐに引き取って貰えるメリットもありますし、この前外したビデオデッキも一緒に持ってって貰えるので、まぁ妥当な金額かなと思いお願いしました。

本当は地デジチューナーでも買えばいいんでしょうけど、今済んでるマンションだと自前でUHFアンテナ用意するか、CATVに加入してSTB経由で見るかの二択っぽいのでどっちにしても手間やコストがかかるのが考え物。

せっかくのフルHD液晶なんだからそれらしいコンテンツで使ってやりたいんですけどねぇ。まだ暫くは現状維持になりそうです。
PC関係  :  trackback 0   :  comment 0  : 

お祈り祭り 

転職サイトで応募してた会社から3社立て続けにお祈りキタコレorz

まぁそのうち1社は半月前に応募して何の返事も無く放置されてた所だったので、まぁ当然の結果かなと思います。ただ、そのメールの文章が「採用枠が埋まったので選考終了」ってのを見てカチンと来ましたね。

多分他の候補が選考進んでたのでその間キープされてたんだと思いますが、半月も待たせたんだから、嘘でも「慎重に選考を重ねた結果貴意に沿いかねる結果となりました」位言っとけよと。

ちなみに残りの2社は一昨日応募したばかりのとこだったんですが、すぐに答え出してくれた分有る意味清々しさすら感じましたよ。お祈りするならこの位テンポ良くやってくれ。

その後調整中だった一次面接の日程が確定し、更に昨日の二次面接通過の連絡もあったので取りあえず気落ちせずに済みましたよ。なお三次面接は部門のゼネラルマネージャ登場との事で、やっぱりまだ最終では無いっぽい。つかいい加減なげぇよ('A`)

何とか今月で決めたいのう(´・ω・`)
お仕事  :  trackback 0   :  comment 0  : 

二次面接行って来ました 

まだ人事は登場せず、部門のシニアマネージャ2名がお相手。まず退職理由の説明から始まり、その後は前職の職務経歴をかなり細かくヒアリングされました。

一人は私の話に対する食いつきが良かったんですが、もう一人の年配の方があまりやる気の無い感じで反応もあんまり芳しく無い。ようやく口を開いたかと思えば先に説明していた退職理由をちょっと曲解されたようで、ちょっと危険な流れになりかけました。

慌ててそこにはフォローを入れてポジティブ要素を強調しました。それ以外は特に聞かれた事に言葉が詰まるような事も無く、こちらの思いや考え方を十分に伝えられたと思います。

最後にはお二人から「考え方に芯が通っていてブレが無い」「時間が許せばもっと話をしていたかった」といった言葉を頂き、妙に持ち上げられた事が不安になる位、気持ちの良い面接になりました。

これでお祈りだったら本気で泣くと思う。

で気分良く家に帰ってメール見たら、書類選考で2週間以上かかってた1社からお祈りきてました。やっぱさぁ選考が1週間越えたらまずお祈りと思ってた方がいいって事じゃね?
お仕事  :  trackback 0   :  comment 0  : 

どうみても衝動買いです 

EAX1650XT

綺麗なパッケージだろ?
ビデオカードの箱なんだぜ、それ…。
嘘みたいだろ?

どうも上杉達也です。火曜にとある激安紹介系ブログを見ていたら、クレバリーでこのカードが10枚限定で8400円弱だったんですよ。通常は13000円弱位だそうで結構安値。

今使ってるのはRadeonX300SEっていう、多分最近のオンボードVGAにも負けるしょぼいカードなんですが、SC420を購入してPCI-Eスロット改造した際、当時動作確認が取れているRadeon系で一番安かったのでこれを買いました。

AGP時代は長らく愛用していたG400以降、Radeon8500LE、Radeon9700ProとずっとRadeonシリーズを使っていて、もう今更GeForce系に移行するのも腰が引けたんですよね。だから取り合えずX300SEでいいやと買って以来、その後2年以上このカードでした。

