FC2ブログ

総帥Diary - 徒然なるままに -

01 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.» 03

FC2カウンター

プロフィール

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

GoogleAdSense

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

ブログ内検索

アニメ版 かしまし 

週末を利用して一気に視聴。

13話という短い尺の中で結構原作の要所要所をうまく消化しており、かなり頑張ったかなと思います。

しかし、まさかやす菜の症状を悪化させる展開に持っていくとはねぇ・・・正直予想外でしたよ。

でも、はずむが余命僅かな状態に追い込まれて死を覚悟した最後の瞬間にとまりを選ぶ原作の流れって、冷静に振り返るとイマイチ納得しかねる部分有りますので、病状が悪化したやす菜をはずむが放っておけずに彼女を選ぶというアニメ版の展開はまだ自然かなとは思います。

でもその後悪評高い「あのね・・・」でやす菜にまた振られたはずむが、手の平返してとまりに戻る最後には呆れてモノも言えないわけですが(;´Д`)

どんだけ行ったり来たりすれば気が済むのやら。はずむが何度ひっくり返したのか数えるのもアホらしくなりますよね。

まぁせめてもの救いは、はずむの蝙蝠っぷりに呆れた視聴者の心境をあゆきととまりがはずむにぶつけてくれるとこでしょうか。

原作ではついぞ舞台に上がる事の無かったあゆきが、あそこまで首を突っ込んで物を言うってのは相当なもんでしょう。

ちなみに原作より良かったなと思ったのはやす菜の症状が最後に完全に回復している事ですね。原作では結局治ってないっぽいので、やす菜の未来に希望が持てるのは間違いなくアニメ版の方でしょう。

あとは何故か宇宙仁と月並子が最後に結ばれてるとこでしょうか。ほんと報われて良かったなぁ並子先生。

そんなアニメ版を総評するならば、「マイルドな君が望む永遠」ってとこでしょうか。主人公のヘタレっぷりにイライラさせられ、そこそこ修羅場もあって、でも君望ほど欝もドロドロも無いですし。

しかし13話の最後のメルヘン的展開はどうにかならんかったのかなぁ。あそこまでファンタジーになっちゃうと、12話まで積み上げてきた現実感が思いっきり吹っ飛んでしまいますよね。つか今時少女漫画でもあそこまでコテコテなのはやんないんじゃないかなぁ。

というわけで残りは小説とPS2版です。
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahana777.blog63.fc2.com/tb.php/559-6a3a74df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)