FC2ブログ

総帥Diary - 徒然なるままに -

12 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

FC2カウンター

プロフィール

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

GoogleAdSense

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

ブログ内検索

風邪ひいてもFallout 3 

今年はこれまでに無いほど日々インフルエンザや風邪予防を心かげていたのですが、その甲斐も無くどうやら風邪にかかったぽい。

首まわりや背中などが筋肉痛とは異なる痛みがあって、全体的に体がダルイ。

社内に居ると妙に暑くて汗かきまくりなのに、周りに聞いてもそれ程空調聞いているようでも無い。

今週はずっと早朝シフトで帰りも遅いもんだから疲れが溜まってるってのも有るんでしょう。

こういう時は早く寝るのが一番なんですが、寝る前にどうしてもFallout 3を起動しちゃう罠。

これ一度始めると2時間位はあっという間に過ぎていくから怖い。超時間泥棒。

色々システム調整系のMOD入れてインチキしつつも、モイラたんから依頼されたサバイバルガイド作成のサブクエストが一向に終わりません。

メインクエストはモリアーティから話聞いたままだったんですが、リベットシティの歴史を調べるという課題で住人と話をしてるうちに、父親の話になってクエストクリアになっちゃいました。Galaxy News Radioに行く筈だったんですけどショートカットしちゃったんだろうか(;´Д`)?
ゲーム  :  trackback 0   :  comment 0  : 

最新ストレージと仮想環境の親和性 

今日はとあるストレージベンダーを訪問して技術DEMOを見てきました。

現在もこの会社のストレージを全社員向けのファイルサーバとして使用しているんですが、VMware環境と連携して使った場合の親和性についてのプレゼンって感じですね。

高速なバックアップ&リカバリー、スナップショットを活用したテスト環境のクローニング、ストレージ容量節約につながるDeduplication機能など、現在の環境では実現出来ていない機能が盛りだくさんで、見ていて羨ましすぐる(*´Д`)

うちはグループ内でもかなり早い時期にVMwareを使用してきたのですが、それだけにストレージも時代遅れで、SAN構成ではありますけどほんとただそれだけの単なる高価な外付けディスク状態。

こんなご時勢なのでなかなか予算が付かないのが悩ましいところですが、そろそろこうした最新技術を取り込んだ新環境への更改を進めたいもんだと心底思った一日でした。
お仕事  :  trackback 0   :  comment 0  : 

機動戦士ガンダム00 2nd 第16話 「悲劇への序章」 

メメントモリがもう1基あったとは予想外の展開でした。

特に最後にマネキンが呟いた「落下状況を考慮しての部隊配置」という言葉が非常に気にかかります。

あれはメメントモリの地上への直接照射を意味しているのか、それともクーデター派が占拠している軌道ステーションか何かを攻撃してそれごと地上に落とし、地上に集結しているカタロンやCBそして地上に到着した人質ごと亡き者にしようとしているのだろうか。

情報操作だけでは人の口に戸は立てられないので、戦闘の尊い犠牲だとか何とか言って口封じしてしまうつもりなのかもしれません。だとしたら相当エグイ作戦だわな(;´Д`)

一向にブシドーと刹那の戦いにならないのでやきもきしていたら、後半でようやく登場。随分とじらしてくれるじゃあないか。

擬似GNドライブ搭載機になって搭乗者への身体的負担は無くなったのかと思いきや、やはり偽トランザムは無理が有るようで、カスタムフラッグの時のように血反吐再び。ほんまビリーはドSやでぇ!

命を削るようなあの戦い方は、まさに彼の通り名が示すように「武士道とは死ぬことと見つけたり」の精神なんでしょう。

この調子だとやっぱ最後は死ぬんだろうか。出来ればカテジナ様のように五体不満足になってでも最後までしぶとく生き残って欲しいもんだと願う次第です。

しかし刹那の元に駆けつけたマイスターの機体が全員トランザム状態だったのは何故なんだぜ?。いくらなんでもマスラオ一機にあそこまでするのはやり過ぎだと思います。

あれじゃさしものブシドーも負け犬のような捨て台詞しか吐けないわけで(;´Д`)

