FC2ブログ

総帥Diary - 徒然なるままに -

06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

FC2カウンター

プロフィール

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

GoogleAdSense

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

ブログ内検索

イヤッッホォォォオオォオウ! 



つーわけでポチってたシュタゲ関連のコミックが到着。と言っても5冊中4冊は古本なんですけども。

MFコミックの「しゅたんずげーと!」は前から気になってたんですが、絵は結構丁寧で期待していたよりも良かったです。まだ1巻の半分位までしか目を通してないですけど概ね良好。

マジキュー4コマの方は取り合えず3巻まで購入。ちなみに今の所5巻まで出てるようですね。

で、こっちは取り合えず1巻を読んでみましたが、アンソロなんで作家によってバラつきが有るのは否めないなぁ。

正直結構きっついのも有ります(;´Д`)。

この手のは勢いで読まないと厳しいかも。

Steins;Gate 「変移空間のオクテット」クリア 

昨年買って積み状態になってた「変移空間のオクテット」をクリアしました。

積みとは言いつつプレイは初めていたんですが、万世橋で棺桶持った黒尽くめの男が出てくるところで詰まってしまい、そのまま放置してたんですよね。

LAOXの看板からXの部分を取り外して、それを棺桶の十字架部分に嵌めれば良いのは分かってたんですけも、それを実行するコマンドが「attach」ってのが出てこなかった(;´Д`)。

必死に「put」とか「push」だとか試してたのに、これに気付かないとは・・・。情けない。

その後は比較的トントン拍子に進みましたが、ラジ館の屋上でタイムマシンに乗った鈴羽が未来に帰るところを目撃した紅莉栖を宥めるのに「kiss」「hug」ってのもちょっと無理が有りましたね。

あとはIBN5100と融合してしまった拓巳を解除する為のパスワードが、CHAOS;HEADで拓巳が編み出した公式である「fun10×int40=Ir2」だったのもかなり無理ゲー。

CHAOS;HEADはプレイしてましたけど、自力でこれには辿り付けませんでした。

終盤の拓巳とオカリンの掛け合いは「科学ADVシリーズの競演!」って感じで盛り上がりましたけど、やはりボリュームの点ではいかにも物足りない。

何かのオマケについてくるレベルなら文句無しですが、5000円売りの単独商品としては正直不満です。

せいぜいDL専売で1000円ってとこでしょう。昔懐かしの装丁やCDなどの要素は限定版にしてくれれば良かったのに。

とぼやきながらアンソロコミックを何冊かポチってる俺ガイル。

Foooooooooooo!!まだまだシュタゲ熱は冷めやらないぜ!
ゲーム  :  trackback 0   :  comment 0  : 

目撃ドキュン 

目撃っていうか巻き込まれたわけですが、ムカっぱら立った話。

比較的早く上がれたので、会社帰りにスーパーに寄ったんですよ。

店専用の駐輪スペースは無いところなんで、みんな店前に無断路駐する事になります。

寄った時間が夕飯時だった為、路上は満員御礼で隙間がかなり厳しい状態。

悪いなぁとは思いましたが、この込み具合では他に止める場所も無いので、仕方なく気持ち空いていたところに入れさせて貰いました。

で、買い物済ませて自転車出そうとしたところ、私の前を歩いていたスキンヘッドのいかにもDQNな格好したデブが、私の自転車の隣に止めていたMTBに向かったんですよ。

「あー間が悪いなぁ」と内心思いつつ、こっちが邪魔になってるのは分かってたので一言詫びて先に自転車出そうと体を入れた瞬間、このデブが無理やりMTBを引っ張り出しました。こっちの動きを見た上でわざと。

当然こっちの自転車はまだ出せてないので、デブのMTBペダルが私の脛にガツン。

予想外の展開に頭が付いていかず、文句を言うタイミング一瞬失ったところに、このデブが発した「重ねてんじゃねーよ!」の一言でこっちも完全にキれました。

私も同じ状況でイラっとする事は有りますけど、だからといってここまで乱暴な行動や言動が容認される道理は無い。

そもそも無断駐輪してるのはあっちだって同じなわけで、そこまで偉そうに指図される言われも有りません。

穏便に済ませる気持ちも失せたのでこっちも文句を言い返したんですけど、それに返ってくるのは「死ね」の連発。

幼稚園児じゃないんだからもうちょっと他に何か言葉知らないのかと、怒りよりも呆れが上回り始めます。

口論では敵わないと思ったのか単に沸点が低かったのか知りませんが、仕舞にはMTBを私のママチャリにガシガシぶつけてくるという、想像の斜め上を行く荒業を繰り出して来ました。

