FC2ブログ

総帥Diary - 徒然なるままに -

12 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

FC2カウンター

プロフィール

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

GoogleAdSense

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

ブログ内検索

久し振りの内田康夫 

内田康夫作品

今日は会社帰りにふらっと古本屋に寄ったんですが、そこで内田康夫作品をいくつか見かけたので思わずまとめ買いしちゃいました。

うちは家族ぐるみでアサミストなもんで、実家の本棚にはこれまで読んできた彼の作品が山ほどあるんですけど、ここ数年他の作家に浮気?してたもんで暫く読んで無かったんですよね。

今は「千里眼 美由紀の正体」を読み始めたばかりなんですが、これが片付いたら久し振りに旅情ミステリーの世界に浸りたいと思います。
小説  :  trackback 0   :  comment 0  : 

小説版パトレイバー全巻 読了 

パトレイバー文庫全巻

昨年からちまちま読み進めていた富士見ファンタジア文庫のパトレイバー全7巻を読み終わりました。

風速40メートル
第1巻は香貫花が第2小隊を去る間際のエピソード「アクセス」と、劇場版1作目のノベライズである「風速40メートル」の二部構成で、著者は脚本家の伊藤和典。確かドラゴンマガジン創刊号から「アクセス」は連載していたんじゃなかったかなぁ。

「アクセス」に登場する自作レイバーは、その後TV版で前特車2課長だった祖父江が後藤への復讐で使ったレイバーXにそのデザインが引き継がれています。祖父江はもともと初期OVA版の際の課長だったんですよね。

「風速40メートル」は劇場版にほぼ忠実に沿っており、追加されていたのは消防レイバーの暴走エピソード程度でした。

シンタックス・エラー
2巻から著者が脚本家の横手美智子に変わります。TV版パトレイバーで良く名前を見かける人だと思ってましたが、実際に12話「太田、惑いの午後」が脚本家デビューだったようです。

熊耳 武緒が第2小隊に赴任する直前のエピソードを描いた「シンタックス・エラー」と、遊馬と父親の確執の真相に迫る「父の息子」の二部構成。

「シンタックス・エラー」は初期OVA「Lの悲劇」に登場した後藤の姪が再登場し、彼女の早とちりから振り回される野明達のドタバタ劇って感じなんですが、「父の息子」の方は結構重い話。

遊馬が父親と反発しているのは有名な設定ですが、それを深掘りしたのが今作になります。新OVA16話で遊馬が兄の墓参りに野明を連れて行くエピソードがありますが、それをもっと膨らましたのが今作って事ですね。重いけど、いいお話でした。

サード・ミッション
熊耳 武緒の香港赴任時代を描いた「香港小夜曲」と、めずらしくひろみが主役の「サード・ミッション」。ひろみちゃんには申し訳ないけど、今作のメインは間違いなく「香港小夜曲」ですね。

内海と熊耳が香港で出会い恋仲になっていた事は本編でも語られていましたが、どういう経緯でそうなったのかってのは不明でしたので、非常に興味深いエピソードだったと言えます。最後には黒崎君も登場してました。

ブラック・ジャック
横手版パトレイバーの最後を飾るのが前後編の「ブラック・ジャック」。今作の主人公は後藤隊長で、彼が過去に公安に所属していた事や結婚していた事など、これまで全く描かれる事の無かった過去が明らかになります。

前後編という事で長いお話ではあるんですが、イマイチすっきりしない最後だったかなってのが正直な感想。後藤も一人の人間だったんだって事はこの話から強く伝わってきましたけどね。

TOKYO WAR
こちらも前後編になる劇場版2のノベライズで、著者は何と監督の押井守です。

セリフまわりも含め基本は劇場版に忠実な展開なんですが、「風速40メートル」に比べると結構追加シーンやアレンジがかかっています。

・八王子の篠原重工に出向している遊馬が食券賭博の胴元になっている。
・新宿で開かれた旧第2小隊の同窓会。
・新橋の立ち食い蕎麦屋での荒川と後藤の密会。
・飛行船内に監禁された松井。
・銭湯に浸かる榊の元に集結する整備班達。
・太田が最後の作戦前に親と香貫花に遺書を宛てていた。

立ち食い蕎麦は押井さんの趣味丸出しな感じですね。立喰師列伝は見た事無いですけど。

太田が香貫花に遺書を託してたのがちょっと意外だった。まぁ一時はバックアップだったし、暴走警官って意味では同じベクトル向いてたから、男女云々より同士に対して言葉を残すって感じだったのかもしれませんね。

もっとクセのある文章になるかなと予想してたんですけど、思ってよりは普通でした。劇場版2のDVDを見直したくなりました。
小説  :  trackback 0   :  comment 0  : 

CLANNAD 第15話 「困った問題」 

あら、普通にことみいますやん。やっぱり留学は止めたんですね。

ていうか夏服に変わってるので前話から結構時間経過したって事なのかな。

今回は演劇部創設に関する顧問の問題、春原と妹の話、朋也と智代と盛り沢山で、ことみの話が終わったと思ったら何だか急に駆け足でいろいろ詰め込んでる感じは否めません。

基本は渚のエピソードに沿う形で春原をクローズアップする感じなのかなと思いますが、どうもあれこれ欲張りすぎる気がします。

とはいえこれまでのペースでは4クールでもAFTERまで全部片付けるのは到底無理な気がしますし、この展開も致し方無いのでしょうか。

柔道部の勧誘に困ってたところにまた風子が出てきましたけど、前回以上に何の役にも立たずに終了。もう風子は出オチ専門ということでもっとやってください。

今回見ていて細かいなぁと思ったのは、渚に脅迫状を出した杉坂を呼び出して話をしていたシーン。杉坂に苛立ちを露にした春原が、彼女の足元に飲んでたジュースの紙パックを投げつけるんですが、その時彼女の靴下に飛沫が付いて染みになってるんですよ。