biohazard DEGENERATION 

正月に友人から借りたbiohazard DEGENERATIONを視聴しました。

ゲームをテーマにしたフルCGの映画といえば、FFが真っ先に頭に浮かびます。

ただ私は今までまともに1作もFFをプレイした事が有りません。ですのでこの映画そのものには全く興味が無く、実際今も未見です。

ですがこの作品の大失敗によってスクウェアが一気に傾き、興行損失がギネスにまでなってしまったという事実はあまりにも有名。

ですからbioがフルCG映画になるって話を聞いた時、正直あまり良い印象は無かったんですよ。

大体この手の原作モノの映像化では、原作とは異なる人物が主人公になっていたり、大幅に設定が変わっていたりと世界観だけ踏襲しているケースが多いのですが、今作ではレオンとクレアのコンビが主人公になっており、時代設定もbio4の一年後という事で時間軸もぶれていません。

実はbioシリーズをプレイしたのは3が最後で、その後0や4はまだやった事が有りません(大まかな話は知ってますけど)。ゲームとして一番多くプレイしたのが2で次点がVeronicaな自分としては、今作の設定はストライクど真ん中。

弥が上にも期待は高まるってもんですよ(*゚∀゚)=3ムッハー!

アンブレラの崩壊と共に闇市場に流れたT-ウイルスがテロの手段として使われ、その事件に巻き込まれたクレアと、それを解決する為に送り込まれたレオンが再会する、というのが今作の大まかな流れです。

空港でのクレアとレオンの再会シーンが、2のオープニングを髣髴とさせる作りになっていたのには思わずニヤリとさせられました。何となく予想はしていたけど本当にやってくれるとは('∀`)

後半話の舞台となるウィルファーマ研究所での戦闘シーンが全体的に暗いので、何がどうなっているのか見ていてイマイチ分かりにくかったり、Gとの戦闘の決着がちょっと盛り上がりに欠けたりと、100%手放しでは褒められない部分も有りましたが、総じて良く出来ている作品だったと思います。

それとレオンの相手であるアンジェラがどうみてもアンジェリーナ・ジョリーです、本当にありがとうございました。

これ海外での上映で問題にならんのだろうか。スト2のバイソンでこの手の問題には懲りてると思うんですが。

T-ウイルスがテロの武器として使われる時代背景や、物語の最後にGの死骸を回収しているのがトライセル社だったりと、この話は5のプロローグとしての役割も有るんでしょうね。

トレーラーを見るとVeronicaのようなちょい役では無く、話の本筋にがっつりウェスカーが関与してそうなので非常に楽しみでは有ります。

とは言え自分が好きだった頃のbioとはもうゲーム性が随分変わってしまってますので、正直5を自分でプレイする事は無いんだろうなぁ。発売後にニコニコでプレイ動画見て追体験って感じで!
ゲーム  :  trackback 0   :  comment 3  : 

Fallout 3 着せ替え日記 

Fallout 3はQ9650になってもそれ程レスポンスに変化無いようです。

まぁチップセットがP35でPCI-E1.1なので、2.0対応のマザーに変えればまた違った印象有るのかもしれませんが。

本編はさっぱり進んでないのですが、キャラクターの見た目を弄るMODにはまってます。

体型変化、美人化、髪型追加などを使う事でデフォルトより随分見た目がマシになりました。

デフォルトでは装備を全部取った場合色気の無いアンダーウェアになります。で、これをすっぽんぽんにするMODを試したんですけど、さすがにこれはちょっと引きますね(;´Д`)

代わりに試したのがこの辺です。

はぁはぁ2

おいおい着てないより着てる方がグっと来るのは何でなんだぜ?(*´Д`)

色々試して分かったんですが、この手のFallout 3のMODって殆どがOBLIVIONからの移植なんですね。オブだともっとなんつーかすごいのがいっぱいあるようなので、すんごい気になるんですが。
ゲーム  :  trackback 0   :  comment 0  : 

機動戦士ガンダム00 2nd 第15話 「反抗の凱歌」 

やっぱりブリングは死んでたんですね。初のイノベイター死亡認定。

しかし「セラフィムの特性」って何なんだろう。前回ガラッゾのGNフィールド内に押し入って攻撃してた事言ってるのだろうか。GNフィールドジャマーみたいな感じで。

話数が進めば進むほどアンドレイのヘタレいい人振りが際立って来ますなぁ。まさかコーラサワーと絡むとは思わなかった。

ていうかビリーが大学で顔を合わせてた筈のマネキンに全く覚えて貰って無かった件。

改めて10話を見直してみると、確かにあの回想シーンでマネキンが話しかけていたのはあくまでスメラギであって、ビリーの方には目もくれてなかったんですけどね。それにしてもビリーカワイソス(´・ω・`)

