FC2ブログ

総帥Diary - 徒然なるままに -

01 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.» 03

FC2カウンター

プロフィール

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

GoogleAdSense

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

ブログ内検索

Vista RTMとVMware ESX Serverその後 

結局メディアにISO焼いてセットアップしても状況は全く変わりませんでした。どうもVMwareのエディションによって、セットアップ初期に発生するCD-ROMドライブが見つからない現象の回避方法がいろいろあるらしい。

フリーのVMwareServerでは、仮想マシンに仮想CD-ROMを2つアサインして、1個目にHostマシンのドライブ、2個目にISOイメージをマウントしてセットアップを起動し、途中で1個目のドライブをISOイメージに差し替える事でセットアップ出来たとか、そんな書き込みしてる外人の書き込みを見て試すも轟沈。ESX Serverでは通用しないらしい。クソッタレ。

あーでもないこーでもないと試行錯誤の末、結局以下の流れでVistaの導入に成功。

1. 30GBの空ディスクを作成しXP with SP2でクリーンインストール。VMtoolsも当然インストール。
2. LatestのHotfixを全部適用。
3. XP上からHostマシンのドライブにマウントしたメディアを使いアップグレードセットアップを実行。
4. ウマー(゚Д゚)

XP上でセットアップを起動してVMwareのSCSIドライバを要求された場合は、仮想FDにSCSIドライバの入っているFDイメージファイルをマウントすればOK。Ver2.5系列であれば/usr/lib/vmware/floppiesの中にあります。

セットアップが終わった後、一度VMtoolsはアンインストールした方が良いです。デバイスドライバが中途半端に引き継がれていて、VGAは標準のまんまだったりします。

で、改めてVMtoolsをインストールしようとして問題発生。どうやら仮想CD-ROMが正常に制御出来ないようです。デバマネでも!マークが付いてます。これVMTNで外人も言ってたのを思い出しました。この状態だとHostマシンのドライブも、ISOイメージも仮想マシンから認識されないんですよ。さぁ困った。

結局、仮想マシンのNICは正常に使用出来ていたので、一度ESX ServerからVMtoolsのISOイメージを自分のPCにコピーしてDaemonでマウントし、中身を取り出してネットワーク経由で仮想マシンのHDDにコピー。回りくどいけど仕方無い。

これでVGAドライバやマウスのシームレス操作なんかも一通り使えるようになりました。でもやっぱりCD-ROMは正常に認識しません。クリーンインストール時もCD-ROMで引っかかりますので、どうもESX ServerのVistaはこの辺が鬼門なのかも。

ちなみに今回試したのはESX Server2.5.xなので、同じ方法でESX3.0.xにセットアップした場合CD-ROMが正常に使用出来るのか、その辺が気になるところ(時間無いので多分やんないと思うけど)。

しかしひとまずVistaがインストール出来たのはいいんですけど、なんつーか試合に勝って勝負に負けた感じは否めない。いいかい藤村君、僕ぁねVistaをクリーンインストールしたかったんだよ。それが何だこのヌルいインストールは。とか、大泉洋だったらぼやくとこですよ。あんまり達成感ねーなぁ・・・
関連記事
ゲーム  :  trackback 0   :  comment 0  : 

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahana777.blog63.fc2.com/tb.php/169-259f77bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)