さりげない描写なんですけど、何だか妙なリアリティみたいなものを感じて印象的でした。こういうので手を抜かないのが京アニなんだよなぁ。

機動戦士ガンダム00 第16話 「トリニティ」 

なんだ今回はトリニティ達の顔見せ興行という名の総集編か。

トリニティ達やスローネの情報はヴェーダや監視者達も持って居ないって話なんで、CBとは異なる起源の存在って事なんでしょう。

だから今回彼らが介入したのは、マイスターズの救出などという甘っちょろい話では無く、単に彼らの思惑でミッションをこなしただけと。

何故か一緒に監視者達の回想に参加していたトリニティ達ですけど、彼らのマイスターズに対する突っ込みはいちいち尤もで、有る意味私たち視聴者目線と言えるでしょう。もっと言ってやれ。

ただその中で気になったのは、CBが緊急時以外敵パイロットを殺さない不殺主義を取っているって指摘をしていた事。少なくともここまで見ている限りそんな素振りは全く見えないんですけど。

そうか毎回緊急なんだな。

しかしネーナはともかく、ヨハンとミハエルのデザインはもうちっと何とかならんかったのか。どう見てもアレルヤとコーラサワーにしか見えないんですけど(;´Д`)

やっぱりね 

今週は殆どの時間を本社や外部拠点のサーバルーム片付けに費やしました。

片付けと言ってもサーバ構築後に放置していたゴミ処理がメインなんですが、ひたすら資料見ているよりは気も紛れるってもんです。それに一緒に片付けしたチームの人ともそれなりに親交が深まりましたしね。

で、拠点からの帰りに今何をしているのかって話になって、ひたすら資料読んでる事を伝えると、「このチームは2ヶ月位放置を覚悟した方がいい」と言われましたよ。

その人は自分以外では一番直近に入った人なんですが、この人も入った時はそんな感じだったらしい。各システムへのアクセス権限が貰えるまでにもかなり時間かかったとか。

まだどのサーバがどのシステムとリンクしているのか把握出来てない状況ですが、なんにせよ権限が無きゃ全く仕事にならないのが私の仕事なんで、この話聞いて「あぁやっぱりそうか」って思いと共に憂鬱がこみ上げて来ました。

この調子だとまだまだ資料とにらめっこの日々が続きそう。ただねぇせめて「この資料は見ておいて」的な情報開示はしてくれよと言いたい。

既にリプレースされたものや廃棄されたものだってあるでしょうし、下手したら意味の無い資料見てる可能性だって出てくるわけですよ。そういう事までこっちであれこれ聞いてまわらなあかんのか・・・?

夜は例の入社研修を受けてた面子と親睦会。やっぱ入社時期が近い中途入社だと連帯感も深まりますし、年齢はマチマチのメンバーなんですが気を使う必要が無い分盛り上がりました。こういうつながりは大切にしていきたいもんですね。
お仕事  :  trackback 0   :  comment 0  : 

早番はつらいよ 

今日は早番の人が行っている作業を把握する為、自主的に早出をしました。7時台の出社はさすがにきつい。

運用部隊が24時間体制で稼動しているのに、何でこっちのチームが朝の稼動チェックをするのかどうにも理解出来ないんですが、それだけ運用に関する責任範囲や作業分担がグレーなんでしょう。

早番の次の日は遅番にしてくれって言いたいとこなんですけど、まず早番は週単位での担当になるのと現時点では遅番が存在しない為、そういったローテは期待出来ないんだとか。

今は権限の関係でローテに入ってませんけど、そのうち自分もやる事になると思うと結構憂鬱('A`)
お仕事  :  trackback 0   :  comment 0  : 

越えられない壁 

先週に引き続き社内研修が続いてます。

研修は今月入社の数名と共に受けてまして、その関係でここ数日彼らと行動を共にしているんですが、みんな基本的にリア充なんですよ。

昨日も昼飯食べてる時に週末何をしていたかって話になって、スポーツサークルでボードしてきただのサーフィンだので盛り上がってるわけですよ。その一方こっちは爆睡、家事、録り溜めアニメ鑑賞で終了ですからね。

ぶっちゃけるわけにもいかんので適当に相槌打ってごまかしましたけど、仕事ネタや世間話が尽きたら彼らと何を話せば良いものか。差し障りの無いネタをストックしておかないといかんのう。

チームの人達もあまりオタ要素は無さそうなんで、ここは腹をくくって仮面生活に徹するしか無さそう。

まぁあまりコテコテなのが居ても困るんですけど、リア充ばっかりってのも正直しんどいですよ。
お仕事  :  trackback 0   :  comment 0  : 