アロウズの総攻撃で風前の灯だったトレミーでしたが、起動エレベーターのクーデター勃発で間一髪難を逃れます・・・ってそれはいくらなんでもおかしいだろ(;´Д`)

こういう時こそ虎の子のトランザムやセラフィム使うべきじゃないんですかね。アレルヤに至っては久し振りの出番だってのにいいとこ全く無しで、一体お前何しに出てきたんだよ。

とにもかくにもあの場面で撤退ってのはやっぱりどう考えても不自然すぎます。

目の上のタンコブであるCBに対して圧倒的優位な状況を目の前にして、クーデター鎮圧を優先させるってどんだけ軍司令部は頭の中お花畑なんだろうか。

締めはマスラオ乗ってハイテンションのミスターブシドー語録炸裂ですよ。

「ならば君の視線を釘付けにする!」

いちいち言い回しがキモいのは何とかならんのか。もっとやれ。

Q9650がやってきた 

Q9650

価格改定での値下げっぷりが想像以上で、我慢出来ずついIYH。

 ゚     *. (_ヽ      +        
 '  * ∧__∧| |  +
   . (´∀` / /       。  
  +  y'_    イ    *
   〈_,)l   | *      。
ガタン lll./ /l | lll    + 

行ったのは夕方近くだった事も有り案の定ドスパラは売り切れ。

近辺の店見て回りましたが、在庫は有るものの軒並み33000円前後の値付けでガックリ。

ところがAkibaWatchでは売り切れと報告の有ったArkに行ったら31980円で在庫復活。

ドスパラが31280円なので700円の価格差は有りますが、ドスパラ通販が送料込みだとArkとほぼ同じ金額なので、通販の到着待たずにすぐ入手出来たと自身を納得させ購入。

というわけで速攻で自宅にトンボ帰りしいざCPU交換を敢行。

現在絶賛使用中のGA-P35-DS3はBIOSを予めQ9650対応のF14cに上げておいたので、交換後にCPUを正常認識。その後のOS起動等一通り動作に問題無い事も確認。

リテールファンはこれまで使っていたE6750のやつに比べると薄くなってるようですね。

ただ相変わらず固定方法がプッシュ式のピンになっててこれに四苦八苦(;´Д`)

全てカチっといってくれないんですが、一応固定出来たっぽいのですが、ほんとにこれで大丈夫なんかいな。

DS3RMonを引き続き使っていてファンコントロールやクロック制御をしているんですが、CPUやコア温度がE6750に比べて高めな感じがします。

しかしいよいよ自分の環境もクアッドまで来ましたよ。いい時代になったもんだ。
PC関係  :  trackback 0   :  comment 2  : 

兜の緒を締める 

サブプライムローン問題を機に一気に顕在化した世界金融危機は未だ進行中ですが、そのサブプライムという言葉がニュース等で盛んに取り上げ始められたのは2007年の後半だったと記憶してます。

間の悪い事に丁度その時期、私は前の会社を辞めて転職活動真っ只中でした。

ただ今のように企業が派遣切りや内定取り消しをする状況には無く、実際エージェントからはそれなりに紹介案件は有りましたし、苦戦はしたもののまだこちらが会社を選べる立場だったと言えます。

その苦戦の理由にしても、社会情勢とは関係無い私に起因する問題が主だったわけで、そういう意味では私の転職は本当にギリギリのタイミングだったんだなと、こうして改めて振り返ると感慨深いものを感じずにはいられません。

ちなみに前回応募した企業の多くが2009年現在合併や身売りをする事態に追い込まれています。合併はともかく売却は洒落にならん(;´Д`)。

まぁ業界を絞っての転職活動でしたので、どうしてもこの手の話が集中してしまうのは避けられないわけですが、それでもまさかたった一年でここまで業界再編の動きが加速するとは思いもよりませんでした。