いつかはもうちょい今時のカードにしようとは思ってたんですが、何せ最近のRadeonシリーズはもう殆ど把握していません。ですからX1650XTがどの程度のものかは正直分かって無いんですけど、型番にXTがつくものはPROの下だったような気がするので実際の相場から見てもミドルクラスのカードだと思います。

CROSSFIREとか絶対使わないですし、そもそもSC420にこれ挿せるのか、また改造スロットで認識してくれるのかもさっぱり分かりません。ダメならマシンリニューアルする時まで眠ってて貰うしか無いですな。

うまく認識してくれたら3Dの重そうなエミュとか試してみたいな。それ以外は使い方変わらないでしょうけど(;´Д`)
PC関係  :  trackback 0   :  comment 0  : 

「ふぬああ」を試す 

PVR Plusでテレビを見るだけならほぼ問題無いんですが、やはり録画も試してみたい。そうなるとPVR PlusだとMPEG1/2/4やAVIしか対応してないのでHDDが厳しい。そこでフリーソフトの「ふぬああ」を試す事にしました。

いくつかのサイトを参考にさせて貰い、何とかDivXやWMVでのソフトウェアエンコードが出来るとこまで漕ぎ着けました。今までエンコードなんて全くしたこと無かったので、イマイチ勘所が分かってないんですけど、解像度を640x480、ビットレートは1.5M、音声をMP3で録画してみたところ、1分で10Mbyte程度のサイズのAVIが出来上がり画質はまぁそこそこ。

これなら30分の番組で300MB程度なので、ちょっと録画してみたいってレベルであればこれで十分かなと。

ただふぬああってどうやらプレビュー状態ではインターレース除去されないみたいで、Deinterlaceフィルタを導入して、ビデオフィルタ設定してあげれば対処可能らしい。

で早速regsvr32でaxファイルを登録して、ふぬああでビデオフィルタに登録しても「接続不可」となって映像が出てきません(´・ω・`)。やり方は多分この流れで合ってるようなんですけど、結局良く原因が分からず諦めました。

見るだけならPVR Plusの方が付属のリモコンで操作も出来ますしね。ただこのPVR Plusにも唯一難点があって、Subで副音声流してる映画で音声切り替えをすると何故かMainに戻ってこれません。普通はMain、Sub、Main+Subの3パターンを順に切り替えていくと思うんですが、何故か一度Subに変えるとSub、Main+Subしか選べなくなります。

KWORLDのサイトに行っていたら添付CDよりもバージョンの上がったものがアップされていたのでひとまずこれに入れ直してみました。History見てもそれっぽい修正は記載が無いのであんま関係無いと思いますが、明日以降テレ東のお昼の洋画あたりで確認してみよう、そんな時間に家にいる現実からは目を背けつつ。
PC関係  :  trackback 0   :  comment 0  : 

選考の温度差 

昼にエージェントから電話があって、月曜に応募した1社から早速面接依頼があったとの事。このエージェントと先方のリレーションが深いってのもありますけど、ニーズが合えばこうやって話はトントン拍子で進むんですよね。というわけで来週前半で入れて貰うよう依頼。

その後更新された転職サイトをチェックして2社応募しました。暫くして応募受付のメールが帰ってきたので一安心。というのも実は先月同じ転職サイトで応募したところで未だに何の返事も無いとこがあるんですよ。

これだと本当に応募が受け付けられたかすら怪しいし、かといってそれをメールで問い合わせるのもアレなんで放置したまんまにしてます。

2週間以上経ってますから、ここは無かったものと考えてますよ。ていうか今更連絡来てもこっちの気持ちもすっかり冷めてますので、志望動機だの熱く語る自身ありません('A`)。

ちなみに明日は別の会社の二次面接です。
お仕事  :  trackback 0   :  comment 0  : 