CLANNAD 第14話 「Theory of Everything」 

ことみ編、堂々の完結。

ぬいぐるみの入ったアタッシュケースがあの短い文章だけで、世界を巡って帰ってくるものかって話は有りますけど、そういうの推測するのは野暮ってもんでしょうな。

しかし何だかんだ言ってもあのBGMが流れると目頭が熱くなってしまうのは、最早反則と言わざるを得ない。

ことみの為に一生懸命だった朋也、そんな朋也の事をずっと覚えていたことみ。普通に考えればそんな二人の間には友達以上の感情があった筈なんだけど、そういう流れに持っていけないのが辛いところ。

だからてっきり留学して朋也の前から居なくなるかと思ったんですけど、バイオリンの修理が終わってもまだ家に居たって事は、取り止めにしたって事なのかなぁ。

次は春原と妹の話って話をどこかで見たんですけど、予告だけだとそういう感じには見えませんね。かと言って誰か他のヒロインの話に入っているようにも見えないし、うーんどんな展開になるんだろ。

機動戦士ガンダム00 第15話 「折れた翼」 

3陣営の怒涛の物量攻撃に大ピンチのマイスターズ。そこに現れた新たなるガンダム。彼らは敵か味方か?待て次号!!

って感じで終わった今回。途中「GNアームズさえ使えれば」ってセリフが有りましたが、強化武装みたいなのがこの後出てくるって事なんですかね。いかにも思わせぶりな感じ。

今回不自然に感じたのは、これまでの展開から行けば今回のようなピンチにこそ、ハレルヤのバーサークや、刹那の覚醒(?)、ナドレ御開陳といった奥の手が出そうなものなのに、何故か今回それらは一切無かったって事。

SEEDでは基地の名前だったアラスカのジョシュアさんは早速撃沈。早い、余りにも早すぎるよジョシュアさん。折角のツンデレキャラがもう退場とは勿体無い。デレがあったのかすら分からないまま退場。

まぁ今回はコーラサワーに放送開始以来の最長の出番があったのでもうそれだけで満足ですよ。早くコナンに男にして貰って下さい。

しかしヴェーダとスメラギさんの戦場予測はどこまで先を見ていたんでしょうか。テロを餌にガンダム鹵獲作戦が展開される事は既知の話なわけで、だったらそれに見合った戦略を立てて臨んでいる筈なんですけど、今回を見る限りその片鱗は全く見られません。

スローネの登場も予定の内って事なんだろうか。あの禍々しいGN粒子を見る限りどうみても救いの神には見えないですけど(;´Д`)。

様子見かな 

今週は健康診断や社内研修でほぼ終わり。内容は社内規定や組織説明中心のごった煮なんですが、中途相手にここまでやってくれるのは結構珍しいかも。

部全体の教育が充実している一方、配属されたチームについては殆ど放置状態。まぁ社内研修はまだ来週も続くので、今後の業務に関する話はその辺が片付いてからって考えなんだと思い・・・たいですけど、何となくそういう感じには見えないのが不安要素('A`)

ひとまずイントラだの共有フォルダを覗いて関係しそうな情報手当たり次第見てますけど。

で今日は部全体の新年会だったんですが、入社初日に出席出来るか聞かれて、さすがに断るわけにもいかず参加したんですよ。そしたらしっかり金取られるわ、チームの人は殆ど欠席してるわで散々でした。

なんつーか「新年会出ます?」くらい事前に声かけてくれても良いと思うんですがね。金曜がカジュアルって話も結局他のチームの人から教えて貰って知ったりしてますし。

そういう話も含めて自分から積極的に声かけていけって事なのかもしれませんけど、その程度の話はしてくれてもいいのにと思うのは甘い考えなんでしょうか。少なくとも前職ではそういう情報はこっちから社交辞令の一環で話かけてましたけど。

まだ数日なんで断定的な判断は早計だと思いますが、基本的にコミュニケーションは最低限に留め、自分のメリットにならない事に手はかけない人達なのかなってのが正直な印象。

まぁ私もウェットなのは好みじゃないので、個人主義は大いに結構なんですが、こういうチームは新参が溶け込むのが非常に厳しい。

早く自分の立ち位置を固めたいところですが、ここは焦らずじっくり様子見ってのが賢い判断なのかなぁ。
お仕事  :  trackback 0   :  comment 0  : 

初出社 

朝が早いので昨晩早めに寝たのに案の定寝付けず、物凄い寝不足で初出社の日を迎えました。もうすんげぇ目しょぼしょぼ。

午前中は入社関連の儀式や説明で終わり、昼前に所属部署に配属。

で早速チームの人達と顔合わせをしたんですが、何とそこに前の会社で数年前に一緒に仕事をした協力会社の人が居たんですよ。いやはや何と言う偶然なんでしょうか。やっぱりこの業界(というか仕事)は狭い。

新しい環境で見知らぬ人達とうまくやっていけるか正直不安だったんですが、この人が居てくれたお陰で、比較的打ち解けた感じでチームの人達と接する事が出来たと思います。

明日からは数日かけて部門に関する研修プログラムが用意されています。実務に入るのはその辺が一通り終わってからって感じになりそうですね。とか言いながら早速サーバルームを見て回ったり、そこで構築作業の補助したりもしてますけども。

しかし朝の早さに慣れるには相当時間かかりそうです。腑抜けた生活をしていただけに余計辛いっす。
お仕事  :  trackback 0   :  comment 0  : 