どうみても基地外です、本当にありがとうございました。

このままこのアフォの相手してたら、その内荒川スレのテンプレみたいに

   ,.、,、,..,、、.,、,、、..,_       /i
  ;'`;、、:、. .:、:, :,.: ::`゙:.:゙:`''':,'.´ -‐i
  '、;: ...: ,:. :.、.∩.. .:: _;.;;.∩‐'゙  ̄  ̄
   `"゙' ''`゙ //゙`´´   | |
       //Λ_Λ  | |
       | |( ´Д`)// <MTB なめんな!
       \      |
         |   /
        /   /
    __  |   |  __

とかやりかねない感じだったので、適当にあしらってその場を去りました。まだ「死ね」を連発してましたけどね(;´Д`)。

まぁ正直なところあのまま本気の殴り合いになったら腕っ節で敵いそうも無いのは自覚してましたし、何よりそんな事で警察沙汰にでもなったら社会的立場に傷が付くなぁとか、まぁそういう打算が働いたのが大きかったんですけどね。ヘタレ乙。

案の定家に帰って脛見たら傷になってて血が出てましたよ。後になればなるほど怒りがぶり返してきます。こうして文章に起こしてみると尚更。

ただこういう世の中なんで「この程度で済んで良かった」と考えた方がいいのかもしれませんね。

この手の基地外はキれたら何してくるか本当に分からないじゃないですか。そんなのまともに相手するだけ損ですしおすし。

ちなみにこのDQNが乗ってたMTBはGIANTだったんですよ。

MTBをあんな扱いしてる時点で、自転車への愛情なんてカケラも無い人間なんだと思いますが、それでも同じGIANT乗りにこういう屑が居る事がどうにも悔しい。

ほんと「死ね」ばいいのに、としみじみ思う限り。

夏到来 

今週は早朝シフト。

梅雨明けしたお陰で毎日ジテツー三昧なわけですが、7時台でももう熱さが厳しくなってますね。

週明けは朝の爽やかな空気を感じられたものの、水曜あたりからムシムシしてきてどんなに抑えて走っても会社着く頃には汗だく。

フェイシャルペーパーと制汗スプレーは欠かせませんね。本当はシャワー浴びれたら最高なんですが・・・

Steins;Gate 「閉時曲線のエピグラフ」 

ちょっと迷ったんですが、コミケで並んで買うわけにもいかんので結局楽天ブックスで予約したった。

ドラマCD付きなら4000円弱でもまぁ仕方無いかなぁ。

ちなみにここ暫くはシュタゲ熱が再発して関連SS読み漁ってます。

SS読み尽くすまでに外伝が届けば良いのですが・・・
小説  :  trackback 0   :  comment 0  : 

降る降る詐欺 

昨日、今日と朝の天気予報で「夕方には降ります」って言うから嫌々電車で来たのに、夜になっても全然雨降らないじゃないですかーやだー!