テレビチューナーカード購入 

ワンセグでテレビは見られるものの、3インチのちっこい画面を常用するのはやはり無理がありすぎます。壊れたテレビは以前沈黙を守っています。かと言って今はまだでかい液晶テレビ買う気にはなりませんし、仕方無いのでPC用のテレビチューナーを買う事にしました。

色々調べた感じでは玄人志向のカードが3000円台でそこそこの性能のがあるようなんですけど、Webショップはどこも取り寄せで時間がかかるようです。

秋葉に行けばどこかで売ってそうな気はするんですけど、ショップ巡りするのもマンドクセ('A`)。昔なら間違いなくこっちのルート選んだんですけどね、さすがにあの頃の無駄な元気を今は持ち合わせていません。

というわけで取りあえず近場のビックに行って、一番安いやつを買う事にしました。

残念ながら玄人のチューナーカードはやっぱり売ってなかったんですが、バッファローのカードと。KWORLDという会社のVS-TV7131PVRってのが4980円で同額。後者のはチップにPhilipsの7131を使っていて、一応しょっぱいリモコンとFMラジオ機能も有るようなのでこれにしました。

家に帰って調べた感じだと、このカードが最初買おうと考えてた玄人のOEM元っぽい。相場より1000円位高くついたけど、買いたい時にすぐ入手出来たわけだし、どうやら結果オーライだったようです。

増設は特に問題無かったんですが、サウンドカードのLINE入力に結線してるにも関わらず音が出ません。どうやらS/PDIFの音声出力がLINE入力された音を出さない設定になっていたようで、これを全部出力する設定に変えたところ音が出て一安心。

内蔵タイプだと当然ながらPCを起動しないとテレビが見られないので、単独で動作するチューナーを買おうかちょっと迷ったんですよね。でも電源や場所が別に必要になるし、値段が1万近くするのもあって結局止めました。

いずれはでかいフルHDの液晶テレビを買うわけだし、それまでのつなぎに極力金はかけたくなかったってのもあるんですよね。自分でもセコイなとは思いますけど(;´Д`)

何だかんだで自分の場合、テレビはPC使ってる時のながら見が多いので、PC内蔵でもまぁ何とかなるかな。

嘘だと言ってよバーニィ 

朝起きて取りあえずテレビを付けたんですが、勝手に電源が落ちる症状が発生。気のせいかと思って再度電源を入れるとまた1分もしないうちに同じ症状に。接触不良かと思ってコンセントの抜き差しや電源取る場所変えても変わらず、そのうち電源を入れてもすぐ電源が落ちるようになってしまいました。

認めたくないものだな、テレビが壊れたという事を。

ていうかあと少しで十年選手だったんですよ、このテレビ。何故もう少し粘れないのか。

しかしテレビが無いと妙に静かで落ち着きません。仕方無いので携帯のワンセグを使おうと手にしたところで、例のキープ君になってたとこのエージェントから電話があり、結果は予想通り見送りでした('A`)。技術や人柄は問題無かったが、業務知識にあまり明るくなかった為見送った、他候補者との比較では無いとの事。

基盤やってる人間に詳細な業務知識求められてもなぁって感じなんですけど、それだけ先方が求めていたのが何でも出来るスーパーマンだったって事なんでしょう。

まぁ正直なところ面接で聞いた話では相当な激務が予想され、この会社で仕事をしている自分の姿がどうにも想像出来なかった事もあって、前回のお祈りに比べるとそれ程ショックは大きくありませんでした。最終ではなく一次だった事もあるでしょうけどね。

このエージェントとはこの案件がダメだった場合、もう1社選考進める段取りをつけていたので、早速その話を進めるよう依頼して電話終了。

その後昼過ぎにもう1社の結果について別のエージェントから電話があり、何とかこっちは二次面接に進める事になりました。まだ人事が出てこないので次では終わりません。今のところここが本命になるので、何とかここで決めたいところ。これがダメだった場合、スケジュール的に今年中の転職は無理でしょうし。