ゲームセンターCX 生放送SP 

クリスマスイブに生放送でやっていたゲームセンターCXを見ました。

前回断念したカイの冒険98面?100面を生放送で挑戦する企画で、当初は3時間の設定だったんですが、当然課長がそんな簡単にクリア出来る筈も無く、結局9時間の長丁場とあいなりました。

9時間のうち実に8時間以上を98面に費やしており、いい加減見ていてじれてきて自分もちょっと98面をやってみる事にしました。

で実際にプレイしてみると確かにこりゃ難しい。やはり肝は2段目の戻りですね。天井に頭をぶつけて落ちる場所を平地の一番手前ってパターンを繰り返さないと、どうやっても向かって来る火を避けられない。

さすがに私は8時間もかかりませんでしたけど、それでも何だかんだで1時間近く98面やってたんじゃないかなぁ。課長の苦労が伺い知れましたよ(;´Д`)

でようやく抜けたと思ったら見事に3段目のにょろにょろに激突。これで心が折れない人ってどれだけ居るんだろ。

こうして無職最後の日は終わってしまいました。あぁ?社会出たくねぇ('A`)
ゲーム  :  trackback 0   :  comment 0  : 

機動戦士ガンダム00 第14話 「決意の朝」 

2クール目に突入してOP&EDも変わりました。新しいOPがthe brilliant greenだったのはCM見るまで気付きませんでしたけど。

で、OPでは例のガンダムスローネ3機もお目見えしました。さすがにパイロットまでは出てきませんでしたけど、やっぱあいつらは敵対するんでしょうかね。

ユニオンの大統領達が「プロジェクトG」とか言っていたので、一瞬ガンダムスローネの事でも言っているのかと思いましたけど、これは今回のガンダム鹵獲大連合を指していた模様。

しかし今回は笑い所が色々ありました。ガンダム調査隊に12機の精鋭が転属し、隊の名前も「オーバーフラッグス」に変更。ていうか主戦力であるMSの精鋭達をあんなに1箇所に纏めちゃって大丈夫なのかユニオンは(;´Д`)。

しかし12機は多杉だろ。いっそのこと隊の名前を「ブラザー・プリンス ?隊長大好き♥?」にでも変えればいいのにと思った。突然現れた12人の部下と昇進したばかりの隊長との目くるめく日々を描く作品。余所見をしてると後ろからズドンだぜ。

AEUには我らが英雄コーラサワー降臨。あのまま1クールでフェードアウトするんじゃないかと心配されましたが、続投のようで安心しました。

どこかの主人公のように二度も殴られましたけど、相手が女上官となると反応も違うようで、実にいい笑顔で敬礼してました。特に一発目の殴られ方がうすた京介っぽいのが良かった。効果音は「ヘナップ!」。

最後が刹那。すっかりアザディスタンの姫様にご執心らしく、思い余ってガンダム使って夜這いをかける始末。ていうかガンダムがGN粒子による光学迷彩で見えないとしても、刹那そのものは関係無いだろう。

というわけで前回同様アザディスタン王宮の警備はザルである事が証明されました。あれじゃ姫様の命はいくつあっても足りませんなぁ(;´Д`)。

しかし相変わらずイマイチ動向が分からないのがサーシェスですね。外人部隊で作戦命令と新しい機体を受領していましたが、そこでは別名の少尉として名乗っていました。

こっちが本来の姿でサーシェスは世を忍ぶ仮の姿なのか、それとも逆なのか?。まぁどっちも本当の姿じゃありません、ってのがオチな気がしますけどね。

それにしても今回見ていて気になったのは声優の使いまわしが多すぎる事。前から気になってましたけど、オッサン系は間違い無く誰かかしらが兼任してます。石塚さん出ずっぱりですやん。

作画に金かけるのも結構ですけど、声にももう少し気を使って欲しいもんだなと。

バブルへGO!! 

土曜にCXで放送していたやつの録画を見ました。しかし2007年2月公開の作品がもう地上波で見られるってのは随分早いですよね。興行的には芳しく無かったようなんで、それを少しでも何とかしたいって事なんでしょうか?

1990年3月に大蔵省が行った総量規制によってバブル崩壊が引き起こされた、と考える財務官僚が昔の恋人の偶然開発したタイムマシンでその歴史を変えようとするお話。

タイムマシン開発者は主人公の母親で、一足先に歴史を変えようと1990年に飛んでいたんですが、向こうで連絡を絶った為にその娘である主人公に白羽の矢が立ったワケです。

母親は家電開発者で、たまたま洗濯機の調整をしていた際に偶然タイムスリップする技術を生み出してしまったと。だから「タイムマシンはドラム式」なんですね。

これにはバブルと洗濯機の泡を掛けてる意味もあるんですが、タイムスリップ出来る人間に身長・周囲・体重等の制限があって、だから主人公とその母親しか過去に行けないんだよ、という理由付けにもつながっています。

1990年だと私もまだ学生だったので、バブルにリンクする記憶ってのは特に無いわけですが、それでも再現された18年前の姿を見ているとその頃の思い出は結構蘇りました。森永LOVEなんてファーストフード確かに有りましたよねぇ。

まだこの頃は携帯電話も一般に普及していませんし、インターネットも同様です。だから主人公がこの時代の大蔵官僚と駅で待ち合わせするのに「駅についたら連絡する」って言って後で困るところなんかは「あぁ確かに不便だよなぁ」って感じで共感出来ました。

