FC2ブログ

総帥Diary - 徒然なるままに -

05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

FC2カウンター

プロフィール

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

GoogleAdSense

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

ブログ内検索

ワイドレシオへの道 



先日の佐渡で登りの厳しい洗礼を受けた際、一番きつかったのはインナーローにしてもまだ足りなかった事です。

ノーマルクランクでの登りは厳しいだろうと予想はしていたものの、まさかあそこまでしんどいものとは・・・

別にヒルクライマーを目指しているわけでは有りませんが、今後もまた山を走る機会は有るでしょうし、もう少し登りを改善出来ないものかと考えました。

最初はコンパクトクランクへの換装を検討したのですけど、フロントをコンパクトにしてしまうと、ギア比が変わる事で走行感もガラッと変わってしまう気がします。

そこで考えたのがスプロケットのワイドレシオ化です。

現在のCS-5600は12-25Tで、これを今回調達したCS-5700の12-27Tに交換します。

こうする事でロー側の最後2枚が23-25Tから24-27Tになりますので、「あと1枚ローが有れば」という思いに答えてくれるに違いない!

CS-5700を選んだのはあまり深い理由は無くて、CS-5600より値段が安い店を見つけたから。

12-27Tのギア比は5600/5700いずれも同じなので、旧105環境での使用は特に問題無いだろうと判断。

ちなみにCS-5700には11-28Tというのも有って、最初はこれに交換する気まんまんでした。

しかし色々調べていく内にスプロケットの交換にはRDのトータルキャパシティを考慮する必要が有る事が判明。

現在のノーマルクランクのギア比が39-53Tであり、これと11-28Tを組み合わせるとトータルキャパシティは31Tとなります。

しかしRD-5600(ショートケージ)で許容可能なトータルキャパシティは29Tまでとなっており、11-28Tにしてしまうとこれをオーバーしてしまうわけです。

ちなみにRD-5700(ショートケージ)のトータルキャパシティは、ULTEGRA/DURA-ACEと同じ33Tまでらしく、新105であればスプロケットの選択肢が広くなるわけですね。うーむ羨ましい。

一緒に映ってるDURA-ACEのブレーキシューですが、これはワイドレシオとは関係有りません。BR-5600とも互換性が有るそうなので一緒に注文してみました。

こういうカスタマイズが出来るのは楽しいですね。