しかし書類選考してる筈の会社からは一向に連絡が来ませんよ。ダメならダメでいい加減連絡寄越せよヽ(`Д´)ノ

CLANNAD 第06話 「姉と妹の創立者祭」 

早苗さん打たれ弱すぎ。ていうかもっとやっちゃってください。

「ヒトデ使い風子」って・・・随分尺取ってやったなぁ。こういう遊びのシーンで手を抜かないのが京アニクオリティなんだろうか。

しかし風子の夢に出てきた朋也キモすぎ。何気にビキニパンツのヒトデもあれだけど、どうして浜辺で黒タイツ着用なのか。そしてドサクサ紛れに「岡崎最高!」。ヒトデ祭り生茶噴いた。

今回は風子のファンクラブまで出来て応援者が増えたり、三井さんと和解したりといい事尽くめでしたけど、結局これって全部次回への布石なんですよね。朧気に残ってる原作の記憶では次回は結構重くなる筈。ONEみたいな記憶に纏わる展開は見ていてかなりキツイですよね。

しかし風子と渚が杏や椋と喫茶店で一緒にウェイトレスやるのはアニメ独自のアレンジかな?。原作の創立祭の記憶って智代の気ぐるみぐらいしか無いんですが。

まぁそれだけ智代に思い入れ強かったのかもしれないですね。

それはともかく今回は「鼻からジュースを飲ませる」「別な場所に置いてくる」を極めたので、あと残ってるのは「抱いている彫刻をすり替える」と「鼻をつまむ」位かな。次回で「風子使い」にはなりそうな予感。

で、最後の公子と風子の対面のシーンなんですけど、公子が風子の立っている所を見遣った瞬間タンポポが映りましたよね。

多分あれってその前に朋也、渚、風子が3人で休憩していた場所に咲いていたタンポポだと思うんですけど、あのシーンでそれを再登場させる事で、彼女が目の前に居る筈の風子を見ていないって事を公子の言葉だけでなく映像的にも表現したんでしょう。

こういうのが少ない止め絵と文章のみで綴られる原作には無い表現方法なんだなと、強く印象に残りました。

次回で風子編は終わりかな?

機動戦士ガンダム00 第06話 「セブンソード」 

今回スメラギさんの乳しか印象に残らなかった者、先生怒らないから素直に手を挙げなさい。

('A`)ノシ

デュナメスの追加シールド見てると、何だかWのガンダムデスサイズヘルっぽい印象に変わったなと。今回のガンダムの中ではデュナメスが比較的好みのデザインなんで、この追加装甲は悪くないなと思いますよ。

今回のモラリアとAEUの駆け引き云々は、刹那のレジスタンス時代の恩師?と再会させる為のイベントだったって事のようですね。この展開も結局フルメタの二番煎じに見えて仕方無いんだよなぁ。宗助とカリーニンもしくは宗助とガウルンって構図を彷彿とさせるわけで。

しかし何と言ってもスメラギさんの乳以外の見所と言えばコーラサワー復活祭でしょう。再登場したかと思ったら期待通りあっという間に撃墜ktkrヽ(゚∀゚)ノ

イィーーーヤッハァー!!さすがコーラサワー!ガンダムマイスターには出来ない事を平然とやってのけるッ! そこにシビれる!あこがれるゥ!

彼が物語後半に強化人間化される展開になったら00を神認定。

あ、ユニオンのうえだゆうじポニテ男とスメラギさんがあの後どうなったか知ってる人が居たら教えて下さい。勿論性的な意味で。

過換気症候群? 

