FC2ブログ

総帥Diary - 徒然なるままに -

01 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.» 03

FC2カウンター

プロフィール

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

GoogleAdSense

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

ブログ内検索

「魔王勇者」読了 

「魔王「この我のものとなれ、勇者よ」勇者「断る!」」を略して「魔王勇者(まおゆう)」って言うんだって。

ちょっと前にこれ読んでますよって書きましたが、ちょっと前にようやく全部読み終わりました。

実際には掲示板に投稿されていたものなので、そのままだと他の書き込みなんかとごっちゃになって読み辛かったんでしょうけど、まとめサイトのおかげで効率良く読めました。ありがたい限りです。

舞台がファンタジー世界なので戦いのシーンで魔法が結構出てくるんですが、その技名がとんでもなく中二病丸出しなんですよ。

作者さんはそういうノリを狙ってやってたのか、それとも本気だったのか正直計りかねる所が有りましたね(;´Д`)。

全体を通してみると主役の筈の魔王や勇者より、実は周囲の人達の方に焦点が当てられた作品だったんだなと思います。

あの世界で魔王と勇者はそれぞれが期待される役割を果たさなかった。それが第二、第三の「彼ら」が誕生するきっかけになり、望めば誰もが「魔王」や「勇者」となる世界へと変遷していったって事なんでしょう。

だから魔王や勇者をとりまくサブキャラ達はただの脇役や引き立て役には納まらなかったんだなと。

聞くところによるとこの作品の作者さんは他にも多数の小説を掲示板で発表しているようなので、これからその辺をじっくり読み進めていこうと思います。

ちなみにPHPのスマッシュ文庫ってレーベルで新作を発表するとか何とか。「魔王勇者」の出版化も進んでいるらしいのでこっちも気になるところ。
関連記事
小説  :  trackback 0   :  comment 0  : 

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahana777.blog63.fc2.com/tb.php/1089-83a151a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)