FC2ブログ

総帥Diary - 徒然なるままに -

01 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.» 03

FC2カウンター

プロフィール

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

GoogleAdSense

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

ブログ内検索

鋼の錬金術師 アニメ1期 

アニメ2期、原作共に最後まで見終わったので、今更ですがアニメ1期と劇場版を一気に視聴しました。

主役と数名の声は同じものの、それ以外の声が軒並み違うので見始めた当初は猛烈な違和感(;´Д`)。

まぁ順番に見てきた人にとってはむしろ2期の方が違和感だったんでしょうけどね。

肝心の物語ですが、ヒューズが死ぬあたりまでは概ね原作と同じものの、それ以降全く異なる超展開になっていきます。

原作の終盤近くに作られた2期と異なり、物語半ばで始まった1期の場合これは致し方無い事だったんでしょうけど、確かにこの展開は賛否両論分かれるなぁとは思います。

周囲の意見を効く限り否定派が多いですが、私的には1期+劇場版での物語の帰結については有りです。

人体練成に失敗したモノがホムンクルスの原形となっている点については、原作よりも有る意味筋が通っていると思います。

真理の扉の解釈についても平行して存在する現実世界とつながっていた、とする点もなかなか面白い発想かなと。

錬金術の源が平行世界の死者の魂だったってのは余計な設定だと思いますが(;´Д`)。

通して印象的だったのは、原作ではそれ程出番が無かったシェスカやロゼが物語終盤まで結構キーマンになっていた事やスカーの扱いかなぁ。

特にスカーは随分違ってましたね。原作よりも若くて華奢目なイケメン風味だし。

ウィンリーの両親殺しがマスタングに設定されいた関係で、いまいちエド達との因縁関係を前面に出し難かった感じがします。

しかし劇場版の最後、アルとエドはあれで良かったんでしょうけど、残されたウィンリーが気の毒すぐる。

ていうか何人か物凄い素人くさい声のが居るので何だこりゃと思ったら役者使ってたのか。

かとうかずこはなかなか好演だったけど、小栗とかダメすぎだろ(;´Д`)

そういえば2期の最後で劇場版の告知が有りましたよね。

錬金術を使えない兄さんどうすんだよって正直想像がつかなったんですが、シャンバラ見たら何となくあんな感じで戦うのかもしんないなぁとか。

原作も今度外伝が掲載されるとかでまだまだハガレンが楽しみです。
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahana777.blog63.fc2.com/tb.php/1086-d10ee434
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)