今なら出発した後でも、携帯で電話するなりメール送るなりでいくらでも相互に連絡取れますから、それが一切出来ないのはかなりしんどいですよね。

駅の改札は有人で切符も駅員が手で鋏を入れていましたが、今では切符からICカードに移行しており、JR・地下鉄・私鉄等の乗り入れが簡単に出来るようになって利便性は雲泥の差です。

物語そのものはお気楽そのもので予定調和的ハッピーエンドで終わる、なんてこと無いお話なんですが、バブルの時代を身近な視点で追体験出来るという意味では非常に面白い作品だったと思います。

そんな今作の一番の見所は、バブル時代に女ったらしだった大蔵官僚を演じた阿部ちゃんが、女達に「このケダモノ!」と殴られる度に「効くねぇ」と笑顔で言うところでしょうか。

阿部ちゃん最高だよ阿部ちゃん

ニコ動で聴く光吉猛修 

俺内部で光吉猛修ブーム再来。というわけで色々聴いてるわけですが、彼は色んなところで歌ってるのでその全てを網羅するのはかなり厳しい。

色々調べてみると同行の士はやっぱり居るもんで、ニコニコ動画に結構光吉さん関連のデータが上がっていました。というわけでいくつか貼り付けておきます。





ほんと色々有るもんだとびっくりしますね。ストリートファイタートリビュートアルバムなんて初めて知りましたけど、それのリュウのテーマを光吉さんが歌っていたとは更にびっくり。


厳密には光吉さんじゃないですけど、バーニングレンジャー海外版のメインテーマを張っておきます。これはこれでカコイイ(・∀・)!!
ゲーム  :  trackback 0   :  comment 0  : 

CLANNAD 第13話 「思い出の庭を」 

幼い頃会った事があるのにことみしかその事を覚えておらず、朋也はその時の記憶を断片的に取り戻していく。

ことみの話にイマイチ思い入れが持てない理由って、この流れが使い古されたものと感じてしまうからなんでしょうね。特にKanonでこのパターンを散々見せられてしまったので、余計にこの展開がご都合主義的に見えて仕方が無いんだと思います。

しかし両親が死んだ後の誕生日に朋也が来なかったってのは多分記憶違いですよね。父親の書斎で書類に火を着けた場面に朋也が居合わせている筈なので。まぁこの辺は次回ではっきりするかな。

後半朋也が一人で庭の手入れをしていて心が折れそうになり、そこに手伝いに戻ってきた渚や藤林姉妹を見て「俺は一人じゃないんだ!!」って持ち直すわけですが、自分が一人じゃないと感じる相手が女ばかりってところがハーレム王朋也の超絶クォリティ。

というかすっかり出番の無くなった春原テラカワイソス(´・ω・`)

予告見た感じではことみ編は次回で終わりっぽいですね。巷ではDVD特典が全8巻の収納BOXになっている事から、やっぱりCLANNADは全24話なんじゃないかと推測されているようですが、それにしてもあと10話ちょいで終われるとは到底思えません。

ハルヒ2期が想定より先になりそうな話も出てますので、コードギアスみたいに2クール+2クール構成で結局4クールって流れになるんじゃないかなぁ。

涼宮ハルヒの約束 その後 

ようやく3章に進んだのはいいんですけど、今度はここから先に進みませんよ(;´Д`)。通常シーンは既読スキップ出来るんですが、S.O.S.に入ると手動含めて一切スキップ出来ないのが地味に辛い。

もう少し粘ってみるつもりですけど、そろそろ攻略サイトとか見ちゃいそうな悪寒。

でちょっと気分転換に2chを見ていたらpsoundというツールを使って、UMD内のBGMを抜き出せる話を見かけたので実際にやってみました。

今回エンディングとして新曲が2曲収録されているんですが、これらのデータはUMD内の「\PSP_GAME\USRDIR\sound\bgm\」フォルダに入っていました。この中のbgm_badEDall.adxが「最終未来を見せて!」で、bgm_goodEDall.adxの方が「世界が夢見るユメノナカ」です。

ハルヒ、みくる、長門が単独で歌うバージョンもあるので、それぞれのキャラのグッドEDとバッドEDで流れるんでしょう。

残念ながら全てがエンディング用のショートバージョンなので、フルバージョンについては今月発売されるミニアルバムまでお預けですね。

ついでにIR ShellでUMDの中にあるPMFを再生してみたり。PCにもcodec入れて再生してみたんですが何故か音が出ません。色々調べた感じだとPCでそのままPMFを再生するとそうなるみたいで変換が推奨されているらしい。

まぁさすがにそこまでするもんでは無いのでここで止めときますけどね(;´Д`)

融通利かねぇ・・・ 

定期を買ったついでに、昨日断念したキャッシュカードの生体情報登録をしに再度別の支店に行ってきました。

昨日申請書は貰っていたのでそれを書いて持っていったんですけど、日付が変わっている為そこを修正していたんですよ。そしたら今度はそこに修正印押してないのでダメとの事。

よもやそこまで細かく言われるとは思って無かったので、当然のように訂正印なんぞ持ってきてません。届印も家で押していますのでそっちもありません。

金融機関の申請書類が厳格であるべきなのは十分理解できますけど、欄外の申請日の修正ぐらいサインなり拇印なりで許可してくれてもいいと思うんですけどねぇ。その為だけにまた家に行ってこいと言うのか君は!

