FC2ブログ

総帥Diary - 徒然なるままに -

05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

FC2カウンター

プロフィール

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

GoogleAdSense

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

ブログ内検索

比翼恋理のだーりん 鈴羽ED 

ガジェット12号機を腕に嵌めないよう忠告するDメールを送信しないと、今度はDメール実験そのものを良く考えるよう文面が変化。

このメールを送信すると待っていたのは鈴羽ルートでした。

この世界線では2036年にディストピアは存在せず、鈴羽はタイムマシンを使って失われた過去の遺産を回収する仕事に就いているとの事。

その仕事はそれなりに選ばれた人間しか出来ないようで、仕事への対価として好きな時代に滞在する事を許されるそうな。

で鈴羽が選んだのが、ダルと鈴羽の母親(阿万音由季)が運命的出会いをしたという2010年の夏コミマだったと。

2010年にやってきて過去の父と出会えた喜びから思わずダルに抱きついてしまった鈴羽。その行為は彼女を未来の娘と知る由も無いダルの大いなる勘違いを招く結果となります。

その後モテ期が来たと思い込んだダルが激しく増長して行く姿が描かれるわけですが、最初こそノリで笑えたものの見ていて段々痛々しくなってきます。

特に鈴羽から事情を聞かされたオカリンが、何とか軌道修正しようとして結局ダルと口論になる辺りはもう見ていて辛かったですね。

まぁ本編でこういう険悪な二人を見る事は無かったわけで、こういう感情剥き出しのやりとりがあるのも一つのリアリティなのかもしれませんが・・・

最終的にはアトラクタフィールドによりダルと由季は無事邂逅を果たし、それを見届けた鈴羽は未来に帰ります。

残念ながら由季の顔は見れませんでしたが、声はしっかり田村ゆかりが演じてましたね。

でエピローグはBTTFよろしく、別れたばかりの鈴羽がまた2010年にやってくるところで幕を閉じます。

「オカリンおじさん」から「リンリン」に呼称が変わった理由が物凄い気になる。

ていうか「若い時も捨て難い」って意味深なセリフ、未来では年の差カップルになっているのかなぁ?

ゲームは無理でも別の媒体で続きが見たいもんですね。

いよいよ残るは紅莉栖とまゆりのみ。
ゲーム  :  trackback 0   :  comment 0  : 

比翼恋理のだーりん るかED 

本編のアニメではいよいよ12話でまゆりが死ぬ所まで来ましたね。

ただ萌郁が少しづつ追い詰められていく所や、まゆりを射殺する際のやりとりがざっくり端折られていたりと、物語が大きく動く場面としてはやや盛り上がりに欠けたなぁ、というのが正直な感想。

オカリンの「飛べよおおおおぉぉぉぉ!!!」でタイムリープする所まで一気に駆け抜けてくれればかなり熱かったんですけどね。次回に超期待。

で、だーりんですが、るかEDに到達しました・・・けど何なのこれ(;´Д`)

男のままのるかとの関係をどうするのかと思ってたら、空にドラゴンが現れワケの分からん特訓に話が逸れてしまいます。

途中ちょっとシリアスな感じになりますが、そこから話が広がる事も無いまま打ち切り漫画の如く駆け足で物語は終了。

結局あのドラゴンは紅莉栖の開発したタイムリープもどきのガジェット13号機から携帯経由でオカリンの脳に転送された幻覚でしたというオチで、肝心のるかとの関係はうやむやのまま。

いやはやこれはちょっと酷すぎますね、あまりに話が薄っぺらすぎる('A`)

まぁ濃密なホモスレのような展開されても困り者ですが、もうちょっと何とかやりようがあったんじゃないでしょうか。これなら個人の書いてるSSの方がなんぼかマシ。

残りは鈴羽、まゆり、紅莉栖ですが、もうちょっと読ませる話になる事を期待しましょう。
ゲーム  :  trackback 0   :  comment 0  : 

イヤッッホォォォオオォオウ! 



