FC2ブログ

総帥Diary - 徒然なるままに -

01 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.» 03

FC2カウンター

プロフィール

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

GoogleAdSense

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

ブログ内検索

REGZAのHDD交換 その1 

家のテレビはかれこれ7年前に購入したREGZA 37Z9000です。

こいつにはWDの1.5TBバルク+センチュリーのHDD外付け用ケースを接続して録画に使用してきました。

テレビは特に大きな問題も無く今も安定稼働していますが、HDDの方が若干怪しい感じになっています。

それは録画していたのを再生していると画面が崩れて固まってしまうという事象です。

これが起きると操作を一切受け付けなくなる為、全部電源を落として再起動するといったPCさながらの対応を行う羽目になります。

ただこの症状は問題の箇所を早送りする事で回避できるので、騙し騙し使ってきていました。

しかしここの所HDDの残量が心許なくなってきた事も有り、容量の大きなものに変更しようと考えたのが先日外付けHDDを購入した動機、というわけです。

一応私のREGZAはUSBハブを介して同時に4台接続できるのですが、USBハブが電源供給式でないとダメというのと、TV背面に2台外付けHDDを配置する余裕が無いという事でデータ移行することにしました。

作業はUSBメモリから起動したUbuntu上で有志の方が作成された移行ツールにて実施。

REGZAのHDDはUnixのxfsフォーマットなのでLinuxで行う必要が有るようです。

ただこのLiveメディアの起動に結構難儀しました。まずメインマシンではUSBメモリに展開したイメージでは起動不可。DVD-Rに焼いたイメージでは起動できたものの、オンボードのKillerを認識してくれません。

仕方ないのでMini-ITXの2ndマシンを試したところ、DVD-R起動はダメでしたがUSBメモリ起動がうまくいってNICも認識してくれたので、こっちで作業を進める事にしました。

ただデータコピーの速度が思ったより芳しくありません。

有志の方のサイトの説明ではUSB2.0で500GBで5時間~、1TBで10時間~といった感じなのですが、どうみてもそのペースよりもかなり遅い感じ。

これはコピー元のHDDが怪しくなってる事が原因なのか…。正直分からないのでそのまま夜通し実行させることにしました。さすがに朝には終わってるだろう。

次回に続く。
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahana777.blog63.fc2.com/tb.php/1975-a5405850
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)