FC2ブログ

総帥Diary - 徒然なるままに -

08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

FC2カウンター

プロフィール

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

GoogleAdSense

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

ブログ内検索

ESXi on VMware WorkstationとFreeNAS 

ML115ですが、その後USB起動のESX3.5iを4.0iにアップグレードしてみたものの、単品でESXiを動かしているだけではあまり面白味が有りません。

そこで一旦趣向を変え、ML115でFreeNASを試して見る事にしました。

FreeNASは無償でCIFS、NAS、iSCSIといった各種ストレージプロトコルを動かす事が可能な優れもの。

ちなみにFreeNASはHDDだけでなくフラッシュメディアにもインストール出来るんですね。

USBにインストールしてしまえば、メモリの差し替えでESXiとFreeNASを使い分けらますので非常に便利。

導入に関する解説記事はネット上に多数存在しており、それらを拝見しながら導入を進めました。

FreeNAS1.jpg

インストール完了後、IP設定を行ってしまえば以降の設定はWebブラウザで完結します。

ディスクを初期化し、マウントポイントを作成。ひとまずCIFSの設定を行い、XPのメインマシンからノードと共有が見える事を確認。

次にiSCSI Targetの設定を行い、XPにiSCSI Initiatorをインストールしてローカルディスクとしてマウント出来る事を確認。

XPで接続するだけではつまらないので、以前VMware Workstationで作成していたESX3.5iを起動し、NFSとiSCSIをそれぞれDatastoreとしてマウントしてみました。

ESXionVMW2.jpgESXionVMW3.jpg

ESXiのiSCSI InitiatorからきちんとFreeNASのiSCSIが見えています。NFSのマウントもばっちりです。

ちなみにXPからCIFSやiSCSIで接続した際、最高で500Mbps程度のスループットが出ていた事を確認しています。

ただFTPだと良くて150Mbpsってところだったのが良く分かりません。

いずれにしてもGigabit Switchの効果は十分得る事ができたので満足しています。
PC関係  :  trackback 0   :  comment 0  :