2度目のeBayイヤッホウ!

IMG_0337.jpgIMG_0338.jpg

夏用のジャージとビブタイツは昨年Wiggleで購入してたんですが、eBayでGIANTのTeam?ジャージ&ビブタイツセットがぼちぼち安かったので勢いで購入。

6/18の夜にポチって6/20に発送連絡、今日の午前に到着しました。

セラーは中国でChinapost発送。「こりゃ2週間待ち確定かな?」と思ってたので、予想より早い到着にちょっとびっくり。

早速合わせてみたところ、うーん・・・デザインはともかくフィット感が微妙(;´Д`)

今回上下共Mを選択したのですが、ジャージはダボ付き気味でちょっと前傾になっただけで胸元が余ります。これはSならもうちょっとピッチリしたのかなぁ。

ビブタイツの方はほぼぴったりなんですが生地の伸縮性が弱いので、ビブを肩にかけたままだとトイレで小をするのはまず無理っぽい。

それとケツパッドにCOOLMAXの3Dパッドが付いているのですが、これがどうも前付きのようで肝心のケツが余り保護されているように感じないのが難点。

最初前後間違えて履いたんじゃないかと焦りましたよ。

デザイン性を考えればこの上下なんですけど、ビブタイツについては昨年買ったカンパの方が断然フィット感が良いですね。

折角買ったので取り合えず1度はこれで走ってみようと思いますけど、下はカンパになりそうな予感。

イヤッッホォォォオオォオウ! 



モラタメってサイトで注文していたポテリッチ10袋分が到着。

このサイト、条件クリアと抽選の上タダで貰える商品と送料のみ負担でお試し可能な商品を掲載しており、今回のポテリッチは後者のパターン。

ただ送料のみと言ってもこれ735円かかってるんですよ。この手の商品の送料としては幾分高い気がしますが、それでも1袋70円ちょいと考えればまぁ確かに安いのかな。

早速1袋食べましたが、まぁ普通にギザギザのポテチですな。リッチと言う程の高級感は正直無いかなと。

比翼恋理のだーりん フェイリスED  

ガジェット12号機のところで紅莉栖か萌郁かしか分岐しようがないと思ってたんですけど、ここでDメールをどう送信するかで少しづつ進行が変わるんですね。

ガジェット9~12号機の開発全てを止めるメールを送信しないと、次はガジェット12号機のみ止めさせる展開に変わります。

このDメールを送信すると次はフェイリスルートに突入しました。

ガイアが輝けと囁く4℃の人が登場し、第3次秋葉原メイドカフェ戦争勃発。

ファンドをバックに付けた4℃が仕掛ける卑劣な作戦でピンチに陥ったメイクィーン ニャンニャンを盛り返す為、ラボメンガールズ総動員で奮闘。

本編では見られなかった紅莉栖・萌郁・鈴羽・るかのメイド服姿を拝む事が出来ました。

しかし人と話すのが苦手な萌郁が、あっさりメイドに扮していたのがちょっと違和感有りましたけどね(;´Д`)

正直フェイリスには余り思い入れが無いので、それ程感情移入出来るシナリオでは有りませんでしたが、萌郁よりは一歩進んだ関係が描かれていたのは良かったです。

というわけでフェイリス攻略完了。

キャラ分岐のポイントが分かったので次の選択肢を確認したところ、12号機のみの開発中止メールを送信しないと、今度は12号機を腕に嵌めないよう指示する内容に変化。

このDメールを送信した結果、今度はるかルートに突入しました。

本編ではDメールにより女性になってしまう世界線で物語が進行したのですが、今回は男のままなんですよね。

う~BLは守備範囲外なのでこのまま話を進めるのがどうにも怖いんですけど(;´Д`)
ゲーム  :  trackback 0   :  comment 0  : 

電動ULTEGRA 解禁 

かねてから噂されていた電動DURA-ACEのULTEGRA版。正式名称はULTEGRA 6770 Di2だそうな。

その情報が20日に解禁され、あちこちで記事を見かけるようになりました。

電ヅラとの互換性は無さそうですが、クランク等含めた一式でも総額18万程度で収まるのは魅力(電ヅラだと一式買うと33万弱)。

ただ私の場合既にクランクはFC6750に換装済みですし、ホイールをWH-7850-C24にした際にスプロケもCS5700にしてますから、キャリパーブレーキが旧105のままでも問題無いなら、12万弱のDi2基本キットのみで夢の電動化が実現可能!

