FC2ブログ

総帥Diary - 徒然なるままに -

01 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.» 03

FC2カウンター

プロフィール

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

GoogleAdSense

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

ブログ内検索

Raspberry Pi 2 Model B セットアップ 

IMG_1835.jpg

というわけでラズパイのセットアップです。

MicroSDは手元に有った32GBをSDFormatterでFAT32に初期化。

LANは有線。マウスは優先のUSBが有ったのですが、キーボードはWireless USB。

IMG_1834.jpg

この状態でNOOBSからRaspbianのセットアップを実行。セットアップ完了までキーボードが全く反応せず、マウスのみで選択を実行。何だか嫌な予感がします。

一応この段階で言語とキーボード設定を日本語にしておきました。

IMG_1836.jpg

そんなこんなでセットアップ完了。正確な時間は記憶してませんが、完了までは正味20分くらいだったかなと思います。

懸念していたキーボードですが、セットアップ完了後のシェルプロンプトでは普通に文字入力できたので、startxでX Windowを起動する事ができました。

ただ、キーボード配列がおかしい。セットアップ完了後に出てきたセットアップ画面はスキップしていたので、ここでコンソールからraspi-configを実行。

先達が残している関連ブログの記事を参考にキーボード設定を実施したところ、適切な状態になりました。

IMG_1838.jpgIMG_1837.jpg

最初から組み込まれているアプリを眺めているとゲームが有るじゃないですか。

マイクラがプリインストールとはたまげたなぁ。

ラズパイを触るのは今回が初めてなので初期版との比較は出来ませんが、LinuxのXはまずまずの速度で動く印象です。組み込みブラウザでの閲覧もぼちぼちの速度では表示されました。

何となくですがPS3などもゲーム機でブラウジングした時に近い感覚かと、

購入の材料として挙げたWindonws10ですが、現在提供されているIoT CoreはインストールするのにWindows10の環境を別途用意する必要が有るんですね。

SDカードに展開する為のプログラムがWindows10にしか存在しないからだとか。正直それだけの為にWindows10のInsider Previewに参加して環境作るのは正直めんどい。手持ちの実機には入れたくないので、作るとしたらESXiになるでしょうし。

既に導入している方達の記事を拝見すると、IoT Coreはいわゆる普通のデスクトップとして使う感じでは無く、開発者がPowerShellやらVisualStudioでリモートであれこれするのに適しているっぽいので、その手の作業に縁の無い私には意味無さげ。

最近はスティック型のWindows PCが1万円台で登場しているので、小さいデバイスでWindowsを動かしたいのであればそっちにしなさいって話なんでしょうね。IntelやLenovoなども参入してきてますし。

Linuxも勉強としてラズパイを触るのも良いですが、他に試してみるとしたらKodi(旧XBMC)ですかね。1枚のMicroSDに相乗りは出来ないでしょうから、8~16GB程度のカードを追加購入しようかなぁ。

最近はNUCやスティック型PCの登場により、小さいPCが珍しいものではなくなったとはいえ、やはりここまで小さい基盤に必要なものが全て凝縮されているってのは驚き。

というわけで暫くはラズパイであれこれ遊んでみたいと思います。
関連記事
PC関係  :  trackback 0   :  comment 0  : 

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahana777.blog63.fc2.com/tb.php/1875-542cae2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)