FC2ブログ

総帥Diary - 徒然なるままに -

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

FC2カウンター

プロフィール

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

GoogleAdSense

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

ブログ内検索

Steins;Gate #20 「怨嗟断絶のアポトーシス」 

萌郁編完結。

さすがに綯覚醒は無かったですね。あれやろうとすると尺足りなくなるでしょうし。

萌郁は未来からタイムリープしてきた綯ではなくミスターブラウンに射殺される事となり、その結果色々と演出が微妙な感じになりました。

ミスターブラウンが萌郁に連絡を取らなくなったのは、IBN5100が見つかった後彼女が処分されてしまうのを避ける為の配慮だったのでは?という設定が有るのですが、それを「裏切ったから」という理由であっさり射殺してしまったので、その辺全部ぶっ飛んじゃったんですよね(;´Д`)。

そもそも天王寺家から外に出る必要が有った関係で鈴羽に関する会話が大幅にカットされてしまったのも残念。

橋田鈴の話を持ち出されて動揺する所や鈴羽のモノローグが入るからこそ、あの後彼が自害した結末が刹那的なものとして映るんですがねぇ。

どうしてこうなったのかという問いかけに「色々あったんだよ」と一蹴していた原作と異なり、自らの生い立ちを饒舌に語っていたのにもちょっと違和感を覚えました。

原作での彼はどこか底が見えない不気味さや大物感が有ったのに、これだと中間管理職のオッサンが追い込まれて自殺したようにしか見えないのが何ともはや(;´Д`)。

萌郁が死の間際にまゆりを殺した事(正確にはあの世界線では未遂)を詫び、それをオカリンが赦す場面なんか盛り上がる所なんですが、その辺もバッサリカットされてしまいました。

こうした積み重ねがあるから、シュタインズゲート到達後の世界における天王寺親子と萌郁の姿に感慨もひとしおなわけですが・・・

あと4話でシュタインズゲートに到達できるのか段々不安になってきましたよ。