ショップによっては20%引きを謡ってるところも有って、これだと10万切っちゃうじゃないですかハァハァ・・・

実際に出荷されるのは秋口っぽいので暫く先の話ではあります、これは実にけしからん。

IYHerの血が騒ぐぜ!

あ、それと10速Tiagraも本当に出るんですね。12-30Tのスプロケが用意されていてワイドレシオで乗り易そう。

ただこれだといよいよ105との差別化が難しくなるんじゃないかなぁ。きっと2012年モデルではこれ搭載したのがばんばん出てくるんでしょうね、テラウラヤマシス。

ていうかTCR Adv3買った時も翌年に新105が出て、今回もまた同じパターン繰り返すとかどんだけヽ(`Д´)ノ

比翼恋理のだーりん 萌郁ED 

るかからクリアしようと思って序盤のメールはるか以外スルーしていたんですが、そのまま進行していくと未来ガジェット12号機「ダーリンのばかぁ」の登場で紅莉栖ルートに突入してしまいそうな展開。

そこでガジェット開発を取り消すDメールを送信した結果、ガジェット開発を断念した代わりにラボメンバンドで動画投稿サイトの懸賞を狙う世界線に移動。

そのバンドボーカルを何とくじ引きで決まった萌郁が努める事になり、そこからあれよあれよと言う間に萌郁ルートに突入。

萌郁は本編での扱いがあまりに救いが無く、彼女のルートも存在しませんでした。そこでドラマCD γ「暗黒次元のハイド」で一応の救済がされたわけですが、あちらは大きく設定が異なる世界線での物語でしたので、今回ようやく報われたかなと思います。

と言っても本編程濃密な人間ドラマを描く所まで掘り下げられてはおらず、ボリューム不足で物足りなさを感じはしましたけど、ようやく本当の意味でのハッピーエンドを見られました。

また本編ではFBとして偽りの母親を演じていたミスターブラウンが、この世界線では父親代わりとして萌郁を支えていたのもベタだけど良かった。

シュタインズゲート到達後の世界線でも二人は依然としてラウンダーですから、そうしたCERNの脅威と切り離された二人が家族のように心を通わせているのが見ていて純粋に嬉しいんですよね。

出来ればあの後のオカリンと萌郁を見てみたかったなぁ。
ゲーム  :  trackback 0   :  comment 0  : 

SUPER STREET FIGHTER IV AE 

スパ4 AEってもう発売されてたんですね。比翼恋理のだーりんの事しか頭に無かったので、発売日さっぱり知りませんでした。

スパ4自体それ程やり込んではいなかったのですが、殺意の波動に目覚めたリュウが使いたかったのでDLC購入。

実はこれが初めてのゲイツポイント使用だったりします。

しかしDLCは1200Pなので300P余ってしまった。

まぁまた何かで使う事も有るかと思いますけど、出来れば100P単位で購入出来ると良いかなと思います。

ところで殺意の波動に目覚めたリュウの胸に何か穴みたいの空いてるんですけど、あんなの前から有りましたっけ?
ゲーム  :  trackback 0   :  comment 0  : 

STEINS;GATE 比翼恋理のだーりん 



待ち望んでいた「比翼恋理のだーりん」がようやく手元に来ました。

Amazonでは「17日にお届け」と書かれていたので、「フラゲできてラッキー!」とテンション上がったんですが、元々発売日は今日だったんですね。

まぁフラゲ云々はおいといて、Konozamaを回避出来た事を素直に喜ぶべきなんでしょう。

さて久し振りに箱○の電源を入れるとしますか。
ゲーム  :  trackback 0   :  comment 0  : 

