FC2ブログ

総帥Diary - 徒然なるままに -

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

FC2カウンター

プロフィール

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

GoogleAdSense

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

ブログ内検索

THE NEXT GENERATION パトレイバー 第3章  

第3話「野良犬たちの午後」、第4話「大怪獣現わる 前編」を収録した第3章を観ました。

当初は違和感だらけの実写版でしたが、ここまで来るとすっかり見慣れてきたのか、あれはあれで有りなんじゃないかと受け入れてる自分が居ます。

第3話では特車2課のライフラインであるコンビニにテロリストが篭城。そこに居合わせた明が人質になり、いつまで経っても戻らない明を確認しに来た佑馬と弘道が次々巻き込まれて1班全滅。その救出作戦を太田原、御酒屋、カーシャの2班が行う事になります。

太田原がイングラムを遠隔操作して陽動、その隙にカーシャが店の裏口から突入する段取りでしたが、案の定太田原が暴走。そんなわけで、今回も太田原の活躍はゼロ。アル中だし存在意義が全く見えない状況。

その分カーシャのアクションシーンにはかなり力が入っていましたね。カーシャ役の太田さんもかなりアクションの練習したようですし、吹き替え無しに良くあそこまでやったもんだと見ていて感心しました。

第4話は怪獣モノという事で、どうしても初期OVA第3話の「4億5千万年の罠」を思い出すのですが、前編見ただけではどんな展開なのかまだ読めませんね。

見知った役者さんが多数出ていて、その胡散臭さがパトレイバーというよりトリック見ている感が。

このノリを見ていると、(予算的に厳しいでしょうけど)イングラム部分をCG中心にする事で普通に地上波でやれるんじゃないかって、そんな気がする程実写ドラマとしてしっかり成立している気がしますね。筧さんが出てるから余計にそう思うのかもしれませんけど。

来月は第4章が放送されるので今から楽しみです。