FC2ブログ

総帥Diary - 徒然なるままに -

09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

FC2カウンター

プロフィール

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

GoogleAdSense

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

ブログ内検索

IPv6 IPoE方式への切り替え その2 

さてWN-AX2033GRの設定をしましょう。

ふむふむ、最近のルータは無線LAN設定をWPSで移行できるようになってるんですね。

早速この機能で移植しようとしたんですけど、私の環境ではダメでした。SSID以外持ってこれない感じ。

結局手動で2.4G、5Gそれぞれの設定をし直す羽目になりました。

まぁWR8750NのMACアドレスフィルタが既に使ってないもの含めてごっちゃになってたので、それを綺麗にする良い機会と考える事にしますよ。

PPPoE設定を行い無事接続を確認。WR8750Nでは対応していなかったIPv6 SPI機能も有るので、IPv6パススルーも安心して使えますね。

ただ不満な点もちらほら。

WR8750Nに比べると設定反映後の待ち時間が結構長い事。この機種はちょっとした変更全てでこの待ち時間が発生するので、操作していて結構なストレス。

例えばMACアドレスフィルタのデバイス登録中に接続デバイスが追加された場合、その表示に更新をしようとすると登録中のリストが飛んでしまうので、一旦フィルタ登録を確定させる必要が有るんですが、その度にこの待ち時間が発生します。

まぁルータ設定は頻繁に変えるものじゃないので、その辺は我慢しろって話なんでしょうけど。

あと私は外出時にルータの電源を切るタイプなので、電源断からの再起動を試したところ、PPPoEの認証がスムーズに行かずに数分待ちになる事象が発生。

アカウントとパスワードに誤りは無いので、これがWN-AX2033GRの問題なのか、プロバイダ側の問題なのか判断がし兼ねる状況。

何度か試しても状況に変化が無いので、もし明日も継続するようであればIOのサポートに問い合わせてみる事にします。