中華Androidタブレット ゲーム編 

ゲームと言ってもエミュですけどね。

まずWiiのリモコンをBluetooth接続するツールを導入。

いくつか定番が有るようでしたが、私が入れたのはRWiimoteです(要root)。他のはIMEとして利用するような作りらしいですが、RWiimoteは起動して接続後すぐに利用出来るようになります。

Androidの操作そのものがWiiリモコンで出来てしまうのは何か不思議な感じがします。

ただ認識にちょっとクセが有るようで、Connectをクリックしてリモコンを認識させようとすると結構な頻度で無応答のエラーになります。

まぁ何度かトライしていると認識しますし、一度認識してしまえばその後は普通に使えるのでひとまず見なかった事に。

エミュは取り合えずSned9x EXを試してみましたが、Keyマップを調整すれば普通に操作OKでした。

Wiiリモコンなのでスト2のようにボタンを複数操作する格闘ゲーは厳しいですけど、ちょっとしたアクション系なら問題無い感じ。

こんなにお手軽にWiiリモコンを他のデバイスで使える時代になってたんですねぇ。

Wiiのクラシックコントローラ買おうかなぁ・・・

イヤッッホォォォオオォオウ! 



この前買ったライフガードがそろそろ飲み終わりそうだったのでAmazonで再注文。

最初に1000円弱で買ったのに比べれば割高だけど(゚ε゚)キニシナイ!

ついでに緑茶も購入。

なんかもうAmazonで飲み物買うのがすっかり定着してしまいましたよ。

楽天でも似たような金額は見かけますが、送料無料のAmazonにイニシアティブが有るわけで。

中華Androidタブレット USBキーボード 

M7003Bと同時に購入していたレザーケース+UBSキーボードですが、購入してから放置していたのをようやく試しまして、結果いくつか問題が有る事に気付きました。

・文字入力時にEnterキーでの改行が出来ない。

色々調べた結果、/system/usr/keylayout/qwerty.klを修正する事で解消しました。

KeycodeCheckerをインストールしてEnterキーを押してみると、帰ってきたコードは28。で、私の環境のqwerty.klを見てみると、28にはDPAD_CENTERが入っていてENTERがどこにも見当たりません。

DPAD_CENTERってのはトラックボールのクリックらしい。文字入力結果の確定は出来るのに改行出来ないのはこのせいだと判断し、28をENTERに変更したものをSCP経由でnandにコピー → OS再起動で無事改行出来るようになりましたヽ(゚∀゚)ノ