勿論今の会社もその動きと無縁ではいられません。いつ何が起きてもおかしくない。そういう危機感を忘れちゃいけないなぁと、ここ数日のニュースを見て改めて思う次第です。

駄目だこいつ早く何とかしないと 

今日は会社で人事評価総括に関するフィードバック面談が有りました。

と言っても前回の中間評価から日も浅く、期末まで数ヶ月残している状況でまだ完遂してない目標とかもあるのに何でこの時期に?と疑問だらけ('A`)

しかも今年度から評価権限が一段下に委譲された事で、一次・二次の評価者がチームのサブリーダーとリーダーという何だかおかしな事になってます。

今日の面談もリーダー、サブリーダー同席での実施でしたし、だったら一次評価者挟む必要無いんじゃね?

色々突っ込みどころは有ったものの、リーダーからは概ね納得出きるコメントが出てきましたが、サブリーダーからトンデモ発言が連発。

サブリーダー曰く私は彼とのコミュニケーションが不足しており、そのせいで私の業務内容も把握していない。今回初めてその内容を知ったので、今実績をアピールされても評価のしようが無いとの事。

はぁ??

私も含めて元々メンバーのレポートラインはリーダーなんですけど。それに各自の業務や進捗は週の定例で報告しているわけで、お前はその場で何を聞いていたのかと激しく問いたい、問い詰めたい。

この人外人なんで言語の問題が有るのは分かりますけど、タスクや進捗報告資料は英語で書いてますから全く分からないわけないんですよ。お前は何を言っているんだ、とかミルコの画像が頭の中をぐーるぐる。

この一年で分かったんですが、この人管理職なのに全然マネジメント出来ないし仕事もダメダメで、そんな人間にしたり顔で見当違いの評価を受ける事にほんと虫唾が走る

でもリーダーだけはこの人の事やたらと高く評価してるから始末に困ってしまうわけで(;´Д`)

この歪んだ構成が変わらない限り、私たちが上に登っていく行く事は無いだろうなと思い知らされた一日でした。
お仕事  :  trackback 0   :  comment 0  : 

かんなぎ 

前クールで放送されていたかんなぎをまとめて視聴しました。

神木で彫った神像が顕現化して人の姿として現れる。設定としてはありきたりで視聴前はあまり期待してなかったんですが、見てみたらテンポが良くて笑いのツボも抑えているなかなかの良作でした。

ヒロインのナギ役の声をあててる戸松さんは今回初見でしたが、この人かなり声のバリエーションが多くて演技もしっかりしてるし若いけど結構な実力派じゃないかなと思います。

ちなみにこの人ダブルオーでは「ですぅ」の口癖がうざいミレイナの声やってた事に気付きました。あのキンキン声とナギ様が同じ声とは。

主人公が幼馴染やヒロインの妹など複数の女性から好意を向けられモテモテって展開は確かに定番すぎるきらいは有りますけど、サブキャラとして登場する美術部の面々がそれを視聴者的視線で客観視してたりして、ベタなコテコテ進行にはなってないのが面白いところ。

でそのままずっとお気楽のノリが続くかと思いきや、後半はシリアス展開に切り替わったりと、結構なスピードで話が進んだのでとても1クールの番組だったとは思えませんでした。

通して見て良かったなと思ったのは、ナギの行方が掴めずうじうじしてた仁に対してつぐみがはっぱをかけるシーンです。

それまで控えめだった彼女が一転、仁のヘタレっぷりをズバっと切り捨てるんですよ。その言葉に仁も吹っ切れ淀んでいた空気が一変。

さすが小さい頃から仁を見続けてきた幼馴染といったところですが、その近さ故に彼女が仁に思いを告げる事は多分無いんだろうなとか思うと何だかちょっと切なくなります。

「またね」って言ってる位なので2期は有るんでしょうか。まぁ最近は2クール続けるより、間を空けて2期として続編を放送するケースが多いようなのでその流れになると信じたいところ。

というわけで私のiPodでは見事に「motto☆派手にね!」がヘヴィーローテ中です。

しかし何度聞き直しても「Hard day's night game」は「ハッテンマイケル」にしか聞こえません。Wikipediaではわざとそう聞こえるように歌ってたとか何とか書いてあるけど・・・

