FC2ブログ

総帥Diary - 徒然なるままに -

01 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

FC2カウンター

プロフィール

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

GoogleAdSense

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

ブログ内検索

CHAOS;HEAD その後 

夜や休日を使ってCHAOS;HEADをぼちぼちプレイ中。

ここまでに辿りついたエンディングは「silent sky(エンディングA)」、「daydream(七海ED)」「月と太陽(優愛ED)」、「罪過に契約の血を(あやせED)」、「デウス・エクス・マキナ(セナED)」まで。

でプレイしての感想ですが、いやぁここまで感情移入出来ない主人公も珍しい。

吉野の演技は実に秀逸で、主人公のキモさを的確に表現しています・・・がそれ故に何度も主人公の音声だけOFFりたくなりました。あのドモり喋りは酷すぎる(;´Д`)

トータルプレイ時間が30時間も経過した今はあのキモイ喋りにも慣れましたけど、ほんと最初はしんどかった。あれと比べればオカリンの厨二病なんて全然問題無いレベルでフゥーハハハ!。

トゥルーEDは未見なので作品に対する最終的な評価はまだ避けますが、ここまで進めて来た限り他ヒロインとのEDはどれも満足行くものでは無かったです。

Wikipediaを見るとPC版のCHAOS;HEADは梨深ルートしか無かったようで、XBOX版で他ヒロインのルートが追加されたらしい。

だからかは分かりませんがどうにも後付の「やっつけ感」が拭えず、厳しい言い方をするならどれも話が薄っぺらい。

その中でもセナ編は特に酷かった。父親との決着もきちんと付いていないし、主人公との絡みも大して無いまま何だか良く分かずエンディングに流れ込み、しかも結局二人とも死んでいたという何とも救いの無いエピローグのオマケ付き(;´Д`)。

その点シュタゲはそれぞれのヒロインとの話がしっかりと描かれ、その1つ1つが物語に欠かせない要素になっているので、マルチエンディングで有っても1本筋の通った話になっているんですよね。

だからこそ主人公に感情移入し話の展開に目頭を熱くもしたわけですが、CHAOS;HEADには今の所そういう要素は見当たらずエンディング後の余韻も特に無し。

先日購入したホビージャパンのカオスヘッド&シュタインズゲートのムックで、カオスヘッドのページがかなり少なかったのも何となく頷けます。シュタゲ程掘り下げて考察する要素が無いんだろうなぁ。

「科学アドベンチャーシリーズ」とは言うものの、CHAOS;HEADはあくまで妄想ファンタジーですから仕方ないっちゃ仕方ないんですが・・・

トゥルーEDを見た後、ここまでの評価が果たして変わるのか。有る意味楽しみ。
ゲーム  :  trackback 0   :  comment 0  :