FC2ブログ

総帥Diary - 徒然なるままに -

03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

FC2カウンター

プロフィール

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

GoogleAdSense

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

ブログ内検索

お手軽オーバークロック 

E6750は定格のままでも十分早いんですが、C2Dは非常にカジュアルなOCが出来るようなので、久しぶりのOCに挑戦してみました。

まぁ「挑戦」と言っても、昔のようにマザーのジャンパーいじって・・・といっためんどいのは一切無しで、BIOS内での設定のみで完結してしまうんだからほんとお手軽。

最初はFSBを333→366に上げて2.9Ghzちょいを試してみることに。FSB以外は基本AUTO設定のままなんですが、この状態だとDRAMクロックが800Mhzを超え、Core電圧も1.4Vちょいに昇圧されるようです。

この状態で3DMark2006を実行しましたが特に問題無く完走。まぁこの辺はさすがに余裕でしょう。

そこで次はFSBを更に400まで上げて3.2GHzにトライ。試しにCore電圧は定格の1.35Vに固定してもう一度3DMark2006を実行したところ、今度は開始して1分もたたずに強制リブートがかかりました。

仕方ないのでひとまずDRAMクロックを1:1に定格に固定し、Core電圧はAUTOに戻して再起動。この状態では3DMarkで落ちる事は特に有りませんでした。メモリのOCがきつすぎたのか、それともカツ入れが効いたのかよう分かりませんな(;´Д`)

ちなみにCPU-Zの画面はこんな感じです。
OC後

CoreTempを見ているとアイドル時で40℃ちょい、高負荷時で50℃あたりまで上がりましたが、この程度ならそれ程問題無いかなと思います。

EISTのおかげか基本はFSBx6の2.4GHz動作っぽい。CPU-Zを表示してると負荷がかかったとき瞬間的にFSBx8に上がるんですが、それがおさまるとすぐに下がってしまいます。

Core電圧高めでの常用はちょっとどうだろうと思ってたんですが、この動きならそんなに心配しなくてもいいのかなって気もします。とはいえ366x8でCore電圧定格あたりを落とし所にした方が無難かもしれませんね。

暇な時にでももうちょい色々試してみたいと思います。
PC関係  :  trackback 0   :  comment 0  :