FC2ブログ

総帥Diary - 徒然なるままに -

05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

FC2カウンター

プロフィール

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

GoogleAdSense

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

ブログ内検索

今日の若洲と荒川 

有難い事に梅雨の晴れ間がやってきました。

フラット化によって浮いたパーツと手持ちの不要品を処分する為、某中古販売店に向かいます。

まぁFD買った分は取り戻した感じですかね。捨てるよりはマシってレベル。

そこから豊洲を経由して若洲に向かう事に。

IMG_3015.jpg

新木場緑道公園の海岸沿いを走ります。

IMG_3016.jpg

途中休憩で下に降りてみました。遠くに葛西の観覧車が見えますね。

しかし今日は日差しが強い。

IMG_3017.jpg

若洲に到着。

初めてここに来たのはROMA2だったんですよね。あれから8年も経過しているってのがどうにも実感湧きません。

IMG_3018.jpg

今日は休日なんでいつもの釣り場所は多くの人で賑わってました。

日陰が全く無い場所なので熱中症には気を付けて頂きたい。

帰りはいつものように湾岸線から荒川左岸に入ってそのまま帰宅しました

で、フラットバーNironeでロードと同じ経路を走ってみた感想ですが「何だか手首や掌が痛い」。

GP2のLongはグリップ軸が太めなので、握るより手の平を置く使い方が中心になります。

一方ドロップでは公道や路面の粗い場所ではブラケット、河川敷沿いのような車と並走しない場所では上ハンや肩、といった使い分けになります。

要するに手首に体重が有る程度乗った状態で常に振動を受けている為、ドロップより手に掛かる負荷が大きいって事なんでしょう。

それを緩和するのがErgonのGripなんですが、メーカーが推奨する148度でセッティング出来ていなかったのが問題なのかもしれません。

あと気になったのが右膝の痛み。

ロードの頃も長距離走った際に右足の痛みを感じる事は有ったものの、それは主に膝裏なんですよ。

今回ペダルを交換していますがそれが原因なんだろうか。

この辺はもうちょい乗りながら調整していきたいと思います。

フラットバーロード計画 完結 

仕事中にあさひから入電。予定通り作業完了したとの事。

逸る気持ちを抑えつつ残業もそこそこに、生まれ変わったNironeを引き取りに行ってきました。

仕上がった愛車を見た第1印象は、「悪く無いけどやっぱりハンドル長ぇ!」。

というわけでパイプカット決定。



グリップを外すとこんな感じ。シフターとブレーキレバーを移動出来るのは径が22.2mmになっている所まで。見た目程余裕は有りません。

IMG_3010.jpg

結局20mmづつカットする事にしました。パイプカッター使うのはこれが初めてなので結構慎重にやったのが奏功したのか、切断面にバリは無く、軽くやすり掛けする程度で済みました。