生体認証は元々軽い気持ちで試してみようと思ったものですし、普段多用するコンビニATMでこれが使えるのはまだそれ程広がってませんよね。だったらそんなもんにここまで手間かける意味無いわなぁ。

先方に何ら非は無いんですけど、もうちょい柔軟な対応してくれてもいいんじゃないかなとは思いました。

還付申告行ってきました 

1月から還付申告が可能になっています。何だかんだで来週から社会復帰となりますので、自由に動ける今のうちに税務署に行く事にしました。

税務署の申告書作成コーナーに行くと、その場で手書きしている人達がちらほら居ますね。彼らを横目で見ながら係員に作成済みの申告書を渡すとその場でチェック終了。

はやっ!何かもっと待たされたりするかと思ってたので拍子抜けですよ。やっぱりPCでやっといて正解だったなぁ。ただ控えを持ってくるのを忘れたので、受領印を貰えなかったのがちょっと失敗でした。

提出した事実を証明出来ないと、後日何か問題があった際に困った事になりそうですが、かと言ってその為だけにまた電車で行ったり来たりするのも面倒なんでそのまま提出しちゃいました。

帰りに駅前の銀行でこの前作った口座のキャッシュカードに生体情報を登録しようと思ったんですが、申請書に口座開いた際の印鑑が必要との事。うーん身分証明だけでは足りませんか(´・ω・`)

気を取り直して定期を買おうとしたんですが、販売機でクレジットカードの暗証番号を入力しても間違っていると言われて買えません。

どうもいつもとは違う番号を使っていたようです。通常カードの暗証番号まで入力するシチュエーションが無いので全然気付きませんでしたよ(;´Д`)

だったら現金で買えよって話なんですが、半年分だと結構な金額なんでカード使って地味にポイント貯めたいわけで・・・。

最後に本屋でジャガーの14巻と公式ファンブックを買って帰路につきました。

ジャガー合わせ絵

2冊並べると実は1枚の絵になってます。ジャガーの映画もヤバイですが、マサルさん完全版が激しく気になる・・・。漫画なのに副音声って一体なんなんだ!!

IR Shell3.81とRemoteJoy4iRSを試す 

思った以上に長丁場になりつつあるハルヒですが、やはりPSPで長時間プレイするのは結構疲れます。

そこで考えるのがRemoteJoyなわけですが、ゲーム起動後に接続する事で一応動作させる事は出来るものの、メモステへのアクセスでやはり固まってしまいます。

どうにか回避できんかなと改めて2chの関連スレを眺めていたところ、最新のIR ShellとRemoteJoy4iRSというバージョンの組み合わせでこうした問題が発生しない事が分かりました。

IR Shellは以前PMPの再生やリモートでのISO起動を試した際に挑戦したものの、私の環境ではうまくいかなかった経緯が有り、それ以来全くノーチェックでしたが、よもやRemoteJoyでこいつにまた触る事になるとは思いもしませんでしたよ。

色々手間はかかりそうですが、成功した場合の見返りが大きいのでここは一つ頑張りましょう。ただ一つ懸案だったのが、IR Shell3.81は最近のカスタムファームをターゲットにしているようで、私の使っている3.40 OE-Aで動かせるのかがイマイチ見えなかった事。

導入について解説されている他所様のブログを複数拝見した限り、一部3.30が対応外であるものの3.40はいけそうな感じなので一安心。まだカスタムファーム上げるのには腰が引けますので助かりました。

一通り手順通りにsePluginやflash0をいじって導入完了。IR Shell起動後にConfigでRemoteJoy関連の設定を行い、その後PC側でRemoteJoy4iRSを起動、最後にIR Shell側で「Toggle USBHost」を実行したところ無事PSPの画面が表示されました!

IRShell3.81+RemoteJOY4iRS

右側のアイコンでWindow表示かフルスクリーンかを切り替えられますが、F12の方が早いかもしれませんね。あとデフォルトのキーマップではボタンが合わないので、joytest.exeで入力を確認してマップファイルを編集する事で適切な状態になりました。

RemoteJOY4iRSでハルヒ1RemoteJOY4iRSでハルヒ2

最初FP241WJの方にフルスクリーンしてみたんですが、うまいことスムージングされないのでGH-PMF193SD側に出してみたのがこんな感じ。RemoteJoyを使うとどうしても音にノイズが乗ってしまうんですが、これはもうどうしようも無いので妥協ですなぁ。

RemoteJOY4iRSでハルヒ3

今までは出来なかったセーブもこのように全く問題無しヽ(゚∀゚)ノ

ちなみにRemoteJoy4iRSにはUSBHost機能があるようなので、USB接続で母艦内のISO起動を試してみたら今回はうまくいきました。メモステの容量に制約があるのでこれは非常に便利。

デフォルトではRemoteJoy4iRSのサブフォルダであるMSROOT配下をマウントするようですが、cygdriveを有効にするとドライブ単位でのアクセスになるるので、ISOファイルをいちいちMSROOT配下に置かずに済むのも便利かと。

さすがに無線LAN経由でNETHostについてはPSPHost経由しか無いと思うんですが、Screen Redirectする以上USB接続は必須なわけですから、無線LAN経由に拘る理由はあんま無いかなぁ。

いやはやこれでPSP据え置き利用はかなり快適になりましたよ('∀`)
ゲーム  :  trackback 0   :  comment 0  : 

