FC2ブログ

総帥Diary - 徒然なるままに -

06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

FC2カウンター

プロフィール

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

GoogleAdSense

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

ブログ内検索

機動戦士ガンダム00 2nd 第19話 「イノベイターの影」 

沙慈に対するルイスの誤解があっさり解消されちゃってるんですが(;´Д`)。

ダブルオーライザーが作り出した裸時空では、余計な説明や言葉は不要らしい。残り話数に優しい展開に全米が泣いた。

なんだよーもっとドロドロな展開になると思ってたのにすんごい拍子抜けだよ。

沙慈の言葉を聞いたというなら、両親の仇がネーナの仕業だったって事まで伝わったんですかね。ここ結構肝だと思うんですが。

ただクライマックスに向け「復讐は止めよう」キャンペーンが展開されつつ有りますので、仮に真相を知ってネーナと対峙する展開になっても本懐を遂げる事は無いんでしょう。

出来ればあのビッチには何らかの制裁を加えて欲しいところなんですけどねぇ。今回も最後で調子こいてましたし。まぁおっぱいチャイナを裏切る展開は見ててスッキリしましたが。

アンドレイはとにかくウザいの一言で、大して実力も無いのにあの劣勢を逃れる事が出来た展開がどうにも納得がいきません。あの場で刹那がアンドレイを始末しなかったのも、ミスターブシドーが言うところの「ヌルい闘い」の一環なんでしょうか。

すっかり平和主義に傾いてしまった刹那をその気にさせる為、ミスターブシドーがどんなエグイ挑発を仕掛けて来るかが見ものですね。

一方貧乏姫は護身用に渡された銃を拒否し、子供をダシにいつもの綺麗事を披露。そんな姿にイラっとさせられるシーリンがほんとに気の毒だと思う。

平和主義は大いに結構ですけど、だからといって自分の意思で何か事を成し遂げようとはしない。カタロンに保護され、その庇護の下現場の空気を読まずに理想ばかりを主張する。

追っ手から逃れて発した第一声が「シーリン私たちこれから・・・・」って、いい加減身の振り方位自分で考えろよ('A`)

変にはっちゃけてラクス・クラインみたいになられても困るけど、ここまで人に依存しっぱなしのヒロインも考え物だよなと。

最後までこの調子で終わってしまったらある意味神認定かもしれん。
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahana777.blog63.fc2.com/tb.php/722-7345ac4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)