FC2ブログ

総帥Diary - 徒然なるままに -

01 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.» 03

FC2カウンター

プロフィール

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

GoogleAdSense

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

ブログ内検索

過換気症候群? 

土曜日恒例の洗濯&掃除を済ませた後、昨日連絡の来ていた会社の履歴書に書く志望動機に四苦八苦。何とか内容が固まったので印刷して写真を貼り付け、自筆の送付状を添えて封筒の準備もOK。

その後部屋のエアロバイクで汗を流した後、湯を張って風呂に入ったんですが、そこで今までに経験した事の無い状態に陥りました。

この時湯は42度に設定していましたが、保温状態にはしていなかったのでぬるま湯状態。軽く浸かってから上がって体を洗おうとしたところで、妙に息苦しく動悸が強くなりました。最初のぼせたのかと思ったんですが、そうこうしているうちに今度は両手が硬直してきました。

何かをグッと強く握ったままの状態にした後、指が動かなくなる状態ってあるじゃないですか。あれが手首から先全体に波及したような感じで、両手首が強く内側に向いて指が伸び切り固まって動きません。

息苦しさと動悸も一向に治まらずパニック状態。座った姿勢がきつく狭い浴室に横になっても状況は変わらないし、無理やりシャワーを捻ってお湯や冷水を動かない両手にかけても全然ダメ。

このまま浴室に居るとまずいと感じ、裸でびしょ濡れのまま居間のベッドに転げ込んで暫く横になっていたところ、数分して呼吸が落ち着き始め、固まっていた手も少し動かせるようになりました。

何だかさっぱり分かりませんが、どうやら症状は回復したようです。このままでは風邪をひいてしまうので、もう一度浴室戻って風呂に入り直しました。手首に強い負荷がかかっていたからだと思うんですが、力を入れようとすると手の震えが止まりません。これはボーリングした後の筋肉痛と同じ状況なんでしょう。

ひと段落ついた後、先ほどの症状を確認する為にWebで調べてみたんですが、多分これって過換気症候群だったんじゃないかと思います。

Wikipediaによると「精神的な不安によって過呼吸になり、その結果、手足や唇の痺れや動悸、目眩等の症状が引き起こされる心身症の一つである。」とあって、かなり症状が近い感じがします。

ただ湯船に浸かってリラックスしている時に過呼吸になるってのも何だかおかしな感じなんですが、転職活動が思うように進んでいない今の状況が深層心理で不安感を増加させ、今回の状況につながった可能性も有るのかなと。

前も書いたんですけど緊張が高まると吐き気が強くなったり下痢になったりと自律神経系で弱いところがあるのは自覚しているので、今回のはそれと関係しているのかもしれません。

再発するようなら心療内科でも行った方がいいのかもしれませんが、とりあえず様子見する事にします。あとこれは今に始まった事じゃないんですが、夜型の生活を改善する事を真剣に考える事にしました。交感神経と副交感神経のバランス維持にはかなり重要みたいだし、無職の今だからこそ出来る事なんだと思います。

あーでもほんとびっくりしましたよ(;´Д`)
関連記事

コメント

うひー、だいじょぶですかー

はうはう、大丈夫ですかー??(´д`;)
オラも前風邪を引いたときに体の震えが
しばらく止まらなくなったことがあって、
おっかなくなったことがありましたが、自分で
は若いと思っていても体的には多少衰えも
あるのかしらと悲しくなったりしました。

頭の中はポコペンでケードロでファミコン且つ
学校では絶対unkしない小学4年生なのですがねぇ。(ノ∀`)
焦る気持ちも分かるけど落ち着いてがんばってチョーダイ。
なんだかオラも切なくなってきたので、ちょっと
アイドルをプロデュースしてきます。

アイマス|(`A')≡

2007.11.12 Mon 09:29 : URL : ぉヵゅマン #GCA3nAmE : 編集 :

㌧クス。おかげさまでその後はいつも
通りなんですけど、オッサン化が進んで
るのは確かだなぁ。

ていうかそんな事より、さっきうちの
テレビがとんでもないことに!!

さーてTVチューナボード買いにいくかぁ('A`)
2007.11.12 Mon 11:21 : URL : 赤鼻 #- : 編集 :

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahana777.blog63.fc2.com/tb.php/387-786887f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)