まぁそろそろ梅雨明けっぽいので、来週からはジテツー出来そうですけどねヽ(゚∀゚)ノ

Time iClic2 Racer 初乗り 

IMG_0650.jpg

買ったまま手付かずだったiClic2 Racerの取り付けをようやく行いました。

PD-5600をペダルレンチ使って外した後、iClic2 Racerを取り付けようとして有る事に気付きました。

ペダルのネジ軸にレンチで回す為の面が無いorz

どうやらiClickはペダル固定にアーレンキーの8mmを使う必要が有るらしい(チタンカーボンだと6mm?)。

これまで使ってきたShimanoのペダルではアーレンキーを使う事は無かったのでこれには焦りました。

幸いにも手持ちの六角レンチに8mmのソケットが有ったので事無きを得ましたよ。

SH-R132のクリートをiclick2付属のカフェクリートに交換し、取り合えずローラー台で着脱をチェック。

確かにShimanoよりはペダルにクリートを嵌めやすいかな。

踏み込んだ時の「カチッ」がShimanoよりちょっと弱いのが気になりますが、リリースのし易さは実感出来ました。

IMG_0651.jpg

早速荒川で試走・・・と行きたいところですが、時間は既に1時過ぎ。

照り付ける陽射しと風の強さにどうにも腰が引けてしまい、近場のパレスサイクリングに変更。

TCR Adv3で外を走ったのは数ヶ月振りでしたが、やっぱりNironeより乗り味はこっちの方が上かなぁ。

ただ前にもちょっと書いた例のミシミシ音がどうにも気になって仕方が無い。

サドルか、シートポストか、クランクか、BBか。

帰宅後取り合えずサドルやシートポストを付け直してはみたものの解消されたかどうか疑わしい。

というのもローラー台で回している限りはあまりこのミシミシ音が出てなかったんですよ。

外で乗っている時に顕著になるみたいです。

まぁあんまり酷いようならショップに持ち込んで見て貰おうかなと思ってます。

Steins;Gate 「比翼連理のアンダーリン」  



久し振りに通販でなく本屋で買った本がこれってのはどうなんだろう、とか考えたらそこで試合終了ですよ。

つーわけで買っちゃいましたよ比翼連理のアンダーリン。

しかし2巻はこの薄さで700円ってちょっとぼりすぎなんじゃないだろうか。

挿絵はウロボロスの人の方がいいかも。

まだ読み始めですけど、今の所は原作と同じ展開ですな。

ただ綯がオカリンに懐いていて、オカリンもそれを普通と認識してるところがちょっと違います。

ルカの性別変更Dメールを送信したあたりからの分岐なので、本当なら綯がこういう状況に有るのはおかしいんですよね。

まぁ冒頭でタイムリープしてきてる描写が有るので、そこが原作とは異なるアレンジなんでしょう。

ウロボロスと比べるとボリュームがあんまり無いので、あまり慌てずにゆっくり読んでいく事にしますよ。
小説  :  trackback 0   :  comment 0  : 

イヤッッホォォォオオォオウ! 



舌の根の乾かぬ内にまたもやPBKからお荷物到着。

今回購入したのはTimeのiClic2 Racer Redです。

TCR Adv3のビンディングペダルは本体購入時から使ってるPD-5600のままだったので、いい加減そろそろ別のにしようとかなと漠然とは考えてました。

R132にシューズを購入した際にクリートも新調してるので、無難に行くならPD-6700なんでしょうが、なんかそれでは余りに面白みが無い。

Speedplayはどうなのかなぁと気になりつつも、色々とガラっと変わってしまいそうな感じがして及び腰。

そんなこんなで色々調べていたところヒットしたのがiClic2でした。「Shimanoより嵌めやすく膝に優しい」という評判もそうですが、一番の決め手はデザインとそのカラーリング。通常の3倍的な。

黒白で地味まっしぐらだったTCR Adv3にタイヤ、バーテープ、サドルと少しづつ赤を入れ続けた集大成がこのペダルに有ると言っても過言では有りません。

PBKで購入した理由は「日本円で1万以上購入で3000円引き」というクーポンが出てたから。

おかげで8000円ちょいで入手出来ましたよヽ(゚∀゚)ノ

ちなみに今回は6/30の夜にポチって、発送メール来たのが7/2の朝。その後手元に来たのが7/9の昼。iClic2の箱がぼろぼろだったのは気になるものの、それを除けば今回も十分満足行く対応だったと言えます。

あ、今回も例のスポーツドリンク試供品が入ってました。粉はともかくタブレット式のはすぐ溶けるんだろうか・・・

Steins;Gate 「円環連鎖のウロボロス」 読了 

尿管結石で通院する際、積み状態だったの引っ張り出して読み始めていた「円環連鎖のウロボロス」を読み終わりました。

オカリン視点で基本は原作に忠実ですけど、少しづつアレンジが効いており、ストーリーを完全に知り尽くしている人間でも十分楽しめる出来になってました。

あれだけ分厚いので全てのキャラの話を描くのかと思いきや、ルカとフェイリスの話をばっさり切り捨てたのは英断だったと思います。

つくづく二人は不遇だと思いますが、ルカの話はどうしても「無かった事にしてはいけない」内容でも無いですしねぇ(;´Д`)。

フェイリスのDメールが不発に終わってラジ館が消えてしまった理由が、タイムトラベルに失敗した鈴羽を救うためにダル(バレル・タイター)の送ったDメールにあった、という世界線重複概念はなかなか興味深い展開でした。

