FC2ブログ

総帥Diary - 徒然なるままに -

01 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.» 03

FC2カウンター

プロフィール

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

GoogleAdSense

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

ブログ内検索

SH-08E 製品アップデート 

私が購入したSH-08Eのソフトウェアビルド番号は01.00.04でした。

一方でDoCoMoのサイトを確認するとLatestのビルドは01.00.08との事。

このタブレットはリリース当初タッチパネルに不具合が有って、スワイプがタッチ判定されてしまうという結構致命的な状況だったらしい。

ビルド番号が有る程度進んでいるのでこの問題は既にクリアしているとは思いますが、DoCoMoのサイトで過去ビルド説明を見る限り、直近の01.00.07までタッチパネルの改善について触れられています。

というわけで早速ソフトウェアアップデートをしようとしたところ、DoCoMoの電波が受信できない場所ではダウンロードを開始できない的な警告メッセージ。

さすがキャリアの端末。Wifi運用だとファームウェア更新をさせてくれないらしい。

今契約しているDMMモバイルはDoCoMo系のmvnoなので、これでキャリア回線の問題は回避できるはず。



よろしい、ならばSIM変換アダプタだ。

カプトンテープと併せてAmazonのマケプレ注文ですが、何とSIM変換アダプタは2円で送料無料。

また名簿業者に情報を売ってしまったような気がしますが、今に始まった話じゃないのでまぁいいや。

nanoSIM.jpeg

nanoSIMをアダプタに固定する為、カプトンテープでを使用。

で、SH-08Eに装着して起動するもSIMを認識してくれませんorz

SIMの向きは間違っていませんし、スロットに装着すると認識してデバイスの再起動もされるんですがナズェナンデスカ!

結局オチはカプトンテープがSIMに被りすぎて居た事が原因だったという。

テープ無しで装着したらあっさり認識しましたんで。

これでようやく更新できると思ったら、今度は「接続できませんでした。しばらく経ってから再度更新を実行してください」の表示。

この件について調べてみたところ「DoCoMo純正のカードでないとダメ」とか「DoCoMo系mvnoでもWifiで更新できた」とか情報が錯綜していました。

DoCoMoショップ行って更新して貰う話も見かけましたが、これも店によって拒否された話もあったりしてどうにも気が乗りません。

プリインストールされていた不要なアプリを極限まで削除していたので、それがまずかったかなと端末リセットもしてみましたけど変化無し。

もうダメかなと諦めかけていたところ、ある方法で回避する事に成功しました。

それは社用iPhoneでのテザリングです。

部屋のWifiからこっちに切り替えたら何事も無かったようにソフトウェアダウンロードが始まりました。えー(;´Д`)。

幸いアップデータは大してサイズが大きく無かったようで、ダウンロードは短時間で終わり、その後無事ビルド番号が01.00.08に上がりました。

何とか目的は達しましたが、どうにもスッキリしません。

ちなみに社用携帯はauなのでDoCoMoとは関係有りませんが、携帯キャリアの回線とBフレッツのインターネット接続で何か動作に違いが有るって事なんだろうか…

さすがにこれ以上SH-08Eの更新は期待できないでしょうから、あまり深く考えてもしょーがないですかね。

なおSH-08EにDMMモバイルのapnを設定する事で、問題無くLTE通信や電話の着信が出来ましたよ。

ともかくこれでSH-08Eを使う準備が整ったので、用途が被っているEM01FやNexus7などの処分を考えないといかんですな。
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahana777.blog63.fc2.com/tb.php/2068-8aa7ef51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)