土曜日恒例の洗濯&掃除を済ませた後、昨日連絡の来ていた会社の履歴書に書く志望動機に四苦八苦。何とか内容が固まったので印刷して写真を貼り付け、自筆の送付状を添えて封筒の準備もOK。

その後部屋のエアロバイクで汗を流した後、湯を張って風呂に入ったんですが、そこで今までに経験した事の無い状態に陥りました。

この時湯は42度に設定していましたが、保温状態にはしていなかったのでぬるま湯状態。軽く浸かってから上がって体を洗おうとしたところで、妙に息苦しく動悸が強くなりました。最初のぼせたのかと思ったんですが、そうこうしているうちに今度は両手が硬直してきました。

何かをグッと強く握ったままの状態にした後、指が動かなくなる状態ってあるじゃないですか。あれが手首から先全体に波及したような感じで、両手首が強く内側に向いて指が伸び切り固まって動きません。

息苦しさと動悸も一向に治まらずパニック状態。座った姿勢がきつく狭い浴室に横になっても状況は変わらないし、無理やりシャワーを捻ってお湯や冷水を動かない両手にかけても全然ダメ。

このまま浴室に居るとまずいと感じ、裸でびしょ濡れのまま居間のベッドに転げ込んで暫く横になっていたところ、数分して呼吸が落ち着き始め、固まっていた手も少し動かせるようになりました。

何だかさっぱり分かりませんが、どうやら症状は回復したようです。このままでは風邪をひいてしまうので、もう一度浴室戻って風呂に入り直しました。手首に強い負荷がかかっていたからだと思うんですが、力を入れようとすると手の震えが止まりません。これはボーリングした後の筋肉痛と同じ状況なんでしょう。

ひと段落ついた後、先ほどの症状を確認する為にWebで調べてみたんですが、多分これって過換気症候群だったんじゃないかと思います。

Wikipediaによると「精神的な不安によって過呼吸になり、その結果、手足や唇の痺れや動悸、目眩等の症状が引き起こされる心身症の一つである。」とあって、かなり症状が近い感じがします。

ただ湯船に浸かってリラックスしている時に過呼吸になるってのも何だかおかしな感じなんですが、転職活動が思うように進んでいない今の状況が深層心理で不安感を増加させ、今回の状況につながった可能性も有るのかなと。

前も書いたんですけど緊張が高まると吐き気が強くなったり下痢になったりと自律神経系で弱いところがあるのは自覚しているので、今回のはそれと関係しているのかもしれません。

再発するようなら心療内科でも行った方がいいのかもしれませんが、とりあえず様子見する事にします。あとこれは今に始まった事じゃないんですが、夜型の生活を改善する事を真剣に考える事にしました。交感神経と副交感神経のバランス維持にはかなり重要みたいだし、無職の今だからこそ出来る事なんだと思います。

あーでもほんとびっくりしましたよ(;´Д`)

焦り 

今日の時点で先週進めていた書類選考も一次面接も結果が出ていません。転職活動始めて思ったんですけど、書類選考で待たされるのが一番イライラしますね。

ダメならダメでとっとと切って欲しいんですが、結果が来ないでずるずる先延ばしされる状況が一番ストレスが溜まります。

そんなわけで今週は面接の予定が全く有りません。どうにも落ち着かなくなって、今まで届いたエージェントのスカウトメールで未対応だった中から、自分の希望業界に強そうなところの面談予定を入れました。

で早速今日行ってきたんですが、古ぼけたマンションの一室でやってるとこでした。面談場所も単にパーティションで区切られただけで、他の人に話が筒抜け(;´Д`)。

一番参ったのは、席について早々一方的に求人を見せられそこで会話が止まってしまった事。おいおいこれ面談じゃないの?。確かに最終的に見たいのは求人なんだけど、その前にもう少しこっちのヒアリングとかするだろ普通は。求人見せてお終いだったらメールで済む話なんだから、足を運んだ人間に対してもっとそこでしか出来ない事しないんだろうか。

連絡してきたのがその紹介会社の筆頭だったので、もうちょい身の有る話が聞けるかと思って期待してたんですけど、見せられた求人にしても既に知っているものばかりで、完全に無駄骨でした('A`)。