Virtua Fighter3 On The Vocal到着 

VF3 On The Vocal

AmazonのマーケットプレイスでオーダーしていたCDが到着しました。

しかしモノを見ると滅茶苦茶綺麗・・・というかどうみても新品にしか見えません。在庫処分か何かだったのかなぁ?。同じCDを二度買う羽目になるとは思いもよりませんでしたが、格安で美品をゲット出来たので良しとしましょう。

早速エンコしてiPodに転送しますた。
ゲーム  :  trackback 0   :  comment 0  : 

涼宮ハルヒの約束 1stインプレ 

購入から少し間が空きましたがようやくプレイを開始しましたので感想をば。

プロローグは「憂鬱」決着後の不思議探索から始まります。この際ハルヒと学園の七不思議について会話をするんですが、これによってTV版「涼宮ハルヒの憂鬱I」でハルヒが学校内のあちこちを散策していたシーンの意味が氷解するのが面白い。

確かにあれ何なんだろうって見る度に思ってたわけですが、学内の不思議探しだったわけですね。

そして物語の中心は文化祭前日へと移ります。「朝比奈ミクルの冒険」の撮影から公開までの間に何があったのかこれまで語られる事はありませんでしたし、実際キョンがどうやってあの滅茶苦茶の素材を1本の作品に編集したのか、そういった点が多分明らかになるのでしょう。

で実際プレイしてみるとマップ上に居るキャラクターと会話していくオーソドックススタイルなんですが、そのまま話を進めていくと日付は進むのにいつまでも文化祭前日が繰り返される事に気付きます。

まさに「エンドレスエイト」と同様のループが発生しているんですが、これといった打開策が見つからないまま8日目の朝に強制ゲームオーバー。

気を取り直してやり直してみるとある事に気付きました。どうもこのゲームは章仕立てになっているようで、話が進行していくと章の始まりに入るアイキャッチが「涼宮ハルヒの約束I」「II」・・・と変わっていくようです。

一日目の最後にハルヒと会話する事によって、IからIIに移行するのは多分間違い無いと思うんですが、問題はII。正直何をどうすれば先に進むのかがさっぱり分かりません。色々話をする人間やその順番を変えてみたりするもののずっとIIを繰り返すばかり('A`)ヴァー

最初は目当てのキャラとだけS.O.S.で好感度の高い会話をしてたんですが、試しにS.O.S.の発生する全員(長門、みくる、古泉)と同様の状態で会話をしてみたところ、3日目あたりでようやく話が動いてIIIに進んだんですが、果たして本当にこれが功を奏していたのかは不明(;´Д`)

もっとサクサク話が進む「ぬるゲー」だと思ってたんですが、どうやらそう簡単にはいかないようです。まぁその位の方がこっちとしては嬉しいところですけどね。

機動戦士ガンダム00 第13話 「聖者の帰還」 

刹那は意外に演技派である事が判明。あの場でグラハムは刹那の正体をどこまで見抜いていたんでしょうか。声を聞いて何かに気付いたような素振りをしていた事から見ると、ガンダムのパイロットだという事までお見通しだったのかもしれません。

ただここでグラハムが言っていた「受信アンテナを攻撃したAEUのイナクトが、PMCから奪われたもの」という話はちょっと気になりますね。

サーシェスが最初に登場した際、確かあのイナクトはPMCからガンダム鹵獲作戦の為に支給?されていた筈です。それが奪われたって話になってるのはどういう事なんでしょう?

やはり現在のサーシェスの行動は彼独自の判断に基づくものなんですかね。であればイナクト強奪もその通りなんだと思いますが、その辺の説明が今のところ全く無いので微妙ですね。PMCが対外的に関与を否定する為の方便って可能性だって否定出来ないわけですし。

ちなみに「争いを止める為の歩み寄り」をラフマディ奪還によって示そうとしたのが今回の趣旨のようですが、だったら何故CBは他の紛争にも同じ思想で対処しようとしないのか。

他の紛争には有無を言わさず一方的な暴力で介入してきたCBが、今更アザディスタンで異なるアプローチを取ったところで世界の賛同を得られるとは到底思えません。

もう1クール終わっちゃいましたけど、この調子で本当に大丈夫なんでしょうかね。最後物凄い駆け足で終わりにならん事を祈ってますよ(;´Д`)

光吉最高 

セガ作品のゲームコンポーザーにして日本一歌のうまいサラリーマンの呼び声も高い光吉さんですが、彼のアルバム「From Loud 2 Low」を聴きました。

光吉作品から15曲抜粋したアルバムなんですが、DAYTONA USAやバーチャの頃から彼の歌声に魅了されている人間としては非常に聞き応えのある内容でした。

これに触発され思わず過去のアルバムやらサターンのCD引っ張り出して聞きまくり。

どれも好きな光吉作品ですが、その中でも自分的にイチオシなのはやはりバーニングレンジャーの主題歌である「Burning Hearts ?炎のANGEL?」かな。熱血系なんだけど突き抜けるような爽やかさもある、何度聴いても飽きない歌です。

多分光吉作品では無いと思いますけど、DAYTONA USAのサーキットエディションのテーマって、MR.BIGのエリックマーティンが歌ってたんですね、いやはやすっかり忘れてました。久し振りに聞きましたがこれはこれでまた格好良い!

