FC2ブログ

総帥Diary - 徒然なるままに -

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

FC2カウンター

プロフィール

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

GoogleAdSense

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

ブログ内検索

涼宮ハルヒの憂鬱 2期 「涼宮ハルヒの溜息II」 

冒頭、部室でウェイトレス姿に強制着替えさせられたみくるを見て、「どうも何も異様に似合ってま?す」の後に続くセリフがどうにも聴き取れなくて、散々調べた結果「カエアン製かと思いましたね」だった事が判明。

何だよカエアンってと思って更に調べると、早川SFの「カエアンの聖衣」という作品から出ている言葉らしい。

カエアン星団の人々は様々な独創的な衣装を誇り、その衣装によって文化が規定されているとか何とか。

いやさすがにそんなのコアのSFファンでも無ければ分かりませんよ(;´Д`)

電車で商店街にCM撮りに行くところで、改札まで来たところでキョンが「この2人をこの格好で電車乗せる気か!?」とか言ってますけど、学校出る前にその可能性気付くだろJK。

キョンって色々みくるを気遣ってるように見えるけど、後半でみくるの格好がもう少し何とかならないかと反論しても、ハルヒにあっさり言いくるめられて「まぁそれはいいけどさぁ」とか、あっさり引き下がったり結構適当なんですよね。

所詮人事ってスタンスは実はあまりハルヒと変わって無いのかもしれません。

CM撮影の様子は「ミクルの冒険」と比較してみるとこういう感じだったのかと興味深いですね。ヤマツチモデルショップの所はみくるの顔も「ミクルの冒険」の時に作画をしっかり合わせてたり。でも野次馬集りすぎ(;´Д`)

先ほどのみくるの衣装にしてもそうですけど、今回キョンはかなりハルヒに対して意見しています。

その1つ1つが悉く傍若無人なセリフで返されるんですが、脚本の確認での「アンタは何にも考えなくてもいいわ」「随分な言い方だな・・・」ってやりとりが今後につながるわけですな。

翌日土曜の撮影で集合した際、ハルヒが自分の衣服を見て「バス代位は出してあげる」って流れが意味分からなかったんですけど、あれキョンの衣服(のデザイン?色?)がお揃いだった事に気を良くしたかららしい。

その後のみくるの飲みかけ茶をキョンに飲ませないよう邪魔したりと今回は結構細かい描写を入れてきたなぁってのが印象的でした。

ただあちこちで書かれているように、ここまで原作のページ消化が55ページづつになってる事から、溜息が5話構成になるんじゃないかとの指摘が有り、またもや予想の斜め上を行く流れになりそうな予感('A`)

このまま「溜息」で2クール分使いきって京アニお得意の「番外編」として「ミクルの冒険」を放送して2期終了って事なのか。

消失は3期確定だなぁこりゃ・・・

GUNDAM BIG EXPO 番外編 

EXPOは終わったけれど、まだ俺たちの祭りは終わっちゃいない!

というわけで疲れた体に鞭打ち潮風公園に向かうのだった・・・

台場に着いてから潮風公園に向かう道が物凄い人波になっている事に正直びっくりしました。

以前昼間のガンダムを見た時はまだ正式公開前という事も有り、それなりの人出で広場を自由に動いて見て回る余裕があったんですが、今回はそうはいかず殆ど身動き出来ない状況。

DCF_0233.jpg

背面からはライトが照らされない為、肩など一部が光っている状態なんですが、これはこれで雰囲気出てますね。

DCF_0236.jpgDCF_0240.jpg
何とか右サイドまで移動してのショット。今日は昨日に続き湿度が高く、広場は人々の熱気で満員電車状態。お前らほんとガンダム好きだな!!

DCF_0245.jpgDCF_0248.jpg
19時になりライトアップや霧吹きイベントが始まりました。定番のBGMと共に頭が左右や上に動いたり、胸部ダクトや背部バーニア等から霧が出て来たりと観衆は大興奮。確かに今にも歩き出しそうです。

DCF_0249.jpgDCF_0252.jpg
イベント終了後少し動けるようになったので正面まで移動してパチリ。後ろに下がって見ていると、人波やテント等との対比でよりガンダムの大きさが際立つ感じがしますね。

DCF_0256.jpg

最後に逆サイドから1枚撮って退散する事に。その後込み合うゆりかもめで新橋まで移動し、居酒屋で打ち上げして解散と相成りました。

ほぼ同じ年齢のオッサン達が集まって一日ガンダムの話ばかりしていたのは、客観的に見るとアレな感じがしますが、大いにストレス発散にはなりました。