ぐんにょりして家に帰ったらそのエージェントからメールが来ていて、とある会社で私向けの案件があるのでご紹介します、との事。その会社は全然業界が違い本来そのエージェントで扱わない案件の筈なんですが、非常に有名なところなんで内容を確認しようと思ったんですけど、肝心の求人票が添付されてません。

なにこのじらしプレイ

これで内容分かったらエスパーだろ。求人見せろってメールしたんですけどその後音沙汰無し('A`)。こりゃ来週までお預けだな。あんま期待しないでおこう。

あ、それと一昨日転職サイトで応募してたとこから書類選考に進むので履歴書・職務経歴書キボンヌってメールきてますたヽ(゚∀゚)ノ
お仕事  :  trackback 0   :  comment 0  : 

またキープ君かよ 

夜になってエージェントから先週水曜に一次面接したところについて電話連絡有り。

先方が「もう少し選考に時間が欲しい」と言ってきたとの事で。今日で1週間経過しているわけで、それでも答えが出ないって事は、まぁどうみても他候補者の面接待ちって感じでしょう。

エージェントは「今週いっぱいには答えが出ると思いますよ」と言ってましたけど、キープ君ならあと1週間待ち確定じゃないかなぁ。今週にはこの会社の二次面接があると思ってたんですが長期戦になりそうな予感。

どうにも落ち着かないので、また転職サイト経由で異業界の同職種に応募してみました。ただこの会社、Web応募を通過した後に改めて履歴書・職務経歴書送って書類選考するみたいなんですよ。

でも私のWebレジュメは職務経歴書の転記なので、改めて書類送っても内容同じなんですけどねぇ。二重の書類選考プロセスがあるだけに、ここも選考にはかなり時間かかりそうな予感。

まぁ私は募集年齢を上回っているのでWeb審査で終了って可能性も高いんですが、未経験者OKのとこなんで、経験者である点が少しでもアドバンテージになると信じて待つ事にします。

書類選考進める人間にしか連絡して来ないのがきついとこなんですが('A`)
お仕事  :  trackback 0   :  comment 0  : 

CLANNAD 第05話 「彫刻のある風景」 

風子の素性を確認する為に公子のところに行く朋也と渚。公子から関係を問われた二人のやりとりは見ていて微笑ましいんですけど、二人のこの先を考えると見ていて逆に辛い部分ありますね。

ていうかとっとと風子の入院してる病院訪ねればはっきりする筈なんですけど、これ原作ではどうしてたかなぁ?。そんなこんなで前半が終わった後、後半は見事なまでの風子祭りでした。つかテンション高杉。

しかし見ていて思ったのは、椋はメインのシナリオではあまりパッとしないのに、他のキャラと絡ませると光るキャラだなって事。原作プレイした時は圧倒的に杏派だったんですけど、アニメ見てると椋に結構グっとくるから困る(*´Д`)

そんな明るい流れも三井さん登場で一気にブルーに。まぁこのやりとりがあるからこそ最後の盛り上がりにつながるんですが、まぁ見ていて重い重い。ちなみにこの人の声ってダイバスターのゆりっぺの人ですよね。鼻にかかった感じの声がまんまだ。

落ち込んでる風子を励ます為に休みの学校で特別授業。早苗が先生役を買って出るわけですが、あの声で先生やられると「おねがいティーチャー」を思い出しますな。

ちなみにこの場面と冒頭の公子のところで例の「光の玉」が出てくるんですけど、確かこれって原作では関係キャラのED後に登場していたましたよね。それと比べるとちょっと演出方法が違ってるわけですが、こういうところはアニメーションならではって感じしますね。

次回予告見た限りでは風子編は次回で終わりそうな感じなんですが、風子使いへの道のりに必要な他の悪戯「話している相手をすり替える」「どこかに置いていく」「抱いている彫刻をすり替える」のどれを朋也がやってくれるのかを期待したいと思います。