リーディング・シュタイナーは完全では無い。過去方向への因果の連鎖が起きた場合、その全ての変化をオカリンは把握しきれない、と。

萌郁の話に綯以外にタイムリープしてきたまゆりが出てくる所なんかは読んでて背筋がゾっとしましたよ(;´Д`)

最終局面のオペレーションスクルドではメタルウーパをただのウーパに変える為にひと悶着あったり、鈴羽の乗ってきたC204型では2010/7/28に二度行く事が出来ず、代わりにハイパータイムリープマシンで飛ぶ事になるなど、原作で比較的お手軽に進んでいた部分がより難易度の高い展開になっていて、最後まで読んでいて気を抜けませんでした。

ただほんとあの最後は残念すぎる。どんでん返しのつもりか分かりませんけど、あれは完全に蛇足。

ずっとタイムリープする側だった自分がタイムリープされる立場になる。

確かにそういう可能性は十分有るわけですけど、それがシュタインズゲート到達のトリガーだったのかすらはっきりしないままの幕引きってのはどう考えても納得がいきません。あそこは紅莉栖を救ってシュタインズゲート到達で良かっただろ。

トータル1400ページも綴ってきた最後が投げっぱなしなのがどうにも。「最後は読者が考えて下さい」ってか?。東野圭吾気取りも甚だしい。挿絵の見開きオカリンも物凄いアホに見えて感動ぶち壊し。

これさえ無ければ手放しで絶賛なんですが・・・。

それ以外に気になったのが誤字の多さです。

特に2巻の428ページから429ページにかけて、明らかに重複している表現が有ります(「俺はこれまで、二つの世界線を移動してきた」以降のくだり)。

最初は「これも演出の一つか?」と思いましたけど、これはどう考えても修正ミスか何かなんでしょう。

※書店で初版以降のが有ったのでチェックしたところやっぱり修正されてました。

シュタゲの小説はこれ以外に角川の方で紅莉栖視点のやつが結構出ているみたいなんで、このまま勢いでそっちに手を出すか思案中。だーりんの方も出ているみたいですしおすし。

ていうか夏から3部作で外伝小説が出るみたいなんですよね。発表だとβ世界線でオカリンが一度目の失敗後あきらめてしまった後の話っぽいのがちょっと微妙。

この流れって既にドラマCDの「無限遠点のアークライト」でやっているのと、ここからのスタートだとどうしても鬱展開は避けられないじゃないですか。

出来ればアニメの特別編「横行跋扈のポリオマニア」みたいに、TrueEnd後の方だったらもっと良かったんですが・・・

あ、それと劇場版の話はその後どうなったんですかね?。今年の秋予定だったのが未定に変わったっぽいのが気になります。
小説  :  trackback 0   :  comment 1  : 

イヤッッホォォォオオォオウ! 



今回初のPBKから到着したのはMichelinのPro4 Race&チューブの2セット。

Pro3よりも更にコンパクトな箱に入っているのが印象的です。一度出したら二度と戻せないこと必至。

ちなみに粉とタブレットタイプのスポーツドリンク?がオマケについて来ました。

海外通販でオマケ貰ったの実はこれが初めてだったり。気前良いなPBK。

実際にモノが到着したのは月曜なんですが、結石関係でそれどころじゃなかったので・・・(;´Д`)

6/24の夜にポチって、発送メール来たのが6/26の朝。その後手元に来たのが7/2の昼なんでイギリスからの購入としては十分早い部類に入りますね。

しかしあまりに安かったので思わずTCR Adv3用に買ったは良いものの、Pro3は今の所全く問題無いので暫く出番は無さそうな気がする今日この頃。

尿路結石 その後2 

昨日から仕事に戻りましたが、例のわき腹の痛みはまだ完全に払拭出来てない感じです。

特に昨日は気のせいとは思えない程度の鈍い痛みが有り、帰宅後はそれが顕著になっていた為、たまたま手元に残っていたロキソニンを飲んだところようやく痛みが軽くなりました。

