FC2ブログ

総帥Diary - 徒然なるままに -

01 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.» 03

FC2カウンター

プロフィール

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

GoogleAdSense

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

ブログ内検索

ストライクウィッチーズ 

電車で移動中などちょっとした時間にアイマスのSSを読むのがすっかり習慣付いている今日この頃ですが、SSまとめ系サイトを見ているとちょいちょい見かけるのがストパンのSS。

「パンツじゃないから恥ずかしくないもん」というキャッチコピーしか予備知識が無く、本編は全くの未見だったのですが、試しにSSを読んでみると11人も居るキャラクターがそれぞれ立っていて面白い。

というわけで激しく今更ですけども、本編を見てみました。

取りあえず1期は全話視聴。今は2期の6話まで見終わりました。1期は2008年放送なので、もう5年も前だったんですね。

時代設定は1940年代、現実の世界とは呼び名が異なる国々が舞台のパラレルワールド。

ネウロイと呼ばれる異形の敵による侵略が激化しており、それに対抗する唯一の存在が、ストライカーユニットを駆る事ができるウィッチと呼ばれる少女達だった。

とまぁそんな感じで、人類共通の敵として登場するネウロイの意図が何だか分からないまま戦い続ける中、主人公が対話の可能性を見出す展開。

このあたりの流れはマクロスFやガンダム00 劇場版等ほ髣髴とさせますね。得にマクロスFは本作と同様2008年の作品なので、放映当時に両方見ていたらよりそういう印象が強かったんじゃないかなと思います。

結局1期では対話にまでは至らず、それが2期1話冒頭の竹井少尉による「トラヤヌス作戦」につながるわけですが、結局それも新しいネウロイの登場により有耶無耶になってます。

この作品って本編以外にも小説・コミック・ゲームなどでそれぞれストーリーが補完されており、設定もかなり濃密。

実際上述の竹井にしてもコミックやNDS版のゲームが初出っぽいので、その辺知らずに本編だけ見ても伝わらない部分多いんじゃないかなぁと。

それだけに、ストーリーの根幹を為す本編が合計しても2クールってのはいかにも勿体無いと感じました。

まぁ2期の後には劇場版も待っているわけなので、総評はまだ避けますけども。

ちなみに主題歌はOpを石田耀子、Edをキャストが歌う形式で、1期・2期・劇場版それぞれがテンションの上がる素晴らしい楽曲になってます。早速iPhoneに入れてヘビロテ中。

ていうか石田さんの歌って物凄い久しぶりに聞いたなぁ。セーラムーンRのEd「乙女のポリシー」以来じゃないかな。この頃は確か「石田ようこ」だったと思いますが、いやはやほんと懐かしい。

しかしなんつーかズボンの設定必要なんですかねぇ。スク水仕様の芳佳&坂本、タイツ重ね履きのエイラーニャ&ペリーヌなんかはまだ良いですけど、他の連中はまんまパンツじゃないですかー、やだー!(歓喜

オッサン自重しる。
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahana777.blog63.fc2.com/tb.php/1629-9997942e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)