FC2ブログ

総帥Diary - 徒然なるままに -

03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

FC2カウンター

プロフィール

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

GoogleAdSense

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

ブログ内検索

Windows Server 2008でHyper-Vを試す 

VMwareがESX3iを無償配布し始めた事で、MSもHyper-V Server 2008の無償配布を開始しています。

ただ無償になったとは言え、ESXは要求されるハードウェアの互換性が厳しいので、自作環境で稼動させるのはかなり無理が有ります。基本的にはHPやDellの企業向けクラスの定番サーバで動かす事が前提なんですね。

それに対してHyper-Vの場合、2008が入る環境であれば導入可能なので比較的敷居が低いと言えます。

Vistaはともかく2008はそろそろ実務でも触る可能性が有りますので、自宅の環境に導入してみる事にしました。いきなり実機に入れるのはアレなので、まずはVMwareWorkstationで6.5で練習。

導入は特に問題無く完了。Workstation6.5ではVMのCPUでIntel-VT/AMD-Vの設定が出来るので、もしかしたらVM上でもHyper-Vを動かせるのかなと思ったんですが、やっぱりダメでした。

Hyper-Vのセットアップをして「役割」の追加をしようとすると「プロセッサがHyper-V非対応」みたいな警告が出て先に進めません。まぁさすがにこれは無理が有りますよね・・・

というわけで次はいよいよ実機でのインストール。インストール用のHDDを1台用意して、BIOSで起動順位を先頭に変更。更に念の為メインのHDDは電源・ケーブルを外してセットアップ実行。

こちらも特に問題無く完了。この時点でNIC、SoundはOS標準のDriverが組み込まれていました。不明なデバイスになっていたのはChipsetとVGAの2点。

これらはIntelとAMDのサイトからそれぞれ対応するDriverを入手して対応しました。ただCatarystは2008用は存在しないので、x64 Vista用のもので代用しています。

あまり必要は無いんですが、折角なので「機能」にデスクトップエクスペリエンスを追加し、Aeroを有効にしてみました。というのもこれまで仮想環境でしかVistaを試して無かったので、実はAero殆ど触った事無かったんですよ。

タスク切り替えを3Dでやるのって、実は結構便利かもしんないなぁ。

そんなこんなで一通り設定が終わったのでようやく本命のHyper-Vです。ハイパーバイザーではあるけど、Hyper-Vはあくまで2008のセットアップ後に追加導入する流れになっているので、ESXに比べると導入が非常に容易になっています(まぁESXもLinuxを入れた事がある人ならある程度感覚的に導入可能なんですが)。

MSのサイトからHyper-Vのセットアップを入手し、セットアップ後に一度サーバを再起動すると「役割」からHyper-Vを導入出来るようになっています。

導入後はサーバマネージャからHyper-Vに接続し、新規に仮想マシンを作成する流れです。ここまで来てしまえばVirtualPCやVMwareWorkstationなどとそれ程手順に違いは有りません。

Hyper-V Guest

画面はこんな感じです。ひとまずXPのセットアップを試してみました。

ざっと見た感じ、仮想環境にはサウンドデバイスやDirect3Dのエミュレーションは無さそう(じっくり調べたわけでは無いので、有効にする方法が有るのかもしれませんが)。

まぁHyper-Vはエンタープライズでの使用が中心でしょうから、この辺の機能が提供されていなかったとしてもそれ程インパクトは無いのかなと。

ともかくこれでHyper-Vの仮想環境が整ったので、2008MCP取得を目指してAD構築を進めようと思ってます。
関連記事
PC関係  :  trackback 0   :  comment 0  : 

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahana777.blog63.fc2.com/tb.php/626-d98ccc7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)