座薬はもっと痛くならない限り使わないよ。別の意味で痛いし。

今日は昨日よりは軽くなっていたので、久し振りにジテツーもしましたが、やっぱりわき腹の違和感はまだ有りますね。

例の尿意や残尿感は無くなってますけど、この状況を見る限りどうにも石が外に出たとは考え難い。

一番厳しいポイントは過ぎたけど、まだ中で燻ってるんじゃなかろうか?

不安は募りますが取り合えずは様子見ですね・・・

尿路結石 その後1 

起床。

痛み止めはもう切れている筈ですが、猛烈な痛みは無くなっているようです。まぁ鈍い違和感みたいなのは残ってますけどね。

通院先は昨日運ばれた大学病院でも良かったんですが、もうちょい近場に別の大学病院が有る事が分かったのでそちらに行ってみる事にしました。

初診外来で受付を済ませて泌尿器科に足を運ぶと、想像以上の混雑振りに軽く引きました。

週明けだからなのか泌尿器科だけの話か分かりませんが、大学病院ってのはどこもこんな感じなんですかねぇ。

病院なのでiPhoneいじってるのも良くないかと思い、未読だったシュタゲの小説版「円環連鎖のウロボロス①」を持ってきたのが奏効しました。

おかげさまで呼ばれるまでに結構読み進めましたよ。

そんなこんなでようやく呼ばれて診察室で告げられたのはやはり尿管結石でした。

今も痛みが殆ど無い事や診察前に提出した尿に潜血が見られない事から、「断定は出来ないが既に石が外に出たかもしれない」との事。

昨日撮ったCTに映っている石についても説明されましたが、結石としては小さいので排出されても気付かない可能性も有るそうな。

それを証明するにはもう一度CTをやればいいんですけど、CTスキャンってのは結構な被爆量らしく、そうおいそれと何度もやるのはよろしくないらしい。

なので現状様子見。「もし痛くなったらまた来てください」で診察終了。

当初は別の内臓疾患の可能性も考えていましたが、ひとまず答えが出た事にほっとしました。

結石は一度かかると5年以内に再発する可能性が高いらしく、今度は食生活を真剣に見直す必要が有るなと思います。

運動の方は自転車でぼちぼちカバーしてますけど、食事の方はだらしないので(;´Д`)

