FC2ブログ

総帥Diary - 徒然なるままに -

01 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.» 03

FC2カウンター

プロフィール

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

GoogleAdSense

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

ブログ内検索

Windows Server 2008 

これまでLonghorn Serverのコードネームで呼ばれてきた新ServerOSの正式名称がWindows Server 2008に決定したそうな。

クライアントOSではXP以降年号表記を止めているので、Longhorn ServerもVistaみたいな名称になると思ってただけにちょっと拍子抜けですね。直球すぎてつまらん。

まぁ名前より問題は中身なんですが、Longhornの目玉である仮想化技術が大幅に削減される話がちょっと気になります。当初の想定機能は後のバージョンやSP等で補完するのかは見えませんしね。

名称確定に併せてTechNetでの情報公開が始まったようなのでコンテンツを少し見てたんですが、ターミナルサービスのページを見て正直びっくりしました。

昨年のTechEDのセッションでもLonghornにおけるターミナルサービスの機能拡大については話があったんですが、このサイトを見る限り当時よりも更にMetaframe的機能の拡張が増えているように見えました。

ロードバランサー、HTTPSゲートウェイ、プリンタ対応などは、Metaframe Presentation Serverの機能とほぼ被ってますよね。OSだけでここまで対応するならMetaframe買わなくてもええやんとか思っちゃうわけですが、MSとCitrixの関係は大丈夫なんでしょうか(余計な心配ですけど)。

Metaframeは結構ライセンス費用が高くつきますので、OSとCALのみで済ませられるならこっち選びますよ。OSの範囲で完結するならプレミアサポートなりに入っておけば障害対応もマルチベンダー化せずにやりやすいでしょうし。

まぁ守銭奴のMSさんの事ですから、ServerCAL、TSCAL以外に更に別のCAL体系でも作りそうですけども('A`)

すぐに使う事は無いにしても、2008については徐々に勉強を始めておいた方が良さそうな感じ。Beta3落としてみますか。
関連記事
PC関係  :  trackback 0   :  comment 0  : 

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahana777.blog63.fc2.com/tb.php/274-fb4f03ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)