しかし次は誰がクローズアップされるんだろう。

機動戦士ガンダム00 第05話 「限界離脱領域」 

今回は人革連の新型MSテスト監視の筈が、その監視対象の暴走によって予想外の人命救助作戦に変わってしまいました、とまぁそんな話。

例の超人用ティエレンmk-II?はどうみてもシャアザクです、本当にありがとうございました。まぁ赤というよりピンクという趣味の悪い色合いでしたけども。

今回のメインだったアレルヤは、どうやらハレルヤという名の粗暴な人格を内包する二重人格者であるらしい。入れ替わると髪の分け目が変わる細かい演出付きで。

ゼータの強化人間のように擬似人格を刷り込んだというわけでは無く、何らかの経緯で実在する人間の人格を取り込んだようにも見えるけど、まぁこの辺はこの先明らかになるでしょう。

軌道ステーションの一部が地球に落ちそうになるのをMSで押し返そうとするあたりは、逆襲のシャアでアクシズ落としを防ごうとしたあのラストのオマージュってとこでしょうか。

しかしセルゲイ中佐は、例の超人が暴走して撃ちまくってる時にもっと効果的な止め方出来なかったんでしょうか。羽交い絞めでなく体当たりするとか、最悪腕をブっ飛ばす位出来たと思うんですけど。

まぁ超人を人為的に作り上げた事に嫌悪感を露にしたり、アレルヤを見逃す義理堅さがあったりと非常に人間臭く、また今作唯一のオッサンキャラって事で個人的には好きなんですけが、あの調子だとこの先ソレスタルビーイングとの戦闘で超人を庇って死亡フラグ立ちまくりなんですが(;´Д`)。

一次面接その2 

というわけで2社目の一次面接に行ってきました。やっぱり面接官外人でしたよ。しかも二人。俺涙目\(^o^)/

ただ幸いにも日本語が達者な人で、面接は日本語でのやり取りだったんですが、正直こっちの言っている事がどれだけ伝わったかは微妙。大学の専攻を聞かれ「法律」って言ったら、法律って言葉の意味が分からないみたいで、「law」と言い直してもピンと来ない様子。私の発音ダメなのかなぁ(;´Д`)。

まぁその後は技術的な話に終始していたので、一応会話は成立していたと思いますけどね。後半は基礎知識を問う質問が続いて、それらには無難に答えたんですけど、「Active DirectoryのFSMOのロールを全部言え」ってのには参りましたよ。5つあるのは覚えてたんですけど、2つしか出てきませんでしたorz

つーかさぁ、そもそもFSMOなんて日常的に毎日見るもんじゃねーだろ。そんなMCP的な質問されてもすぐ出ねっつの('A`)。そしたら面接官が私の言えなかったのを得意げに列挙するわけですよ。微妙にイラっときました(^ω^#)。

システムについて聞いた限りは自分がこれまで扱ってきたものとかなり被ってるし、誰もが知ってる大手企業なので、次に進めればいいなとは思いましたけど、彼が上司になるかと思うとちょっと気疲れしそうな感じ。

彼の説明では三次面接までありそうな感じなんで、ここを本命にした場合かなり長丁場の選考になりそうですなぁ。

ちなみに今日面接した会社は、以前一緒に仕事をした会社経由での紹介だったんですよ。で面接の後、その会社でボーリング大会やるから来ないかと言われ、飛び入りで参加してきました。

結果は個人戦で2位。その後三次会まで参加して、家に着いたのは朝方の5時過ぎでした。普段はここまで付き合う事少ないんですけど、ここのところ人と話すのは面接以外有りませんでしたし、くだけてバカ騒ぎしたかったんでしょうね。転職活動で溜まってたストレスを多いに発散出来て楽しかったです。

また来週から頑張ろう。
お仕事  :  trackback 0   :  comment 0  :