機動戦士ガンダム00 2nd 第14話 「歌が聞こえる」 

メメントモリ破壊後にトレミーを強襲したガデッサとガラッゾの間に居たのが新型MAのエンプラス。

あれに乗ってたのがこれまで本編未登場だった最後?のイノベイターであるディヴァインなんですよね?多分。

初見では声置鮎っぽかったし髪も赤だったので、最後にルイスの前に登場したのを見て「何だやっぱりガラッゾやられてもブリング生きてたのかツマンネ」とか思ってたんですけど、良く見ると彼ショートじゃないですか。

で改めてセラフィムがガラッゾを破壊したシーン見直しても、やっぱいつものコクピット離脱描写は無かったし、リボンズのあの反応見てもやっぱりブリングはあれで死んだんでしょうね。

セラヴィからセラフィムが分離するのを手を止めて見守ってしまうのはどうかと思ったわけですが、あそこで攻撃しちゃったらセラフィムデビューも叶わないので仕方ない演出だったんでしょう。冥福をお祈りします。

今回登場したセラフィムですが、前みたいに外装吹っ飛ぶと中身がナドレでした、ってわけじゃなくて背中の顔だった部分が変形するんですね。

しかし四肢があの顔の部分にああも綺麗に収まるもんなんだろうか。HGセラヴィーは既に登場してますので、あのギミックを再現するのはHCProとかの完成品になるんでしょうか。

スメラギはアレルヤに対してマリーを戦闘に参加させた事について謝罪し、二度としないと言ってましたけどその約束もGNアーチャーが補充された時点でご破算になりそうな予感。

大穴でアニューが乗るって可能性もゼロでは無いですけど、さすがにそりゃ無いか(;´Д`)。で、そのアニューさんですが、今回やたらと内通者の存在を気にしてましたけどそれアンタですからー!!残念!!

とか突っ込みたくなるのは私だけでしょうか。ただあの様子だとやっぱり本人は自分がイノベイターである事や、ビーコン代わりになってる事も認識してないっぽい。

スメラギを差し置いて新OPの裸メンバーに参加してる位だから、それなりに今後も話に絡んで来るのんでしょうが、あれ多分ライルとくっつくんだろうなぁ。でライルを庇って最後に死ぬとか、そんな死亡フラグが見え隠れしてテラセツナス(´・ω・`)

後半の見所は刹那とリボンズの邂逅ですが、11年前のオーガンダムに乗ってたのがリボンズでヴェーダを介して刹那をCBに加入させたのも彼だった・・・ってそれはちょっと後付感が高すぎやしませんか(;´Д`)。

00の外伝は詳しくないので断定は出来ませんけど、公式のコンテンツ見る限り外伝の世界にリボンズが居たって話はどこにも無いようですし、この辺どうやって折り合い付ける事になるのやら。

腕を撃たれて劣勢の中アリーに肉薄した刹那でしたが、そこにマリナと愉快な子供たちの歌声が!って姫様UZEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE!!!

以前はCBが武力介入で世界から戦争根絶するって思想に「それはないわー」とか思ってましたけど、マリナ姫の「歌は世界を救う」路線はもっとない('A`)

何だかんだでもう第4クールですから残りはそう無いんですけど、このままで最後綺麗に終われるんだろうかちょっと心配ですよ。種死のような完全版を再度放送するような事が有りませんよーに。

HGダブルオー完成 

昨年末からちまちま作ってたHGダブルオーがようやく完成しました。

00_3 00_4

完成して思ったんですけど、これHGの割には結構サイズ大きめな方じゃないかなぁ。

それと色分けはそれなりにされてはいるものの、やっぱりスミ入れだけではかなり物足りない感じになります。この辺がMGとは違うところでしょうか。ガンダムマーカーを買って正解でした。

OO_1 00_5

今回はキット以外に展示用スタンドも買っていたので、こんな感じでポーズを自由に決められます。ただこのスタンドも組み立て式なので、本体組んだ後に更にこれを組むのは地味にしんどい(;´Д`)

このキットはかなり稼動範囲が広いって話を他所で見かけていたのですが、本当にいろんなポーズが取れますね。この辺はMGのゴッドガンダムやマスターガンダムあたりからのフィードバックなんですかね。