ただこれのお陰でブラウザのリンクでEnterキーを押しても無反応になった為、チルダにDPAD_CENTERを割り当てる事で回避しています。

この件を調べている内に日本語入力と英語入力切り替えがShift+Spaceで出来る事が分かったので、これでUSBキーボードでの文字入力環境が大体整ったかなと。

・FirefoxでIMEと連動しない。

Firefoxでキーボード入力に反応するものの、IMEでの入力が出来ません。

Shimeji、OpenWnn、ArtIMEのどれもダメ。標準ブラウザでは問題無いので、これはキーボード云々ではなく多分Firefox側の問題と思われます。

・USBキーボードが接続された状態でスリープに入ると復帰不可になる

後からキーボードを外してもダメ。文章打ってる時はスリープに入らないよう気をつけないといけませんね。

中華Androidタブレット ファームウェア更新 

M7003Bの6/2版ファームウェアを更新しました。

結局Titanium Backupは使いませんでした。というのもユーザーアプリのバックアップを実行すると、どうしても途中で止まってしまうからです。

必ず同じアプリで止まるわけでは無く、どうにもお手上げ。

というわけでアプリは手動でリカバリーする前提でファームウェア更新を実行。

その後z4rootで恒久的root乗っ取り、ShareMyAppsで自分宛にメールしておいたアプリ一覧を確認しながら、マーケットより適宜再インストール。

今回気付いたんですが、ファームウェア更新ってnandの中身をフォーマットするわけでは無いんですね。

アプリがインストールされていた情報はクリアされてしまうけど、データ自体はnandに残っていると。

rootを乗っ取り後、BusyBoxを入れてないのに端末エミュレータでPingコマンド叩けたのも多分この関係なんでしょう。

ファームを上げても音量ボタン操作の画面タップ無反応や、Titaniumのバックアップ問題等は解消されませんでした。

タブスレやググっても同じ問題言ってる人見かけないので、これは私の固体に特化した問題なのかなぁ。

今はまだそんなにアプリ突っ込んでないので、全部手で再導入でもそれ程時間かかりませんけど、長く使っていくと面倒臭い事になりそうですね・・・。

G465 SSD換装 

結局WinPE-tchでの起動メディア作成はうまくいきませんでした。Windows7 64bitでも使えそうなんですけども。

仕方無いのでUSBメモリ起動+NASの組み合わせは断念し、以下の段取りで作業を進めました。

・Windows7にParagon Backup & Recovery 2011をインストール。
・OS起動状態でフルバックアップを取得。保存先はNASに。
・NASに保存したバックアップイメージを内蔵SATAにコピー。
・Paragon Backup & Recovery 2011のUSB起動メディアを作成。
・本体をシャットダウン。内蔵SATAをSSDに交換。
・USBメモリでParagon Backup & Recovery 2011を起動。内蔵SATAは「裸族の頭」USBで外付け。
・内蔵SATA内のバックアップイメージをSSDにリストア。

USBメモリでの起動時、Normal Modeを実行すると画面がブラックアウトして先に進みませんでした。

起動メディアはCDも作れるのでこっちも試しましたがやっぱりダメ。

Safe Modeだと起動出来ました。Safe ModeでもSSDとUSB接続のSATAは見えていたので、リストアはこの状態で実施しています。

当たり前ですがSSDにした事で起動はかなり早くなりました。

それと今回初めてParagon Backup & Recoveryを使ったのですが、無料でこれだけ使えるのは本当に凄いですね。

さすがに内蔵SATAを毎度「裸族の頭」で外付けするのは面倒なので、AmazonでSATAの2.5インチHDD外付けケースをポチりましたよ。勿論バスパワードのやつ。
PC関係  :  trackback 0   :  comment 0  : 

中華Androidタブレット 気付いた点 

M7003B(買った店ではこの型番では無いですが)へのアプリ導入も人段落ついたので、触っていて気になる点をいくつか。

・ボリュームボタンを操作すると画面タップが効かなくなる。

純粋なボリューム操作やボリュームボタンでの画面スクロールなど、とにかくボリュームボタンを押してしまうと、その後画面タップに反応しなくなります。

右サイドにある戻る、検索、設定、ホームの4つは反応するので、スクリーン内だけの問題っぽい。

一度スリープして戻るとまた操作出来るのですが地味に困ります。

・PCにUSB接続してストレージを有効にすると固まる。

何度か試すとうまくいく時も有るんですが、結構な頻度で固まります。

母艦からのデータコピーはSDカード使うなり、無線LANでSCPするなり代替方法は有るんですが、どうにも気になります。

どちらも初期状態でどうだったのか今となっては確認する方法が無いので、私の環境固有の問題かもしれません。

6/2版ファームが出ているようなので、アップデートして直後の動きを見るのも手かなとは思いますが、折角環境整えたのがやり直しになるのが面倒下さい('A`)

Titaniumをまだうまく使えてないので、もうちょい様子見かなぁ。

イヤッッホォォォオオォオウ! 



