FC2ブログ

総帥Diary - 徒然なるままに -

06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

FC2カウンター

プロフィール

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

GoogleAdSense

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

ブログ内検索

機動戦士ガンダム00 第19話 「絆」 

刹那がボコボコにされておしまいかと思いきや、ティエリアが参戦してくるとは。反目していた二人が戦術フォーメーションを駆使して共闘する展開は素直に燃える。

近接戦闘じゃヴァーチェやばくね?と思ってたら、今度はナドレ解放の大盤振る舞い。ティエリア祭りの会場はこちらですか?。

そんなナドレ奥の手とは、ヴェーダとリンクする機体を制御下に置く強制管理システムでした。何か特定の機体というより、近くに居るやつは軒並み停止しちゃう感じなんですけど、それだとちょっとまずくないですかね。

あと気になったのは、これが効力を発揮したって事はスローネもヴェーダとリンクしているわけですよね。いやCBの別チームなら接続していてもおかしかないんですが、じゃあラグナってのは一体何なのよ。指示を仰ぐって言い方してるんだからヴェーダに相当するシステムだと思うんですけどねぇ。

現場にロックオンも到着して3on3の熱血バトルになるかと思いきや、ヨハンのえげつない暴露話で戦闘は一旦終息。やっぱチームトリニティで一番の曲者はヨハンだなぁ。ミハエルやネーナのような分かりやすい下衆より、ああいうタイプが一番タチが悪い。

その後世界各国の首脳にCB関係者から何らかのタレこみが同時に入りましたが、あれコーナーの仕業なんでしょうか。ナドレがスローネに引導を渡そうとしたところに介入したのも彼のようですし、コーナーが言う第3段階とやらの布石なのかもしれません。

でも、もしそれが事実なら監視者の立場を逸脱した行動とも言えるわけで、コーナーの行動はどうにも読みきれませんねぇ。次回彼が宇宙に出て何かしてるようなんでそれ待ちでしょうか。

ヨハンがロックオンと刹那の過去を明らかにした事で、あわやマイスターズ内部分裂かと思われましたが、すんでのところで未遂に終わりました。まぁロックオンは最初から刹那を撃つ気は無かったんでしょうけどね。覚悟を確認しておきたかったと。

ロックオンが刹那を「ガンダム馬鹿」と評し、それを「最高の褒め言葉」と刹那が返して笑い合う。直前まで殺意を向けていた相手とそうした軽口を叩ける彼らを見て、「これが人間か」と呟くティエリア。うーん、やっぱティエリアは人間じゃないんだろうなぁ。最後皆を守って死ぬフラグが立ったような気がしました。

次回予告でちらっと見えた機体の格納庫表面に「GN X」って綴りが見えましたね。あれはユニオン、人革連、AEUが南極大陸地下に降りたところにあったやつじゃないかなと思いますけど、そうなると地球側にガンダムが渡り、それによってCBの軍事的優位が崩れるってのが次回の話っぽい。

まぁそうでもない限り地球側に打つ手は無いわけですから、そのうちそんな流れになるだろうとは思いましたけど、フラッグをこよなく愛するグラハムもあれに乗る事になるのかなぁ。ようやく話が面白くなってきました。
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahana777.blog63.fc2.com/tb.php/477-73939479
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)