IMG_3011.jpg

カットしてグリップを取り付けた直後。エンドバー分横にはみ出るので、カット前とあまり長さの変化を感じません。というか実際測って見たら580mmでした。

径の太さ的にまだ2cm程度は詰められると思うんですが、この位置より内側にシフターを移動しようとしても進まないんですよ。

固定用ネジの緩めが足りなかったのか、滑りが悪かったのか。取りあえず今回はこの長さで行きますが、また今度調整試してみよう。

IMG_3013.jpg

ともかくこれにてNironeフラットバー化完了です。

週末が待ち遠しい。

フラットバーロード計画 その4 

仕事中の夕方にあさひから入電。

作業進捗について概ね進んでいるものの、いくつか確認したい事が有るとの事。

まず壊れていた左のシフターについて、調整したところ変速出来るようになったらしく、このままフラット化作業を進めるかどうかの確認を求められました。

少なくとも自分で見た限り調整で戻るようには見えなかったのですが、ここまで部品を揃えた以上ここで辞めるという選択肢は有り得ないので、作業を進めるよう指示。

次に聞かれたのはリアのアウターケーブルについて。フラットバーにする事で長さが足りず、使い回そうとするとブレーキの効きに影響が出るので交換するかどうか。

アウターケーブルは3年前にチェレステタイプに変更しているのですが、同じ色の在庫が店に無いので取り寄せる関係上引き渡しは1週間先になるとの事。

それだけの為に引き渡しが先になるのは流石に辛抱堪らなかったので黒で交換して貰う事にしました。

引き渡しは明日となりました。

ハンドルからもチェレステが消えるので、仕上がりがちょっと心配。

フラットバーロード計画 その3 

IMG_2993.jpg

CRCに注文していたEaston EA30とErgon GP2が到着。

Nironeのドロップハンドル径が31.9mmなので、同じ径のフラットバーで安いのを探していたらCRCに行きついた感じです。

Ergonは7年前にROMA2用にGX3というグリップを取り付けて以来。

今のErgonは大きくGPとGSにモデルが分かれるようで、GPはコンフォート系、GSがレース向けだそうな。

1モデルあたりグリップシフト用やグリップの太さの違いから6種類位にモデルが分かれるのですが、私のはGP2のロング/ロングです。

幅が580mmというのは予め把握していましたけど、実物を見るとやっぱり長い(;´Д`)。

ドロップハンドルが概ね40cm位なんで、そこから18cmも幅が広いワケですよ。そりゃ長くも感じますわ。

もうROMA2がどんな感じだったか思い出せないんですが、当時のスペック表からハンドルバーを確認したおところ560mmだったようです。

と言う事は最低でも1cmづつはパイプカットする必要が有るって事だなぁ。

これで全ての部品が揃いましたので、早速一式をあさひに持ち込んで交換作業を依頼しました。

懸案のハンドルバーについては店員さんと協議した結果「取りあえずカット無しで組み付けてみましょう」と言う事に。

早ければ明日には引き取れるとの事で仕上がりが楽しみです。

フラットバーロード計画 その2 

TCR Adv3で使っていたZONDAをNironeに戻す為、部屋にTCR Adv3を持ち込んで作業をする事にしました。

・ローラー台用ホイールからCS-HG50-9とMichelin Lition2を外す。
・ZONDAからCS-5600とMichelin Power Endulanceを外す。
・ZONDAにCS-HG50-9とPanaracer S2を取り付ける。
・ローラー台用ホイールにCS-5600とMichelin Power Endulanceを取り付ける。

それぞれのスプロケとチェーンの清掃を行いつつ、タイヤ&チューブ交換を4セット行うのはなかなかの苦行でした。

特にPanaracerは新品なのでビードがカッチカチ。まぁPower Endulanceもまだそれ程交換したわけでもないので、結局カッチカチ。

これが Schwalbe Ultremo ZXあたりなら素手で余裕なんですけど、結局最終的にはタイヤレバーを使わざるを得ませんでした。

前回レバーでチューブ何本かダメにしちゃったので、かなり慎重にやりましたよ(;´Д`)

TCR Adv3でのジテツーはもう少しする事になるので、ローラー台ホイールに一通り寄せた感じです。

ちなみにローラー台ホイールとか言ってますが、これTCR Adv3購入時の純正ホイールなんですよね。

その意味では購入時の構成に戻ったとも言えるんですが、まさかこのホイールで再び外を走る事になるとは思わなんだ。

しかし前腕が超パンパン。

フラットバーロード計画 その1 

フラットバー化計画ですが部品の調達は粛々と進んでおり、この1週間で殆どの部品の調達が終わりました。

IMG_2976.jpg

Panaracer S2。モノタロウで購入。

昨年の事故の際、傷んでしまったので再度同じものを調達。今回初めてモノタロウを利用してみました。

個人向けサイトの方でしたが、自転車パーツの在庫量的には事業主向けのメインサイトの方が良さげ。

IMG_2977.jpg

FD-3500。某中古販売店で未使用品を注文。

中古も有りましたが金額差は大して無かったので、折角ならとこちらを選択。

今回の件でFDにバンドタイプと直付けタイプの2種類が存在している事を初めて知りました。

交換前のFD-4500は34.9mmのバンドタイプなので同タイプを選択。

IMG_2978.jpg

ラピッドファイヤー SL-R440-9。ヤフオクで落札。中古。

ライバルが多くて、中古販売店の在庫より高値になってしまいましたが、あちらはシルバーだったのでどうしても黒が欲しかったんですよね。

IMG_2973.jpg

BL-3500。こちらも前回書いたようにヤフオクで即決購入。多分未使用品。

IMG_2979.jpg

キックスタンドとペダル。Amazonで購入。新品。

ロードにはスタンドは野暮ですが、フラットなら有りでしょう。

またペダルもフラット専用でいいだろうという事でこちらをチョイス。

IMG_2980.jpg

パイプカッター SK-11。Amazonで購入。新品。

本当はダイソーで調達するつもりだったんですけど、最寄りの店には在庫が無かったのでこちらを注文。

ハンドルバーとグリップはイギリスからの到着待ち。幅が580mmの所にバーエンド付のグリップを付けますのでカットする前提で調達。

ハンドルバーのカットなら22mmまで対応のモデルでも良かったんですけど、今後他の用途でも使うかもしれないと32mmまで対応するモデルにしました。

ハンドルバーとグリップが届いたらいよいよ着手です。

今日の荒川 



先週は知人との会合で走れなかったので「もう梅雨明けまで週末走るのはお預けかなぁ」と思いきや、既に梅雨が明けたかのような真夏日。いいじゃないかいいじゃないか、私にお似合いなのはこういう晴れの日ですよ。

というわけで今日も今日とて葛西を目指していたのですが、荒川ロックゲートの所で休憩した際、水門側の手すりにミストシャワーが取り付けられているのに気付きました。今日のように暑い日にはとても助かりますね。

