FC2ブログ

総帥Diary - 徒然なるままに -

04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

FC2カウンター

プロフィール

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

GoogleAdSense

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

ブログ内検索

「蒼い瞳とニュアージュ」読了 

蒼い瞳とニュアージュ (小学館文庫)
松岡ワールド4人目の主人公である一ノ瀬恵理香の活躍を描いた「蒼い瞳とニュアージュ」を読み終わりました。以後ネタバレ注意。
歌舞伎町のキャバクラで火災が発生し、現場に居た従業員が警察の事情聴取を受ける中、PTSD予防の為にその場を訪れた一ノ瀬恵理香は何とも型破りのコギャル系臨床心理士だった。たまたまカウンセリングに立ち会う事になった内閣情報調査室の新人宇崎は、彼女が持つ卓越した能力を目の当たりにする。

この事件の後、ベルティック・プラズマ爆弾と呼ばれる高性能爆薬を仕掛けて自殺した男の調査を担当する事になった宇崎は、男が残した予告ビデオの心理分析を恵理香に依頼する。

生真面目一辺倒で典型的な官僚体質の宇崎は、マイペースで捉えどころが無く、非常識で無鉄砲な行動を繰り返す恵理香に苛立ちと困惑を募らせていたが、彼女と行動を共にしていくうち徐々にその認識を改め、それに伴い彼自身の価値観も変わっていく。

爆弾魔が別れた元妻の家に爆弾を仕掛けていた事を突き止めた二人だったが、最悪な事に現場で起爆タイマーが作動してしまう。15分しか猶予が無い中、恵理香は車に爆弾を乗せ海を目指す。彼女が破滅的行動を取ろうとしている事を察した宇崎は、恵理香の車に同乗し恵理香を説得する。恵理香が死ねば恵理香がこれまで救ってきた人々を悲しませる事になる、そう訴える宇崎の言葉を受け入れ彼女は生き延びる事を選択した。

とまぁこんな感じで事件は無事解決。宇崎はその功績を認められ課長に昇進し、恵理香も臨床心理士の資格剥奪を免れますが、逆に自身で資格を返上。千葉に購入していた一軒家やベンツを売り払いカウンセラーとして診療所を開業します。彼女のもとを訪れた宇崎でしたが、彼女にとって自分は過去の傷を思い出させる存在でしか無いと感じ、子供と無邪気に公園を駆け回る姿を見ただけで声をかけずにその場を去りそこで物語は終わります。

本作のタイトルとなっている「蒼い瞳とニュアージュ」は、本編で恵理香が大切に持っていた絵本の名前で、ニュアージュはフランス語で「雲」を意味します。いつも空を雲が覆っていて青空を見る事が出来ない少女が、雲に何故いつも空にいるのか問いかけると、雲は「いつも少女の瞳を見ていたいから」と答える。この雲は親の暗喩なんですね、親は子供をいつも愛をもって見つめているんだよっていう。

キャバクラ火災で出会った少女が親との関係で心を痛めている事を知った恵理香は、彼女にこの絵本の話をして親といつかは分かり合えると語りかけます。

恵理香がどこか儚げで命を惜しまない無鉄砲ぶりを見せていた事には理由があって、彼女は過去に父親の無理心中で父母を失っており、その時のショックで自殺を繰り返していたんですね。で、治療によって回復した恵理香は、今度は自身が人を救う為に苦学の末臨床心理士となるんですが、結局過去の傷は完全に癒えては居なかったわけです。他者に献身的なのに自身に無頓着なのは、深層心理に残る自殺願望が顕在化したものである事に宇崎は気付きました。

だから爆弾と運命を共にしようとしていた恵理香に対して、彼女が養護施設の子供やキャバクラの少女に読み聞かせていた絵本の持つ意味を、今度は宇崎が彼女に伝える事で彼女に死を思い留まらせたんですね。

ストーリー序盤で宇崎は他者に一生懸命な恵理香を誰かが支えてあげる必要があると感じていますが、その思いはまさに絵本の中のニュアージュと合致します。そして最後に宇崎は彼女のニュアージュとなる事を誓います。別の道を歩んでいてもお互いが必要とすればまた会う事もあるだろうと信じて。

恵理香は美由紀や嵯峨のように眼球の動きがどうのこうのと専門知識をあまり前面に出す場面がありませんでしたので、正直カウンセラーものとしての印象は薄かったんですけど、ボリュームがそれ程無かった事で中だるみも殆ど無く、テンポ良くサクサク読み進める事が出来ました。

マジシャンシリーズと違って、ニュアージュは今のところこの1冊しか出ていませんが、恵理香も千里眼シリーズに登場しているようです。今作が主人公とパートナーとの「バディー物」という点で千里眼1作目と酷似していたり、恵理香と美由紀の両親に関する境遇が似通っているのは意図的なものなんでしょうね。

恵理香は「トランスオブウォー」「千里眼とニュアージュ」あたりで登場らしいので、まだ暫くお預けですが過去に美由紀とどのように関わっていたのかそしてどのような活躍をするのか気になるところです。嵯峨や沙希のようにチョイ役扱いになりそうな予感ですけど(;´Д`)

次回は刊行順だと「千里眼の死角」なんですが、マジシャンシリーズ2作目の「イリュージョン」を読もうと思ってます。
関連記事
小説  :  trackback 0   :  comment 2  : 

コメント

はやすヽ(`Д´)ノ

読み終わるのはやすヽ(`Д´)ノ
全然おっつかないじゃまいか!w
こちらは今まだ「マジシャン」の中盤あたり~。
2006.06.06 Tue 22:36 : URL : バレンチノな彩の国の人 #zvdRl/oQ : 編集 :

うはwwwwwww

もうイリュージョン真ん中辺まで読んでますが何か?( ´,_ゝ`)b
2006.06.06 Tue 22:44 : URL : 赤鼻 #- : 編集 :

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahana777.blog63.fc2.com/tb.php/37-01cfed64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)