足首の踏ん張りがきくので、スタンド無しでも結構いろいろ動きの有るポーズが取れていい感じ。

00_6

ちょっとの手直しと色塗りだけでここまでの完成度とは本当に最近のキットには恐れ入ります。

HGオーライザーが今月末発売なので、早く完全状態にしたいなと。

Fallout 3 プレイ日記 

という程やりこんでるわけでは無いですが、3連休初日はFallout 3をプレイしていたら終わっていたという驚愕の事実。

Fallout 3のWikiを見てスキルとかの勉強をちょっとしたので、改めてステ振りし直しのうえプレイ開始。

最初の目的地であるメガトンの街に到着し、市長との会話の流れで街の真ん中に鎮座している不発弾解除を引き受ける事になりました。

その後父親の消息に関する情報を得る為モリアーティのバーに立ち寄ると、そこで出会ったバークとか言う男から不発弾起爆に関する依頼を受ける羽目に。

どう考えても解除を優先すべきだとは思うのですが、どんな結果になるのか好奇心に勝てませんでしたヽ(゚∀゚)ノ

Explosivesスキルにポイント高めに振っていたので起爆装置設置は難なく成功。テンペニータワー最上階で待っていたバークから「お前が起爆装置を起動させろ」みたいな事言われてポチっとしたら、ほんとにメガトンの街が核の炎に包まれてドン引き。

高報酬とタワー内スイートまで入手しましたが、やっぱ滅茶苦茶後味悪いですよ、これ(;´Д`)

その後のテンペニーの物言いにもカチンと来たのでついVATS発動。すっきりして部屋を出たらバークが襲って来たので彼にも死んで貰いました( ´,_ゝ`)b

タワー内の警備も総出で襲撃してくるかと思いきや、なんか彼らは自分らの雇い主が死んだ事に気付いてないみたいで普通に会話してくるので拍子抜け。

更に警備長からタワーに近づくグールの討伐依頼を受け、言われるままに彼らのアジトに乗り込む事に。

そう言えばモリアーティのバーに一人グールが居たのを思い出しました。なるほどグールには彼のように人間性を残している者とそうでない獣状態の2種類が存在するってわけか。

そのグールのリーダー格を殺すのが今回の依頼なんですが、到着したアジトでグール達の話を聞いていると気持ち的にはどうにもグールの肩を持ちたくなります。

ですがやっぱりVATS発動。

もう自分がどこに進もうとしてるんだか段々分からなくなってきました。

皆殺しにしてタワーに戻ると警備長から報酬を頂きました。やっぱりこいつらテンペニーが死んだ事分かってないっぽい(;´Д`)

ここでやる事が無くなってしまったので試しにメガトンに戻ってみたら見事に廃墟になってます。

変わり果てた景色に呆然としつつ周辺を歩き回ってたら放射能が溜まって死んじゃいました。

父親の行方を追いかけようにも唯一の情報源だったモリアーティは爆弾で街ごと消えてしまったので、これ以上話を進めようが有りません。

やっぱバークの依頼は無視して爆弾解除をしないとダメそうですね。

うーんかなり先は長そう・・・
ゲーム  :  trackback 0   :  comment 2  : 

Fallout 3 

昨年末から作り始めているHGダブルオーそっちのけでFallout 3をプレイ中。

プリセットのままではさすがに辛いので、色々試行錯誤しながらキャラメイクをしてるんですが、なかなか思ったようには作れないもんですね。

肌や眼の見栄えを良くするテクスチャとかは入れてるんですけど、どうもあんまりパっとしない。

オブリビオンの髪型を移植したMODを入れて結構印象変わりましたが、それでもやっぱもっとなんつーか目の覚めるような美人顔を作れないものかと思うわけで。

って本編始める前にこれだけに相当時間かけてる自分がキモすぎる(;´Д`)

まぁそんなこんなでひとまずゲームを始めたわけですが、最初の導入パートでしこたま出てくる巨大ゴキブリがグロすぎて食欲失せるわ!リアルすぎるにも程が有る。

Amataの親父とか皆殺しの末何とかVaultを飛び出しウロウロしてると、何だか良く分からない廃墟みたいなところでモヒカンの紳士淑女の大歓迎。

彼ら相手に10mmのピストル撃ちまくって弾切れになると手持ちで使える武器はバットだけ。拳銃持ってる相手にバットで殴りかかるのは無理有ります。

操作方法とかは大体把握したので、もうちょいスキルだとか外の情報調べた上で本腰入れてプレイしてみようかと思ってます。

最初からそうしろって突っ込みは現在受け付けておりません。
ゲーム  :  trackback 0   :  comment 0  : 

