FC2ブログ

総帥Diary - 徒然なるままに -

10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

FC2カウンター

プロフィール

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

GoogleAdSense

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

ブログ内検索

風疹の予防接種 

先々週の結果を聞きに病院を訪れると、やはり抗体が無いとの事で予防接種を受ける事になりました。

予防接種といえばインフルエンザの印象が強いので、打った後は腕のだるさや腫れが気になったのですが、今回そういうの全然無いんですよね。

というか、今日久し振りに荒川行こうと思っていたんですけど、今日は汗をかくような運動は禁止との事でお預けになってしまいましたとさ('A`)。

こんな事なら早起きして先に走ってから病院行けば良かった…

うーん 

早いもので入社から3週間経過しました。

数年振りの通勤電車にウンザリしたり、卸したての革靴で靴連れ起こしたりと、まぁ前職では無かったイベントに遭遇しております。

一応ジテツーも併用しており距離もボチボチいい感じなんですけど、会社に近くなると上り下りの起伏が結構激しくて、帰りはともかく朝にアレは結構しんどい。

夏場になったら間違いなく汗だくになるので、何某かの対策は必要かなと。

一方仕事の方ですが、入社前に有る程度聞いてはいたものの思っていた以上に案件管理に特化した環境である事が判明。

前職までのようにシステム構築にはほぼ関わらないので、プレイング部分は介在せず本当にマネージャーとしての業務中心。

管理すべきパートナーの人数も多くて、古株の人間が軒並みクセの強い人たちなので、彼らとどう折り合い付けて仕事させていくかが難問。

他の部も概ね似たような状況のようで、部門跨って仕事する際にそういうパートナー同士のぶつかり合いで話が進まない、とか正直クソどうでもいい話の調整をしなくちゃいけないのが猛烈なストレス。

パートナーを大量に使っている現場の弊害が顕著に出ている感じですね。社員より声の大きいパートナーが一番扱いに困る。

案件が炎上しているのも恒常的なようで、そんなにサクサク皆早く帰れているわけでもなく、結論出すのはまだ早いと分かっていても色々後ろ向きな事考えちゃいますね…

喉風邪 

今週の後半に入ってから喉のいがらっぽさや痛みが気になっていたので、早めの対処と言う事で病院に行くことにしました。

自分で思っている程喉は腫れておらず取りあえず一安心。

と、その場で先生から「区から風疹の予防接種の連絡来てませんでした?」と聞かれました。

確かにちょっと前に届いていましたけど、今回は風邪の診察しか頭に無かったので完全スルー。

幸い近場の病院だったので、一旦帰宅して申請書一式を提出すると早速血液採取となりました。

てっきりこの場で抗体有無と予防接種までやってくれるのかと思いきや、「再来週に検査結果を取りにきてください」とな。

検査も接種も区で持ってくれるみたいなんで気長に待つとしますよ。

今日の荒川 

IMG_3800.jpg

昨日の初出社&飲み会で疲れが溜まっていたんでしょう、久し振りに昼近くまで爆睡。

働くようになると週末は途端このパターンになっちゃうんですよね。ここ暫く毎日が日曜日状態だったのでこの感覚すっかり忘れてましたよ(;´Д`)。

ちょっと体がだるくは有ったのですが、先月は台風や雨続きで週末にあまり走れてませんでしたので自身に発破をかけて家を出る事に。

河川敷沿いはススキが目につくようになり、すっかり秋らしさが深まってきました。

とはいえ気温はそこそこ高いので、この時期のウェアをどうするのかは毎年悩むところですね。

出社初日 

今日は新しい会社の出社日でした。

大抵初日は入社オリエンテーションで終わるもんなんですが、今回は午前中に人事の入っているオフィスで研修、その後自分の勤務するオフィスに移動だったので、午後からPCの設定もそこそこにけっこうがっつりあれこれ詰め込まれる一日。

案の定PC利用に関するマニュアル類は一切無し。ラップトップのシンクライアントでVDI使うスタイルなので、従来とはちょっと異なる使い方が必要なので、使えるように持ってくまで結構手がかかりました。

午後は紹介行脚もそこそこに結構あれこれ詰め込まれあっという間に業後に。

今日くらいは定時で上がれると思ったんですが、急きょ19時から上司含めた少数での飲み会を企画されました。

慣れない一日に心身共に疲れてますし、正直初日位はとっとと帰りたかったんですが、飲みの席では会社ではできないような砕けた話もあれこれ飛び出しますし、それぞれの人となりも見えてくるので、その意味では初日からそういう機会作ってくれた事に感謝すべきだと思ってます。
お仕事  :  trackback 0   :  comment 0  :