FC2ブログ

総帥Diary - 徒然なるままに -

06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

FC2カウンター

プロフィール

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

GoogleAdSense

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

ブログ内検索

WindowsPEとUSB起動 

昨日HDDを購入した際、4GBのUSBメモリが異様に安かったのでつい衝動買いしてしまったんですが、こいつの使い道を色々考えた結果、緊急起動用のOSを仕込んでみる事にしました。

この手のアイテムはCD起動可能なKNOPPIXやUbuntuあたりがターゲットになるんでしょうが、どうせやるなら使い慣れたWindowsが良い。

というわけで最初に登板願ったのはWindowsPE 2.0。1.xの頃はXPや2003ベースで、OSのセットアップファイルから構築していたのですが、2.0になってVistaベースに変わっています。

またソースファイルも込みで提供されているので、VistaのCDを別途用意する必要が有りません。その代わり24時間の利用時間制限が有るので、あくまで短期間の使用に限定するツールなんでしょうね。

導入方法はネット上に山ほど解説記事が有るのでここでは割愛。ひとまずISOイメージまで作成が終わり、VMwareでこのISOでWindowsPEが起動する事を確認。

ただVistaが起動すると言っても、コマンドプロンプトオンリーのSafeモードのような環境なので、あくまでDOSプロンプトでのコマンドライン操作が中心です。エクスプローラなどを使った作業は出来ません。notepadを起動して名前を付けて保存する画面を出して、マイコンピュータ的な画面につなぐ事は出来ますけど、これはかなり苦しいやり方になりますね(;´Д`)

出来ればもうちょいWindowsとして普通に使いたい。そこで次に白羽の矢が立ったのが、BartPEとVistaPE。

BartPEはWindowsPE 1.x環境をよりWindowsライクに近づける為のカスタマイズキットで、VistaPEはそれのWindowsPE 2.0版って感じです。こちらであれば作りこみ次第でエクスプローラやIEを使う事も可能だったりします。こっちも一応作成は成功して動作確認もOKでした。

これをCDに焼いて終わりでもいいんですが、今回はこの内容をUSBメモリから起動したい。

そこでVMware上でISOからWindowsPE 2.0を起動した状態で、Diskpartを使いUSBメモリの初期化、領域作成、フォーマット、アクティブ化、ISOの内容コピーと一通りの作業を行い、USBにWindowsPE 2.0の内容を構築しました。

残念ながらVMwareはUSBメモリからの起動まではサポートしていないので、母艦でこのメモリの動作を試したんですがどうにもうまく起動しません。

POSTでF12を押して起動デバイスを表示して、USB-HDDなどUSB関連の名前が付くのを手当たり次第に選んでも、HDDからOS起動してしまったり、ブートローダー手前で先に進まなかったり。

あちこち見てると、起動デバイスとして認識されている場合、BIOSのHDD関連の表示でUSBメモリが表示されているような話を見かけましたが、うちの環境ではこれがどこにも見当たらないので、この辺に問題が有るような気がします。

最初はUSBメモリの作りこみに問題が有るんじゃないかと疑いもしたんですが、DellのSC420ではこのUSBメモリからWindowsPEを正常起動出来たので、作成手順に問題は無いでしょう。

うーんやっぱりGA-P35-DS3の問題なのかなぁ??
関連記事
PC関係  :  trackback 0   :  comment 0  : 

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahana777.blog63.fc2.com/tb.php/634-74d4d98a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)