FC2ブログ

総帥Diary - 徒然なるままに -

03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

FC2カウンター

プロフィール

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

GoogleAdSense

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

ブログ内検索

骨折5日目(入院2日目)  

殆ど寝られないまま手術当日を迎えました。

昨日の21時から絶食なので勿論朝食も無し。

点滴はしているものの水分も取れないままなので口の中がからっから。取りあえずうがいをしました。

危うくゴックンしそうになるのを思い留まります。減量中の力石か。

一番早い時間だと手術は11時半からなんですけど、残念ながら私は3番目なのでまだ当分出番は回ってきません。

緊張で落ち着かないけれど他にする事も無いので、iPhoneで会社のメールをチェックしたり、タブレットで漫画を読んだりして時間を潰します。

途中看護師さんから前の人の進捗について報告が有り、私の手術は15:45分開始で確定。

15時過ぎに両親が病室に顔を出してくれたので、手術前まで暫し両親と話をして過ごしました。

そうこうしている内に15:30になったので、看護師さんと共に徒歩で手術室に移動。

ドラマとかでは見ていましたけど、生で手術室を見るのは勿論今回が初めて。かなり空調が強いので、手術台に寝た後すぐに毛布を被せられました。

酸素マスクをした後点滴で麻酔を入れる説明を受け、「30秒もしない内に気を失う」みたいな話を聞いていたと思ったら、次の瞬間にはもう終わっていました。

麻酔医の事前説明だと麻酔から覚めた後、自分で呼吸できている事を確認する為、深呼吸するよう指示するって話を聞いていたんですが、私はそのやり取りを記憶しておらず、手術室から自室に戻るあたりも記憶が曖昧です。

ただ喉がいがらっぽいのは確かなので気管内挿管は間違い無く行われていたんだなと実感。

部屋に戻った後両親とは軽く話をしましたが、二人共手術経験者なので手術直後の状況を良く理解していたんでしょう。長居せずに引き上げました。

ここからは数時間置きに看護師さんがやってきて点滴の状況、体温、血圧などをチェック。

多分午前3時位まで続いたんじゃないかなと思います。

そこでようやく眠りに着きました。
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahana777.blog63.fc2.com/tb.php/1987-7341fb05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)