今回どうしても聞き直したかったのがバーチャファイター3 On The Vocalなんですが、人に貸したままどっか行ってしまったようで見つかりません(´・ω・`)

色々探してみるとAmazonのマーケットプレイスで扱っているようなので早速注文しました(*゚∀゚)=3ムッハー

バーチャ1ではサターンのアレンジをベースにしたNEO RISING、バーチャ2ではCG Portraitを纏めたDANCING SHADOWとそれぞれヴォーカルアルバムがあるんですが、このCDは全10曲を全て光吉さんが歌っているかなり濃いアルバムなんですね。

到着が待ち遠しい?
ゲーム  :  trackback 0   :  comment 0  : 

ダメ人間の正月 

|l、{   j} /,,ィ//|     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ    | あ…ありのまま起こった事を話すぜ!
|リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |   <『ニコ動でポリスノーツのプレイ動画を
fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人.   |見てたら一日が終わっていた』
ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ  |催眠術だとか超スピードだとか
 ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉. |そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ
  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ. |ダメ人間の片鱗を味わったぜ…
/:::丶'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ \_____________


さすがにこれだけで一日が終わってしまったのは我ながらどうかと思った(;´Д`)

でもねやっぱいいわポリスノーツ。スナッチャーに出てきた情報屋のナポレオンが病院に居て、ジョナサンをギリアンと勘違いするところとか思わずニヤリ。

出てくる女性キャラの乳を触りまくる事が出来るのはやりすぎだと思うけど、その際相棒のエドがいい年こいて激しく食いついてくるのを見てコーヒー牛乳噴いた。

しかし改めて見ると、井上喜久子、寺瀬めぐみ、田中秀幸などメタルギアシリーズで定番声優さんが目白押しで、この辺の人達は古くから小島作品と関わってた事に気付かれされますね。

ポリスノーツは当初PC9821や3DOなど自分が所有していない機種でリリースが続いた為、なかなかプレイ出来ずに悔しい思いをしたのを覚えています。

結局自宅でじっくりプレイ出来たのはサターン版でしたが、これガンコン対応だったんですよね。この要素は大きかったと思います。世界観に浸るには十分なアイテムでしたから。

スナッチャーやポリスノーツは今見ても全く色褪せない物語なので、何らかの形で現行機種で焼き直ししてくれないものかと本当に思いますね。

さぁ続き見ようっと。
ゲーム  :  trackback 0   :  comment 0  : 

お帰り、ZERO3 

2代目ZERO3

新年明けましておめでとうございます。

さて昨年暮れにお亡くなりになってしまったZERO3ですが、キーボードと無線LANを備え、あのサイズに収まるWindowsMobile端末を単品で入手するのは厳しいのが現状。

X01HTやX01Tのように同じコンセプトで更にコンパクトな機種が存在する事は承知していますが、Softbankと契約するなんて真っ平御免。

というわけで結局ヤフオクでWS003SHを落とす事にしました。

ざっと見た感じ黒で使用年数不明のものや、程度が悪そうなやつだと8000円前後。シャンパンシルバーや黒でも、使用して日が浅いものだと9000円越えが多い。

私のZERO3は経年劣化によるDCジャック接触不良で壊れましたので、今回ばかりは値段以上に使用年数や程度を重視したいところ。

最初使用年数が1年半程度のシャンパンシルバーを9000円ちょいで張ってたんですが、終了近くにあっさり1万越されて('A`)ヴァー

そこで他を見たところ、同色で使用半年のものが似た金額でひっそり終了間近。慌ててこっちに入札したところ、最初のとほぼ同じ金額で競り勝って終了('∀`)

正直言えば何とか送料込みで1万以内に収めたかったんですけど、今回は仕方無いかなと思ってます。

しかしどのZERO3にも入札しまくってる奴が居てウザかったなぁ。まぁ複数張った挙句にどっちも落札しちゃったケースも見かけたのでザマ見ろって感じでしたけど、あれ転売厨なんかなぁ?。

それはともかく、とにかく早く送って貰いたかったので、支払いは銀行振り込みでなくかんたん決済のクレジット使ったんですが、これ完全に失敗でした。というのも1万以上だと平気で600円以上手数料取られるんですよ。

丁度このやりとりしてたのが浜松行った日で、携帯でちまちまやりとりしてたもんだから、手数料の記述とかろくすっぽ見ないで先進めちゃったんですね。で家帰ってPCで改めて見てびっくり、みたいな。

まぁそのお陰で元日の今日モノが届いたわけですが、それにしてもこの手数料はぼり過ぎだろ常考。

そんなこんなで手元に届いた2代目のZERO3。早速事前のバックアップからリカバリーかけたんですが、GSFinderでスクロールバーの操作が出来なくなるなど動作が怪しかったので、結局フルリカバリーからやり直しました(;´Д`)。

色が違うだけで型番は同じなんですが、出荷時期違うとインストールイメージがちょっと違うのかもしれませんね。

合体

初代の裏蓋と2個イチにしてみたり。

ちなみに今回届いたZERO3もDCジャックの不安定さから完全には逃げられないようで、ACアダプタの挿向きによって一瞬LEDが消えるのを見てちょっとガッカリ。

まぁ前回のようにチカチカしまくってまともに充電出来ない、といった酷い状況では無いのでこの辺は妥協かなと。とにかくDCジャックの抜き差しを優しく行うのが肝要ですね。またばらして自爆したくないですし(;´Д`)。
PC関係  :  trackback 0   :  comment 0  :