LenovoのG465ですが、購入時にメモリを追加したものの、やはりHDDが足を引っ張っている感は否めません。

あまりコストをかけずに高速化したいと考えていたところ、丁度ツクモのネットショップでKingstonのSSDが安売りしていたのでポチりました。

まぁ容量は30GBなので、今入ってるHDDは外付けとして併用する必要有るでしょうね。

ゼロから入れ直すのはめんどいので、前に作成したUSB起動のBartPEでNASにバックアップを取ろうとしたところ、OS起動途中にBSOD発生。

G465にXPをインストールしようとして同じ現象出ている話を見かけたので、恐らくそこで話に出ているAHCIドライバ関連の問題でしょう。

以前WindowsPE2.0を試した事が有ましたが、今はWindows7世代のWindowsPE3.0が主流です。

これとTrueImageの組み合わせで作ろうと思い、WinPe-tchってのを試したんですがどうにもうまくいきません。

TrueImageの組み込みでこけているのかと思いPEのみ作る設定にしても、USBへの書き込みもISOイメージ作成も失敗します。

色々調べたのですがどうにも打開策が見つからず今日の所は時間切れ断念。

明日に持ち越しです・・・
PC関係  :  trackback 0   :  comment 0  : 

BusyBox for Android 

日本語フォントの差し替え時にSSHDroidを導入しました。

最初考えた手順は以下の通り。

1. 母艦からSDカードにフォントをコピー。
2. PuttyでタブレットにSSHログオン。
3. SDからnandにフォントをcp。

rootでのSSHは最初から許可されていたので、早速コンソールでcpしようとすると「cpなんてねーよバーヤ」。

アルェー?パス通ってないのかと思いfindしようとするとこっちも実行不可。

あまりUnix/Linux系には明るくないので、「Shellが違うから?」とか見当違いの方向に意識が飛びそうになりましたが、いくら何でもShellが変わってcp使えないとか無いだろJK。

ようするにそもそもこの辺の基本コマンドがnand内に存在しないんですね。

で、その辺をカバー出来るのがBusyBoxらしい。

Android用にコンパイル済みのファイルが提供されていたので、これを導入したところ無事cpやらdfやらを実行出来るようになりました。

こうやってあれこれ弄れるのはほんと面白いですね。明日も仕事だってのに、ついつい時間を忘れて熱中してしまいます。

中華Androidタブレット その後 

到着後軽くアプリを入れて動作を試していたのですが、かなりの頻度で固まります。

特に顕著なのがスリープからの復帰でおかしくなる症状。

タップには反応するもののすぐにスリープに戻ってしまい、電源落として再起動しない限り元に戻りません。

2chのタブレットスレを見ると、この点は5/25版のファームで改善されているようなので早速アップグレードしました。

結果としては確かにスリープ復帰での不安定さは解消されたようです。

あれこれアプリを試してみたいところですが、取り合えず真っ先にやったのがroot乗っ取り。

z4rootはAndroidマーケットからは無くなっていたので、ネット上で探したpakをSDカードに突っ込み実行。

恒久的rootの取得も問題有りませんでした。

root化の初期目的だった無線LANアドホック対応は不要になったので、代わりに試したのがフォント差し替えです。

ただ調べてみると、/system/fontsにそもそもDroidSansJapanese.ttfが存在しませんでした。

なので実際にやったのは差し替えというより、DroidSansJapanese.ttfの新規コピーとなります。

このテーマで調べるとPCにandroid SDKをインストール、タブレットをUSB接続してadbシェルを使ってコピーするのが定番の手法らしいのですが、どうにもこの流れが面倒臭い。

色々考えた結果、SSHDroidでSSHを有効→WinSCPでタブレットにrootログオン→/system/fontsにDroidSansJapanese.ttfをコピー。

タブレット再起動後に日本語フォントが変更された事を確認しました。使用したのはモトヤLマルベリ3等幅フォントです。

標準の漢字が色々怪しかったのが解消されたので大満足です。

さてこれで本格的にアプリをあれこれ試せる状態になりましたよ。