FC2ブログ

総帥Diary - 徒然なるままに -

01 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.» 03

FC2カウンター

プロフィール

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

GoogleAdSense

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

ブログ内検索

Kanon 第11話 「光と影の間奏曲 ?intermezzo?」 

真琴が居なくなった後の部屋をそのままにしておこうという事で意見の一致した水瀬家の面々。ピロが戻ってきた描写もあって、区切りがついた真琴の話にうまく余韻を残した感じがします。

再開した栞との逢瀬でアイスクリームイベント発生。確か原作ではお昼にアイス食べていたような気がしますが、舞とのお昼を考慮して授業の中休みでって事にしたのかな?

あと原作だと二人が会っている場所って人の目に触れないひっそりとしたイメージだったんですが、このシリーズ見ている限りはあんま密やかな逢瀬には見えないんですよね。授業中にも外から手振ってたりと何だか全然忍んで来ている感じがしない。

真琴シナリオに触発されてDC版を少しやってみたんですけど、栞が登場した時はっきりと自分の苗字を言っていたんですね。これもすっかり忘れていましたが、多分このシリーズでKanonを初めて見る人の事を考慮した演出なんでしょう。不機嫌な香里の描写も出てきましたし、舞シナリオの次は栞シナリオ確定っぽい感じ。

その舞に関してはとんとん拍子で舞踏会イベントまで進行。ここまで早いストーリー進行が可能なのは序盤から舞との話を展開していたからってのは理解出来るんですが、真琴をあれだけ時間かけて描いたのと比べると駆け足な感じは否めませんね。

舞のドレス探しの過程であゆが久しぶりに登場しましたが、こちらもあれよあれよという間に水瀬家の居候2代目に就任。あゆは真琴の部屋を使うのかと思ったら、名雪と一緒に寝ていました。

これを「真琴が使っていた部屋は真琴が帰ってくるまで他の人には使わせない」と見るか、それとも名雪のあゆに対する親近感の表れと見るかは微妙なところですが、私は後者だと思いました。

まぁ普通に考えれば人見知りが強く我侭放題だった真琴と、いかにも人懐っこいあゆのどちらに親しみを感じるかと言われれば大抵の人はあゆを選ぶでしょうが、それでもあの布団に仲良く包まって寝ている姿を見ると、一般論以上の温度差をちょっと感じました。だって名雪があゆと顔合わせしたのはこの日が初めてなわけですし。

後半になってあの仲の良さがどのように変化していくのかは見ものかと。
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahana777.blog63.fc2.com/tb.php/179-06910038
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)