FC2ブログ

総帥Diary - 徒然なるままに -

01 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.» 03

FC2カウンター

プロフィール

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

GoogleAdSense

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

ブログ内検索

Steins;Gate #01 「始まりと終わりのプロローグ」 

いよいよ始まりました、アニメ版シュタゲ。

これまでゲーム、ラジオ、ドラマCDなどですっかり調教済みなので、オカリンの厨二病も見ていてむしろ微笑ましく感じる不思議!

ほぼ原作に忠実な作りですけど、細かいところでの省略やアレンジ入ってますね。

屋上にタイムマシンが到着して、オカリンが駆けつけるシーン。

原作だとあの場にはオカリン以外にも野次馬がいて、α世界線の鈴羽が係員を装って人払いするんですけど、その辺のやりとりがザックリ省略されてます。

もう1つが終盤にオカリンとダルがダイビルのセミナーに行く際、エレベータ内でDメールを確認するシーン。

原作だとあの時点で送信日と受信日にずれが有る事が分かるんですけど、これは多分次回にずらしたんでしょうね。

あとはアレンジってわけではないですけど、紅莉栖が原作よりかなり冷たい印象になってます。

後半デレる部分を強調する為あえて低いトーンで感情を抑えた演出したんだと思いますけど、原作と比べるとかなり温度差があって、アニメが初見だとちょっときつい印象与えたんじゃないかなぁ。

劇場版品質で2クールやるって触れ込み通り、作画は概ね良好。ただオカリンの顔がシーン毎に安定しないのが気になる。顎のラインとか丸顔っぽくなるところとか。

まぁゲーム本編でオカリンの顔は殆ど出てこないので、見慣れてないってのも有るんでしょうけども。

オープニングは・・・うーん曲は良いですけど、なんつーか動きが多すぎるというかフラッシュするような演出が過剰で見ていて疲れます。エンディングは可も無く不可も無くって感じで無難な作り。

しかし原作のあのボリュームを24話でこなして、「始まりと終わり」が無事つながるのか、今から非常に楽しみであり不安でもあります。
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahana777.blog63.fc2.com/tb.php/1213-93adbf06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)