そして名古屋へ 

ご来光

旅行二日目の朝は浜名湖の有り難いご来光からスタート。

「なんかエヴァで使途が爆発した瞬間みたいだなぁ」とか寝ぼけ眼で考えてたのはここだけの秘密です。

二日目は名古屋に足を伸ばす事になりました。お目当てはあつた蓬莱軒のひつまぶしです。

このお店はいくつか店舗を構えているようなのですが、熱田神宮で初詣を敢行するというもう一つの目的を考慮し神宮店をターゲットにしました。

お昼ジャストに店舗付近に到着したのですが、駐車場前に待機している警察官に「鰻屋さんに来ました?」みたいな感じで声をかけられました。

警察官曰く、現在2?3時間待ちなので誰かが先に店に行って順番待ちの記帳をして、時間を見て出直すようにとの事。要は駐車場待ちの行列されると迷惑なんで止めてくれって事らしい。

この時点で正直かなり心が折れそうになりましたが、その後駐車場入り口で誘導していたガードマンから20分前後で車を入れる事は可能との話が出たので、ひとまず車を止めて熱田神宮で初詣をする事になりました。

熱田神宮

これは入り口の鳥居です。熱田神宮は初めて訪れますが、結構中は広いようでかなりの人出です。何度も入場規制をされ本殿前に辿り着いたのは小一時間後('A`)。

財布丸ごと放り込まれているのを見かけましが、あれいくら突っ込んであったんだろう、とか考えるのは無粋なんだろうか。

ここで一旦店に行ってみましたが、まだまだ当分順番は回ってきそうも有りません。そこで今度は駅前でお土産を物色する事にしました。

えびの丸煎餅で「ゆかり」ってのが有るんですが、あれ名古屋のお土産だったんですね。ここで初めて知りましたよ。

再度店に戻るとなんと私達の順番は過ぎていました。仕方なく店頭で暫し待機。出来れば順番来たら連絡が欲しいところですけど、あれだけ並んでる人間にいちいち電話なんかしてらんないか・・・。

あつた蓬莱軒

そんなこんなでようやくお目当てのひつまぶしとご対面です。

待たされただけの事は有りましたが、ちょっと茶漬けが期待外れでした。出し汁を使ってたとは思うのですが、どうもお茶の味が強くてほんとに普通の茶漬けになってしまってたんですよね。

鰻やタレはこちらの方が濃厚ですが、茶漬けに関しては八百徳さんの方が好みかなぁ。

以上で今回の旅の全行程は終了、帰宅の途に付きました。

いつもの面子で巡る旅はかなり久し振りでしたので本当に楽しかったです。一年に一度位はこういう時間取りたいなぁとほんと思います。

浜松再び 

新年早々友人たちと旅行に出かけました。

行き先は浜松。実は浜松には一昨年の大晦日にも来ています。

ていうかこれで浜松に来たの3度目ですよ。どんだけ浜松好きなんだって話なんですが。

フジサーン

正月に天気が悪かった記憶って無いんですよね。
空に雲ひとつ無く富士山も綺麗に見えてます。

八百徳再び

浜松には1時近くには到着。何でも浜松は餃子でも有名なところらしいので、それを堪能出来る店をと探したんですが、そもそも殆どの店が閉まっており、それらしい店も見当たりません。

というわけで前回も来た八百徳さんを訪問。今回はオーソドックスにうな重ですよヽ(゚∀゚)ノ

浜名湖

うな重をたっぷり堪能した後、今回泊まるお宿のリステル浜名湖に直行。

寒さは半端無いですが、風はそれ程吹いてなく湖面は穏やかでした。浜名湖広いなぁ。

暫く部屋でまったりした後ひとっ風呂浴びてから夕食。食事はバイキング形式で、それとは別にすき焼きが用意されていたんですが、バイキングの方のペース配分を見事に誤りすき焼きがグダグダに(;´Д`)

何度やってもバイキングってダメですね。デザートはしっかり食べましたけどもう満腹で苦しいのなんの。

というわけで2009年が始まりました。明日はどうなることやら。