シャワーには建設会社っぽい名前が書いて有ったので、工事か何かで限定的な設置なのかもしれません。

ちなみに今日は珍しく河口に向けての追い風でした。

IMG_2975.jpg

今日のように暑い日は森の中が涼しさが有難い。

葛西にはこういう場所も有るので、気候やその日の気分次第で回るところを変えられるのが良いですね。

復路は案の定向かい風でしたが足に来るような強さでは無かったので、まったり流して帰りました。

明日はようやくの雨降りらしいですし、今度こそ週末ライドはこれが走り納めかなぁ。

フラットバーロード計画発動 

昨年右肩の鎖骨を骨折した際、Nironeの左シフターが壊れてしまい、それ以来室内でローラー台専用と化していました。

通勤や週末ライドで乗り続けた事ですっかり感覚が戻ってきたTCR Adv3ですが、それでもやはり愛着の有るNironeをこのままにしておくのも忍びない。

というわけで左シフターを安価に入手する為、某自転車中古販売店のサイトとヤフオクをチェックし始めました。

しかしST-4500の左だけってのは中々モノを見かけません。そこで9速で互換性の有るST-3500を代替えとして探す事に。

すると中古販売店で丁度左だけが出品されているのを見かけました。値段もまぁ妥当かなと。

それをポチろうとしたところでふと手が止まります。

ST-3500は本体とシフトレバーが黒一色の為、交換後左右の見た目がチグハグになるのがどうにも微妙。

また、そもそもシフターの故障はこれが3度目であり、しかもその内2度が骨折した事故と絡んでいる事も気にかかります。

何というかこのままで使い続けるのはどうにも縁起が悪い。

そこで思い付いたのがロードのフラットバー化です。

元々私のスポーツバイク遍歴はクロスからスタートしており、その後1年経たずにロードに転向してしまったものの、最近会社の同僚が複数クロスに乗り始めたのを見るにつけ、「気軽に乗れるクロスもええなぁ」と感じてました。

だったらNironeをフラットバー化すればいいじゃない。

というわけで早速フラットバー化に関しての調査を始めたものの、これが思ったより手間のかかる話でした。

最初は「ハンドルバーとフラット用のシフター用意すれば終わりでしょ」位の考えだったんですけどね(;´Д`)

纏めるとこんな感じ。

・フラット用のシフターはシフトレバーとブレーキレバーが別部品(廉価モデルでは一体型有り)
・4500系Tiagraをフラットで使う場合RDは流用可能だが、FDはフラット対応モデルに交換する必要有り

うへぇ、FDまで交換せなアカンのかい…(´・ω・`)。

4600系Tiagraや3500以降のSoraならそのままFDを使い回せたようなんですけど。

一通り必要となる部品で軽く試算してみると、多分作業工賃込みで30k~35kはかかりそうな感じ。

当初計画のSTI交換だけなら10k以内で確実に収まるわけで、この時点でかなり及び腰になっていました。

そんな弱気になりかけた自分に喝を入れる為、取り急ぎ良品且つ即決金額も妥当だったブレーキレバーをヤフオクで落札したったヽ(゚∀゚)ノ

さぁフラット化の始まりだ!

イヤッッホォォォオオォオウ! 



今の部屋に入居してから結構早い段階でフローリングに傷を付けてしまってました。

それ以降もモノを落としての小さな凹みは結構有ったりするんですけど、明らかに削ってしまってるのこの傷はどうしても目立ちます。

他の凹みは経年劣化の部類と言えます、この傷は明らかに転居時のチェックに引っかかる可能性が高い。

まぁ恐らく入居時の敷金でその辺カバーされそうな気がしますが、それ以外に更にふんだくられるのもシャクなんで、リペアキットを購入する事にしました。

電気ゴテと各種パテなど一式揃ってて解説動画も多かったのでこちらをチョイス。

削れたところがかなり明る目の色合いだったのでライトの方にしたんですが、それでもパテの方がまだ濃いなぁ。

これでうまくいったら他の目立つ凹みとかも処理してみようかと思います。

今日の荒川 

いよいよ6月に入りました。

既に梅雨の兆候が見られた1週間でしたが、週末になってガッツリ晴れ。

多分そろそろ週末晴れて走れるのはここまでなのかもしれませんね。

というわけで今日も今日とて葛西往復でございます。

河口からの向かい風も相変わらずで特筆する事も無く葛西に到着したわけですが、ちょっと気になる出来事が有りました。

私の座ってた近くに気合の入ったロードが1台止まっていて、それに気付いた多分高校生位の若い子達が無遠慮にそのロードをじろじろ見て盛り上がってました。

周りには複数ローディが休憩していて、もしかしたらその中に持ち主が居るかもしれないって発想は彼らには無いのかと。

まぁ「超カッコイイ」的な話してたようなので、仮に持ち主が聞いていても悪い気はしなかったのかもしれませんがね。

で、そんな事が気になって彼らのロードに目を向けると、良いコンポに結構高いホイール履いてるじゃないですか。

スマフォいじりながら喋ってる姿を見ていると、「はぁ、今時の子供はあんな高いものを親から買い与えられるのか」なんて黒い感情が頭を過ります。

勿論彼らが必死にバイトして貯めて買った可能性もゼロじゃ無いワケだし、そうでなかったにせよ余計なお世話だってのは十分頭では理解してるんですけどね。なんか自分の頃を振り返って感情的になっちゃいました、てへ☆彡

年は取りたくないもんだなぁ、こんな愚痴が出てくる事自体オッサンの証だもの。