青天の霹靂 その2 

救急外来に運ばれた後、救急車の中でしたのと同様の説明を行いました。

ただその後の検査がどうにも段取りが悪い。1つ1つのステップに結構な時間待たされます。

まぁERなんで私だけにかかりきりにはなれない状況も有ったと思いますけど、私が運ばれた際他に緊急を要する患者さん居なかったんですよね・・・。

点滴、採尿、エコー、CTスキャン。

大体こんな流れで診察は進みましたが、実際にはエコーとCTスキャンは2度やってます。

一度目のCTスキャンの時、点滴で入れていた管がCTに対応出来ないタイプだと撮影技師から突っ込みが入り、またベッドまで戻され管を入れ直す羽目に('A`)。

その際の手際も物凄い悪くてこの時点で段々不安になってました。

今度は無事CT撮影が終わり、その後暫く待たされた後やってきたのは見るからにベテランのドクター。

この人に再度状況を説明したところ、何故か再度エコーからやり直し。

ていうか何で何度も同じ説明させられるのかイミフ。患者の情報位きちんと共有して欲しいんですけど、これあえてやってるんですかねぇ?。

一旦先生たちがカーテンの向こうに出てった後、その向こうで最初に私を診ていた若手?達を叱責してる声がちょいちょい聞こえてきます。

彼らの見立てや段取りの悪さなどを指摘しているご様子。ここに来てようやく私も状況を理解しました。

この時期は新任のドクターが現場に出始める頃みたいで、ようは最初に付いた人達は新人さん達だったって事です。説教は良いから早く俺を診ろよと。

ハイパー説教タイムから戻ってきたベテランから「正確に診察する為に、今度は造影剤を使ったCTスキャンをやらせて欲しい」との話。

造影剤入れると確立は低いけど死ぬ事も有るので同意書書いてくれとか、色々言われましたがもうとにかく早く何とかして欲しかったので全て承諾。

この後また随分待たされてようやく結論を伝えられました。曰く「断言は出来ないが腸のねじれなどは無く、左腎臓の腫れやCTを見る限り尿管結石の可能性が高い。ERでこれ以上の対応は出来ないので痛み止め入れたら今日はお帰り下さい。レントゲンと紹介状書いてやるから明日改めて泌尿器科にGo!」

ちなみに痛み止めは人生初の座薬でした・・・

でも痛み止めってほんと凄い。言われた通り30分程度で殆ど痛みが治まったんだから。

ていうか痛いってずっと言ってんだからとっととこれやれよって話なんですけど('A`)。

医療費を支払い処方された痛み止め3回分を受け取りタクシーで帰宅。さすがに結構な金額だったので、カード使える所で助かりました。

その後実家の両親と職場の上司にそれぞれ状況を報告し、上司には明日通院の為に休む事を伝えました。

はぁ散々な休日だった。

青天の霹靂 その1 

思い返せばこの日はどうにも朝から調子がおかしかった。

胸焼けで目が覚めたと思ったら、結構な下痢腹。胸焼けのせいか食欲も無く、そのまま昼近くまでダラダラしていました。

すると会社から入電。先方の調整ミスでリリーススケジュールを前倒す必要が有り、その作業を対応するチームメンバーに連絡を取りたいとの事。

そんなの私じゃなくてうちの上席に聞いてくれよと言いたいところですが、ぐっと堪えて中継役を引き受ける事に。

状況が片付いたのは結局2時前位で、この時間になってもあまり空腹感が有りません。

とはいえさすがにこのまま何も口に入れないのもまずいと思い、昨日買っていた菓子パンをソフトドリンクで流しこみました。

体に異変を感じたのはそのすぐ後です。

座椅子にもたれてテレビをぼーっと見ていた時、左わき腹に鈍い痛みを感じました。

最初は気のせいかな?と思っていたのですが、時間が経つにつれどんどん痛みは鋭くなります。

わき腹が吊った?とにかく横になる事に。

しかし横になってあちこち向きを変えても痛みは一向に治まらず。吐き気が強くなり脂汗が滴り落ちるまでに。

これまでこんな事は経験が無く、明らかに異常事態である事は分かっていたのですが、現実を受け入れたくない気持ちが作用したんでしょう。

「まだあわてるような時間じゃない」

と、その後もベッドでひたすら痛みが治まるのを待ち続けました。

ちなみにこの間朦朧としながら尿意を感じてトイレに行ったんですが、何故か余り出なかったんですよ。

その後はわき腹の痛みに加えて尿意と残尿感の強さにも悩まれる事になります。

結局1時間以上経過しても状況は全く改善されず、ここに至りようやく救急車を呼ぶ事を決意しました。

いや、最初は自力で病院行く事も考えてたんですよ?。

でも日曜では近場の開業医はやってませんし、タクシー会社や近隣の救急外来を調べたりする余裕はもう有りませんでした。

程なく救急車のサイレンが聞こえてきたので、最低限の身支度をして何とかマンションの表に出て自力で救急車に乗り込みました。ちなみにこれが人生2度目の救急車です。ちなみに一度目は職場でのぎっくり腰(;´Д`)

救命の人にこれまでの状況を伝えたところ、「多分結石かもしれませんね」との事。

え?結石ってあの尿道に出きて凄い痛いってアレ?

言われるまで全くその可能性は思いもつきませんでした。話には聞く病気ですけど、まさか自分がそれに罹るとか無いわー。

でも言われてみれば強い残尿感やわき腹には腎臓が位置している事など、素人目に見てもこれで間違い無いんじゃないかと思えてきます。

その後救急外来の有る病院に連絡を取ってくれましたが、一件目は断わられ二件目で受け入れOKとの事。

しかしこの大学病院のERに入ってからもひと悶着有りました。

続く