FC2ブログ

総帥Diary - 徒然なるままに -

01 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.» 03

FC2カウンター

プロフィール

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

GoogleAdSense

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

ブログ内検索

Kanon 第1話 「白銀の序曲?overture?」 

京都アニメーション版のKanonの放送が始まりましたので第1話を視聴しました。

かつて2002年に東映アニメーション製作のTVシリーズが放送されていますが、作画がいたる絵をもっときつくした感じなのがどうにも辛くて結局見ていません。世の評判では「黒歴史」扱いみたいなんで、見なくて正解だったかもしれませんけど。

始まりは基本的にゲームに忠実でしたね。駅前で名雪を待つ祐一、名前を覚えているかと言われて「花子」だの「次郎」だの返すシーンは見ていて非常に懐かしい。

なんせこのゲームをプレイしたのは1999年ですから、かれこれ7年経過してるわけですよね。当時勤めていた会社のPCのスクリーンセーバーに「夢・・夢を見ている」のシーンを取り出した奴を設定していて、元ネタを知らない会社の人に「これ何?」と聞かれて返事に困ったっけなぁとか、どうでもいい記憶が蘇ります。

祐一との絡みは無かったものの、学校で佐祐理と舞が登場し、その帰り道に栞とすれ違います(隣に居た人はお母さんなのかな?)。街中で北川と香里と出会い、例の丘でキツネが登場しました。あれ真琴なんだろうなぁ。

そしてスーパーの外で名雪を待っている祐一の前にあゆが現れます。「うぐぅ」って音声にするとこういう感じになんのか、何か慣れるのに時間かかりそうだ(;´Д`)

※私はPC版しかやってないのでコンシューマでの台詞は聞いた事がありません。

ギャルゲーがアニメ化される度に思うんですが、基本的にストーリーはメインヒロインルートになりますよね。そうなると自然とサブキャラの話はオマケ扱いになってしまうので、それが見ていて結構もどかしかったりするんですよ。

まぁ今回はどうやら全24話の2クール構成みたいなんで、サブキャラもクローズアップされるんじゃないかとリメイクに期待しています。

そういえばちょっと前に「君が望む永遠」のアニメが遥ルートで再度放送されるって話を見ましたが、あれも一種のリメイクなんですかね。と言っても水月ルートも遥ルートも途中までは同じ進行なので、実際にこれをアニメでやり直すのって結構難しいんじゃないかなぁ。

閑話休題。総評としては第1話は順調な滑り出しだったと思います。オープニングにしても、本編での滑り止めの砂とか除雪機などの細かい作画など、相変わらず京アニはこだわって作品作りをしていて好感が持てます。このクォリティを最後まで維持して貰いたいですね。

しかし祐一のキャスティングはもうちょっと何とかなんなかったのかなぁ。杉田智一は悪くないんだけども、あまりにもキョンと被っててちょっと微妙。
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahana777.blog63.fc2.com/tb.php/120-b0a2a76a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)