FC2ブログ

総帥Diary - 徒然なるままに -

11 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

FC2カウンター

プロフィール

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

GoogleAdSense

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

ブログ内検索

SC-88Proリベンジ 

先日SwitchにリアルアーケードPSを接続する際、同じ箱に仕舞われていたSC-88Proを見つけました。

こいつは何度か過去に再生を試みて断念した経緯が有ります。

最初はまだOSがXpだった頃で、この時はメインPCにシリアルポートが無いので、USB-シリアル変換アダプタとRolandのシリアルドライバの組み合わせで奮闘。最終的にVMwareWorkstationまで導入しても正常再生出来ず終了。

次はWindows7になってからですが、もうこの時点でRolandのシリアルドライバーはインストール出来ず不戦敗。

Windows8で駄目だったPowerDVD10がWindows10で普通に使えている事例も有るので、案外Windows10なら行けるんじゃないかと思っていた時期が私にも有りました。

結論から先に申し上げますと結局ダメでした。

ただ今回はあれこれ試行錯誤していますので、その辺の経緯を以下に記載していきたいと思います。

まずUSB-シリアル変換アダプタはWindows10の組み込みドライバで問題無く認識。

Rolandのシリアルドライバは相変わらずインストール出来ないので、今回は仮想MIDIケーブルアプリのloopMIDIと、シリアルポートからloopMIDIを繋ぐHairless MIDI Serial Bridgeを導入しました。

で、TMIDI PlayerでloopMIDIをマップして再生しても、SC-88にデータが流れてきません。

Hairless MIDI Serial Bridgeの画面ではCOMポートからloopMIDIへデータを流しているのが、ランプの点滅で表現されているのですが…

多分USB-シリアル変換経由なのが問題なんでしょう。ここで次に考えたのがCOMポートを持っているMini-ITXのサブマシンです。

こっちもOSはWindows10ですが、物理的にCOMが有れば上記と同じ方法で行けると期待したんですけど結果変わらず。

何だよもー、Windows10じゃシリアルケーブル接続駄目なのかよー。

宜しい、ならばUSB-MIDI変換ケーブルだ。

ローランドの純正はちょい高めなので、ノーブランドの安いやつをネットで探していたらとある店舗で送料無料で600円位のところが有ったので即効でポチりました。

ただその後Amazonを見ていたら、どう見ても同じのにしか見えないやつが「30円」とか有り得ない値段で出てるじゃないですか。しかもこっちも送料無料だし。

SC-88ProはMIDI入力が2系統有るので、この変換ケーブルは2本使えば32chの曲が再生出来る筈と考えこっちも注文。

ていうか先にこっち見つけてたら60円で済んだんじゃないか?と考えたらそこで試合終了ですよ。

まぁとにかくこのケーブル来たら再度確認してみます。
関連記事
PC関係  :  trackback 0   :  comment 0  : 

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahana777.blog63.fc2.com/tb.php/2127-032f71d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)