FC2ブログ

総帥Diary - 徒然なるままに -

01 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.» 03

FC2カウンター

プロフィール

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

GoogleAdSense

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

ブログ内検索

やれやれ 

ある案件で海外のデータセンターにSQL2005のCluster環境を構築する事になりました。

これまでは日本国内で機器購入や導入作業を発注していたんですが、インフラを海外に移転している関係で、新規構築は基本的に海外のIDCでっていうルールになっています。なので、サーバの発注やそこへのOS導入などの作業は全部外人任せになっています。

今回はただOS入れるだけではなく、SQL ServerをCluster構成で使用する為のMSCS設定まで全部向こうでやるって話で進んでいたんですよ。日本語版OSの時点であっちの外人達は「ワカリマセーン」って言ってくるのに、MSCSまで本当に出来んのかよと疑ってかかっていたんですが、案の定土壇場になって「日本語で良く分らないし、MSCSの経験少ないのでそっちでやってくんないか」とか言ってくるんですよ、そこでもうブチギレですよ。

そもそもこの案件についてはサーバを発注した後担当者が夏期休暇だの何だので2週間も放置されていて、スケジュールがすんごい押してたんですよ。タダでさえ時間無いのにそこに来てこの始末ですから開いた口が塞がらない。

出来ないなら見積もりの段階で言えよ、子供じゃないんだからさ。それで金だけは取るんだから面の皮が厚いにも程がある。日本国内でやってれば絶対こんな状況にはなっていないわけで、外人のルーズさにはほんと辟易とさせられます。クソッタレ。

苦労してシステムを海外に移転したけど、現場には今のところ何一つメリットが出ていない。増えるのは手間ばかり。これってやっぱり外人になめられてるってことなんでしょうか。
関連記事
ゲーム  :  trackback 0   :  comment 0  : 

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahana777.blog63.fc2.com/tb.php/110-58c52a39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)