FC2ブログ

総帥Diary - 徒然なるままに -

01 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.» 03

FC2カウンター

プロフィール

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

GoogleAdSense

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

ブログ内検索

Kanon 第13話 「あぶなげな三重奏 ?trio?」 

今回池田さんが作監の割には気持ち作画が安定していないような気がするのは私だけでしょうか。

早いもので1クールが消化され折り返し地点まで来ています。そりゃリアルで大晦日にもなるってもんですわ。

さて冒頭で舞を庇い立てする祐一とそれをアシストする北川ですが、体育館のあの惨状を誤魔化すには相当無理ありますよね。原作でこの辺どう処理してたか覚えてませんが、映像としてあの舞踏会の混乱を見てしまうと、何を言っても言い訳にしか聞こえませんよ。粘着質の久瀬が良くこれで引き下がったなぁとちょっと意外。

昇降口で出会った舞は佐祐理の怪我を心配してましたけど、あの騒ぎの後舞は佐祐理に付いていてあげなかったんでしょうか?。何となくあの反応を見ると佐祐理の状況を把握していなかったように見えるので、多分佐祐理と顔を合わせたのはあの夜以来だったんじゃないかな?。

昼飯後にやってきた久瀬に対して「佐祐理を傷つけたら絶対許さない」と強い意思表示をしてる割に、あれだけの被害を被った佐祐理のケアをしっかりしていないのはちょっとアンバランスな気がしますね。だって舞は佐祐理の事を何よりも大切にしている筈ですから(あの夜のその後が描かれていませんので何とも言えませんけど)。

休み時間の定例行事として栞と会う祐一。香里の存在を同姓同名って話であっさり流されてしまうのは何ともはや(;´Д`)。いやさすがに内心「そりゃないわ」って思ってるかもしれませんけど、その一部始終を踊場からガン見してる香里がちょっと怖い。香里様がみてる。

放課後の戦闘訓練は舞にダメ出しされますが、祐一は良くやってたと思いますよ。普通ならあの消火器には反応出来ないと思うし。ただね、その後が頂けない。夜の学校で舞に「余計な事をしないで欲しい」と言われて、「俺のお陰で助かったんじゃないか!」って、アンタどうみても舞を助けてませんから。

まぁ祐一も自分が舞のような戦闘力が無い事を自覚していて、それでも彼女を守りたいと考えているのにそれが出来ずに苛立ってたんでしょうが、その辺を脳内で加味してやっても祐一のあの激昂はちょっと見苦しい。

でもここまで祐一が感情を表に出したのって実はこのシーンが初めてかもしれないですね。祐一ってどこか大人びて達観してるようなとこあるから。

翌日の放課後、舞の誕生日プレゼントを佐祐理と一緒に選ぶ事に。あのアリクイの縫ぐるみを背負って歩く彼女の姿は確かにユニーク。ただ祐一も男なら家まで持っていってあげるくらいの気遣いは見せるべきだな。誰彼構わず博愛精神で接しているように見えて、微妙にこういうところで淡白なんだよなぁ祐一って。

真琴とあゆそれぞれと顔を合わせた舞は、すぐに彼女達の背景に気付いたようですが、祐一についてはようやく何かおかしな物を感じ始めたようです。次回で舞編は決着かな?
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahana777.blog63.fc2.com/tb.php/191-510b4848
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)