FC2ブログ

総帥Diary - 徒然なるままに -

06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

FC2カウンター

プロフィール

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

GoogleAdSense

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

ブログ内検索

のりりん 

名前は聞いた事が有りましたがこれまで未読だった「のりりん」を読みました。

自転車漫画はアオバ自転車店位しか読んだ事無いんですけど、のりりんはまた違ったベクトルの作品です。

アオバは昭和の香りがする浪花節と自転車ルール啓蒙の道徳書って色が濃いんですけど、のりりんは決してそういうノリでは無いんですよね。

そもそも主人公が自転車乗りを鬱陶しく思ってる車乗りで、それが色々あって嫌々ロードに乗る羽目になる流れが面白い。

私も今ではすっかり自転車にハマったくちですが、最初は正直乗り気では無かったんですよね。

会社の同僚にしきりに勧められてものらりくらりと逃げてましたし。

今もまだ完全に吹っ切れたわけではないですけど、レーパンとヘルメットの組み合わせにもかなり抵抗有りましたから。

ですからノリが自転車乗りに対して毒づく所も何となく分かる部分は有ります。

そんなノリも不本意ながらも自転車に乗る機会が増える事で段々意識が少しづつ変わってくるのですが、そこに感じの悪いローディ等々力が登場します。

ハンドサイン無しで車線変更しようとした杏さんを乱暴な口調で怒鳴りつける等々力。

ていうか本気のロード乗りでも無ければハンドサインなんぞしやせんでしょうし、そもそも免許無い人にはハンドサイン自体がイミフ。

まぁノリと対決させる為にはあの位のステレオタイプでないとダメなんでしょうけど、あれはどうなんだろ。

で、最新刊の3巻ではいよいよ等々力とノリの対決が描かれます。

その中で「横断歩道を自転車は走ってはいけない」という話が出てきて、それを逆に利用したノリが等々力との勝負を有利に進める件があるのですが、実際現実ではこれ守るの難しいですよね。

軽車両である自転車は自転車横断帯の無い横断歩道を歩いて渡る必要が有る、って理屈は分かるんですけどそれを実践してる自転車ってほぼ皆無では無いかと。

ノリと等々力の勝負は3巻で綺麗に決着しましたので、今後はノリがどう自転車と向き合う事になるのかそれが非常に楽しみです。