FC2ブログ

総帥Diary - 徒然なるままに -

04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

FC2カウンター

プロフィール

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

GoogleAdSense

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

ブログ内検索

PayPalの落とし穴 

ポンドが130円前後で推移しているので、またWiggleさんでお買い物でもするかとあれこれ調べていたら、英国にはChain Reaction Cycleという別の大手通販サイトが有る事を知りました。

Wiggleのようにサイトコンテンツの日本語化はされていないものの、価格の円表示には対応しているようです。

「在庫管理が怪しい」「発送が遅い」と言った話を見かけるものの、概ねWiggleより安い価格付けがされている事は実に魅力的。

そんなわけで物欲丸出しでIYHする気まんまんであれこれ漁っていたのですが、そこで支払いに使用するPayPalについて気になる話を見かけました。

どうもPayPalではデフォルトだと支払い手続き時に円→相手国通貨の両替手数料2.5%が上乗せされ、更にクレジット会社の手数料1.63%がかかるようなんですね。

確かに前回サイクルジャージ買った際、ポチった時の為替レートと請求書の額が合わないなぁとは思っていたんですが、よもやこんな手数料がかかっていたとは知りませんでした。

この問題は先ほどの支払い手続き時に、支払い通貨を自国通貨から相手国通貨に変更する事で回避出来るようです。

こうする事でカード会社から相手国通貨での請求がされ、カード会社のレートと手数料で円換算の請求が行われると。

PayPal為替レートを選んだ場合、手続き時点のレートで請求金額が確定するようなので、決済先がカード会社と決済するまでのタイムラグによる為替変動リスクを回避出来る、という点でメリットが有るのかもしれませんが、それにしても一日で3?4円も為替が変動する事はそう無いと思いますので、PayPalレートを選ばない方が無難でしょう。

購入する金額にもよりますが、こういう情報は知らないと損ですよね。

海外通販は奥が深い。勉強になりました。